斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連絡

最近FC2の管理画面の調子が悪いのでライブドアに移転するかもしれません
詳しい内容はまた後日連絡しますブログパーツ
スポンサーサイト

HSスイクン変更点

スイクンの変更点をさらっと
HSベースのやつです
技を身代わり→眠るにして  眠る/熱湯/瞑想/吠える 持ち物を食べ残し→カブログパーツゴのみ
たったこんだけです
なぜこんな変更をしようと思ったかというと
1、バンギとセットで出すとき食べ残しは意味がなくなること
2、食べ残しをバンギに持たせたかったから
3、雨パにはほぼ必ずスイクンを出すのっですがどうしても相手の水技をスイクンで受けたりするとき熱湯の被弾回数が多くなりやけどになってしまう その時はねむかご>>>食べ残しだから

理由は少ないですがこの違いで勝負が決まります 正直戦っていて眠るが欲しい場面が多々あったので型変更という流れになりました 身代わりがないのは残念ですが最近はすぐ身代わりが壊されるイメージがあるのでこの技を変えました 吠えると身代わりはターンがかかりすぎてアンシナジーな気がします
吠えるは僕のパーティーが積みポケモンや身代わり持ちに弱いので僕にとっては必須だと思います ステロとの相性もすごくいいです 積みあい合戦にも強いですしね
ただ身代わりがないときの何とも言えない不安もあります^^;
クラウンスイクンに絶望的に弱くなります というかクラウンスイクンを安定して倒せるポケモンが僕のパーティーにいないのでレートが上がってクラウンスイクンが多い層と戦う回数が増えたらまた型変更するかもしれません
自分のレートにあったポケモンの型ってありますよね
ではノシ

サブロムの途中経過

少し前にレートが1300台まで降下したサブロムがトノファイヤー軸に変えてから速攻で息を吹き返したので途中経過をメモしておきます ただいま1600を少し切るくらいです
ブログパーツ
メンバー
ニョロトノ
持ち物 脱出ボタン 技:熱湯/どくどく/守る/滅びの歌
耐久にガン振りしたトノです ファイヤーのとんぼ返りやナットレイに来る炎技を受けて脱出します

ファイヤー
持ち物 こだわりスカーフ 技:目覚めるパワー(氷)/オーバーヒート/とんぼ返り/暴風
暴風の一貫性が半端ないことで有名な雨ファイヤーです スカーフも意外に読まれにくいです
暴風以外は撃ち逃げを基本とするため炎技はオーバーヒート なんかよくわかりませんが最後にラティ対面で暴風撃って勝ちみたいな場面がよくあります トンボ+暴風でラティが狩れるのはいいです

キングドラ
持ち物 水のジュエル 技:波乗り/ハイドロポンプ/竜星群/身代わり
最近入ってきたポケモン 今のところ見せ合いでの置物です;;
今後の活躍に期待

ガブリアス
持ち物 ドラゴンジュエル 技:ダブルチョップ/逆鱗/地震/剣の舞
説明不要の最強ポケモン候補です 水ロトムがきつかったのでジュエル逆鱗で圧力をかけるため投入しました あと電気の一貫性を消してくれます というかボルチェンを防いでくれます ダブルチョップが身代わりに刺さりまくって非常に戦いやすいです

マンムー
持ち物 気合の襷 技:氷の礫/つらら張り/地震/ステルスロック
テンプレのマンムー 電気の一貫性を消してくれる要員その二です ただあまり出番はないです…

ナットレイ
持ち物 こだわり鉢巻 技:ジャイロボール/地ならし/パワーウィップ/大爆発
ファイヤーとの相性がとてもいいポケモンです 雨パに対してはほぼ確実に選出します 意外と鉢巻はばれにくいもんです 有利対面とったらジャイロボールをしていく感じです ジャイロはH4振りガブを乱数1です

相手のラス一がグドラの時後出し大爆発で仕留めたりしてくれました 大爆発は無限技脱出としても優秀です 鉢巻ナットレイの大爆発はメガネラティの竜星群の火力指数より高いのでその威力は絶大です
このパーティーはパルシェンに弱いので地ならしを種マシンガンに変えたいです
とにかくかたくて雨状態なら炎技持ちでも強気に突っ張ります


ちょっと前までは趣味パみたいな感じのトノファイヤーでしたが今は見る影もなくガチ化しました
というかこのパーティーなら1700近くいかなきゃ(使命感)
努力値などはもう少し後で載せます といってもこのメンバーの努力値はほぼぶっぱですが(汗
とりあえずガブとファイヤーとナットレイ(とキングドラ)の高火力+ナットレイの受け出しの良さ、天候変化やラス一相手にとことん強いニョロトノ、メジャーキラーのマンムーなどうまくパーティーのポケモンが噛み合っています トノファイヤー軸はダブル(INC JUNE)ですが50戦以内でレート1670くらいまで行ったのでまだまだ開発の余地があると思います
トノグドラにファイヤー突っ込んだだけじゃね?とか思わないでください
実際ファイヤーの選出率は9割ほどありニ体はたいてい持っていってくれます
ニ体倒したらあとはトノの滅びを撃つだけ
このパーティーは勝ち筋が明確なので戦いやすかったです
大学の期末テストがすべて終わったらまた本格的にレート対戦をします
(グローバルショーダウンェ…)
ではノシ


個人的に対面構築に強いと思ったポケモン

今日同じ相手が使った対面構築に二回負けたので今まで対面構築と戦ってきた中で個人的に強いと思ったポケモンを書いていき、今後のメモとします
ブログパーツ
対面構築に対して強かったポケモン

クレセリア
めざ炎を搭載すれば対面構築のポケモンはほぼ狩ることができます
ただガッサとスイクンがきついです


ローブシン
格闘ポケモンの大正義 ガッサ意識で根性型が一番対面構築相手には使いやすいと思います
きついのはウルガモスとめざ飛搭載のボルトロスです


鉢巻ナットレイ
ジャイロボールが強いです ただハッサムの起点になっていしまいがちでウルガモスとガッサも厳しいです


鉢巻オノノクス
ガッサに強いです あとボルトのめざ氷も基本的には大丈夫なのでうまく鉢巻ダブチョで襷を削りながら戦いたいです スイクンも鉢巻逆鱗で無理やり負担をかけていきます カイリューのマルスケも無効です


耐久振りメガネサンダー
ボルトチェンジをうまく使ってボルトロス、ハッサム、スイクン、キノガッサに負担をかけていきます
ただマンムー対処のため格闘ポケモンか水ポケモンを一緒に選出したいです


こんな感じですかね
個人的にはクレセリアとローブシンがなかなかいい感じだと思います
ブシンは一回ビルドを積めばハッサムも難なく突破可能そうです何よりこのニ体の相性はなかなかのもんです

ガブやバンギなどは対面構築相手にはちょっと使いたくないです^^;
僕の使い方が悪いのでしょうが瞬殺されます とりあえず対面構築相手には高耐久のポケモンで戦うと勝ちやすくなると思います
ではノシ




霊獣ボルトロスの必要性@トノファイヤー

サブロムでトノファイヤーを運用していますブログパーツ
今日はレート1600後半で三ツ星の猛者を倒しいけるかもと思ったのですがそのあとなんやらこんやらでレートは下がったままです
そこで霊獣ボルトロスを今使っているマンムーの代わりに入れたらどうかと考えました
理由としては
1.電気の一貫性を消せる
2.悪巧みの採用により相手のサイクルを崩しやすい
3.耐久水に対して最高の圧力
4.ファイヤーと一緒にトンボルチェンも!!(ステロで…)

ぱっと思いつくだけでこんな感じです

たぶん実際に使うとこれ以上の戦果が期待できると思います


ただ問題も
1.先制技持ちが少なくなる
2.バンギガブなどメジャーポケに弱くなる
3.僕がARサーチャーを持っていないこと さらに言うと理想個体ボルトロスを持っていないこと
このような問題が浮上してきます
1,2番の問題はプレイングで何とかしますが問題は3です
そもそも僕はBW2の乱数はできてもBWの乱数はできません…
この際だからBW乱数とARサーチャーに手を出してもいい気がします

ただブラックが序盤で止まっているのでまた数時間かけてクリアしなければなりません
今日も理想個体ニョロモ&フカマル乱数厳選+フカマルをガブに育成してpt投入したのにまた厳選って…
ポケモンってやり始めるときりがないことに改めて気づきます

本日は少しレートに潜ったのですがちゃんとした意味での安定行動ができていなさすぎて自分で引きます
もう少しうまくプレイングできたらポケモンたちも幸せなのでしょうが

幸いレートが低いおかげ(?)で自分のレートは下がりにくく上がりやすいです
25上がったときはびっくりしました^-^


ではテスト勉強の続きをします
ノシ

ここ最近のサブロム

サブロムのレートが冗談とか言えないレベルで下がりまくったので前に使っていたトノファイヤー構築にチェンジしました(一時期1300台突入も^P^)ブログパーツ
パーティー変更後少しは上がりましたがまだまだ依然とレートは低すぎるままです
とりあえずラティアスを入れていたのですが解雇です;;
理由は火力不足と特殊エース選出ならファイヤー>ラティアスということでほかのポケモンに切り替えます

候補はガブでしょうか 電気無効化ポケモンはマンムーがいるのですがニ体いたほうが安心できます
型はジュエル剣舞型でいいと思います 襷持ちや身代わり無限型、物理受けを強引に突破するドラゴンの鏡ですね

ニョロトノは耐久に振った個体を用意すると思います


一応選出で一番安定したのはファイヤー、ニョロトノ、ナットレイの選出です
脱出ギミックを採用しているのですがボルトorランド+トノ+グドラの脱出と違ってファイヤー→ニョロトノ→ファイヤーとニ体で脱出が完成する速攻性が個人的にはgood
この脱出に関して電気無効がいかに重要かが分かりますね
相手先発ローブに対してこちらファイヤーでもなかなか相手は引いてきませんから困ります
雷パンチ撃ちたくなるのはわかりますがファイヤーって暴風もエアスラ持ちもいるのにリスク高すぎるんですが、それは…


ただナットレイも種マシンガン持ちがほしくなったので新個体を用意するかもしれないですがこの子は完全に未定です

というかガブも新個体欲しいですしもっというとソウルシルバーではスイクンとサンダーそして大会用のルギアとグラードンとレックウザも用意しなければなりません 忙しすぎ^^;

まあ時間をうまく見つけてやっていきます
ではノシ

原点回帰

クレセドランに限界を感じてまたまたパーティーの変更です…ブログパーツ
僕にはクレセドランを使いこなすことはできませんでした


というわけで前シーズンで50勝しないうちにレート1650にいったパーティーのメンツを再び使います

正直自分が今まで作ったパーティーの中では断トツの出来だったのですが今シーズンに入ってからなかなか勝てたなかったのでクレセドランを使いました(トップ記事一番上のメンバー)
ただやはりもう一度あのパーティーを使いたくなったのでもう一度パーティー変更
一部技構成努力値をいじってあります

原点回帰とか燃える展開ですね^-^

またある程度結果が出たら載せたいです
ではノシ

クレセドラン使用感

相変わらずレート上がりません^P^ブログパーツ
ただいまのパーティーはクレセドランの形をとれるパーティーを使っています

一応収穫があるとすれば相手が出してくるポケモンは大体わかってきたということです

その中で特に僕が「こいついっつもでてくんなぁ~」と思ったのはこのニ体urg.pnggbras.jpg

ガブリアスとウルガモスです
まあガブリアスはほかのパーティーのメンツがガブに重いので仕方がないのですがウルガモスは本当によく出てきます

ウルガモスはほとんどは蝶の舞/炎技/虫のさざめきを持っていると思うのですがうちのパーティーに出てくるウルガはたいていめざ地持ちです クレセドラン中心に幅広く対応できる型ですね
そこでクレセドランとよく組み合わせるのがカイリュー めざ地持ちなら完全にカイリューで何とかなります そしてもしもめざ氷だったらヒードランで完封できます
ヒードランはステロ持ちなのでサイクルを回しているうちに一回でも負ければかなり有利になります
なんといってもウルガにステロダメが半分はいるのとカイリュウーの神速で7割位持っていけるので基本的にウルガは怖くなくなりました

次にガブリアスですがちょっと前はサメ肌型が多かった気がしますが最近は砂隠れガブを多く見ます
それも剣の舞や身代わりを持っているガブで逆起点を仕掛けてきたりします
ただそのようなガブは耐久調整のため突破力が少し落ちていたりダブチョもちだったりするのでゴツメクレセリアが相当刺さります
特にダブルチョップは剣の舞を積んでもそこまで突破力はなくさらにあたり判定が二回なのでゴツメで三分の一の体力を持っていけます あとは冷ビで片づけたり交代して来たらこちらもヒードランに代えて吠えて相手のサイクルをコントロールします
そして終盤はカイリューに任せるという感じです
ここで注意するのはこちらはバンギラスを選出していたら終盤に出すということです というのは砂隠れを助長しますし砂ダメが痛いですし月の光の回復量が減るからです

もしもこのニ体が相手のパーティーにいたらそれをメタる選出をすれば何とかなります


相手の選出がだんだんとわかってきたら心強いですよね
ではノシ 

【祝】ポケモンXYで切断対策実装

本日4回切断された管理人ですブログパーツ
対戦中の回線切れなので故意の切断とみなしてよいでしょう
週忙しくて久々にランダム対戦できると思って潜っていたらこの通りです

ただ次回作でとうとう切断対策がされますね
切断側が負け数+1になるそうです
僕は楽しみでしょうがないです
これで少しは対戦中の精神衛生がよくなります

ランキング上位の方々で明らかに勝敗数がおかしい人がいますし日本代表候補の人たちも切断報告されている人ばかりだそうです

そういう人たちが高レートでいるのが僕は気に食わないです
僕も何度か経験ありますが立ち回りが明らかに後先のことを考えていないのに僕がいったことのないくらいのレートの高さの人とかはもうね…という感じです

あとは放置厨をどうにかしてくれれば完璧だと思います



。。。腹黒台詞連発ですみませんでした
僕はどうしても切断された後の数試合は萎えすぎていてプレイングが雑になりがち(言い訳がましくてすみません)なので今回の発表でちょっとは救われると思いあふれる感情を抑えきれませんでした
今回の切断対策で次の環境はより実力中心な環境になると思うので今のうちに経験を積んどこうと思います

ではノシ





GLOBAL SHOWDOWN 2013  戦略メモ

寝れないので更新しますブログパーツ
GLOBAL SHOWDOWN 2013についてですが
積みサイクルのギミックを入れようかなと思います

シングルなのでダブルと違って積む隙をたくさん作れます

まずはミュウツーやルギアで壁壁を張る
→レックウザの竜の舞などをする
→ある程度相手のパーティーを半壊させる
→スカーフカイオーガで後片付け
みたいな感じです

ミュウツーに壁を張らせるのはもったいない気がするので耐久があるルギアに壁を張らせると思います
性格は臆病で持ち物粘土 技はエアロブラスト/光の壁/リフレクター/自己再生 努力値はHSぶっぱでしょうね
プレッシャー+耐久は相手にとって地味に嫌なはず

ただ問題があるのは僕がルギアとレックウザを用意していないことです;;
今週はレポートとプレゼンと一部の期末テストで死ねるので来週あたりに用意すると思います

ではノシ

対雨パを考える

雨パには鉢巻カイリュー、スカーフバンギ、珠サンダーをぶつければ何とかなるだろうと思っていましたが認識が甘かったです…
ブログパーツ
というわけで雨パについてどう戦っていくかのメモ


まず僕が雨パでいやだと思うパーティーのメンツは電気無効ポケモンです

レートで代表的かつ雨パにいるポケモンはgbras.jpgマンムー473fcボルトロス(画像歪んでます、すみません;)

ガブリアス、マンムー、霊獣ボルトロスの三体です


サンダーのボルチェンを吸収してくるのでこちらの思うようにサイクルを回せません

僕のパーティーの対してはよく雨パはトノグドラ選出で来るのでラスト一体を読むかどうかでこちらの選出は変わってきます
ガブリアスは基本的に出てこないでしょうし出てきたとしてもスカーフバンギラスで何とかなります

マンムーなんですが正直重いです これはバンギ、カイリュー、サンダーのどれもが痛手を負います

そして霊獣ボルトロス
正直一番嫌なポケモンです
まずとんぼ返りやボルトチェンジのようなサイクルを回す技を持っていること、サンダーの電気技飛行技が意味ないこと、そして高火力 この三つ理由でこちら側はとても不利な戦いを迫られます

先発でサンダーを出して相手のボルチェンorとんぼ返り読みでこちらも後攻ボルチェンもありですがホ身が外れた時のリスクがデカすぎます
なので考えました
ボルトトノグドラに対しては初手から鉢巻カイリューの神速連打この理由についてはまずはダメージ計算から
カイリュー持ち物:こだわり鉢巻 神速
→H4振り霊獣ボルトロス ダメージ: 102~121割合: 65.8%~78%

→A204鉢巻カイリューの逆鱗耐えニョロトノ ダメージ: 74~88 割合: 37.5%~44.6%

→H4振りキングドラ ダメージ: 80~95 割合: 52.9%~62.9%

霊獣ボルトとキングドラが鉢巻カイリューの神速で確定二発です
ということは

①初手自分:カイリュー  相手:霊獣ボルトロス こちら神速で相手ボルチェン

②出てくるのがニョロトノかキングドラだがニョロトノの場合は神速で脱出ボタンを逆に利用してダメージを加えつつトノを脱出させる→③へ トノの代わりにキングドラが来たらキングドラの場合はバンギに交代→④へ

③出てくるポケモンがグドラかボルトロスでも神速

④その後相手はトノに引くと思うのでサンダーを交代読み交代 ここで選択する技は目覚めるパワー飛行  霊獣ボルトに最低32パーセントほど入るのでうまくいけば交代際に出てくるボルトロスを落とせます

その後は実際の対戦で考えていきます

とにかく初手鉢巻カイリューが安定しそうなので今度からボルト入り脱出雨パにはこのように立ち回っていいます
マンムーが来たら諦めます(小声)

うまくいったらまた記事にするかもです
ではノシ

最近のパーティー クレセドランバンギローブ軸

最近ようやくちょっとずつですがスランプを脱却してきた管理人ですブログパーツ

メインロムを使用中です

クレセドランってホントに安定感あってびっくりしました ヒードランは昆布型で割と先発で安定できます


前置きはこのくらいにして今回はうちのパーティーの変化について書いてこうかなあと思います

まずサンダーですが前までメガネ型を使っていましたが持ち物を珠に変えて寝言を搭載しました
これで催眠ポケモン、特にガッサに対してとても強くなりました
非常に小回りが利いていい感じです
サンダー自体このパーティーの補完役ということもあり他のポケモンの手の届かない範囲をカバーしてくれます

サンダーの技ですが熱風を切りました というのは一回も使った試しがないためです
グロス、ハッサムに対しては十万ボルトで事足りますしナットレイにはブシンかドランを当ててけばよいので熱風は今までほとんど使って来なかったので今回からは寝言にチェンジです


それに伴ってカイリューの寝言を切りました
うちのパーティーはガブがいなくなったことによりバンギラスに弱くなったので寝言の代わりに両壁も壊せる瓦割にチェンジです

というかカイリューは新しい個体を用意しました
素早さを捨てた耐久寄りのカイリューです

とりあえずグドラのメガネ龍星や鉢巻ガブの逆鱗などは確定で耐えてくれます
これで雨パに対してもかなり強くなりました



まだレートは低いままですがこのまま順調に勝って1700を突破したいです

ではノシ

スランプのその先に… クレセドラン+バンギローブ

サブロムの勝率が7割中盤と好調なのに対してメインロムが負けまくりですブログパーツ

トップ記事の一番上のパーティーで戦っているのですが何連敗もしたのでパーティーを大幅に変更しました
バンギラス ローブシン カイリュー クレセリア ヒードラン サンダーにしました

選出①バンギラス+ローブシン+サンダー

選出②クレセリア+ヒードラン+カイリュー

選出③クレセリア+ヒードラン+ハッサム

選出④バンギラス+サンダー+ローブシンorカイリュー

あとはその他のような選出で戦っています

ただこのパーティーもなかなか安定しないです
というのもまだ使い始めたばかりで相手の選出がいまいち読めないことが原因だと思われます

ただ大体出てくる相手はわかってきたのでもう少しこのパーティーで様子を見ていきます
では短いですが以上で対戦メモ終了です
ノシ




GLOBAL SHOWDOWN 2013 メンバーメモ

ぺラップを除くすべてのポケモンが参加可能な大会が発表されましたねブログパーツ
ということは禁止級、伝説級が使用可能になります
しかもルールはシングルバトル
ダブルはクリスマスカップで参加したことがありますがシングルは初めてなのでとても楽しみです

とりあえず確定メンバーはミュウツーとカイオーガです

ミュウツーはサイコブレイク/波動弾/自己再生/瞑想

カイオーガは潮吹き/ハイドロポンプ/雷/絶対零度という技構成でいこうかと思います

カイオーガは持ち物スカーフで行くと思うのですがミュウツーはまだ未定です
これらの理想個体はもうすでに用意されていて努力値振り完了で技もきちんと覚えています

ミュウツーはシングルということで積み技を使う機会が多そうなので瞑想を採用しました


残りのポケモンですがトリル対策にグラードン、カイオーガ対策にゼクロム、物理エースとしてホウオウを考えています ただこれらのポケモンはまだ一体も理想個体がいないので地道にそろそろ用意しないとまずいという感じです

ディアルガ、パルキア、ギラティナも捕まえたいのですが第四世代の乱数はまだ手を付けていないので大会までに間に合うかどうか…

とりあえずまずは用意できそうなポケモンから揃えていきます
ではノシ


アタッカースイクン使用感

前記事→スイクン育成ブログパーツ


例のアタッカースイクンの使用感ですが非常にいい感じです
まずいいと思ったところ

①型がばれにくく相手がトリックをしてスカーフやメガネを押し付けてきても影響はあまりない、挑発を入れられてもこちらは殴るか引相手の一ターンを無駄にできるなどアタッカー型ならではの意外性


②普段は狩れないポケモンを狩れること まあそのためのCS振りなんですが  ガッサと対面したらふつうは引かなければならないのですがこちらは先行冷凍ビームで持っていけます またウルガモスも蝶の舞をしてくるのですがドロポンで一気に負荷をかけたりと隙を与えません 何より交代読みめざ草で水ロトムが狩れることが大きいです

③有効打のなさそうなポケモンにはどくどくを入れてちまちま削るようなプレイングができます
どういうときかというと耐久型が後出しなどで出てくるとこちらのドロポンなどを見た後だと先に積み技をしてきますそこの隙をついてうまくどくどくを入れれば眠るがない限り基本的に勝てます

④バンギムドー+ラティオスのどれかを機能停止まで追い込め、ラッキー、グライオン、ヤドランなど受けループポケモンに対して有効打があるので受けループをうまく消耗させれる

⑤雨パに対してもグドラには冷ビ、ニョロトノにはめざ草である程度削ることができるので雨パにも強い

⑥もともとの耐久が高いためいきなり落ちるということが少なく一発は攻撃を入れてくれること

などです
他にももともとスイクンが狩ることができるシャンデラやマンムーも狩れます
つまり攻撃範囲が従来のスイクンより非常に広く後続のマンダの全抜きにも一役買ってくれます

ただデメリットも

①積みポケモンに弱くどくどくをうまくかわされて身代わり瞑想を上から積まれるとかなり不利になること

②耐久が従来のスイクンと比べて低いので先手で二回攻撃されてしますと大技なら落ちてしまうこと

などです
この辺はほかのパーティーのメンバーと相談するしかないですね

一応うちのサブロムで使っているパーティーの特殊エースです
ボーマンダかスイクンのどちらかを中心に選出するかまたは両方選出する場合が多いです

このスイクンは序盤に出していくことが多くどうしても不利な相手が来たらユキノオーやヒードランに交代したりします
というかユキノオー+スイクン+ヒードランの選出はユキノオーで霰+宿り木 ヒードランでステロ+吠える スイクンでどくどくというように疑似受けループ的な戦いもでき面白いなあと思いました

このアタッカースイクンはまだあまり開拓されていないと思うので可能性を広げていきたいです
ではノシ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。