斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レートの快進撃の終了と環境考察

レート1700を超えてから微妙に壁の様なのが見えたり見えなかったりブログパーツ
すこし潜ってみたらレートが30ほど下がりました
微スランプですね 何度も経験しました こういう時は環境分析とパーティーのテコ入れが必要です

ここでパーティーの変更を考えます
まずフシギバナ→フラージェス フシギバナがいろいろとやらかしてくれたのでフラージェスに変更して様子見をします フシギバナはしばらくはベンチです

そしてガブリアスの持ち物 気合の襷→ガブリアスナイト
ココがすごいぞ僕のガブリアス!!!
①メガ進化前で身代わりが張りやすく、メガ進化ターンに身代わりを張ってもS102から身代わりを張ることができる! 眠り粉や環境に湧きまくっている鬼火をすかしたり、地震警戒のポケモンの時の最安定行動になり結構余分に一ターン得をすることができました というか今の環境ではガブリアスの身代わりは強すぎです

②高攻撃力からの地震でギルガルドはじめ大体のポケモンを無理やり葬ることができます

③Bが相当上上がってマリルリのアクアジェットでも15%かそれ以下くらいしか食らいませんでした

④両刀可能な種族値になったことで役割破壊のはずの流星群が物理受け天然ヌオーはじめ物理受けににぶっ刺さ去りました ただクソ外しはNG

いろいろ言われるメガガブリアスですがメガ進化ターンは実質素早さ102なので弱いはずありません
初めのターンは合計種族値710、それ以降は700と禁止級並みのスペックですもんね
メガクチートもギルガルドも一撃でした


あとレートの敗因を考えると少しですが環境が動き出したことがあげられると思います
僕が苦戦したポケモンを紹介するとエレザード両刀ギルガルドです
エレザードは正直強いです 特殊エースの中で僕にとって今一番警戒しなければならないかもしれません そして蛇睨みは本当に困りました フシギバナは行動不能ばっかりになりますしガブリアスも麻痺させられてしまいます

また特殊寄りのギルガルドが相当増えた気がします というか今回のレート対戦で3体選出されたのですが3体とも特殊型でした ロトムで受けることができなくなるのでやめてほしいです(’;ω;`)

というわけでエレザードとドラゴン、ギャラドス対策にフラージェス、ギルガルドを一撃で突破するのと交代際に負担をかけることができるメガガブリアスをパーティーに加えてレート1800を目指します
ではノシ
スポンサーサイト

初レーティング参加!!! フラージェスが強かった(こなみ)

とうとうXYでレーティングバトルをしてきましたブログパーツ
結果から言うと2戦2勝でした

メンバーはガブリアス、バンギラス、フラージェス、クレッフィ、ギルガルド、ファイアローです

本当はフラージェスではなくロトムを入れる予定だったんですがなかなか会えず、そして僕の対人戦のフラストレーションもたまっていたのでこのパーティーで強行しましたww

この中で二戦中実際選出したのはガブリアス(二回)、フラージェス(二回)、ギルガルド、ファイアローです
とりあえず感想から言うと
ガブリアス:メガ進化しなくてもよかったのですが2回ともメガ進化しました^P^
フェアリー登場で弱体化が叫ばれていましたが地震の一貫性が上がっているので十分活躍してくれました
ガブリアスのメインウェポンは地震のようですね

フラージェス:回復と攻撃を同時に行う技はないですがローブシンを髣髴させる戦いができました 単フェアリーってとても強いですね ルカリオのラスターカノンでも半分減りませんでした H振りしかしていないのに
ぶっちゃけムーンフォースを撃っているだけで相手をゴリゴリ削ってくれました この子はもう少し研究したいですね
技や努力値振りだけでなく組ませるポケモン次第ではむちゃくちゃ強くなる気配がします

ギルガルド:危うくメガギャラドスの起点になりかけました キングシールドは安易に打つものではないことを実感しました また特殊型はやはりそこまで読まれないようですね 余談ですが学内の知り合いに僕が「ギルガルドの性格は冷静(キリッ)」と言ったら「よくわかってるね」といわれました よくわからない会話でした

ファイアロー:出すまでもなくフラージェスとガブリアスが片付けちゃいました;; 先発では出しません



フェアリータイプの登場でバンギローブって壊滅したかと思いきや意外とそうでもない気がしてきました
ただバンギローブにドラゴンがいたら間違いなく相手はフェアリーを出してくると思います そうやって出てきたフェアリーを逆に起点にしていくパーティーが面白そうです

また今回はパーティーの神髄である脱出ギミックが使えませんでした というのはロトムのボルトチェンジができなかったからです ただ脱出構築はもう少し研究が必要な気がしました 今のままでは選出が不安定になるだけです
あと個人的にはクレッフィより先にフラージェスをパーティーに入れたくなりました
そのためにはフラージェスの相方を研究する必要がありますね ひょっとしたらファイアローが良い相方になってくれるかも あとギャラドス まあその辺は今後研究しますね ポケバンクが解禁したらクレセドランと絡めるのもありかもしれません
ではノシ

高個体値フラージェスを育てるための3V以上スボミー捕獲からの流れ.akaiito

第六世代で個体値について変更があったことで
①卵未発見グループ(スボミー、ルリリ、リオルなど)は野生産で3V以上が確定となった
②今までは両親からは3つの能力が引き継がれたが今作からあかいいと(ミアレシティでゲット)を使用すれば両親から5つ引き継げれるブログパーツ

このニ点が大きいと思いました

僕は今フラージェスを育成しようと思っています
78 65 68 112 154 75と
種族値が面白いことになっていますね
育成論などはまた別に書きます

今回は高個体値のフラージェスを育成するための準備を書きます

まずロゼリアとフラージェスが同じたまごグループ「妖精」なことを利用します
ロゼリアの進化前のスボミーは4番道路で出ますがそのスボミーたちはすべて3V以上
つまり親として最適です
僕は♂♀2体ずつ計4体捕まえましたがうち一体は4Vでほかは3Vでした
そしてそれらはゴージャスボールで捕まえてあるのでなかなか進化が早かったです
4Vの個体と3Vの個体を預けてどちらかに赤い糸を持たせた結果10体目で5Vが生まれました
これをまた親にしてという感じで♂の良個体値を出します というかオスの6V出ましたw 乱数いらないですね

そしてそうやって出たオスとフラべべ♀を預けてまた粘ります
いずれ良個体値のフラべべ♀が出ますよね
そうしたらまたそのフラべべを預けて納得のいく個体が出るまで粘ります

ちなみに赤い糸はどちらかの親に持たせればいいらしいのでかわらずの石と赤い糸を使ってこれからは厳選していきます
では厳選メモでしたノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。