斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテーションバトルのレート帯別人数について

某まとめブログでシングルとダブルでのレートの階級毎の人数をまとめていたので僕もローテーションについてまとめようと思いちょっと表とグラフを作ってみましたブログパーツ

レートの階級は50毎 調べた日と時間は 2014年4月25日23時ごろです
ソースはXY PGLのレーティングのデータです


なぜローテーションについて調べて見たかというと僕の現在のローテのレートが1630~1640程なのに順位が300位あたりで他のルールと比べて随分レートに対しての順位が高くどういう分散具合か気になったからです

では早速表とグラフを(すみません 表の枠の色は無視してください  あと階級の使い方が違うと思いますが気にしないでください)
re-to data1
re-to data2

これは驚きました 1550~1450までで全ローテーションプレイ人口の9割ほどあります

中間に極度に集中し両端は非常に少ないですね


レートを調べていって特に思ったことは1516周辺1484周辺が非常に多いです

このことから一回だけローテーションをやって終わりみたいな人が多いかもしれません
(レートの計算式は16+(相手のレートー自分のレート)/25なのでレート上昇または下降の基準値は16あたり)

なぜそのようなことをするかというと ズバリ、総合レートの底上げですね

一度でも試合をすればほぼ1500のレートが総合レートに加算されて総合の順位が一気に上がります


そのためにローテでとりあえずは一回または数回試合をやって総合レートの底上げを狙う人が多いのでしょう 



これはレートが1600前半でも300位以内なのは納得です

ガチで上位狙いに来ている人が少ないですもん

レートが中間に多い→対戦で当たって勝ったとしてもレートが上がりにくい→最上位の人でもレートがそこまで上がらない→レート1600~1800くらいの人どうしでレートの吸い合いになり1600くらいの人は大幅上がって1800くらいの人が大幅下がることもある→ただしその時勝った人もまたレートが下に離れた人に吸い取られてしまう→レート1700以上が生まれにくい環境になる のようなレートのデフレが起こってしまうっているのでしょう

実際僕もレート150以上上にも下にも違う方によく当たります こんなのはシングルではめったにないです

シングルレートもリセット後すぐにはなかなか高レートの人を見かけませんが時がたてば増えていきます

それはそのルールをやっている人が多いのではじめは1500に集中していてもそのレート1500辺りの人が戦いどんどん分散していってやがて高レートの人数が一定に達しその人たちが戦ってさらに天井が上がるような現象が起こるからです

ただローテーションは中間層の試合数が少なくローテをする絶対的な人数が足りません 合計人数が1万を切っているのは正直びっくりしました


これは悲しいです

ローテのルールで潜っているとあいさつで「ローテの人数が少ない」みたいなのを見ます

今回の調査で僕改めてそのように思いました





ローテーションバトルの宣伝

ということでローテーションの人数を増やすために少しこのブログでローテーションバトルの魅力を伝えていきます
シングルで使用するポケモンを流用可能
攻撃するポケモンは一対一なのでシングルルールの流用ポケモンでも十分戦えます 僕の場合メガフシギバナ、チョッキローブシンがシングルレートで使っている個体で他にボックスの肥やしになっていたサンダー、ギルガルド、サザンドラを使用しています この三体はシングルレートで使用するつもりでしたがなかなかパーティーを組めずシングルレートで使用することがあまりなかったのですがローテでとても活躍してくれています

このように育成したけど使っていないというポケモンが意外に活躍できるかもしれません


深い読み合いと安定行動
はじめに三体のポケモンが場に出ますがそのうち一体の行動を決めるのがローテの基本です このような性質から運ゲっぽく思いますがとんでもないです
まずは安定行動で相手の三体に負担をかけつつ最終的に一貫性ができたら基本的な勝つためのセオリーです
その安定行動というのは通りが良い飛行技やエアスラッシュ、爆裂パンチのような転んでもあまりリスクがない技で相手のポケモンを削っていき最後はスカーフガブの逆鱗の一貫性ができたりして勝ちみたいなことを言います

このように戦うことが理想的ですが現実はそう甘くないです 一貫性のある技がないような選出をされたり誰がスカーフかわからない場合があります ここで熱い読みが発生します  ポケモン一体の技は4つでそれが3体 そして交代を合わせると一ターンで13通りの行動ができます 読みがうまく当てるのは難しいですが当たった時の興奮はいいものです


豪快なコンボとまだ見ぬコンボ
シングルのポケモンの流用が可能と書きました 確かにそうです ただローテならではのコンボがあります
例えばクレセリア重力→スイクン追い風→ハチマキガブの地震連打のように他のルールではまねできない面白いコンボが可能なのもローテーションの魅力だと思います ローテは交代をせず複数のポケモンの技を使えるという特徴があるので先ほどのコンボをシングルでやろうとするとトリル後に交代または三日月の舞、追い風後に交代で2ターン無駄になってしまいますがローテにはそのようなことがなく組み合わせ次第で自分に有利な戦いが簡単にできます 

また散々ここで書いたように絶対的な人数が少ないのがローテーションルールです つまり研究がまだ進んでいないコンボがたくさんあります もしも自分で見つけたらそれは他の人が知らない、つまり対策ができない所見殺しということで一気にローテーションの上位に君臨できるかもしれません


このようにローテはなかなか面白く、奥が深いルールです
意外とハマるかもしれません



今回はローテーションレートについての特集をしてみました
ではノシ
スポンサーサイト

XY ローテーションパーティー紹介

ローテの目標はレート1800としていますがなかなか行ける気配がありませんブログパーツ
ただいま1600ちょいですがいったん記録も含めてパーティーを書いておきます
(ローテに自信のある方アドバイスがおありならオナシャス)


メガリザードンY
リザードンナイトY 控え目 CdS 猛火→日照り
ソーラービーム・火炎放射・エアスラッシュ・龍の波動

4体いるリザードン兄弟(現在)の三男 ローテ用です
一貫性をとる機会を多くするために4タイプの技のフルアタ仕様です
理想:神読と組み合わせて相手の場のポケモンの弱点突きまくり
現実:読み外し多発;;


ラティオス
こだわりメガネ 臆病 CS 浮遊
竜星群・龍の波動・サイコキネシス・トリック
 
メインウェポンがトリックのラティオス ローテでは必ずと言っていいほど補助要員がいますのでそれに向かってメガネを押し付けます 相手の補助要員は序盤で場作りをしてくるのでトリックは成功しやすいです


バンギラス
気合いの襷 陽気 AS 砂起こし
瓦割り・冷凍パンチ・岩雪崩・竜の舞

ローテでよく見る両壁サポート要員を考慮してけたぐりより瓦割りを搭載しました
気合いの襷のおかげで一回は必ず仕事をして竜舞の余裕があれば舞います


ガブリアス
こだわりスカーフ 意地っ張り AS サメ肌
逆鱗・じしん・ドラゴンクロー・ストーンエッジ

終盤の全抜き要因ですが相手に素早さ上昇を含む積み技持ちがいれば最初の3体として選出します
フェアリーの登場で逆鱗かドラクロで迷う機会が増えました


ローブシン
食べ残し HAB 意地っ張り 根性
ドレインパンチ・マッハパンチ・しっぺ返し・ビルドアップ

相変わらず強いのですが正直相手のトリルがきついので最遅でしっぺ返しを叩き落とすに変えた個体のほうが絶対強い気がします
またBW2で新しい個体を作るかもしれません


サンダー
命の珠 BCS 控え目 プレッシャー
目覚めるパワー飛行・十万ボルト・熱風・ボルトチェンジ

一貫性のある飛行技と電気技をタイプ一致で打てるので強いです 特に水タイプとトゲキッスをよく見るので選出機会は多いです




パーティーの概要はこんな感じです
とんでもない脳筋パーティーなので電撃戦が通用しないと結構すぐに崩れてしまうので少しずつパーティーを改良していきます

ではノシ



ローテーションでさらなる高みへ

シューターでパーティーを変えた後、潜ったら十何連勝もしてレートが1665まで行きましたブログパーツ
ただそのあと一回負けて結局は1650位になりました

やはりメガネラティオスとトゲキッスを採用したのは正解でした
トゲキッスで攻撃を吸収してメガネラティオスの交換不可能な超火力竜星群で相手の動きを制限してガブで決めていくスタイルが確立されつつあります


そこでいったんトリプルとシューターはここで止めます

次はシングル、ダブルに続いて初めてレート1600に到達したルール
そうローテーションでさらなる高みを目指します

そして現在新しい機軸を考えています
今まではラティアスで壁貼った後ブシンで殴っていく感じでしたがちょっとターンがかかりすぎたり隙が大きくなったりしました 確かに強かったんですがじゃんけん要素も多く変な負け方も少なくありません
そこで考えたのはローテーションではよくある戦略ですがこのニ体を使います
sikn game
gbras.jpg

戦法は単純明快


①ガブリアスが舞う(球持ち)

②ヒードランやサンダー、場合によってはローブシンで邪魔な耐久ポケモンや鋼をつぶしておく

③スイクンが追い風をする

③ガブが逆鱗^p^


正直ローテーションは読みや不確定要素をなるべく排除したいのでこのような全抜きのパーティー構成がいいと思います
実際ラティローブ積みサイクルではブシンがドレパンをしているだけで勝った試合もあり、その時はとても戦いやすかったです ただローブシンだとエアスラの一貫性が半端ないスカーフキッスの餌食になるので今回はガブを投入します


またスイクンですが新たに用意します
僕は今までノイクン、アタッカースイクンと育ててきましたが今度はサポートと耐久重視型にします
追い風・水技・冷凍ビーム・壁みたいな感じがいいんじゃないかなーと思います
持ち物はソクノでしょうか

というわけでスイクン、ガブリアス、ローブシン、サンダー、ヒードラン、バンギラスみたいなパーティーになりそうです
相変わらずパーティー構成がポケモンの種族値頼りですがやはり強いポケモンには強い理由がありますね
ではノシ

切断厨に対する愚痴

注) 管理人は病んだので本当に愚痴ばっかりです 本当に愚痴ばっかりです 大切なことなので二回言いましたブログパーツ



本日シューターとローテーションでレーティングをやっていましたが勝ち試合4戦とも切断されまし
見せ合い時とデータ送信中に切られたときは事故の可能性がありそこまで嫌に思いませんが(勝ち試合のデータ送信中エラーは萎えますが)対戦中に切断って基本的に故意じゃなければないと思うのであちら側はwifiのルーターを切ったか3DSの通信をオフにしたかのどっちかでしょう

大体一試合勝てば15以上のレートがもらえたのでもしも今日の対戦で切断されていなければ総合レートが少なくとも60上がっていたでしょう…

しかもこちらは別に運が良くて勝ったわけでもなくうまく読めて勝った試合だったので本当に萎えました
なんか世界大会の出場者も切断厨ばっかりみたいですね 第6世代は切断した側はCPUに切り替えて対戦続行みたいな仕様にしてほしいです

あと今はもうすぐシーズン終盤ということで無理矢理レートを取りに来ているプレイヤーが増えた気がします

切断されるのってただ得るはずだったレートを失うばかりではなくてこちらも一回切断したことになるみたいなのでとばっちりを受けてしまいます

これ以上レート対戦をやるとこちらは勝ちそうになっても切断されて負け試合はそのままレート吸収みたいな流れになりそうなのでメインと第一サブロムで潜るのはシーズン終了まで控えるかもしれないです

その間育成をして次のシーズンに備えたほうが賢いかもしれないです

ではノシ

【ローテーション用】竜舞バンギ【全抜き】

bngrs.jpg
ブログパーツ
ローテで使っている竜舞バンギです 結構積む機会があるのでローテ向きかなあと個人的には思ったりします
ではスペックから 性格:陽気 持ち物:ラムの実 特性:砂起こし 努力値:AS252 H4
技構成:竜の舞/冷凍パンチ/けたぐり(変更予定)/岩雪崩

一回積めば相手が終盤でかなりの圧力をかけることができます
ここで注意したいことはバンギは初めに選出するか先で選出するかで砂嵐になるかどうか変わってくるのでを子をしっかり考えて選出しましょう 片側には格闘牽制でサンダーを選出することが多いです
ここで技の一つのけたぐりなんですがこれを瓦割に変えたいと思います というのは両壁で何度も不利になったからです 一応けたぐりでも瓦割でも仮想敵には確定数あまり変わらないと思うので
竜の舞を一回積めば無制限のスカーフ&鉢巻持ちの怪物になります 弱点つければたいていは一撃で沈みます
持ち物は状態以上に弱いのとガッサの胞子読み冷パンのためラムの実です
相手の動きを読んで技を選択していけばすぐに相手の場のポケモンは崩壊します
なので今はこの子を中心にしたパーティーを検討中です 相方はおそらくサンダーとヒードランになりそうです
ローテはバンギの竜舞と相性のいいルール(大事なことなので二回言いました)と確信を持ちつつあるので結果を出したらまた報告します ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。