斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5シーズンスペシャルレート感想 その2  ラティアスバシャバンギ軸パーティー

第五シーズン初めのころのスペシャルレート記事→さわりの感想

スペシャルレートの順位が500位以内に入ったのでパーティーをさらしていきます
これ以上このルールをやるかは微妙ですが面白いポケモンやパーティーが思いついたらまだまだやるかもしれません
6vs6.pngブログパーツ

ではパーティー紹介から
i_rathiasu.gif
ラティアス
臆病CS 浮遊
技 竜星群・サイコショック・波乗り・不意打ち

漸くこのルールで使いだした不意打ちラティアスです 正直不意打ちはネタ枠だと思ってた技なのですが残りのHPが少ないゲッコウガを落としてくれたりしました 当たり前ですが普通はラティアスの不意打ちなんて読まないですからね
ちなみに不意打ちのダメージは最低限のラインはありますしこのルールでよく見るギルガルドに対してはブレードフォルムにダメージ: 78~94 割合: 46.7%~56.2%ほどのダメージを与えることができます
割と広範囲を上からつけて耐久もあるので使いやすかったポケモンでした


バシャーモ
バシャーモ
意地っ張りAS 加速
技 フレアドライブ・とび膝蹴り・剣の舞・守る

このパーティーの抜きエースです 初手相手のナットレイ読み以外は序盤では全く姿を見せませんが中盤以降で様々なポケモンが確定圏内に入ってきたら出していきます うまく剣の舞を舞えたらバシャーモだけで3体持って行けたりします
このルールでは道具が使えないのですが道具がなくても割と気にならないポケモンのうち一体が加速バシャーモだと思いました ギルガルドとのキングシールドと剣の舞とのにらめっこが面白かったです


i_bangirasu.gif
バンギラス
慎重HD 砂起こし
技 ステルスロック・追い打ち・どくどく・ほえる

ラティアスとバシャーモをエースにしようとすると素早さが高いポケモンやゴーストタイプが目障りになってくるのでそのあたりを対処するために特殊受けバンギラスを入れました ラティオスの竜星群を食らっても4割いくかいかないかの耐久は圧巻でした またこのルールでおそらく最重要技であるステルスロックをこのパーティー唯一撒けるポケモンです 有利な特殊アタッカーに後出しして追い打ちより先にステルスロックを撒くことを意識して立ち回っていきました


i_sandaa.gif
サンダー
控え目CS プレッシャー
技 十万ボルト・熱風・目覚めるパワー飛行・羽休め

ラティアス、バシャーモ、バンギラスが重い耐久水を見るために自然に入ったポケモンです 技範囲がとても広いので受けだしされにくいポケモンだと思います めざめるパワーが飛行なのは第五世代で使っていた名残です ただこのルールではめざパは氷より飛行のほうが一貫が取れていいと思います まあエアカッターでいいといえばそれまでですが
ほぼ準速なのでサンダー同士の打ち合いには強かったです


i_yadoran.gif
ヤドラン
図太いHB 再生力
技 サイコキネシス・火炎放射・冷凍ビーム・電磁波

熱湯は切っています 基本的には有利な相手に後出しして交代読み電磁波をひたすらしていくポケモンです 一時期この枠はエルフーンにしていましたが食べ残しがないエルフーンはちょっと使いにくかったのでヤドランに戻しました
広範囲が取れてサイクル戦が必然的に多くなってしまうこのルールではヤドランは使いやすかったです
バンギラスとの相性も良好でした


nmrgn.jpg
ヌメルゴン
意地っ張りHA 草食
技 逆鱗・大文字・地震・パワーウィップ

かなり使いやすかったです ナットレイとモロバレルをこのルールではよく見るのですがそのあたりを完封できますし特殊技のイメージが強いのか地震とパワーウィップがよく通りました
ただ逆鱗が非常に打ちづらいというか基本的に竜技の一貫性が作れない試合がほとんどだったので逆鱗はあまり使いませんでした


パーティーのコンセプトはポケモンの個別解説でだいたいわかると思いますがラティアスとバシャーモを攻撃の主軸として苦手なポケモンをバンギラスで後出しして対処していきます 残りの3体は場持ちがよく広範囲を攻撃できるポケモンでラティアス、バシャーモ、バンギラスと補完がどれているポケモンを選びました
全体的に素早さがそこまで高くないので以下に相手の控えのポケモンをバシャーモの確定圏内に持っていくかが重要なパーティーです


6VS6 持ち物なしのシングルルールについて
初代ポケモンでのルールらしいですが特性ができたのと技が増えたので初代ルールではありますが全く関係がない新しいルールのような感じがしました
とにかくステルスロックを早く撒けるかが勝利のカギな気がします
なのでステロをまいてくるナットレイがよく先発できましたしそれを読んでいきなりバシャーモを出したりなんかしました
そしてそのような不利対面でもこちらの深読みを信じてかなかなか引いてこないのでフレアドライブで一発退場してもらうなんてこともあります
ステロについてはサイクル戦をしながら隙を見て撒いていくのが個人的にはいいと思いました

またお互いに裏に様々なポケモンがいるので補助技を使っていくよりは広範囲を攻めていけるポケモンが強いですし僕も実際にバンギラス以外はそのようにしています

ナットレイは本当によく見ましたがゲッコウガも早く、広範囲を一致で打てるという面で優れているのでよくパーティーに入っていた印象です ただ僕のパーティーはラティアスもバンギラスもヌメルゴンも一致で弱点を食らいますが特殊耐久が高いのでそこまで脅威ではありませんでした 

個人的にかなり嫌だったポケモンはギルガルドです このルールでは剣舞持ちの物理型が多く隙を見ては舞ってきました このポケモンはラティアスに後出ししてくるのですがその場合はサンダーかバシャーモかヌメルゴンに引きます バシャーモならひょっとしたら返り討ちにできるかもしれませんがサンダーかヌメルゴンは競り負けてしまうので熱風か大文字か地震を一発入れて後出しラティアスの不意打ちで何とかするのが一番な気がします ラティアス相手にシールドを張ってくるギルガルドはいないと信じての行動ですが…

メガ進化するポケモンがいないので普段は使わないであろうポケモンを使うことができて楽しいですしアグノムやドククラゲなど使ってみたいポケモンはまだまだいます

冒頭でも書きましたがこのルールは一応500位以内から外れない限りはあまりやらないと思いますが気まぐれで少しやるかもしれません
ただ対戦者数が少ないようで全くマッチングしないんですよね… 面白いルールなのでオススメなのですがやはり時間がかかると思われているのでしょうかね


ではこんな感じで第5シーズンのスペシャルレートのパーティー晒しと感想でした
ノシ


  

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。