斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行をつかむ 番外 リザードン編

公式のデータを用いた考察で今回はレート第一級線ではないですがかなりのポテンシャルを秘めているリザードンに注目していきたいですブログパーツ
ではまず画像を
リザードン考察

正直技についてはメガ進化先で全く違ってくるのでまずは持ち物から見ていきましょう
3種類がレートにいるようですがスカーフはあまりにもマイナーで来たとしてもそこまで脅威ではないのでメガストーンについてみていきましょう
メガストーンはリザードンについては2種類ありますがそこまで偏っていないようです
若干Xが人気なようですがまあほぼ同数とみていいでしょう

そしてそこがメガリザードンの強みです
どちらに進化するかわからないのでメガ進化ターンの行動を誤ればパーティー全体が大打撃を受けてしまいます
一応見分け方は僕の中では初手できたらYを疑い壁を張ってきたらXが控えにいるという感じでしょうか
またパーティーに他の物理竜がいればYの可能性が高いです
ただこれらはあくまで予想なのでその予想を裏切られることもあります
例えばパーティーにガブリアス、リザードンがいればメガストーンがXなら物理竜2体でパーティーのバランスが悪くYだな、と予想が立てられるかもしれませんがガブが初手ステロ撒きのメガリザX補助の可能性も十分あります

リザードンとカイリューがいたとしてもそのカイリューがスカーフ特殊型の可能性だってあります
構築するパーティーによってどちらのリザードンでも入ることができるところも強いですよね

性格も見てみると臆病+控え目が陽気+意地っ張りとほぼ同数ですね 一部両刀や物理受けらしき個体もいますがまあそこまでいないので今回は省きます

注目したいのはYだと臆病のほうが多いということとXだと意地っ張りのほうが若干多いということですかね
Yは少しでも上から高火力技を打ちたいという感じでしょうか というわけでメガリザードンYは最速101以上ではないと安定して叩けそうにないですね
Xのほうは竜の舞を考慮して意地っ張りだと思います 努力値を振るときはHABSあたりを調整していそうです


では最後に技を見ていきましょう
まずはYから
ソーラービーム、エアスラ、大文字、火炎放射、気合玉が並んでいますね
ソーラービームは炎と相性補完が良過ぎるので納得です あとはタイプ一致技があって気合玉という感じですね

ちょっと気になったのはオーバーヒートがないということです
僕のメガリザYは入れているのですが火力が冷静C252ギルガルドの抜群シャドーボールより出るので自分より素早さの低いポケモンを問答無用で葬ることができたり受けられても交代先に大ダメージを与えることができるのでお勧めだと思うのですが特攻ダウンを嫌っているのか人気ないですね…

次にXを
フレドラ、逆鱗、竜の舞はほぼ必須なのでしょう
残る1枠は瓦割か地震ということですね こちらは竜の舞を積むことが前提になりますがおそらく一舞逆鱗は鋼タイプでも容易に受けることができないでしょう フェアリーが出てきてもフレアドライブをほとんどのポケモンが絶えることができるとは思えません
なのでいかにして竜の舞を積むかが重要そうですね

また地震は物理技ですが僕はメガリザYに入れています もちろんドラン対策ですがオーバーヒートを打った後にも特殊技よりも火力が出ることがあるので
他にもYで地震もちはちらほら見るのでちょっと警戒が必要そうです


最後に対策を考えてみます
基本的には初手ステロガブをもってくるのが一番です
さらに言うと岩石封じ持ちなら対面ならまず勝てますし控えにいたらメガ進化前ならステロは半分入ります

あとはYは炎技読み水タイプ交代→ソーラービーム読みバンギラス交替でソーラービームの仕様で一ターン強制居座りなのでほぼ確実に狩ることができます

Xについては舞われてしまったら襷持ちを温存しておくかスカーフガブ、ハチマキファイアローくらいですかね
耐久調整した竜の波動持ちヒードランでもなんとかなりそうではありますが地震を持っていたらアウトです
あとはボルトロスを捨て覚悟で電磁波を入れたりすることくらいでしょうか


いずれにせよ油断すると両種類とも手を付けられなくなりますし火力の高さゆえ受けも安定しません
おそらくクレセリアでも厳しいでしょう
なのでパーティーの見せ合いで選出段階である程度対策を考えながら選出しておきましょう
ではノシ

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。