斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルレジェンド考察 ダブルのギルガルドとワイドガード遺伝経路について

ギルガルドブログパーツ
多分大会前の考察は今回が最後です
この記事ではギルガルドを考えていきます

性格について
GSルールでは特殊アタッカーが多いので個人的には物理技に補正がかかる勇敢意地っ張りを選びます

今回は特に最遅を狙うつもりはないので意地っ張りで大会に参加していく予定です


持ち物について
これは正直迷います 通常ダブルでしたら身代わりと合わせて束残しなんかも考えられますが今回は一撃が重いのでそんな悠長なことは言ってられないと思います なので炎や地面の大ダメージが予想されるので半減の実かダークホールや電磁波、威張るを見越してのラムの実が刺さりそうで 僕はラムを持たせていく予定です



努力値について
これはすみません 完全に僕個人の大会用のメモになりますがH252A236S20振りをします
Sは通常ポケモンの60,61族意識の振り方です
特に最遅にするわけでもないですし、最遅にしたところ出て鉄球グラードンをトリル下で抜けないですし特殊技も使う気がないのでこの努力値振りで


ついて
①アイアンヘッド これはバンギラスやユキノオーのような通常ポケモンの他Wキュレムに刺ささります 今回のルールでは聖なる剣と選択技的なポジションだと思いますが僕はメガルカリオを採用する予定なので格闘技は切ります また今回から参戦のゼルネアスに有効な技です

②シャドークロー ミュウツーに刺さりますし数は多くないと思いますがルギアへの有効打です

③影うち キングシールドを持たせないので①と②の技を打った後に最後っ屁的な感じで打っていく予定です ミュウツーやデオキシスDF以外ならかなりの有効打になると思います

④ワイドガード カイオーガの潮吹き、グラードンの地震、Wキュレムの吹雪のような今回は強力な全体攻撃技があるのでこの技で防いでいきます


今回のギルガルドは味方を守りつつ相手を削るというダブルでよく使われるタイプのコンセプトに仕上げて大会に参加する予定です ダブル用ギルガルドは使ったことがないので努力値振りがいまいち自信がないですが刺さる相手を明確に決めているのでそこまで腐ることはないかと思います
大会が終わったらパーティーの全容を晒す予定ですが今回の大会は本当にカイオーガとミュウツーを軸にして後の通常ポケモン達はサポートをしつつ攻撃みたいな構成にしてパーティーの軸を固める予定です



そして何気なく書いたギルガルドのワイドガードの遺伝経路ですが実はむちゃくちゃ大変です

プロトーが・ママンボウ・マンタイン→ミズゴロウ→ナエトル→パラス→イシズマイ→ヒトツキという遺伝経路です
果てしなく長い上にミズゴロウとナエトルは御三家なのでメスの準備がめんどくさいです
最初はあきらめていましたがボックスを見ていたらなんと

hitotuki.png

いました そしてよく見たらフル遺伝
ミラクル交換でいつの間にか来ていたようです しかも高個体値でした まさにミラクルです
これで現在は目標のヒトツキを狙っている感じです


では今回はバトルレジェンド用のギルガルド考察というか紹介でした ノシ
スポンサーサイト

特殊ギルガルド育成ver2

第二弾特殊ギルガルドの育成論始めますブログパーツ

ただいま鱗ミニリュウの厳選をしているのですがカイリューの持ち物は弱点保険にしようと思います

カイリュー「お前に弱点保険ないから」
ギルガルド「!!??」

ということになりました
ただギルガルドはカイリューを邪魔するポケモンを消してカイリューの突破力を上げるためにパーティーに組み込みます
そう考えたとき弱点保険ギルガルドの欠点を考えました すると
・ガブリアスの地震など高威力弱点ではほとんど意味がない
・キングシールド<交代
という考えに至りました

弱点保険は不発に終わることが少なくなく、キングシールドも正直読み違えて負けにつながったこともありました
そこで登場する新たな持ち物はこだわりメガネ
高威力の技を撃って撃ち逃げという型を考えました

では型紹介
今までの準両刀特殊ギルガルドの個体をそのまま流用します
性格:冷静 たぶんこの性格が一番デメリット無しです
努力値:HC 耐久と突破力が大事なので
持ち物:こだわりメガネ これがあるのとないのとでは確定数に差が出てきます

技構成
①シャドーボール 安定技その1
②ラスターカノン 安定技その2
破壊光線 H無振りガブリアス乱数1 H252ファイアロー確定1
H252Wロトム乱数1
④影撃ちor聖なる剣 終盤考えて影撃ちのほうがいいでしょうかね

このような感じです この型で注目したいのは破壊光線を入れたことです 起点になりそうですがそこはファイアローが何とかしてくれると信じていますw
実際破壊光線を無効化してくるゴーストタイプはギルガルド相手に出しづらいでしょうし、半減してくる岩鋼については岩はラスターカノン、鋼には等倍になったシャドーボールで戦います
戦い方はカイリューの前に現れるフェアリーなどに後出しして技撃ってサイクルを崩していくという感じです

この段階では若干地雷臭がするのでいったん潜ってみて様子見してみます
ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。