斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロス産ファイヤー厳選完了

Yでファイヤーの厳選が完了しました
ブログパーツ
性格は控えめです



厳選方法としては
①先頭に瀕死のシンクロポケモン 今回は控えめラルトスを置きました

②二番手に素早さ実数値151のポケモンを置く 控え目ファイヤーで素早さ個体値31の時、素早さの実数値はレベル70で152になるので初ターンで素早さ個体値31かどうかわかります

③確認&リセットの繰り返し



今回は特にボール厳選とかはしないのでハイパーボールで捕獲しました ゴージャスボールは時間がかかるってそれ一番言われているから



そして、これが今回捕まえた個体です しっかりカロスマークがついています
ファイヤー 捕獲


ちょっと画面が暗いのでステータスを改めて書くと
H227A149ーB137-C221D145S152

赤字が個体値31です つまりこのファイヤーはHACDSの5Vです

Aが個体値31は一見いらないように思えますがスカーフ型で運用を考えているのでひょっとしたらトンボ帰りを覚える際に利点になるかもしれません まあその代わりにB個体値は12ですが…


結構時間がかかると思いましたが10回ほどでこのような個体が出たので割とラッキーだったかなと思います



控え目ファイヤーはこれで過去作で捕まえたものと合わせて3体目ですが今回捕まえたファイヤーは唯一のカロス産なのでできればカロスダブルなどで使っていきたいです というかそうしないとめざパとか考慮していない個体なので他のファイヤーと差別化できないです;;


ジャパンカップが終わったらカロスダブル用に雨パを作ってみたいのでそこに投入していく予定です

では今回は捕獲記事でした
ノシ



スポンサーサイト

一難去ってまた一難 トノファイヤーの凋落と戦略

久々にトノファイヤーでレートに潜っていたらレートが駄々下がりましたブログパーツ
おそらく今回は負け越しています

敗因はいろいろありますがこちら側の負け筋のつぶし方が甘くそれによって勝ててた試合を逃したなんてことが少なくありませんでした


そこでどのような時に負け筋を作るか考えたところ
①交代が安定でないときに交代してしまい余分なダメージをもらってしまったこと
②ナットレイでパワーウィップよりも大爆発のほうが一貫性、命中率の関係で安定するのにウィップを選択してしまった
この二つの場合が目立ちました

特に②なんですが鉢巻ナットレイの大爆発は正直ほとんどのポケモンを確定1にする威力です
なのでこちらがトノファイヤーナットレイという一番多い選出の時、相手ポケモンを一体何とか倒し二体目を大爆発で倒し、三体目を滅びで持っていくのがいいんじゃないかなーと思ったりします
というのもこのやり方だとトノの素早さ、技構成、耐久と相性がよくさらにファイヤーはなんだかんだ言って一体持って行ってくれるので勝つ確率が増す気がします

後初手襷ステロガブの後続ハッサムガッサがきつかったです
というのは初手ファイヤーがこちらは基本安定(そのようにパーティーができてしまった)なのでめざ氷を選択するんですが後続のハッサムに受けられると一回交換しなければなりません そうするとステロダメの関係によって本来有利なハッサムガッサの先制技を受けられなくなってしまいとてもきつくなります
実際襷ガブは僕が相手なら雨パに必ず選出します
なのでこのあたりを何とかしなければなりませんね
というかひょっとしたら新パーティーを作るかもしれません
ただいまメガネヒードランと鉢巻カイリューのパーティーを考えていますので
まあしばらくはやれるとこまでやります
一応サブロムの総合レートは33位で前回より順位を一つ上げています
ただレート1670くらいのルールが二つないとこれ以上の順位上げは厳しいと思うのでしばらく眠っていたサブロムシングルとローテで躍進します


あとメインロムのシングルレートなのですがとうとうレート1700目前まで来ました
rt38
おそらくあと二連勝でレート1700にいきます
ただ負けるのが怖すぎて戦いたくない症候群にかかります;;
まあ毎シーズン目標の一歩手前まで来るとこんな感じですがww
こちらでレート1700にいけば使用パーティーのメンバーを助っ人としてサブロムに送るかもしれないです
あと少し頑張ります
ではノシ

【命の珠】ファイヤー【ダブルバトル】

fyye.pngブログパーツ
今日雨パで少しダブルに潜ったとき使いやすかったので記事にします
性格:控えめ 特性:プレッシャー 持ち物:命の珠 努力値:CS252
技構成 暴風/熱風/オーバーヒート/守る
ファイヤーってダブルであまり見かけませんので何やってくるか正直分からないですよね
ちなみにファイヤーの採用理由はダブルで増えてきたハッサムブシンに有利なこととダブルでたくさん見るカポエラーとズルズキンを上から一致飛行技で殴れるからです
ラティなどには抜かれますがスカーフバンギと組む時は気になりません というかスカーフバンギと相性よかったです
ここで一番書きたいのはダメージ計算なのでちょっと計算結果を載せます

熱風→H4振り霊獣ボルトロス  ダメージ: 107~126 割合: 69%~81.2%
   →H252メタグロス  ダメージ: 195~229 割合: 104.2%~122.4%
   →H252ローブシン  ダメージ: 125~148 割合: 58.9%~69.8%

暴風→H4振りガブリアス ダメージ: 164~192 割合: 89.1%~104.3%
   →H4振りラティオス ダメージ: 133~156 割合: 85.2%~100% 
   →性格補正ありH252クレセリア ダメージ: 105~125 割合: 46.2%~55%
   →H4振りランドロス ダメージ: 172~203 割合: 104.2%~123%

オーバーヒート→性格補正ありH252クレセリア ダメージ: 121~144 割合: 53.3%~63.4%

ざっと思いつくものでこんな感じです 仮想敵の耐久値は結構おおざっぱです^^;
ダブルバトルでは守るを入れたいのでメガネではなく珠ですが火力は十分です
全体攻撃の熱風でさえ等倍で通れば相手に結構な負担を与えることができます
暴風は乱数でガブを持っていけますね さすがの火力です
ちょっとオーバーヒートは打つのが怖いので最終手段ということで
ファイヤーって個人的にはかゆいところに手が届くので個人的にはかなり気に入っています
最近ウルガモスもよく見るのですがウルガに対しても有利なポケモンです
もう少しダブルで評価されてもいい気がします
ではノシ

気になったポケモンの火力指数

技の火力×その技に対応する攻撃or特攻の実数値で計算していきますブログパーツ
参考までにメガネラティの竜星群の火力指数は182×1.5×1.5×140=57330

ファイヤーのオーバーヒート:40740
      暴風:34920
鉢巻ナットレイのパワーウィップ:43200
        ジャイロボール:54000(最大火力)
鉢巻カイリューの逆鱗:55080

注)ジャイロボールの計算式は25×相手の素早さ/自分の素早さ+1 ナットレイの素早さが22なので威力150の最大火力が出るのは相手のポケモンの素早さ実数値が132以上の時 つまり最速69以上には最大火力で打てます

基本的に55000超えたら並大抵のポケモン相手にごり押すことができると思
ナットレイの最大火力のジャイロやカイリューの鉢巻逆鱗は大体55000で技の威力も下がらないので撃てる時は積極的に打ちたいです ではノシ

本日のレーティング サブロム編 5/20

rt 1
↓        ↓        ↓対戦した結果
rt 2

今日はレーティングでサブロムを用いて一戦だけ対戦しました
例のトノファイヤーです
パーティーはニョロトノ ファイヤー テラキオン ラティアス ナットレイ ドータクンです
ドータクンは今回は臨時です 本当はメタグロスにしたかったんですがまだ育成が終わっていないのでとりあえずという感じです
対戦相手の方は対面構築
初手こちらはファイヤーで相手はボルトロス
先手トンボからのナットレイ交代で十万を受けて馬鹿力も耐えた後鉢巻ジャイロで持っていきました
次に出てきたカイリューも舞っている間に鉢巻ジャイロで6割ほど削りナットレイの仕事終了
ファイヤーを再び出して神速を撃たれるもHPを半分弱残してめざ氷でカイリューを落としました
ラス一のガッサはいったんトノに引いたあとマッパを受けつつ脱出して再びファイヤー降臨
そしてとどめの暴風という流れでした
とりあえず鉢巻ジャイロは強すぎでした
やはりトノ+ファイヤー+ナットレイの並びは強かったです
ナットレイがファイヤーの苦手とする耐久水と高速竜に圧力をかけてくれます
後はファイヤーが上から暴風&オバヒという感じです
今回は番外編ということでサブロムを使いました ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。