斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレッフィ対策になりそうなポケモン

クレッフィブログパーツ

レート1800になってからまたちょくちょく見るようになってきたクレッフィについての対策を考えていきます
危うくまたレート1700台になりかけた糞鍵を許すな(1700台になったとは言っていない)

対策についてですがクレッフィーのみに特化した対策ではなく汎用性をある程度持ったポケモンたちについて考えていきます

i_erufuun.gif
エルフーン
いばみが系統のクレッフィの身代わりのタイミングで後出ししていきます
悪戯心には悪戯心ということで同じ特性をぶつけて優先度勝負を素早さ勝負に持っていきます
実体験では基本的にアンコールか身代わりから入れば何とかなります
ただクレッフィーが入っているパーティーにはメガフシギバナが入っていることが多くメイン技でも寄生木でもフシギバナは削れないです
なのでエルフーンを入れるならハチマキガブリアスも入れておくのがいいでしょう これならバナに後出ししてから地震を打てば裏にも通りますしそもそもガブリアス+エルフーンの組み合わせは戦術の相性補完が優れています ヒードランがいればエルフーン+ヒードランでこの組み合わせでも相手をサイクル戦で対処することができます


i_saanaito.gifニンフィア
メガサーナイト・ニンフィア
フェアリースキンハイパーボイスで身代わりを貫通させていきます 単純にこの2体はシングルで通用する性能を持っており半減されたとしてもフェアリースキンハイパーボイスはH252クレッフィーに対して
控え目C252サーナイトの場合ダメージ: 73~87 割合: 44.5%~53%
控え目C252ニンフィアの場合ダメージ: 54~65 割合: 32.9%~39.6%  それぞれ入ります
努力値についてはぶっぱでしか計算していないのですが身代わり後の負担としては十分です ただいばるを食らったらデメリットしかないので最終的には50パーセントの勝負になりそうです


i_borutorosu.gifi_torunerosu.gif
化身ボルトロス(トルネロス)
元祖悪戯心のポケモン これらには身代わりが割と無理なく入り、エルフーンを投げるタイミングと同じタイミングで投げてから身代わりをすれば威張るをすかせます エルフーンと違って火力があるのですがよっぽど耐久寄りの努力値ではないとイカサマで身代わりが壊れてしまいます


ラムの実(+身代わり)
ガブリアスなどで見ます 僕も実際鬼火が流行っている現状でタスキの代わりにラムを採用しようと思うことは何度かあります
ラム消費で1ターンはアドが取れますがもう少しアドを取りたければ身代わりを採用するといいでしょう
ガブリアス以外にもラムの実は電磁波や鬼火を吸収できるので汎用性が高く、クレッフィーに対しても強くなります


ぱっと思いつくメジャー対策はこれくらいでしょうか もちろんレートに潜っているといろいろな方が独自の方法でクレッフィーをはじめとする害悪型に対処しているようです またレート帯によっても襷が重要であったりラムが重要であったりすることがあると思うのでこまめな調整が必要だと思います そして対策についてですがピンポイント対策ではなく幅広いポケモンにある程度対応できる型で対処するのが理想のはずです

では今回は衝動的に書きたくなったクレッフィ対策でした
ノシ
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。