斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レート1950突破 電磁波炎乱舞メガクチートへラクロス構築

メインロムのレートが1950を突破したのでその報告を
rt906.png
レート2000超えの方に勝ったことが決め手で1950を突破することができました そういえば久々にレート2000超えのパーティーと対戦しました

パーティーはこんな感じです
i_kuchiito.gifi_herakurosu.gifi_kureseria.gifi_gaburiasu.gifi_entei.gifi_borutorosu.gif

各個体の詳細は前回のこのパーティーの紹介で書いたのでリンク先を張っておきます→パーティー紹介(1900突破時)


レート1900から1950までの道のり


レート1900に乗るまではかなりきつかったのですがそのあとの対戦はそこまで苦労しませんでした
というか1900からは全勝して1950まで来ました
対戦数も3戦しかしていないので速攻で1950に乗ったかと思うかもしれませんが1900を超えてからは一勝したら潜るのをやめてしまうので実時間だとサブロムでの対戦もあったので1900に乗ってからは結構な日数がたっていました。。。 いい加減このチキン具合を卒業したいです


各ポケモンの使用感


メガクチート


相変わらず相手の技を一発耐えて攻撃+次のターンの不意打ちみたいな流れが強かったです 不意打ち読み交代読み叩き落とすというヤンキープレイはこちらが有利な時の王手です

メガへラクロス


準速まで振った素早さが活きる場面が多いです 特にメガサーナイトや鉢巻らしきカイリューに突っ張って無償で落としたなんて場面もよくありました 鉢巻ガブリアスで積みますが当たったことないし流行っていないのでセーフ もしもはやったらハチマキガブリアスを起点にできるポケモンをパーティーに入れるかもしれません

クレセリア


選出は少し控え目ですが相手に攻撃的なポケモンが多い場合は出します 三日月の舞をせずにサイコキネシスで負担をかける場面もたびたび出てきました

ガブリアス


特に書くことはないです このポケモンは相手のパーティーがこちらの2体でだいたい見れるという時に保険として選出する感じです あと、炎タイプへの牽制もしてくれます

エンテイ


相手にフェアリー・鋼・ゴーストタイプがいるときは割と先発で出します この前メガゲンガーの催眠術を躱してそのあとやけどにさせた時は感激しました

ボルトロス


相変わらず電磁波を撒いてサイクルを回しているだけでこちらのメガ進化をしっかりとサポートしてくれる存在です


選出について



メガ枠+ボルトロス+クレセリア


基本選出です
メガ枠の対面性能を上げるためにサイクルを回しながら電磁波を入れたり挑発・三日月の舞でサポートしていく選出です これが一番安定します


メガへラクロス+ボルトロス+何か


何かというのは相手のパーティーを見て決めます メガへラクロスの連続技と範囲が有効な場面が多いのでこのような選出をします こちらと相手のポケモン数が同じときは間違ってもクレセリアで三日月の舞をしてはいけません 速攻でTODを仕掛けられてしまいかねません

エンテイ+メガ枠+ボルトロスorクレセリア


相手にメガサーナイトなどの強力なフェアリーがいたらする選出です 先発はエンテイ フェアリーの後ろには鋼がよくいるので序盤にエンテイで負担をかけてあとはメガ枠に任せるという選出です

ガブリアス+メガ枠+何か


このパーティーの天敵である炎タイプがきついと思った時の選出です 主にリザードン・バシャーモ・ウルガモスを見つけた時はこの選出で行って隙あらばガブリアスでステルスロックを撒きます リザードン・ウルガモスはたいていの場合ステロ+メガクチートの不意打ちで倒せますが珠に身代わりリザードンがいて僕も一回遭遇しましたが、それはこちらの不運ということであきらめます


他にも相手のパーティーによって選出を変えていきますがたいていはこんな感じの選出をして戦っています

改良点


特にないですがしいて言えばボルトロスのバリエーションを増やしたいのでサブロム購入を検討しているくらいです(購入するとは言っていない)
ブログパーツ

ではシーズン残りわずかですがマイペースに進めていきたいと思います
ノシ
スポンサーサイト

第三シーズンシングルレート1950突破 

タイトル通り第三シーズンのシングルレートで1950を突破しましたブログパーツ
re-to 428

多分過去最高レートだと思うんですけど(名推理)

現在のパーティーはバンギラス・ローブシン・ファイアロー・ラティアスナットレイ・メガギャラドス

赤字が新戦力または復帰したポケモンです

メガフシギバナ→ナットレイ  ヒードラン→ゴツメアロー スカーフカイリュー→ラティアス

のような変更をしました


ヒードランとスカーフカイリューは入れたばっかりでしたが選出率が悪いのと選出が安定しないので抜きました

ただこの二体は可能性を感じるのでいつかもう少し煮詰めてパーティーとしてまとめ上げたいです


またメガフシギバナはどうしても構成とパーティーの性質上、後手後手に回ってしまうのいったん外しました

ゴツメアローは前から使っていた個体なので説明は割愛します



新たにこのパーティーに加わったナットレイとラティアスについて少しまとめてみます

ナットレイ
i_nattorei.gif
慎重 HDa 食べ残し
技 叩き落とす・ジャイロボール・寄生木の種・ステルスロック

たぶん今のナットレイのメジャーな型の一つですね
ナットレイの流し性能の高さから叩き落とすの強みがかなり出ると思います
努力値振りは特殊受け寄りです 寄生木、叩き落とす、ステルスロックのようなサイクル崩しの技で相手の戦略を乱します 特に、叩き落とすはサイクルを回しながらメガストーン以外の持ち物をどんどん落とせるので心強いです


ラティアス
i_rathiasu.gif
臆病 HCS レッドカード
技 竜星群・サイコショック・電磁波・癒しの願い

レッドカードを搭載したラティアスです メガネ型が現環境では厳しそうなので試験的に入れてみました ちょっと扱いが難しそうですが面白い戦いができそうです
レッドカードとラティアスの相性ですがまず耐性の多さとラティオスにはない耐久によって発動機会は設けられそうです
電磁波をなるべく入れたいので強制交代はこの型のラティアスにとって相性がいいと思います 試合数がまだ足りないのでまだ真価を発揮していませんがこれからの活躍に期待したいです
とりあえず電磁波さえ入れることができればローブシンやギャラドスが動きやすくなるのでアタッカーかつサポート型として柔軟に戦っていきます
ラティアスについてはジュエル追い打ちバンギがいないので交代がしやすく今までというか第五世代とは違った戦いができそうです ただレッドカード持ち自体変態すぎて研究が進んでいないのでもっと流行らせコラ!!

あと竜星群を覚え直す際、ブラック2でPPを増やした竜の波動を忘れさせてしまい微妙に喪失感があります;;


こんな感じでレート1950を突破したのですがレート2000までの40ちょいのレートが高すぎて怖いです

ゆっくりでいいので確実に着実にレートを上げていきたいです


あとこのパーティーは一部のポケモンに欠陥があり育成し直したいのですが第三シーズンの残りを戦うかその時間を使って育成し直すかで揺れています
今は何に欠陥があるのかは言えませんが、今シーズンが終わって僕がこのことを覚えていたら考えておきます(ネタばらしするとは言っていない)
ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。