斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ考察 ダクホドーブル対策など

japan cupブログパーツ

もうすぐ開催されるジャパンカップにエントリーしたのでちょっとお考察をしていきます 
ルールはいわゆるカロスダブルです



一応僕もカロスダブル用のパーティーは持っているのでエントリーしました


そこで今回はちょっとジャパンカップについての考察を軽くやっていこうかなと思います

まず僕が気になるのはこれ
do-buru.jpg
ドーブルです

スケッチという技によってほとんどすべての技を覚えることができます
その強さは得意ダブルやトリプルで発揮されていてカロス図鑑にも載っていることからカロスダブルにもよく現れます

大会でのドーブルといえば僕は2007のモルフ氏が使っていたレベル1ドーブルが印象的でした


話はそれましたがこのドーブル、技候補としては猫だまし、キングシールドなどに加えダークホールが考えられます

ダークホールの命中率は決して優秀ではないですが2体眠らされる危険性があり、さらに映画前売券でダークライが配布されたことによりダークホールを覚えさせることができる人が増えたと思うのでダークホールもちのドーブルは結構見かけると思います


そのドーブルの対策ですがまずドーブルの持ち物は気合の襷かスカーフだと思います
そして襷のほうが多いでしょう

つまり初ターンに眠らされないためにはタスキをつぶしたうえで倒さなければなりません

一番有効そうなのはメガガルーラの猫だましですがおそらくドーブルの隣にはファスガ持ちかこの指とまれ持ちのポケモンがいると思います そうなると猫だましもほとんど意味がなくこちらのポケモンが眠らされてしまいます


そこで僕はニャオニクスを一つの対策に上げたいと思います
nyaonikusu.gif

悪戯心による先制神秘の守りを張ってダークホールを防ぎたいと思います これは攻撃技ではないので相手のファストガードも関係ありません

またニャオニクスはファストガード、電磁波、威張る、両壁など悪戯心とシナジーのある優秀な補助技を覚えてくれ、特に威張るは神秘の守りを張ってある状態では味方に打って攻撃を上げたりすることができます

僕のカロスダブルのパーティーではキリキザン、ローブシン、ガルーラ、ファイアローはほぼレギュラーなのですがあと2体は結構未定気味なのでその枠の一つにニャオニクスがいいんじゃないかなと思っています



あとボーマンダについても少し
manda.jpg

また育成するつもりです
型はスカーフ型ですね

技構成は竜星群・竜の波動・大文字・めざパ飛行orハイドロポンプor地震or岩雪崩になりそうです

威嚇で相手のポケモンを二体ともAダウンさせるのは美味しいです 気を付けなければならないことは相手のキリキザンですかね 負けん気で実質A一段階上がった珠キザンの不意打ちでマンダは確一です キザンはセジュン氏が使っていたことから使用率は上がりそうです あとプテラ/メガプテラも
ただこちらにはローブシンがいるのである程度圧力をかけることができるでしょう あとこちらのキザンが苦手なガブリアスもスカーフマンダなら倒すことができます(スカーフガブは無理です)

ボーマンダもジャパンカップのパーティーの候補ですかね


では今回はジャパンカップの考察でした
ノシ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。