斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローブシンとサンダー

このニ体ですが受けループに積極的に選出しています
受けループといえば第五世代に入って新しくできたパーティーの概念ですね
基本的に交代による安定行動で相手を消費させ読みを極力抑えた戦い方ゆえ突破は難しいです
代表的な受けループのメンバーは物理受けにはエアームド、ヤドラン、グライオン 特殊受けにはバンギラスやラッキーあたりでしょうか これに雨パ対策のドクロッグ バンギと相性のいいローブシン あとは補完用のガブリアスやラティオスとかですかね
これらに対してどうやって戦っていくかというとステロをまかれる前にまずはローブシンかサンダーで有利対面を取ることが必要ですがこれはなかなか難しいです 一応僕は先発をローブシンにしています なぜかというとステロをまくポケモンは基本的にラッキー、バンギラス、エアームドのどれかですがエアームドは回復ソースが羽休めなのでローブシン相手には鉄壁などを先に積みに来ます そうしないと羽休めした後抜群のドレインパンチをもろに食らうことになりますから
そして先発ローブシンで相手がバンギなどでしたら受けループのセオリーでは相手は交代安定ですが後続を読みつつとりあえず一発殴ります  そしてヤドランやエアームドが来たらこちらはサンダーに交代です そして次のターンこちらはボルトチェンジ安定ですね メガネ持ちなので特殊受けにもある程度のダメージが入ります
そしてこちらはブシンバック あとは交代読み交代するなり相手が交代してきた次のターンにまたサンダーに戻すかの二択で戦っていきます メガネサンダーなら受けループの特殊受け相手にもある程度のダメージが入りますのでボルトチェンジでうまく立ち回っていく感じです
ただこの戦い方ですとラティオスやガブ、グライなんかがきついのでそのあたりはPTと相談です
ユキノオーなんかはこれらをうまくメタってくれますし前に書いた育成論のドータクンでもめざ氷もちですから安定してこれらと戦えグライ相手でも守るのタイミングでトリル発動すれば爆アドです
ちなみにバンギムドーのバンギはスカーフもちがいたりします サンダーのボルチェンが4割位入ったらスカーフを疑ってみましょう
向こうが交代戦ならこちらも交代に割り込む技をという考えで戦い方を考察してみました
ちなみにブシンに雷パンチを持たせても受けループといい勝負できると思います
ではノシブログパーツ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。