斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両刀メガガルーラ考察&使用感 

ryoutougaru.pngブログパーツ

育成し終わった両刀メガガルーラをオノノガブに入れて少し戦ってみたのでその報告を

まずは個体解説から
努力値
H84 A196 B44 C132 S52


H:実数値191 16n-1 6n-1
HB:ハチマキガブの逆鱗耐え
A:11n-1(性格補正が最も効率よく出る)
C:H全振りカバルドンをれいとうビームで確定2発
S:余り 最速バンギを抜ける程度


性格:やんちゃ A↑D↓

技や特性は画像の通りです

猫だまし+捨て身をメインウェポンとし、火炎放射とれいとうビームで4倍弱点を狙っていく感じです



そして実際の使用感はというと


特攻が低い、低すぎる…




火炎放射でサマヨールの身代わり壊せないって何!?

確かにC種族値は60だけど性格下降補正かけていないし特性で実質メガネもちでしょっ!?



って感じで本当に4倍弱点持ちか物理受けへの嫌がらせ程度しか技が通用しませんでした

まあ状態異常の頻度はさすがという感じですが



とりあえず範囲が広いことには変わりないので序盤の攪乱にもフィニッシャーにも使える印象でした

ではノシ


スポンサーサイト

209ガルーラの憂鬱 不意打ちか冷凍パンチ

mggr.pngブログパーツ

完全に小言での記事です

最近レート界で勢いが止まらないHPを209調整したいわゆる209ガルーラを現在使っています

技構成が
猫だまし・捨て身タックル・グロウパンチ・不意打ち
で戦っているのですが見てわかるとおりゲンガーで基本的に止まります

不意打ちは相性的にはいいですが補助技がないゲンガーはいないと思うのであまり有効打ではないです


最近は不意打ちのところを冷凍パンチにしているこのタイプのメガガルーラをよく聞きます

これはカバルドンが捨て身だと砂ダメの影響で相打ちに持ってかれてしまうためですが冷凍パンチなら反動ダメージがないので突破できるという理由と大抵のガブリアスを処理できるからだと思います(あとランドロスも


この冷凍パンチを最近搭載しようかどうか迷っています 役割対象はもちろんカバルドン・ガブリアス・ランドロスを早めに処理するためですが交代際にゲンガーに打てたら試合が楽に進みそうだと考えたからです

ちなみにメガ進化前のH無振りゲンガーへメガガルーラの冷凍パンチの初撃は

ダメージ: 69~82
割合: 51.1%~60.7%



こんな感じで2発目と合わせれば8割近く入れることができます

これだけのダメージを入れることができたらいったんガルーラを引いてもサイクル戦でどうとでもなるので個人的には今より戦いやすくなる気がします

ただ冷凍パンチを入れる枠は不意打ちのところで、実際に不意打ちも個人的にはここぞという時に助けられたりするので悩みどころです

不意打ちを削るなら猫だましを酷使すると思うのでサイクルをどう回すかをもっと考える必要が出てくると思います

もう少しパーティーを回し、環境を見ながら冷凍パンチか不意打ちか決めていこうと思います ひょっとしたら第三の候補も出てくるかもしれません


今回は「勝手に考えてろ」的な記事で申し訳ないです ただここ最近ゲンガーが増えすぎていて本当にきついのでどうしても書きたくなりました

ではノシ


メガガルーラを受けにくる連中

209ガルーラを使ってていて受けに来るなぁと思うポケモンたちについて書いていきますブログパーツ
レート帯は1700後半から1800中盤です

i_kureseria.gif
クレセリア
物理受けの代名詞です こいつを倒すためにガルーラを調整しているのでそこまでは気になりません ただ、猫だましを受けられるといったん引かざるを得なくなります 一番試合で困るのはグロウパンチか猫だましを選択しなければならないときです

i_kabarudon_osu.gif
カバルドン
最近よく見ます ゴツメカバルドンは209調整を砂ダメで台無しにしてくるので個人的にはかなり嫌いな物理受けです
天候に左右されない回復技も優秀です

i_nattorei.gif
ゴツメナットレイとかいう後出しするだけで役割遂行する受けポケは消えて、どうぞ
グロウパンチを打っても物理特化されたら結局定数ダメでどうあがいてもやられてしまいます

i_eaamudo.gif
エアームド
こいつが生き残ってるって信じられませんでしたが実際に遭遇して手も足も出ませんでした;;

i_porigontuu.gif
ポリゴン2
親子愛トレースやめちくり~ イカサマやめちくり~ うまく交代際にグロウパンチを打ちたいです


i_gengaa.gifetc
ゴースト全般きついです 基本的に不意打ちでどうにかなる相手がいないので



上記は現在の環境で順調にレート1900目指すうえで突破必須なポケモンです
少し前までは物理受けってクレセリアとポリ2ばっかりだったので後出しメガネハイボマン(ニンフィア)で何とでもなったのですが最近はガルーラを鋼やらゲンガーで受けに来る相手が多くて困ります
とりあえず現在はメガリザYをもう一つメガ枠として入れてガルーラ意識で出てくるポケモンを焼き払ってもらっていますが正直ガルーラ+上記のポケモンに圧倒的に強いポケモンの選出ができるパーティーを作るのが理想です

鋼とクレセ・ポリ2はヒードランでそれ以外はハチマキorスカーフランドロスで対処みたいなのが今のところ楽そうです
めんどくさいですがヒードランとランドロスの厳選を少しずつやっていくかもしれません
ではノシ

最近のレート事情&209ガルーラ育成論・考察の序章

しばらく更新なくて済みませんブログパーツ
レートはコツコツ進めていたのですが1800に到達した後すぐにレートが下がってしまい一回1700を切ったところでこれはまずいと思ってガルーラを新しく育成したところすぐに1700後半まで戻りました 


今まで使っていたメガガルーラの技構成は
猫だまし・おんがえし・岩雪崩・身代わり
という感じだったのですが起点になってしまうことも多くどうも使い辛かったので新しく育成して

猫だまし・捨て身タックル・不意打ち・グロウパンチ
のような単体性能を極限まで上げたメガガルーラを使うことにしました
これがうまくはまり現在は調子が戻った感じです

ちなみにこのガルーラですがいわゆる203ガルーラというガルーラのコンセプトを参考にしています(v〇nさんのブログ参考)

努力値の詳細はまだ書けませんが209にした理由は交代で出てくるクレセにグロパン+捨て身を打って安心して生き残れるようにするためです
参考BV→UDRW-WWWW-WWX8-4BZG

そのために素早さを削っていますが今のところそれで不都合を感じたことはないのでもう少しこのままの努力値振りで様子を見ます


今回は短いですが結果を出したらもう少し本格的にこのガルーラについての考察を書いていきます
ではノシ

メガガルーラの構成について考える

サイクル戦を想定したメガガルーラについて考察していこうと思いますブログパーツ

mggr.png


サイクル戦でのメガガルーラについてですが
猫だましで通常の優先度が高い攻撃技より先に攻撃し、確実にダメージを入れる
・ガルーラの消耗回避と猫だまし再利用のためサイクルを回せるポケモン・ガルーラの受け先をパーティーに入れる
・ゴツメ持ちの物理受け想定しながら戦う
この3点がポイントになってくると思います

いくつか技構成とそこからどうパーティー構築につなげていくか考えていくと

【技】 猫だまし・岩雪崩・おんがえし・身代わり
現在僕が使用しているメガガルーラです 努力値はAぶっぱで耐久に多めに振っています(B
捨て身タックルとグロウパンチがないので爆発的な火力がないですが猫だましで削りつつ、身代わりで状態異常を回避し、岩雪崩で怯み狙いしながら非接触によって堅実にダメージを蓄積していく型です
ただ、ポリゴン2やクレセリアに対しては一回怯ませた程度では回復圏内を超えることができないのでこれらのポケモンに強く、高火力特殊技を与えることができるポケモンを考えると僕はニンフィアに行きつきました
余程電磁波で麻痺らされない限りはスキンハイボに対して月の光や自己再生では回復は追いつけないです
また、この構成のメガガルは猫だましを打った後では相手のメガガルーラやガブリアスがきつくなってくるので物理受けを入れます この場合はクレセリアを入れておけば基本的に問題ありません また、これだけだと補助技持ちのポケモンがきつくなってくるのでそれらに強く、サイクルにも入れるボルトロスを入れます

そんな感じでできたパーティーは
i_garuura.gifi_kureseria.gifninfia.jpgi_borutorosu.gifi_gaburiasu.gifi_gengaa.gif

これです メガ枠はガルーラとゲンガーです

改良点:このパーティーのエースのメガガルーラはなのですがナットレイ・ギルガルドのような鋼がきついのでガブリアスかメガゲンガーを鋼に強くこのパーティーに合うポケモンを検討中です

現在上記のパーティーの状況ですが
レート1700くらいからスタートしていったん1630くらいまで下がって現在1760くらいになりました(現在7連勝中)
125rt.png



そして現在使いたいと思っているメガガルーラの技構成は
【技】 猫だまし・不意打ち・グロウパンチor炎のパンチ・捨て身タックル
の構成のメガガルーラです
これがいわゆる203ガルーラと呼ばれる型の技構成です
グロパン+捨て身でクレセリアを突破しつつガルーラがゴツメ×4+反動ダメージを耐える個体です
ただ、個人的にはクレセリアはガルーラに任せたくないので他のポケモンに任せるように戦うつもりです
もしもこのメガガルーラを使うならグロウパンチよりも炎のパンチにするかもしれません そうすれば早いポケモンには猫だまし不意打ちで鋼タイプには炎のパンチ、中速・中耐久相手には猫だまし+捨て身タックルで戦います
こうなってくるとガルーラの消費が激しくなってくるので三日月の舞を入れたクレセリア、鬼火・電磁波を代わりに受けてくれるポケモン、相手のクレせリア・ポリゴン2の突破口を開いてくれ、特殊受けもある程度してくれるニンフィアを投入してパーティーを作っていく流れになると思います

この場合のパーティー構成の流れを書くと

メガガルーラ採用→物理受け+三日月の舞によるガルーラ復活を期待できるクレセリア採用→相手の物理受けを削れるニンフィア採用→悪戯心持ち&状態異常技を打たれてもそこまで辛くはなく、サイクルを回せるボルトロス採用
ここまではメガガルーラ軸を作るうえで結構通る考えだと思います
そしてクレセリアが出しにくいが物理ATに強くしたい時を想定してスカーフランドロス採用 これでサイクル回し+フィニッシャーの役割ができるポケモンが増えました


残りの一体についてはいろいろ試して(対戦数を稼いで)しっくり来るポケモンを入れていきます

捨て身を遺伝させたガルーラはもう厳選完了しているのであとは努力値を考えながら育成していきたいと思います

ではノシ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。