斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテーションルールでのギルガサザン+波動の勇者

シングルで僕が使いこなせずボックスの肥やしになっていたギルガルドとサザンドラをローテレートで使い始めましたブログパーツ

シングルよりローテのほうがギルガサザンの相性補完が生かされる気がしました


そしてローテで新たに使い始めたメガ進化ポケモンがメガルカリオです
mgrkro.jpg


ギルガサザンはメインウェポンに悪と霊技がありますがこれはなかなか一貫性があるタイプの技で中盤まで相手のポケモンをじわじわ削ってくれます

そして隙を見てルカリオをメガ進化、あわよくば積んでいくという感じです


ローテで使っているルカリオは2体いまして
一体目
無邪気 ルカリオナイト aCS 
技 ラスターカノン・波動弾・悪巧み・バレットパンチ

一回悪だくみを積めばなかなかの突破力があります
ただこれだと先制技が心無く、ギルガルドとサザンドラがともに特殊なので戦いにくい場面がありました


そこで
二体目
陽気 ルカリオナイト AbS
技 神速・バレットパンチ・インファイト・剣の舞

完全物理型です
一舞バレパンは驚くべき突破力でトゲキッスも確定一発

以下ダメージ計算です
バレットパンチ
→H252トゲキッス ダメージ: 108~128 割合: 56.2%~66.6%
→H252マリルリ ダメージ: 60~72 割合: 28.9%~34.7%

舞っていなくてもこのようなダメージが出るので戦略の幅が広がります

神速は先制技が一貫し、バレパンでは落とせない相手がいるときに使います
現在はこの物理型を使っています


このような感じでただいまのローテのレートは1670ほど

ちょっと予定を変えてまずは1700を目指してみます
というかシングルよりローテのほうが今はレートが上がりにくい気がします;;
ではノシ


スポンサーサイト

メガルカリオ育成論 今のXY環境は両刀が強い!!!!

今のXYの環境の戦略は交代戦が重視されると思います
僕もちょっとバンギムドーメガバナ中心のパーティーを使い始めたらレートがすぐに1700後半まで盛り返しましたブログパーツ

そんな中僕は両刀ポケモンに注目しています
理由は当たり前ですが相手の受け対策です

両刀ポケモンの中で特に強そうなのはメガルカリオ
学祭の時に大学のOBの方と対戦しましたがメインパーティーがメガルカリオに3縦されてその強さを実感しました
というわけで今の環境に刺さっていそうなメガルカリオを考察していきます

メガルカリオ
性格:無邪気 両刀の代名詞ともいえる性格ですね 先制技が物理に多いので防御に下降補正かけるのはあまりいい気がしません

努力値:CS252 残りA

持ち物:ルカリオナイト 当然ですね

技構成
①インファイト:メインの仮想敵はバンギラスとハピナスです 適応力補正あり
②ラスターカノン:現環境だと撃ちやすい場面が多いと思います 適応力補正あり
③シャドーボール:最近見るヤドランに強いですね
④バレットパンチ:神速よりもフェアリーに対する打点と適応力補正を期待してこちらにします

こいつを今の環境で邪魔してくるのはガブリアスとファイアローがメインだと思いますのでガブリアスにはエアームド、ファイアローにはバンギラスのステロをうまく入れていきたいです
弱点はかぶっているような気がしますが意外とバンギムドーと相性がいい気がするポケモンです

あとちょっと気になったことがあって第五世代のPGLに潜ってみたところレートの総合順位がずいぶん前から変わっていません もうみんな第六世代にきてしまったんでしょうね 対戦はさらに加速するのでしょう
ではノシ

メガ進化について 種族値の変化

XYの目玉要素であるメガ進化について僕が思ったことを書いていきますブログパーツ
まずはメガ進化の流れから
「ポケモンの名前+ナイト」とよばれるメガストーンを持たせた状態でコルニからもらうメガリングを主人公が着けることが条件です ほかには懐き度が条件に入ってくると思います ちなみに僕は現在ルカリオナイト、フシギバナナイト、プテラナイト、ユキノオーナイトを持っています



そして戦闘開始
フシギバナの戦闘画面です
メガ進化6
中央下の「メガシンカ」を押して技を選択します
すると(すみません、次からの場面はルカリオです)↓


2メガ進化
ぶれてしまいましたが左手にメガリングを付けています
このリングに主人公が手をかざすと…↓


メガ進化4
すみませんブレブレです;; ルカリオがメガルカリオになりました!!! 迫力満点のシーンです
このような流れでメガ進化は成立します


そして僕が気になっていた能力変化ですが
ルカリオ
メガ進化3

↓  ↓  ↓  ↓
メガルカリオ
P1000583.jpg



フシギバナ
メガ進化1

↓  ↓  ↓  ↓
メガフシギバナ
8メガ進化

とんでもないことになっています
ルカリオはHはそのままですが他の能力 特にACHが半端なく上がっています レベルを考慮するとACHそれぞれ種族値はは相当上がってそうです
これは600族を超えるスペックかもしれないです
また特性も適応力なので火力の底上げが通常ルカリオと比になりません

フシギバナはHとSは変わっていませんがACは10~20ほどBは40、Dは20ほど上がっていそうです
また特性が厚い脂肪なので弱点がエスパーと飛行しかありません
もともとフシギバナは眠り後名と身代わりのハメ技が成立するポケモンでしたがこれからは耐久調整次第で身代わりが相当壊しにくくなりそうです


これらを見て僕は確信しました
もしもランダムレートでメガ進化が使えるのならばしばらくは環境の中心となる戦術になるでしょう
そしてメガ進化の一番強いと思う点はメガ進化するタイミングを選ぶことができる
これに尽きると思います
例えばメガガブリアスはメガ進化することで攻撃面が強化される代わりに素早さが下がるそうです
ただ素早さで勝ちに行きたい場面ではメガ進化せず確定数を変えたいとき、受け出しを不可能にしたいときにはメガ進化を選択すれば一体のポケモンで二通りの戦いができます
デメリットとしては①一回の戦闘に一体しかメガ進化できないこと、②持ち物固定ですが正直そんなことはデメリットに入らないと思います
①に関しては必要な時にメガ進化を使えばいいだけですし、②はこだわっていないこだわりアイテムだと思えばいいだけです さらに特性も変わるので何度も言いますが二体のポケモンを同時に扱うようなものです
また戻してもメガ進化は解けないことが分かりました
なので一度メガ進化したらそのポケモンは戦闘中はメガ進化したままです
これはメリットかデメリットかわかりませんが普通はメガ進化状態のほうが強いのでメリットだと思います
また選出があるとすればその時点でどのポケモンがメガ進化するかわからないですよね
うまく隠せれば奇襲も狙えます

メガ進化は必ず対戦の中心になる 僕はそう確信しました
ではノシ

ポケットモンスターXYで注目しているポケモン ゲッコウガ・メガルカリオ

フラゲ情報を含みますので追記で触れていきます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。