斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンド対戦を終えて

というわけでフレンド対戦終了ですブログパーツ
今までの記事で画像が全くなくて見難かったとおもいます
ひょっとしたら画像を追加していくかもしれません


BW2中期からフレンド対戦をまさんさんとはさせていただいています
フレンド対戦のたびに新しい型のポケモンを考て育成したりして、対戦するということをしてきました
そしてそれらは次回のシーズンのメインパーティーの候補になっていきます
実際シーズン1のフレ戦で使ったメガリザYスタンに改良を重ねてシーズン2のパーティーにしてきました

ということで僕にとってフレンドバトルはただ単にブログ間の交流だけではなくこれからのレート戦も意識した重要な勝負なので緊張と楽しみが半々みたいな感じで毎回挑んでいますw

では今回の対戦を考えてみると


一戦目は本当にダメージの乱数に助けられました
最初の一ターン目でエムリットがメガゲンガーのシャドボを耐えていなかったら多分次のポケモンが道連れされて負けていたと思います
パーティーのコンセプト自体はヌメルゴンとエアームドの相性補完を生かしたセミ受けループです
ヌメルゴンは個人的に物理のほうが面白いので物理技メインの個体にしています
受けループは眠り粉やキノコの胞子に弱いと思うのでヌメルゴんの特性は草食にしてあります
またこの日のためにルカリオは夢個体を用意しました


2戦目は一度しっかり使ってみたかったゴツメファイアローが活躍してくれました
ゴツメファイアローは最近になってよく見ます 実はシーズン1の初期でごくわずかに見たのですが最近になってようやく研究が進んできた感じがしますね
そして物理ポケモンを誘うためにラッキーを見せたりしています
そしてステロガブリアスですが第五世代ではこの型は竜星群・ステルスロック・火炎放射・地震がメインだったと思いますが竜星や火炎放射のダメージが減ったことで物理技のステルスロック・岩石封じ・地震・逆鱗という方が増えた気がします 僕はその中間の流星群・地震・岩石封じ・ステルスロックという技構成で使っています
あとはやりメガハッサムは絶妙な調整がされていますね 想像以上に強かったです
耐久・突破力ともに申し分なしです
次のシーズンではもっと流行るかもしれません


3戦目はシーズン2でずっと使ってきたメガリザYスタンです
このメガリザYは第1シーズンよりもメガリザに強くてかつステロ持ちという個体が増えたので微妙に戦いづらくなりましたがそれでも対策を少しでも怠れば相手のパーティーを圧倒するような試合を何回もしました
160戦ほどの対戦をし少しずつ改良していったパーティーなので完成度は割と自信あります


そんな感じで3戦を戦い終えました
初の三勝でした というか今まで僕はまさんさんとのフレンド対戦で一度も2勝以上したことがなかったので今回は勝ててよかったです

またバトルビデオを保存したのでそのナンバーも貼っておきます
一戦目K54G-WWWW-WWW5ーPZ5L
二戦目68LG-WWWW-WWW5-PZ6T
三戦目NYXW-WWWW-WWW5-PZ7E

また今回は選出しなくてもちょっと面白いと思った電気玉ニョロトノなど紹介したいポケモンが一部いるので後日紹介記事を書くと思います

ではまさんさん今回もフレンド対戦ありがとうございました!!!
スポンサーサイト

フレンド対戦VSまさんさん vol3~メガリザYスタン~

最後の試合はやはりこれブログパーツ
レートシーズン2のシングルでずっと使ってきたメガリザYスタンです
そしてパーティーの内容はこれ→メガリザYスタンとほぼ一緒なのでほとんどパーティー内容は省略します
クレセリアは技構成に電磁波・ムーンフォースとムーンフォースを加えてれいとうビームとサイキネを抜きました
またナットレイは場持ちと柔軟性を考慮してオボンを持たせました

パーティーのコンセプトは基本的にはメガリザードンYの火力で圧倒し障害となるポケモンをほかのメンバーで見るというパーティーですが場合によってはメガリザを選出しないこともあります


お相手のパーティーは
ライコウ・ゲッコウガ・ローブシン・クレセリア・マンムー・クチート

こういうパーティーにリザードン出せないってそれ一番言われてるから
いや本当に今回は無理そうです
ライコウは初手で出てきやすいですよね ブシンを見ると壁張りっぽいですがチョッキの線もあります
どのみちライコウとチョッキブシンにはリザードンは不利です
ライコウは当然としてチョッキブシンもサブウェポンに岩技やかみなりパンチを忍ばせている可能性があります

そしてゲッコウガも珠もちなら岩雪崩採用は十分あり得ますしクレセリアに至っては月の光でいいように回復され、マンムーはエッジ、ステロの危険性があります



ということでこちらの選出は初手に来やすいライコウマンムーゲッコウガに強いナットレイを出します
そして武神とクチートに強いクレセリア、クレセリアに強いバンギラスを控えに入れておきます



では対戦スタート
こちらの初手ナットレイに対してお相手はローブシン
完全な不利対面ですが今までの経験上ここは叩き落としてくるのでウィップを選択しました
ローブシンは叩き落としてきてナットレイのオボンがとられましたが鉄のとげ+ウィップで大ダメージを与えることができました ダメージ量的にブシンは結構Dに振っていそうです

そしてここはドレパンしかないと思ってクレセリアに交代しましたがなんとまたもや叩き落とす!!
これは一本取られました
ゴツメダメージが入ったとはいえこれは痛いです
一応ここは月に光で回復せねばということで月の光です

お相手のローブシンは引いてクレセリアに交代してきました
クレセリア対面ですね
一応電磁波を入れてみます ひょっとしたらこちらのバンギの交代を読まれて交代読み交代決められてしまう場面なので電磁波が最安定行動でしょう

お相手のクレセリアは引かずにムーンフォースを打ってきたので次のターンこちらはバンギラスに交代
ムーンフォースは弱点ですがさすがのバンギラス ほとんど食らいません

ここはクレセリアをへたに殴るとゴツメでゴリゴリ削られてしまうかもしれないのでステスロックからの岩雪崩でまひるみを狙っていきます と思ったのですが三日月の舞をされました
そしてかなり削ったはずのローブシンが再臨

僕はクレセ交代の叩き落とす読み居座りどくどくを選択しましたが多分それを読まれました ドレインパンチでバンギラスKOです ただ砂ダメ+どくどくはさすがのブシンもきついはずです

クレセリアに交代後はムーンフォース連打です 多分被ダメージ的にお相手のローブシンは根性です かなりのダメージを食らいました
ただここは砂が切れるまでは攻撃をして砂が切れたら月の光で回復をしようと思いました

そしてブシン突破
お相手のラス一はマンムーでした
まずは月に光で回復してからムーンフォースを連打します
ここでの負け筋はつらら張り五連打が何回も続きマンムーが地割れをナットレイにしてくることぐらいでしょうか
そしてこちらのクレセの耐久が何とか勝りマンムーを突破することができました



メガリザスタンとか言っておきながらメガリザを選出しませんでしたがそのような場面でも勝てるようにパーティーを改良し続けてきたのでそれが生きた気がしました
これで三戦終了です
ではあと語りは次回の記事でノシ

フレンド対戦VSまさんさん vol2~ガブメガハッサム軸スタン~

フレンド対戦の二試合目は初手ガブステロからのメガハッサムを入れたパーティーを使いますブログパーツ
この2タイプのポケモンは今流行ですね
ガブがステロをまいてハッサムの障害となるウルガファイアローに負担をかけてメガハッサムの耐久と突破力で全抜きを狙うパーティーです
ではパーティー紹介から
ガブリアス
無邪気 hCS きあいのタスキ サメ肌
じしん・竜星群・岩石封じ・ステルスロック

ローブシン
意地っ張り hAB ラムのみ 鉄のこぶし
かみなりパンチ・ドレインパンチ・マッハパンチ・ビルドアップ

ニョロトノ
図太い HBs 電気玉 雨降らし
熱湯・冷凍ビーム・滅びのうた・投げつける
(この日のために数々のピカチュウが犠牲になった…)

ファイアロー
陽気 aBS ゴツゴツメット 疾風の翼
羽休め・ブレイブバード・挑発・鬼火

ラッキー
図太い HBs 進化の輝石 自然回復
卵産み・電磁波・ステルスロック・冷凍ビーム

ハッサム
意地っ張り HAs ハッサムナイト テクニシャン
剣の舞・バレットパンチ・泥棒・虫食い

勝ち筋はガブリアスのステロからのハッサム全抜きでそれが通らなそうな相手にはニョロトノとラッキーで麻痺をまいてローブシンでどんどん殴っていくというパーティーです


ではお相手のパーティーを見てみましょう
バンギラス・ガブリアス・ニンフィア・ギルガルド・ウルガモス・ギャラドス

これはもうハッサムを出さない手はないです
というのもバンギラスはお相手のパーティーなら物理型で文字放射がなさそうですしガブリアスは地震を2発耐えます
そしてニンフィアは完全に有利ですしギルガルドは舞泥棒で確定1です
あとはウルガモスとギャラドスに何とか圧力をかけるため先発ガブでステロをまいてファイアローで物理ギャラ・ウルガモスを見るという選出ができます

では対戦スタート
両者とも初手はガブリアス
おそらく電磁波砂ではなくステロガブでしょう
さらにお互い岩石封じを選択しました
ここで次のターン僕はステルスロックを選択
仮に先手を取られても流星群・逆鱗のどちらでもこちらのガブが倒されたらハッサムの起点になります
なのでここは居座り安定でステロです
お相手は引いてニンフィアに交代しました
竜技読みでしょう 一回ステロをまけたのであとはニンフィアに地震を打って退場です
そしてハッサムを死に出しして剣の舞を選択しました
お相手は引いてギャラドスを出しました
こちらはメガ進化を読んで虫食いでしたがどうやら違ったようでゴツメ持ちでした
電磁波を入れられてちょっと嫌な予感はしましたが何とか滝登り・電磁波のまひるみをかいくぐって虫食いでゴリ押しをしました

そしてお相手はガブを再度召喚
こちらは地震読みでファイアローに交代しました

そして地震を透かした後ここからがファイアローの本領です
鬼火からの羽休め連打です 羽休め読みで地震がきたりもしましたがこちらはお相手のガブリアスがブレバ圏内になるまで羽休め連打です そして何とかガブリアスを突破しました
ラス一のニンフィアもブレバで落として対戦終了です

今回はハッサムがパーティーによく刺さっていたのであとはその補完をうまくして勝負に勝つことができました

では次はいよいよラストの試合ですノシ


フレンド対戦VSまさんさん vol1~突破型ヌメルムドー~

今回はフレンド対戦記事を3つ書きますブログパーツ
対戦するお相手はまさんの駄べり日記の管理人まさんさんです このブログが始まって間もなくフレンド対戦をして、その後はポケモン界の節目ごとにフレンド対戦をさせていただいてます ブログのほうはポケモンはもちろんですがアニメやゲームの情報も充実しています サブジャンルが2位に入ったりしている大手のブログです

では早速対戦のほうを書いていきます
こちらのパーティーを先に紹介しますと
エムリット
臆病HCS オボンのみ 浮遊
れいとうビーム・とんぼ返り・ステルスロック・サイコキネシス
詳しい努力値・ダメージ計算は後述します

ルカリオ
aCS ルカリオナイト 正義の心→適応力
ラスターカノン・バレットパンチ・波動弾・悪巧み

ファイアロー
意地っ張り HAs こだわりハチマキ 疾風の翼
フレアドライブ・ブレイブバード・ツバメ返し・とんぼ返り

グライオン
陽気 HBS どくどく玉 ポイズンヒール
じしん・身代わり・どくどく・守る

エアームド
腕白 HBs ゴツゴツメット 頑丈
ほえる・どくどく・羽休め・ステルスロック

ヌメルゴン
意地っ張り HAs 突撃チョッキ 草食
大文字・地震・逆鱗・パワーウィップ

パーティーのコンセプトはいわゆるヌメルムドーという準受けループですが受けループが成立しなさそうな相手にはエムリットステロからのファイアロー・メガルカリオの全抜きを狙うパーティーです

ではお相手のパーティーを見てみます
へラクロス・ヒードラン・ポリゴン2・ゲンガー・ガブリアス・マリルリ
この6体がいました
ちょっとお相手の選出が読めないです
ポリ2トリルからのメガヘラか滅びゲンガー、ガブステロなどどういう戦術か把握できません
なのでこういう時は受けループは使わずコンセプト通りエムリット・ファイアロー・メガルカリオの選出をします これなら一応はお相手のパーティー全体を見ることができます
一応対クレセドラン用のグライオンも考えましたが電撃作戦で今回は行きたいと思ったので選出はしませんでした

では対戦内容を
こちら初手エムリット、お相手は初手ゲンガー 襷かヘドロかメガ進化ですよね
完全な不利対面です ただメガ枠はヘラじゃないかなと思い居座ってサイコキネシスを選択しました というか皇族で受けることができないです…

僕の予想に反しメガ進化してきました そしてシャドーボールが飛んできました 確一かと思ったのですが耐えました
正直これは驚きました このエムリットは初手で役割遂行するためのポケモンである程度耐久は降っているのですがまさかメガゲンガーの一致シャドーボールを耐えるとは ちなみに残HP4でその後オボンで回復しました
そして返しのサイキネでメガゲンガー突破
お次はマリルリ ステロかサイキネかで迷いましたが腹太鼓の起点になるのは嫌なのでサイキネを選択
アクアジェットがきました オボンのみで回復しているとはいえこれで落ちてしまうこもと思ったのですが今回も耐えました 残HP1でかなり驚きました

ここまでよくやってくれました マリルリにサイキネを入れてくれたのであとはファイアローのブレバとメガルカリオでいけそうです そしてこだわりブレバでマリルリで倒しました そして後続はヒードランではないでしょう ヒードランならエムリット相手に出せるので
ラス1はガブリアスでした こちらは最後のブレバを打ちました 返しのエッジで倒されてしまいましたが8割以上削ってくれたのであとはメガルカリオの適応力バレパンで倒すことができました


ちょっとここでダメージ計算をしてみます
メガゲンガー臆病C252シャドーボール→エムリットH104D0ダメージ: 162~192 割合: 96.4%~114.2% 乱数的には確一のほうが可能性が高かったです
また意地っ張りマリルリA252アクアジェット→エムリットH104B0 ダメージ: 42~49割合: 25%~29.1% オボンのみの回復量が42でHPが4残っていたので合計HP48でこちらは高乱数で耐えたっぽいです

ということで今回は最初のターンのメガゲンガーのシャドーボールを耐えたかどうかが勝敗の分かれ目でした
エムリットの意識の高さに助けられました
また今回の対戦でエムリットは初手の役割遂行を考えたらHは全振りでもよさそうだと思いました

では次は第二戦目の対戦記事を書いていきますノシ

フレンド対戦を終えて

今回のフレンド対戦を終えた感想を書きますブログパーツ
まさんさんの視点 一試合目 二試合目 三試合目 僕のほうは訳有ってバトルビデオを3試合目しか取れていないのでバトルビデオを見たい方はあちらのブログでご覧ください

まずは反省点から
一試合目 パーティー自体の相性もありましたがこちらが先発でステロをまけないあたりまだ負け筋を作りやすいプレイングをしてしまうと思いました また積みポケモンにギルがサザンは弱いということもわかりました
また積みポケモンに強くしたいならサザンドラにもう少しSを割くべきでした 調整が中途半端すぎましたね

二試合目 選出は問題ありませんでした 今回気になったところは仮に初手でのスカーフロトムのボルトチェンジを受けた場合のリカバリーをどうするかですがすべてのパーティーに勝てるパーティーは現環境ではいないのでそのような場合は素直に対応を切るという考えに至りました

三試合目 選出ミスです 完全にギルガルドとトゲキッスにかき乱されました マリルリ警戒の初手フシギバナでしたがフシギバナはマリルリに受け出しができるので初手ガブリアスで控えフシギバナでもよかったかもしれません そうすればまた試合も変わっただろうなあという感じです

本当に結果論的な反省で申し訳ありませんがやはりあの短い選出時間でどれだけ負け筋を想定できるかが勝負の分かれ目だと思いました


そして今後のパーティーですが
一試合目に使ったギルガサザン(サザンガルド)ですがこれは実はポケムーバーが導入される前にレートで使用する予定でした ただ例の事件によってお蔵入りになりそうなところを今回のフレ戦で使用した次第です
ポケムーバー解禁後もひょっとしたら活躍できるかもしれませんがヒードランやボルトロスの登場でどうなるかわからないのでしばらくは様子見をしていきます

二試合目のメガリザードンYのスタンですがこれはポケムーバー解禁後の使用パーティーのプロトタイプです
ちょっと長くなりますが、まずは構想を
クレセリアをこのパーティーに入れてバンギラス、リザードン、クレセリア軸のスタンパが強いんじゃないかと思います 日照り状態のクレセリアの強さはキュウコンクレセで実感しました ただキュウコンクレセのキュウコンは種族値が低くまた、地面が弱点で気合い玉がないためバンギラスにめっぽう弱かったです
そこのところを見事にメガリザードンYは解消してなおかつ特攻もトップクラスです
これによりキュウコンクレセにはない突破力を得ることができます
そして上から殴ってくるラティオスに対してはバンギラスを投げていくという感じです
バンギラスとメガリザードンの相性補完も地味に優秀でステルスロックをまけばサイクルをぐるぐる回していくうちに相手を消耗させることができます

残りの三体はガブリアス、ナットレイ、スイクン、サンダー、ローブシン、カイリューなどになりそうです
特にカイリューは神速が戻ってくるので弱点保険を持たせて単体で突破力を上げて運用することができそうです
そして物理受けをバルジーナからクレセリアに変えることでフェアリー弱点の一貫性をなくすことができます
早くポケムーバーが導入してほしいです

三試合目のバンギムドーについてですがスカーフバンギラスを生かし切れていないと思いました
これは単純に実践回数を稼ぐことでもう少し戦いやすくなりそうです
またギルガルドが相当重かったのでうまくガブリアスを選出できるようにしたいです
一応レートで使っていたパーティーに改良を加えた感じです
スカーフバンギラス以外にはウルガモスの導入ですね
ファイアローの登場とステロの需要アップで弱体化してしいましたがまだまだ受けループ対策として活躍できそうなのでもう少し様子を見ていきます

では対戦後の感想と今後のパーティーについてはこれくらいにしておきます
またボイスチャットではまさんさんと現環境について語りましたが両刀やムーバー解禁後についてなどとても有意義な内容でした
ではまさんさん、今後のオンライン対戦の活躍やブログの記事を楽しみにしています!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。