斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三シーズンが気づいたら終わっていたのでシングルの最終パーティー晒し

本日いろいろあって午後9時ごろ帰宅していざレートへと思っていたらブログパーツ





第三シーズン終了



日付が変わるときに終了じゃなかったのか…




本当に無念です 結構の頻度で見ていただいている方もいるのに目標であったレート2000を達成できずに終わってしまいました;;

シングルは最終レート=最高レートで1972です
513 rt



とりあえず恒例としてパーティー紹介はしておきます

バンギラス
bng.png

性格:慎重 持ち物:食べ残し 努力値:HDs 砂起こし
技:ステルスロック・追い打ち・どくどく・ほえる

第五世代からこのベースのバンギラスはずっと使っていますね なんだかんだ言って特殊ポケモンと耐久ポケモンにかなり負担をかけることができるので選出時には対戦パーティーによってバンギラスを補完するような選出をすれば安定して戦うことができます 追い打ち+ステルスロックは相手の特殊ポケモンの交代を抑制してどくどく様子見で居座ってくる耐久ポケモンによく刺さりました ただこの3つの技では物理ポケモンの起点になりやすいのでほえるを入れて起点回避をします 最近ラティオスも増えてきたので相対的に特殊受けバンギも増える可能性が微レ存


ローブシン
534.png

性格:意地っ張り 持ち物:オボンのみ 努力値:AB 鉄のこぶし
技:ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・どくどく

ダブルからの流用 時間なかったからね、しょうがないね  ゴツメローブシンのプロトタイプにと思ったのですがこの型はこの型で強かったです 初手ガブリアスは襷が多く、意外とローブシンの前で居座るので冷凍パンチ 逆鱗+サメ肌でよくオボンが発動しました 完全有利対面では今の環境では読まれにくいどくどくを打ってバンギラスと一緒にサイクルを回しながら消耗させます また初手がルーラはまずはどくどく選択でいいでしょう 交代なら鋼以外が基本的に出てきますし居座って猫だましをしていたら捨て身タックルが来ると思うので一度目の捨て身でオボンが発動し、二撃目を耐えてドレパンで返り討ちできます バンギローブは現環境でも普通に使える印象でした

メガギャラドス
130-m.png

性格:陽気 持ち物:ギャラドスナイト 努力値HBAS HBで3段階ダウンガブの逆鱗を身代わりが確定耐え S最速
威嚇→型破り
技:滝登り・地震・身代わり・竜の舞

今回のメガ進化枠 ファイアローの鬼火+ギャラの威嚇で物理ポケモンは基本的に起点になります
見せ合いで一見こちらは後手後手に回りそうだと思っても意外とギャラが一度舞えば全抜きできそうなパーティーもあったのでサイクルを回したり、ギャラの障害になるポケモンにあらかじめダメージを入れておいてメガギャラが全抜きをできる体制を整えた試合は基本的に勝ちます またタイプが変わるのも強いです ただうちのパーティーですとメガ枠がどう考えてもギャラなのでメガ進化は読まれやすいです^^; 相棒はライコウとファイアロー

ライコウ
raikou2.jpg

性格:臆病 持ち物:こだわりメガネ 努力値CdS プレッシャー
技:十万ボルト・ボルトチェンジ・目覚めるパワー氷・シャドーボール

うちのパーティーに不足していた素早さを補ってくれるポケモンです 上から一貫性がある電気技をどんどん打ってくれる補完性のあるヤツ また初手ガブ対面ではめざ氷を打ってその後岩石封じを食らうのですがその後地震ではなくまた封じが来たりするのでその場合はよくナットレイに交代していました 序盤は打てそうならボルチェンを打って終盤に上から殴っていくというのが基本的な戦い方です またメガサーナイトのハイパーボイスも耐えるのでサーナイト対面ではふぁどぼ安定です うちのパーティーにはよくフェアリータイプが来るのですがそのあたりによく負担をかけてくれました
ノイコウにするか一時期迷ったのですが最後までメガネ型で戦いました

ファイアロー
663.png

性格:陽気 持ち物:ゴツゴツメット 努力値BaS 疾風の翼
技:ブレイブバード・鬼火・挑発・羽休め

努力値振りは第四シーズンで戦う前には変えておく予定です 見ての通りゴツメアローです へラクロスがいるパーティーでは基本的に先発でヘラが出てくるのでこちらも先発でアロー ただヒードランが後ろに控えているときがあるので鬼火はあまり打ちたくないですね ヘラ対面ならやはりブレイブバード→ヒードラン交代なら挑発→ギャラに交代が一番安定しそうです 鬼火は物理突破だけではなくギャラの起点作り、交代先への消耗や確定数ずらしにも貢献します
また挑発と鬼火という定数ダメージソースと羽休めで変化技を好むポケモンに対しても強く出られるところが魅力的でした

ナットレイ
ナットレイ

性格:勇敢 持ち物:こだわりハチマキ 努力値HAd 鉄の棘
技:ジャイロボール・アイアンヘッド・パワーウィップ・地ならし

Sは逆Vです 見ての通りハチマキナットレイ お相手の技を受けてからのサイクル崩しのジャイロをぶっ放していく型です ジャイロを受けようとしてくるルカリオやバシャーモのHPを8割以上削っていく超火力はやはり頼もしいです
ちなみにステロ+ジャイロボールでほとんどのガブリアスを確定一発
受けだしてくるのがナットレイや受け型のサンダーだといろいろといやなのでいずれはハチマキ搭載の型を育成します


選出パターン
バンギラス+ローブシン+ライコウorファイアロー 相手にガブガルーラがいて残りの受けポケや特殊アタッカーがバンギで対処可能と判断したとき

ファイアロー+メガギャラ+ライコウ 基本的にはメガヘラクレセドラン軸に出していく選出です

ファイアロー+ライコウ+ナットレイorバンギラス サイクル戦を仕掛けていきそうなパーティーにはこの選出で行きます

あとは臨機応変に(これを言ったらお終いですが…)

よく出てきたポケモン
445.pngimages (1)

ガブリアスやガルーラのような早く高火力物理で押せるポケモンや

mariruri.jpgsa-naito.jpg

マリルリ、サーナイトのようなフェアリーはよく出てきました 

003-m.pngナットレイ


またメガフシギバナやナットレイのような耐久草タイプ、

megaraiboruto.jpgmizurotom.jpgi_sandaa.gif


メガライボルトやWロトム、サンダーのような電気タイプはよく選出されました

毎度のことながら画像のサイズのバラつきは本当に申し訳ないです

全体の感想
最終的にこのパーティーにたどり着きましたがそれまではレートが一気に落ちてパーティーをいろいろ変えまくって大変でした ダブルの大会をずっとやってたということとそもそもシングルはしばらく置いていたことが災いして一時期レートが300以上短期間で落ちてしまい最高レートにたどり着くまでにかなり苦労しました ただ最高レートといっても目標のレート2000には2勝分ほど遠かったので悔しさが残る結果でした

次のシーズンはとりあえずはこのパーティーを基準にもう少しメガギャラエースのパーティーで戦っていく予定です
個人的にはメガネライコウとスカーフ霊獣ランドロスのトンボルチェンでうまくパーティーを回して隙ができたらメガギャラで全抜きみたいなパーティーがいいかなと考えております

では第三シーズンのシングルの最終結果でした
ノシ
スポンサーサイト

第三シーズンシングルレート1950突破 

タイトル通り第三シーズンのシングルレートで1950を突破しましたブログパーツ
re-to 428

多分過去最高レートだと思うんですけど(名推理)

現在のパーティーはバンギラス・ローブシン・ファイアロー・ラティアスナットレイ・メガギャラドス

赤字が新戦力または復帰したポケモンです

メガフシギバナ→ナットレイ  ヒードラン→ゴツメアロー スカーフカイリュー→ラティアス

のような変更をしました


ヒードランとスカーフカイリューは入れたばっかりでしたが選出率が悪いのと選出が安定しないので抜きました

ただこの二体は可能性を感じるのでいつかもう少し煮詰めてパーティーとしてまとめ上げたいです


またメガフシギバナはどうしても構成とパーティーの性質上、後手後手に回ってしまうのいったん外しました

ゴツメアローは前から使っていた個体なので説明は割愛します



新たにこのパーティーに加わったナットレイとラティアスについて少しまとめてみます

ナットレイ
i_nattorei.gif
慎重 HDa 食べ残し
技 叩き落とす・ジャイロボール・寄生木の種・ステルスロック

たぶん今のナットレイのメジャーな型の一つですね
ナットレイの流し性能の高さから叩き落とすの強みがかなり出ると思います
努力値振りは特殊受け寄りです 寄生木、叩き落とす、ステルスロックのようなサイクル崩しの技で相手の戦略を乱します 特に、叩き落とすはサイクルを回しながらメガストーン以外の持ち物をどんどん落とせるので心強いです


ラティアス
i_rathiasu.gif
臆病 HCS レッドカード
技 竜星群・サイコショック・電磁波・癒しの願い

レッドカードを搭載したラティアスです メガネ型が現環境では厳しそうなので試験的に入れてみました ちょっと扱いが難しそうですが面白い戦いができそうです
レッドカードとラティアスの相性ですがまず耐性の多さとラティオスにはない耐久によって発動機会は設けられそうです
電磁波をなるべく入れたいので強制交代はこの型のラティアスにとって相性がいいと思います 試合数がまだ足りないのでまだ真価を発揮していませんがこれからの活躍に期待したいです
とりあえず電磁波さえ入れることができればローブシンやギャラドスが動きやすくなるのでアタッカーかつサポート型として柔軟に戦っていきます
ラティアスについてはジュエル追い打ちバンギがいないので交代がしやすく今までというか第五世代とは違った戦いができそうです ただレッドカード持ち自体変態すぎて研究が進んでいないのでもっと流行らせコラ!!

あと竜星群を覚え直す際、ブラック2でPPを増やした竜の波動を忘れさせてしまい微妙に喪失感があります;;


こんな感じでレート1950を突破したのですがレート2000までの40ちょいのレートが高すぎて怖いです

ゆっくりでいいので確実に着実にレートを上げていきたいです


あとこのパーティーは一部のポケモンに欠陥があり育成し直したいのですが第三シーズンの残りを戦うかその時間を使って育成し直すかで揺れています
今は何に欠陥があるのかは言えませんが、今シーズンが終わって僕がこのことを覚えていたら考えておきます(ネタばらしするとは言っていない)
ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。