斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ORAS】バンドリメガマンダのHSバンギラス使用感 

あまり書くことがないので最近使いだしたHSバンギラスについて少し書いていきますブログパーツ

メリットはやはり行動回数が増えることです ほぼ最速にすることでバンギラスの場合は今まで抜きづらかった相手をかなり抜けることができます この前はあまり素早さを振っていなかったらしいマンムーを抜いてステロ+攻撃を行うことができました

デメリットは今まで振っていた特防に振らなかったことによって特殊相手への場持ちが悪くなったことです 水ロトムのめざ氷でも思ったよりも削れてしまいますしCS振りらしきメガゲンガーの気合玉で確定を取られてしまいました HD振りだと耐えます ただメガゲンの気合玉は事故だと思っているのでそこまで気にしませんでした


個人的に現時点ではHS>HD振りです パーティーの構成上少しでもバンギラスが行動してどくどくやらステロを撒いて相手を消耗させてメガボーマンダとドリュウズで全抜きを行いたいので
場持ちが悪くなったことについても基本的にバンギラスは
ボーマンダへの氷技などの予想→バンギラス交替&脱出→ドリュウズみたいな高速展開が初手であるので序盤での耐久はあまり気になりません
次にバンギラスを出す場面は大抵砂嵐が切れた時なのですが受け出しをする場面が多いです
となると脱出時のダメージ+受けだしのダメージをくらいます さらに素早さが遅いとこの後にダメージをくらってしまい、結局砂を撒いて退場みたいなことになります 砂を撒けば最低限の仕事はしたことになるのですがどうせならステロとかを撒いておいたほうがあとあと楽になる場面が多いです マリルリなんてメガボーマンダの特化捨て身を耐える調整とかしてますし というわけで多少ダメージを受けても動ける可能性があるHS振りが個人的に使いやすかったです



ちなみに現時点のレートは
rt 628

あと少しで1900です バンドリュマンダでは最高レートです というかメガボーマンダ入りでは個人的に最高レートだと思います(記憶が正しければ)
最近レート値を小出しすることが多いのですがいつ一気に落ちるかわからないしそのほうが順調に上がっていっている感じがするから、多少はね  なお勝率

それとパーティーで気になるのはニンフィアの出番がなさ過ぎて空気化していることです 選出時でのギルガルドのちらつき具合がヤバいです ただこの子がいないと身代わり持ちのパーティーを撃滅できないのでまだパーティーには入れておく予定です



ではノシ

スポンサーサイト

ダブルバトル(GSルール)用スカーフカイオーガ育成論&考察

kaio-ga2.jpgブログパーツ
今回は禁止伝説級のカイオーガについての育成論と考察を書いていきます
主な使用パーティー→メガルカイオーガ軸
12年前にサファイアに登場して以来禁止・伝説級のトップメタとして君臨し続けてきました
この育成論では一番メジャーな方であるスカーフカイオーガの構成と戦い方を中心に書いていきたいと思います

種族値:H100 A100 B90 C150 D140 S90

性格:臆病 伝説を用いた大会ではカイオーガミラーが考えられるのでなるべく素早さは確保しておいたほうがいいです

努力値:C252D4S252 特攻と素早さぶっぱがなんだかんだで一番強いと思います

持ち物:こだわりスカーフ おそらく一番メジャーな持ち物であり単独での制圧力が最も強くなる持ち物だと思います

特性:あめふらし これによって水タイプの威力がタイプ一致と相まって2.25倍、かみなり必中になります

技構成
①潮吹き スカーフとの相性が優れておりHP満タンなら威力150×2/3の数値に雨+タイプ一致補正がかかって相手のポケモンを同時攻撃することができます スカーフだと確定技
参考ダメージ計算 ダブルバトルで計算します
潮吹き(火力指数45450×2体分)
→無振りガブリアス ダメージ: 183~216 割合: 100%~118%
→H4振りメガガルーラ ダメージ: 160~190 割合: 88.3%~104.9%
→H252振りギルガルド(シールド) ダメージ: 114~135 割合: 68.2%~80.8%
→H252振りルギア ダメージ: 109~130 割合: 51.1%~61%
→無振りミュウツー ダメージ: 175~207 割合: 96.6%~114.3%(H20D100振りで最低乱数切って確定耐え)

②ハイドロポンプ(火力指数54540) 消耗したカイオーガでは潮吹きの威力が下がるのでいったん戻してハイドロポンプと打ち分けます ダブルバトルでの下降補正がかからない分潮吹きよりも相手一体に対する火力指数は高くなります
潮吹き警戒のワイドガード読みでも有効です

③雷 選択技 カイオーガミラーでたまに使います ただカイオーガミラーになるような状況に陥ってしまう場合は割とせっぱつまっているときなので慎重に戦いたい場面です

④絶対零度 選択技 カイオーガで突破不可能なポケモンは他のポケモンに任せるのがダブルの基本ですがそのようなポケモンがもういなくなってしまった場合の最後の切り札です

経験上は使用頻度的には潮吹き>ハイドロポンプ>>雷>>>>>絶対零度です



圧倒的な強さを持つ故、対策ポケモンを入れたり耐久調整をされたりするので過信は禁物なこととなるべくカイオーガを補助したり相乗効果で強くなるポケモンをパーティーに入れていきたいところです


カイオーガ対策の対策
この強いカイオーガを存分に暴れさせるための対策の対策を書いていきたいと思います

優先度+1位以上の技
スカーフカイオーガを止めるには一番楽な方法だと思います 具体的には猫だまし疾風の翼悪戯心電磁波などです
これらの対策としては味方のファストガードが有効だと思います ファストガードは優先度が+3なので悪戯心による変化技や疾風の翼ブレイブバード、神速などを通させません ただし猫だましは優先度がファストガードと同じなので純粋な素早さ争いで勝たなくてはなりません 第六世代で僕が優秀だと思うファストガード持ちはファイアローメガルカリオです ファイアローのダブルでのサポートっぷりは本当に見事で疾風ブレバ、追い風や高速からのファストガードで場を整えてくれます メガルカリオはメガ進化後で素早さが上がり、伝説ポケモンに対して一致インファがよく通るのでカイオーガのサポートをしつつ自身も戦いに参加できます


パルキアなどのドラゴンタイプ
伝説戦ではパルキアをはじめギラティナ、ディアルガ、FCキュレムなどドラゴンタイプでカイオーガのメインウェポンを半減にしタイプで受けることができるポケモンが多くなってきます それらには潮吹きが余り通らないどころか竜技でどんどんこちらを削ってきてしまうので味方の素早いポケモンを仲間につけましょう 具体的にはガブリアスやラティオスのような一般ポケモンです 伝説ポケモンは割と素早さが100以下の場合が多いので素早さ102のガブリアスや110のラティオスはカイオーガの苦手なポケモンを縛ってくれます


天候変化
ユキノオーやグラードン、メガリザードンYのような雨以外に天候を変えてしまうポケモンには注意します
グラードンやメガリザードンは最悪ごり押しで何とかいけなくはないですがユキノオーについては珠草むすびで確定を取られてしまうのでユキノオーに強いポケモンを選出段階で決めておきましょう ユキノオー自体は素早さが遅く弱点も多めなのでカイオーガは控えにおいて序盤でユキノオーを倒しておくのも戦術の一つだと思います 基本的にユキノオーは受けができるほどの数値はないので出てくるとしたら先発か死に出しだと思います 


カイオーガミラー
個人的にはこれが一番厄介です こちらもカイオーガを選出したら相手に雨パギミックがあればかなりこちらが不利になります 対策としては電磁波や猫だましは前述のとおりファスガで防がれる危険があるので悪戯心持ちに日本晴れを持たせたいところです パーティーの構築段階で必ず耐久調整を施したポケモンか上記のパルキアやFCキュレムを入れておきたいです


ワイドガード持ち
気を抜いているとやられるワイドガードです ただ使ってくるポケモンはだいたい決まっていてカポエラーかハリテヤマかギルガルドなのでそれらがいたらドロポンに切り替えておくか猫だましで封じておきましょう ワイドガードは逆に言えば同時攻撃技を選ばなければ相手のポケモンは一体何もせずにそのターンを終えることになるのでうまく読めばチャンスを作れます



こんな感じでしょうか 近々カイオーガを使うことがデきるホウエンポケモンの大会があるので順位が出次第子のカイオーガを入れたパーティーを載せたいと思います ではノシ

ジャパンカップ2014 参加初日 感想

ジャパンカップに参加したので初日の感想を
ブログパーツ



ジャパンカップ自体は5月2日から開催だったのですが僕は5月3日から参加でした

理由としては育成が未完成だったことと5月2日がちょっと忙しかったからです


一日目(僕にとって)の戦績は7戦5勝2敗でレートは1550ほどでした


うん、少ないですね 対戦数   育成が5月3日まで食い込んだからね、しょうがないね


僕の予想に反して今のところダクホドーブルは見かけていません

あと雨パが多い多い

ニョロトノは余裕で現役(ダブルで)だってそれ一番言われてるから

アタッカーはルンパッパキングドラな印象でした


メガ枠はライボルト、ガルーラ、クチート、プテラのように特に変わったことはありません



あとキリキザンは何気に少なかったです  結構強いんですがねぇ

ちなみに僕のパーティーはガルーラ、ローブシン、キリキザン、ボーマンダ、ファイアロー、ニャオニクスですが
ニャオニクスは今のところ選出していません;;

ガルーラは一番選出率が多く次にキザンかマンダが多い感じです


初日は特に変わったことはなかったので報告は以上です

ではノシ

レートシーズン2総評・反省・シーズン3に向けて

レートのシーズン2が終わりましたね あっという間でしたブログパーツ
ということで一人反省会です
まずは下の表を
rt200.png
総合レート224位です 一時期は200を切っていたのですが終盤でスペシャルのレートが1500ほどまで下がりうまく持ち直せませんでした;;

とりあえず各ルールの反省を描いていきます

シングル:メガリザYが過労死寸前だったシングルですw 一応中途半端ですが目標レートは達成できました ただ僕が思ったことは対戦数が少ないということです レート上位の方は300戦以上しているので僕ももう少し絶対的な対戦数を増やしたいとまず思いました またさまざまなパーティーを今期はできるだけ使っていきたいです
目標レート2000 できれば2200(これはきついですかね;)

ダブル:これはまだ伸び代があったんじゃないかなと思います これも対戦数が少ないことが気になりました 本当はレート1800まで行きたかったのですが他のルールがなかなかレート1700に乗らなかったのでそちらに気を取られていたらシーズンが終了してしまいました
またパーティーについてはクレセリア、ヒードラン、メガガルなどもう自重はしない全力パーティーを組んで挑むつもりです

トリプル:レート1700の目標達成 これは今のところ満足です 次回もレート1700目指して勝負していきます 一応引き続き霰パを使用します

ローテーション:激ムズでした 壁構築、トリルなどの対策をしつつ全抜きを狙えるパーティーを考えなくてはなりません 目標レートは1700でしたが行く気がせず自分の中での最高レートで止めておきました 風船ヒードラン、叩き落とすブシンなど新しくポケモンを育成する必要がありそうです

スペシャル(カロスダブル):最高レートは1670ほどでしたが一気に1500くらいまでに落ちました いわゆるスランプです 一応1600前半まで持ち直しましたがとても悔しい結果になりました 環境のメタを考えず環境でよく使われているポケモンで安易に組んだパーティーだと今なら実感できるので次回からは環境のメタを取りえれていきたいです 幸いシーズン3もカロスダブルなのでもう少しパーティーを考え直したいです


シーズン2はいろいろなルールに再び手を出そうとしてたくさんのポケモンを育成、再調整しました
ただやはり全体的に中途半端感が否めないのでシーズン3ではもう少し洗練されたパーティーを構築していきます

ちなみにこの記事を書いた前に6戦潜ってきました
パーティーはフレ戦で使ったステロガブメガハッサム軸スタンを使いました 5勝1敗でまずまずの滑り出しです 他にもいろいろなパーティーを使ってみます
どうしてもレートが高くなると保守的になってしまうのでいろいろなパーティーを使うなら今のうちですよね
ではノシ 

特殊ギルガルド育成論

ギルガルドブログパーツ

物理型ばっかり考えていたギルガルドですがブレードフォルムってCも150の種族値がありますよね

準両刀にしましょう

ということで
性格:冷静 両刀のために物理、特殊とも下げてはいけない(戒め)
持ち物:食べ残し キングシールドとのシナジーを意識
努力値HC252残りA


シャドーボール メインウェポンその1
ラスターカノン メインウェポンその2
影撃ち     最後まで腐らない技になると思います
キングシールド 特殊がもろいポケモンって物理攻撃が強い気がします この型との相性が抜群ですね^^

この型はおそらくいろいろな掲示板、ブログで出てると思います 上記の技構成は基本形でしょうか
なぜこの型を気にしたかというと僕のパーティー全体が物理方面に偏っていることとAC150なのに一方を無駄にする型はもったいないと思ったからです ただそうすると積み技である剣の舞を外してしまうのでちょっと突破力は落ちる気がします ただその分メインウェポンが厚くなりました それに剣の舞を考えているポケモンはもう一体いるので…

というか二体目のギルガルドですから新しい「闇の石」をゲットする必要がありますね
めんどくさい(’・ω・`)

というか新しい考えが出るたびに二番目の記事を更新するのがきついですw
ではメモ兼育成論でしたノシ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。