斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガギャラドス育成論

megagyara.jpg
ブログパーツ

怒涛の更新いいぞ~コレ

今回はメガギャラドスについて考えていきます

努力値振りについては今のところ2パターンあります
①H36 A164 B52 D6 S252
②H36 A180 B52 D6 S236

パターン①では最速ですが②では最速ヒードラン抜きです

今回はとりあえず最速を考えていきたいので①の努力値振りの型について考えていきます

努力値振りについて
H:実数値175 16n-1
A:他の努力値調整の余り
HB:A三段階ダウンのガブリアスの逆鱗を身代わりが確定耐え
   ちなみにA三段階ダウンというのはパーティーにいるファイアローの鬼火とメガ進化前のギャラドスの威嚇を考慮したガバガバ設定です
D:Aの努力値振りを最も効率の良いものとするための余り(8n+4を考慮)
S:最速

持ち物 ギャラドスナイト
性格 陽気

特性 威嚇→型破り

技構成
①滝登り 安定技として選びました 怯みも何気に美味しいときありますし
②地震 クレセドランに対して特性の型破りによって一貫します
③竜の舞  積んで全抜きや半壊をする型にしたかったので入れました というかメガギャラドスは特性と種族値と相まって竜の舞との相性が良過ぎます
④身代わり 挑発と悩みましたがアドがとりやすいこちらで運用してみます Sが中速以上なので上から身代わりを張って変化技をうまくかわして竜舞の起点にします またタイプが変化するので身代わりが半減で受けるみたいなことができる機会が多いです


僕のパーティーのメガギャラドスの努力値振りが甘かったので調整をもう一度考えました
素早さについてですがSがせっかく種族値81となっておりS種族値80のポケモンが最振りが多いということでこちらも最速にしました
具体的には80族は
フシギバナ  アーボック  カブトプス  カイリュー  メガニウム
バシャーモ  ダーテング  サーナイト  チャーレム  ブーピッグ 
チルタリス  オニゴーリ  フワライド  トゲキッス  マンムー
エルレイド  エムリット  フィオネ  ムーランド  シャンデラ
ウォーグル  バルジーナ

中字がレートでよく見かけ、さらに赤字なのが最速である可能性が十分考えられるポケモンです

やはりこれらのポケモンに対して上から殴るまたは身代わりを張ることができるというのは大きいと思います



技について
これは非常に悩ましかったのですが特に攻撃技についてよく考えておきたいです

まずアクアテールと滝登りですが威力が高いアクアテールよりも滝登りを選んだのは完全に僕の昔のトラウマです^p^
まあ、トラウマほどでもないでエスがアクテの外しで勝てた試合を逃したなんてことがあったので滝登りを選択しました
ダメージ的にはA一段階↑滝登りがb4振りガブリアスにダメージ: 115~136 割合: 62.8%~74.3%
A一段階↑アクアテールがダメージ: 129~153 割合: 70.4%~83.6%
だいたい10%ほどの違いです 余りにもこれで勝率が変わってくるようでしたらアクアテールの検討をします

あと氷の牙持ちのメガギャラドスをよく聞くのですが僕は氷技が単に2倍の相手なら滝登りでいいと思いますし4倍つまりドラゴンポケモンに対してはパーティー内に他に見てくれるポケモンがいるので今のところは無しで行きます

逆鱗はやめておきます 通りが悪くなりましたしそもそも逆鱗はジュエルを持たせたうえでの水ロトムに対しての一昔前の対策だと思いますが型破り地震を手に入れた今は関係がないことです

今回の育成論はここまでです
メガギャラドス自体僕はまだよく知らないので実践でいろいろ試していきます
対戦を重ねていくうえでまた改良案が出てくると思うのでその時はメガギャラドスメインの記事でないにしてもちょろっと書いていきたいと思います
あとギャラドスって厳選楽でいいですね^^遺伝技無し&孵化歩数が少ないコイキングはかなりトレーナーにとって優しいポケモンだと思います その上進化後、メガ進化後は強いとか最高です^^

ではノシ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。