斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ⅩYにおけるバンギローブのローブシン育成論

ローブシン
ブログパーツ
また使用中のバンギローブで負けが込んできたので真面目な育成論を書いていきます

今回はタイトルにもある通り環境意識(相当甘いです)のローブシンを書いていきます

ローブシン

性格:意地っ張り

特性:鉄のこぶし 後述の技構成的に一番相性がいいです

持ち物:突撃チョッキ バンギローブだからチョッキはいらない(キリッ 的なことを前の記事で書いた気がするのですが特殊相手にドレパンを打ちたい場面が多々あったり単体選出したい場面もあるのでこの持ち物で

努力値
 ・H156 これとチョッキで控え目サザンドラのメガネ流星群確定耐え
 ・A252 まずはこれで様子を見てみます ドレインパンチの回復量を上げたいのでぶっぱで
 ・B44 余り
 ・D6 余り
 ・S52 4振りマリルリ抜き

技構成
①ドレインパンチ ブシンの代名詞 後攻ドレパンは本当に強いです
②マッハパンチ 必須技
③かみなりパンチ マリルリやギャラドス相手に
④れいとうパンチ ランドロスやボルトロス相手に


ドレインパンチのダメージ計算
B4振りガブリアスダメージ: 93~111 割合: 50.8%~60.6% で回復量46~55 サメ肌ダメージがブシンのH実数値が200なので25 実質回復量21~30

H4振りメガがルーラ ダメージ: 180~212 割合: 99.4%~117.1% 超高乱数確1

かみなりパンチのダメージ計算
H252振りマリルリ(最大HP207) ダメージ: 144~170 割合: 69.5%~82.1% ドレインパンチがのダメージが54~63 割合: 26%~30.4% なのでブシンのドレパン読み後出しでマリルリが来た場合を想定するとドレパン+かみなりパンチで削る量HPは198~223の振れ幅があります ステロがあれば確定で落とせますね

単体性能を高めたローブシンです 具体的な戦い方や対策も考えていきましょう



第5世代では最強の組み合わせの一角だと思っていたのですが新タイプのフェアリー登場で抜群の一貫性ができてしまいました なのでバンギローブを構築する上では必要なフェアリー+その他の対策も考えていきます

マリルリ タイプが変わっただけで一気にメジャーの仲間入りしたポケモンですね一番安定するポケモンはメガフシギバナですね
 一応このブシンはある程度マリルリに強くするために素早さ調整とかみなりパンチ搭載を施しています ただ対面だとやられてしまうのでバナ交代が最安定です

トゲキッス なんでこいつにフェアリー与えたんだよ… おかげで格闘等倍→1/4になってしまったのでブシンで有利対面を作っても交代読みをしなくてはならなくなりました ライコウでうまく対策できそうです ちなみにマジカルシャイン持ちはシングルではあまり見ません

サーナイト バンギローブバナで唯一うまくいかない存在だと思っています こいつはハチマキガブなどで上から殴るくらいですかね  見せ合いの時点でパーティー全体で対処を考える存在です

ヘドロゲンガー(鬼火・金縛り・身代わり持ち) ゲンガーは最近メガばっかりで完全に意識していないところで不意にやってきます ぶっちゃけ対処は厳しいです メガゲンガーならメガ進化する前にバンギ交代で追い打ち連打で何とかなりそうですが…

メガフシギバナ この子もバンギローブメガバナではうまく行かないときがよくあるのでうまく対策したいです というかバンギローブには寄生木連打でも相当きついです

ぱっと思いつくだけでもこれくらい苦手なポケモンがいます


そして仮ににバンギローブ軸を作ろうと思ったら残りの4体は
ライコウ・メガフシギバナ・ファイアローなどを入れていきたいですね
というかライコウは相当いい線いきそうです  また厳選・育成・対戦のサイクルを繰り返しながらレートを取り戻していきます
ではノシ
スポンサーサイト

現在のレート事情

なかなかシングルレートで勝てず具体的な記事が書けないでいます
ただ少しずつですがパーティーはいい方向に向かっている気がしますブログパーツ

とりあえず現在のパーティーの詳細はまだ書きませんがいくつか自分が育成したポケモンの使用感などを書いていきます

まずはハチマキガブリアス
ステロガブがメジャーになってしまいことごとく読まれるので奇襲性が高く、受け出しがほぼ不可能なハチマキガブリアスを育成しました 半端なダメージ計算をして耐久調整をしたポケモンをことごとく粉砕してくれますし逆鱗の一貫性が増します フェアリーが控えにいるとしても初手にハチマキガブを出せばステロ型をお相手は警戒しているようなので逆鱗が通ります

第5世代の雨パで使っていたジュエル剣舞ガブをハチマキガブにして今はパーティーに入れているという感じです
素の耐久が割と優秀なのでなかなか落ちないのも魅力的です

ギルガルドを弱点保険発動前に葬れたり威嚇を入れられても十分な火力が出るので思考停止で行動でき、運ゲ要素や変な読みを排除してくれました


完全体ローブシン
とうとう僕の下にも完全体ローブシンがやってきてくれました
オボンかチョッキで迷っていますが一応今はチョッキで使用しています
Hはチョッキ込みで水ロトムのハイドロポンプを最低乱数切って2耐えする感じです
ブシンってチョッキのおかげとラティオスが減ったので初手でも出しやすくなりましたよね

マッパ、ドレパン、かみなりパンチ、叩き落とすという教え技二つの技構成の個体を僕はようやく使えることができうれしいです


メガフシギバナ
僕はゴツメアローをパーティーに入れていてよく先発で出すのですが先発を読み間違えてお相手がミトムやライボルトを出すとかなり残念なことになります かといってブシンを先発にすると最近増えたガッサの恐怖が僕を襲います

何かいいポケモンはいないかと考えていたのですがいました というか最初のほうでずっと使っていました
ファイアローとよく一緒に選出もしていました メガフシギバナです
現在僕のパーティーが抱える問題点をほとんど解消してくれるポケモンなので投入しました
その結果先発間違えのリスクが減ってずいぶん精神的にも楽になりました どうして子のポケモンを忘れていたのだろ打という感じですw



あとは先ほどちらりと話を出したゴツメアロー
半端なく強いのですが鬼火くそはずしはNG 体感の命中率が5割な気がするときもありました
有利な相手が引いてもうまく鬼火を入れたら挑発+羽休めで耐久型も楽々突破です
ゴツメアローの何がいやらしいかって型が分かっていてもなかなかいい手を出しずらいところですかね
サイクルを回せばやけどのスリップダメージを稼げますし鬼火で弱った相手を積みの起点にできたりします
あとは高速高火力特殊アタッカーを警戒してバトルすればなんだかんだ言ってうまく試合を進めることができます




ここ数日でようやく新パーティーの回し方を覚えましたがそれまでの敗戦が痛すぎます…
早くレートを上げなくては

では今回も雑記に近い記事でした
ノシ

【超速報】レート1700到達!!!【メインロム】~バンギローブクレセ軸砂スタン~

rt39.pngブログパーツ
とうとうこの日がやってきました
あまりにも寝れず早朝という変なパーティーにあたるリスクが高い時間帯に潜っていたらなんとメインロムのシングルレートが1700到達しました
寝るのを惜しみこの記事をさっそく書きます

ちなみにパーティーはこの時とほとんど同じです→レート1650到達パーティ
変更点はスイクンをねむカゴ、ローブシンを雷パンチ持ちオボン根性型に、クレセリアの技をトリル→月の光にしました

ちなみによく使った選出パターンは
①先手ローブシン 控えバンギラス、クレセリア 
典型的なバンギローブクレセ
先発をブシンに控えを特殊を受けられるバンギラスを入れることで有利対面なら攻撃、不利なら引いてバンギラスの追い打ちをぶち込む感じです そしてバンギラスの苦手なポケモンはクレセで何とかしサイクルを回しながら最終的に相手の一体を倒し2体3の状況を作って相手のサイクル崩壊を狙います ちょっと前の環境でかなり安定しました

②初手ガブリアス 控えスイクン、カイリュー
初手のガブリアスが先発龍を倒すか隙が出たらステロをまくという感じです
対雨はこの選出が基本でした
初手のガブが苦手なマンムーや高耐久受けポケモンが来たらスイクンの起点にしていく感じです
そして終盤い相手が消耗してきたところで鉢巻カイリューが神速やら逆鱗やらで相手をどんどん粉砕してくれます
前シーズンはこの選出ばかりでした

③初手ガブリアス 控えバンギラス、カイリューorクレセリア
ラティハッサムのようなハッサムに起点にされたくなくかつハッサムに強いポケモンを先手に置きたいときや初手でステロをまきたいときの選出です ②だと初手ラティオスがきついので後続にバンギラスを置いた選出
あとはガブの邪魔になるラティオスを処理したらガブとカイリューで暴れてもらいます
そしてガブリアスとバンギラスが苦手なローブシンが来ると思った時カイリューではなくクレセリアを控えに入れます ハッサム+霊獣ボルト+クレセリアのような選出をされそうなときはこちらはこの選出です

④スイクン、カイリュー、バンギラス、クレセリアから3体
対ずるパーティーの選出です
そのようなパーティーのボルトロスやみがちいシャンデラってバンギラスに弱いんですがその二体を倒すとガブリアスが出てきます そのガブリアスってバンギラスを起点にしてくるので交代でゴツメクレセリアを出してダブチョを牽制しつつ削っていきます
またレパドーブルや何をしてくるのかわからないパーティーには優先度2の神速持ちのカイリューや眠る吠える持ちのスイクンを入れていきます


今まで戦ってきましたが基本選出はこの4パターンに分けることができると思います
一体一体が高スペックで柔軟性があり且つそれぞれがうまくシナジーするようなパーティーに近づけたんじゃないかなぁって思います
ただ素早さが全体的に遅いので両刀ボルトロスやスカーフガッサなどで壊滅する危険性があります^^;
まあそれを考慮したとしてもいい感じにまとまったパーティーになりました


去年の今頃って実は僕はまだwi-fiを設置していなくてレート1700にいけるなんて想像もしていませんでした
この結果を出せた理由の一つにこのブログによるモチベーションの維持があったと思います

そしてこれからはもう一つの目標、総合レートで100以内到達を目指していきたいです

今後ともこのブログをよろしくお願いいたします
ではノシ

【ダブル】鉄拳ブシン紹介【トリプル】

rhbsn.png
ブログパーツ
格闘タイプの神ポケのローブシンについて書いていきます
ルールはダブルバトルとトリプルバトル用です
特性は鉄の拳で持ち物はジュエルです
性格は意地っ張り 努力値はABぶっぱです
技は ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/守る(見切り推奨)

そう語ることはないほどの性能を誇る第五世代の最強格(個人的に)です

まずはジュエル込みのダメージ計算から
ドレインパンチ→H4振りガブ ダメージ: 139~165 割合: 75.5%~89.6%
        →201ガブ ダメージ: 139~165 割合: 69.1%~82%4
        →H252メタグロス ダメージ: 108~127 割合: 57.7%~67.9%
        →H4振りライコウ ダメージ: 169~199 割合: 101.8%~119.8%
        →H252振りハッサム  ダメージ: 135~159割合: 76.2%~89.8% 
マッハパンチ→H4振りガブ ダメージ: 76~90 割合: 41.3%~48.9%
       →サザンドラ ダメージ: 156~186 割合: 92.8%~110.7%
       →H4振りラティオスダメージ: 42~51 割合: 26.9%~32.6

ガブやハッサムのようになかなかの耐久があるポケモンも8割ほど持っていきます
ライコウ程度の耐久ならジュエルドレパン一発で実際ライコウを何度もほぼ開幕で倒したりしています
半減でもラティオスのようなB種族値80ほどのポケモン(他にはコピペロスなど)も3割ほど持っていったりします
前半でドレインパンチで暴れて後半でマッハパンチみたいな戦い方が理想です
ただいきなりマッパっていうのもかなりいいです
三つの特性の中で鉄の拳を選んだ理由ですが
①根性だと火炎玉やどくどく玉のスリップダメージがシングルに比べてきつい そしてそれらの持ち物なしだとしてもダブルやトリプルは状態異常にあまりならないから死に特性になる
②力ずくだと持ち物は命の珠一択ですがこれもダメージが気になりますしダブルやトリプルは個人的に格闘技の使用回数が三色パンチに比べて多く格闘タイプの技の威力はこの特性が必然的に一番少なくなるから
③力ずくの特性だと守るか見切りの技スペの都合により三色パンチがどうしても一つだけになってしまいメリットを受けにくい
以上の三点です
鉄の拳はジュエル消費後も無反動で威力が底上げされた格闘技と冷凍パンチが使えるので相手をどんどん削ってくれます

次のダブルの大会で活躍間違いなしです ではノシ

ダブルバトル

大会でおなじみのメンバーを使って昨日ダブルレートに潜ったのですが全く勝てませんでしたブログパーツ
というかカポエラー増えましたね というかまた環境が少し動いた気がします
というわけでちょっと雨パを使ってみようかと思います(唐突)
パーティーはニョロトノ ファイヤー キングドラ ローブシン ハッサムはほぼ確定です
ラストの枠はまだ決めていません
ただ僕のニョロトノはアンコを持っていないのでひょっとしたら育成しなおすかもしれません
しばらくレートに潜ったら大会に雨パで出てみようかと思います
雨ファイヤーの暴風の強さはもう十分わかっています
ただ大会ではメガネファイヤーにするかもしれません



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。