斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ考察 ダクホドーブル対策など

japan cupブログパーツ

もうすぐ開催されるジャパンカップにエントリーしたのでちょっとお考察をしていきます 
ルールはいわゆるカロスダブルです



一応僕もカロスダブル用のパーティーは持っているのでエントリーしました


そこで今回はちょっとジャパンカップについての考察を軽くやっていこうかなと思います

まず僕が気になるのはこれ
do-buru.jpg
ドーブルです

スケッチという技によってほとんどすべての技を覚えることができます
その強さは得意ダブルやトリプルで発揮されていてカロス図鑑にも載っていることからカロスダブルにもよく現れます

大会でのドーブルといえば僕は2007のモルフ氏が使っていたレベル1ドーブルが印象的でした


話はそれましたがこのドーブル、技候補としては猫だまし、キングシールドなどに加えダークホールが考えられます

ダークホールの命中率は決して優秀ではないですが2体眠らされる危険性があり、さらに映画前売券でダークライが配布されたことによりダークホールを覚えさせることができる人が増えたと思うのでダークホールもちのドーブルは結構見かけると思います


そのドーブルの対策ですがまずドーブルの持ち物は気合の襷かスカーフだと思います
そして襷のほうが多いでしょう

つまり初ターンに眠らされないためにはタスキをつぶしたうえで倒さなければなりません

一番有効そうなのはメガガルーラの猫だましですがおそらくドーブルの隣にはファスガ持ちかこの指とまれ持ちのポケモンがいると思います そうなると猫だましもほとんど意味がなくこちらのポケモンが眠らされてしまいます


そこで僕はニャオニクスを一つの対策に上げたいと思います
nyaonikusu.gif

悪戯心による先制神秘の守りを張ってダークホールを防ぎたいと思います これは攻撃技ではないので相手のファストガードも関係ありません

またニャオニクスはファストガード、電磁波、威張る、両壁など悪戯心とシナジーのある優秀な補助技を覚えてくれ、特に威張るは神秘の守りを張ってある状態では味方に打って攻撃を上げたりすることができます

僕のカロスダブルのパーティーではキリキザン、ローブシン、ガルーラ、ファイアローはほぼレギュラーなのですがあと2体は結構未定気味なのでその枠の一つにニャオニクスがいいんじゃないかなと思っています



あとボーマンダについても少し
manda.jpg

また育成するつもりです
型はスカーフ型ですね

技構成は竜星群・竜の波動・大文字・めざパ飛行orハイドロポンプor地震or岩雪崩になりそうです

威嚇で相手のポケモンを二体ともAダウンさせるのは美味しいです 気を付けなければならないことは相手のキリキザンですかね 負けん気で実質A一段階上がった珠キザンの不意打ちでマンダは確一です キザンはセジュン氏が使っていたことから使用率は上がりそうです あとプテラ/メガプテラも
ただこちらにはローブシンがいるのである程度圧力をかけることができるでしょう あとこちらのキザンが苦手なガブリアスもスカーフマンダなら倒すことができます(スカーフガブは無理です)

ボーマンダもジャパンカップのパーティーの候補ですかね


では今回はジャパンカップの考察でした
ノシ
スポンサーサイト

育成完了ポケモン紹介 スペシャル・トリプル編 その2 ボーマンダ ファイアロー

引き続き育成済み個体の紹介ですブログパーツ


manda.jpg

ボーマンダ
命の珠 臆病 威嚇 CS
技 岩雪崩・竜星群・火炎放射・守る

威嚇撒きと相手の炎タイプの牽制ポケモンです
なんだかんだ言ってさすが600族という感じでした
臆病ですが珠を持たせて両刀可能な構成にしています
岩雪崩は霰パの天敵のファイアローとメガリザードンYによく刺さりました

faiaro--.jpg

ファイアロー
ラムのみ 陽気 はやての翼 HS
技 ブレイブバード・ファストガード・守る・とんぼ返り

複数場に出すルールでもファイアローは強いです ファストガードによって相手の先制技に縛られず端から端まで飛ばすことができるブレイブバードを優先度+1で打てて弱いはず有りませんよね
とんぼ返りは霰をうまく使うために技に入れておきました
努力値はHに全振りすればガブリアスの岩雪崩も耐えたりして意外な硬さがありました




以上で新たに育成したポケモンの紹介を終わります
今までダブル・トリプルのポケモンはシングルからの流用がほとんどだったのですがこうやってルール専用にポケモンを育成するととても戦いやすくなります
あとは対戦回数を稼ぐだけです レート上位の方々はそう試合数1500超えとかになっていますがとてもじゃないですが僕にはできそうにないです;; 時間うんぬんよりレートは結構精神的に来るところがあるのでそこまでのタフさが僕にはなさそうです 少なくとも現時点では^^;
ただなるべく目標を達成するように一戦一戦大切にしていきたいですね


あとシングルの放置が半端ないことになっています
総合ルールが落ち着いたら新しくラッキーなどを育成したりガブメガハッサム軸パーティーを作ったりしたいです
ではノシ


スカーフ過剰マンダ新機軸

ボーマンダ373
最近のお気に入りのスカーフ過剰マンダですブログパーツ
一回相手を倒すとどんどん強くなって爽快感が半端ないです
ただ技が 逆鱗/ドラゴンクロー/ツバメ返し/寝言と鋼で完全に止まります;;

そこで考えたのがこのポケモンと組ませることです

gbras.jpg
ガブリアス
性格は意地っ張り、持ち物はこだわり鉢巻で

有利対面で基本的に逆鱗するだけです
このギミックはいわゆるオノノガブと一緒ですね
二段構えの逆鱗で受けられなくしてスカーフで全抜きを狙う感じです
ただオノノガブより序盤の火力は低いです
こだわり鉢巻以外に性格陽気のステロ搭載のジュエル持ちなんかもありかもしれません
そうすれば炎技も難なく使えます

なぜオノノクスではなくガブリアスというのかは
①耐久がオノノクスより高い
②炎技を持てる
③型が多く竜二段構えが読まれなさそう
④陽気の場合やはり素早さがいい感じ

ラティには弱くなりますがラティはマンダの起点にできるのでまあいいです

前にエムリットとドランと組ませるかもしれないと書きましたがこうすればめざ地持ちガモスも怖くなくなります
(今めざ炎持ち控え目エムリットを狙っているのですがなかなか出ません;;)
そしてめざ草持ち中速アタッカーのスイクンとブシンあたりを組ませればなかなかいい戦いができるのではないでしょうか

以上マンダガブ軸のメモでした

エムリット考察

ブログパーツ
エムリット
クレセリアがすぐに用意できないので代わりにちょっと前に育成したボックスの肥やしになっていたエムリットを今構想しているパーティーに組み込みます
努力値振りは104-0-0-154-0-252です 正直なに想定か忘れました^^;
エムリットの種族値ですが80-105-105-105-105-80と特にとがったところがありませんがABCDが100を超えていてとてもバランスが良いです うまく使えばいい働きをしてくれそうです
技について
冷凍ビーム:UMAの中でクレセリアの代行を選んだ理由の一つ この技はUMAの中でエムリットのしか使えません マンダが出れないときなどは龍を狩ってもらいます
とんぼ返り:うまくサイクルを回すための技です ヒードランという受け出し抜群のポケモンがいるので想定パーティーで活躍してくれそうな技です
サイコキネシス:役割遂行技 格闘をガンガンつぶしてもらいます
ステルスロック:マンダの全抜きなどをサポートする技 隙を見て撒きます トンボと以外と相性がいい気がします

持ち物はラムです あくびループ脱出やガッサ後出しのためです ただ睡眠はマンダである程度メタっているのでショットしたら持ち物を変えるかもしれません



そして
トレーナーカード エムリット
アバターはヒードランがいるのでクロツグ
とりあえずパーティーが完成
ちょっと最初だけランダムフリーに潜ってやるかもしれません
ではノシ

【全抜きスカーフ】自信過剰ボーマンダ【クレセドラン補完】

ダ過剰ボーマンブログパーツ
前に少し記事に書いた自信過剰ボーマンダの育成が完了しました
性格は陽気で持ち物はスカーフにします
技はタイプ一致技のみです
クレセドランと組ませて終盤に全抜きを狙っていきます
ただヒードランのめざ格個体の用意がちょっと怪しげになってきたので焦っています
ひょっとしたらメガネヒードランと組ませることができなくなりそうです;;
ただヒードランのステルスロックとこのボーマンダの愛称がいいのみ事実なのでひょっとしたらヒードランはその路線で行くかもしれません
そうなるとクレセは準アタッカーでしょうか
その辺は実際にパーティーを回してみて決めます
ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。