斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行をつかむ クレセリア編

クレセリアの流行を例によって公式のデータから分析していきましょうブログパーツ
クレセリアといえば超耐久と豊富なサポート技、そして物理2大タイプの格闘・ドラゴンに有利ということで受けポケモンとして多くのパーティーで活躍しています
そしてBW2から多く見かけるようになりました 理由はシンボルエンカウントによって厳選が楽になったことが原因でしょう
メガ進化による火力インフレにも耐えていくクレセリアに迫っていきます
では以下の画像をどうぞ

クレセリア データ

まず技で気になったことを

れいとうビーム・サイコキネシスは役割遂行技として当然搭載されているものと思いますが第四位の技に三日月の舞があります

これは正直驚きました
最近月光乱舞というワードをいろいろなところで聞きますが僕はこれをトリックルーム→三日月の舞という流れで技を打つものだと思っていましたがどうやら第六世代では意味が違うみたいです

僕が第五世代で知っていた月光乱舞はクレセリアの特防をグドラのメガネ雨波乗りをオボン込みで2耐えするくらいの耐久まで振って後出しから一気にトリルからの三日月の舞をしてブシンや場合によってはカイリューを復活させるものです


ただ第六世代では持ち物はオボンのみはほとんどなく大半がゴツゴツメットです
これは確かにわかります 物理ポケモンを後出しするだけで削ることができたりもしますし何よりメガガルーラの特性を逆に利用してダメージを入れる優秀な道具で月の光とクレセ特有の耐久と相まってちょっとやそっとの物理の火力ではむしろ攻撃している側がやられてしまうということがよく起こります

ただゴツゴツメットと三日月の舞は両立しないと思っていました
トリルを張る暇がなくなってしまうからです

この第五世代からの変化を僕はやはりメガ進化の台頭だと思っています 消耗したメガ進化ポケモンをただ全回復するだけというために三日月の舞を入れている方も今の環境では多いのでしょう そうするとメガ進化ポケモンは基本的に素早さが高いので特定のポケモンとの素早さを逆転できる電磁波の採用が多いこともうなづけます


そして性格を見てみると圧倒的に図太いが多いです
これは完全にサポートに徹してドラゴンと格闘など特定のポケモンに有効打のある技を採用している感じでしょうか

第五世代終期には臆病身代わり瞑想クレセリアなんてのが流行っていましたが今の環境ですとメガ進化ポケモンの火力インフレについていけなくなったんでしょう


一応僕のクレセリアは控えめめざ炎個体です
これはひょっとするとワンチャンあるかもしれません
メガハッサムが増えていますしめざ炎警戒をされないので悠長に積んでくるハッサムに痛手を負わせられそうです


ではここで現環境のクレセリアの考察を
・持ち物はゴツゴツメットなので控えに入れて物理ポケモンに投げてくることを前提にプレイを進めること
・相手のメガ進化ポケモンを体力わずかな時に戻して来たらクレセリアは三日月の舞を狙っていると疑うこと
・基本的にはハッサムで起点にできる

こんなところでしょうか
特に2番目はよく考えて動かないと形勢が逆転されるかもしれないのでお気をつけて
では流行のポケモンの考察第2弾はクレセリアでした
ノシ

スポンサーサイト

初手出しエムリット育成論

初手に出していろいろやっていくエムリットの育成論を考察していきますブログパーツ
emuritto.jpg

性格:臆病 抜ける相手が多いほど初手での仕事は遂行しやすいので
持ち物:オボンのみ 後述しますがほとんどの場合で陽気ガブの地震を2耐えするため ミスです 地震ではなく逆鱗です

努力値:H204 B4 C4 D44 S252
HD:臆病メガゲンガー、冷静ギルガルドのシャドーボールを最低乱数切って耐え
HB:陽気ガブリアスの逆鱗がダメージ: 99~117 割合: 54.6%~64.6% HP実数値が181でオボン回復量が40なので計221のHPです 逆鱗の最大ダメージ×2が234で最小ダメージ×2が198なので割といい乱数で逆鱗を2発耐えそうです

特性:ふゆう これしかないので


サイコキネシス:遂行技です 増えてきたブシンなどに
れいとうビーム:初手でガブリアスがよく出てきますし、UMAの中でこの技を覚えるのはエムリットだけなので入れておきたいです
とんぼ返り:サイクル戦になった時や交代読みで ステルスロックとの相性がいいです
ステルスロック:初手で出す理由はこの技に有ります エムリットの耐久と相まって割と撒きやすいです


今現在はエムリットをもっていますが調整が前世代中心なのでまた再調整するためにメモ兼用で育成論を書きました
エムリットはABCDの種族値が105で他のUMAと比べてぱっとしませんがバランスがかなりよくサポートにもアタッカーにもなるので個人的には使いやすいポケモンじゃないかなと思っています
ただ上記の努力値では特殊攻撃があまり高くないのでひょっとしたらまた新たにエムリットの育成論を書いていくかもしれません
ではノシ

追記
後書きです この構成のエムリットなら性格は穏やかでもよさそうですね このままではメガゲンガーがサイキネを確定で耐えてしまうので本末転倒な気がします 穏やかエムリットにサイコショックもありかもしれません
いずれにせよ周回ロムがまだあるのでいずれ穏やかエムリットの厳選に出かけます

流行をつかむ ガブリアス編

公式での神機能でポケモンランキングなるものがありますブログパーツ
今回はそのデータをもとにガブリアスについて少し流行を考えてみましょう ちなみにルールはシングルです
まずは画像を
ランキング ガブリアス2
ランキング ガブリアス1

まず注目したいのはもちもののトップがきあいのタスキということですね
約半数です
そしてこのきあいのタスキと最も相性のいい方がステロをまいてくるタイプのガブリアスです
この型は第五世代の後期に現れました
竜対面でほぼ確実に勝ててスカーフつらら張り以外なら一回の行動が保証されるのでステルスロックが撒きやすいです
第五世代ではウルガモスに対して大ダメージを与え、カイリューのマルスケをつぶしたり、タスキ無効のために使われていました
第五世代ではメガ進化ポケモンの全抜きのサポートやファイアローへの県政が目的という場合が多いでしょう
また技の第三位に岩石封じがあります
ちょっと前の感覚では地震、竜技の次の候補はエアームドへの役割破壊技の大文字や火炎放射、ストーンエッジや岩雪崩、フェアリー対策のアイアンヘッドという感じでしたが最近になって岩石封じ持ちが急増しています
実際僕のガブリアスも覚えています
これは起点回避のほかに襷つぶしと自分より早いポケモンとの素早さ逆転の狙いがあり、また同速、つまりガブミラーで確実に優位に立てます
岩石封じはきあいのタスキとの相性がよくまさに今の流行の方に必要な技といっていいでしょう

また第六世代最初期ではよく見たラムのみが少数派になりこだわり系アイテムが台頭してきました
スカーフは終盤の全抜きに一役買いますしこだわりハチマキは受けを許さないのとほとんどの耐久調整を無視できる火力が出るのでガブリアスの素早さと相まってレートでは重宝されているのでしょう
ちなみにきあいのタスキ、こだわりハチマキ、こだわりスカーフもちのガブリアスがミラーになった時に勝つ順はきあいのタスキ、こだわりスカーフ、こだわりハチマキです 
ガブリアスのデータを見てみると倒されたポケモンもガブリアスです
ということはミラーも相当数発生していることでしょう 先ほど持ち物の勝つ順の話をしましたがもしも襷持ちがダメージを少しでも受けていたらスカーフに負けてしまいます
なのでガブリアスがガブリアス自身に倒されたのは終盤のスカーフか初手での襷持ちが勝つかのどっちかだったのでしょう
あとは素早さの運ゲでしょうか


ここまでの話でちょっと自分の意見をまとめてみます
・初手出てくるガブリアスは基本的にタスキステロだと思って立ち回ったほうがいい
・岩石封じが第三の技として入っているとみて素早さの逆転に気を付ける
・明らかにタスキの動きではない(中盤以降でこちらのガブリアス相手に強気に出てくるなど)のガブリアスはスカーフもちを疑う
・耐久に自身のあるポケモンでも出てくる個体はハチマキを疑う
これくらいでしょうか


またもともとタスキステロガブはメテオガブと呼ばれていたように竜星群をよく持っていました
ただ最近は逆鱗をもっています
これは他の技がステルスロック・地震・岩石封じと物理技ばかりなので逆鱗を竜技として入れたのだと思いますが先ほどの意見のように最近は本当に初手ガブをよく見ます
もともと竜星群持ちのガブリアスはドラゴンミラーで圧倒的な強さを誇るので僕は環境の流行を取りえれかつそのメタにもなる岩石封じ入りメテオガブが今の環境に刺さっているんじゃないかなぁと思っています

ひょっとするとこの公式のデータを用いた記事はいくつか他に書くかもしれません
結構有用なデータなので利用しない手はないですもんね
ではノシ

レートシーズン2総評・反省・シーズン3に向けて

レートのシーズン2が終わりましたね あっという間でしたブログパーツ
ということで一人反省会です
まずは下の表を
rt200.png
総合レート224位です 一時期は200を切っていたのですが終盤でスペシャルのレートが1500ほどまで下がりうまく持ち直せませんでした;;

とりあえず各ルールの反省を描いていきます

シングル:メガリザYが過労死寸前だったシングルですw 一応中途半端ですが目標レートは達成できました ただ僕が思ったことは対戦数が少ないということです レート上位の方は300戦以上しているので僕ももう少し絶対的な対戦数を増やしたいとまず思いました またさまざまなパーティーを今期はできるだけ使っていきたいです
目標レート2000 できれば2200(これはきついですかね;)

ダブル:これはまだ伸び代があったんじゃないかなと思います これも対戦数が少ないことが気になりました 本当はレート1800まで行きたかったのですが他のルールがなかなかレート1700に乗らなかったのでそちらに気を取られていたらシーズンが終了してしまいました
またパーティーについてはクレセリア、ヒードラン、メガガルなどもう自重はしない全力パーティーを組んで挑むつもりです

トリプル:レート1700の目標達成 これは今のところ満足です 次回もレート1700目指して勝負していきます 一応引き続き霰パを使用します

ローテーション:激ムズでした 壁構築、トリルなどの対策をしつつ全抜きを狙えるパーティーを考えなくてはなりません 目標レートは1700でしたが行く気がせず自分の中での最高レートで止めておきました 風船ヒードラン、叩き落とすブシンなど新しくポケモンを育成する必要がありそうです

スペシャル(カロスダブル):最高レートは1670ほどでしたが一気に1500くらいまでに落ちました いわゆるスランプです 一応1600前半まで持ち直しましたがとても悔しい結果になりました 環境のメタを考えず環境でよく使われているポケモンで安易に組んだパーティーだと今なら実感できるので次回からは環境のメタを取りえれていきたいです 幸いシーズン3もカロスダブルなのでもう少しパーティーを考え直したいです


シーズン2はいろいろなルールに再び手を出そうとしてたくさんのポケモンを育成、再調整しました
ただやはり全体的に中途半端感が否めないのでシーズン3ではもう少し洗練されたパーティーを構築していきます

ちなみにこの記事を書いた前に6戦潜ってきました
パーティーはフレ戦で使ったステロガブメガハッサム軸スタンを使いました 5勝1敗でまずまずの滑り出しです 他にもいろいろなパーティーを使ってみます
どうしてもレートが高くなると保守的になってしまうのでいろいろなパーティーを使うなら今のうちですよね
ではノシ 

XY電気玉ニョロトノ育成論

zukan_186_290.jpgブログパーツ
第五世代で最強クラスの特性の雨降らしを入手したニョロトノですが天候特性が強すぎたのか第六世代では雨乞い同様持続ターンが5ターンになってしまいレートでもシングルではほとんど数を見なくなりました


そんなニョロトノですが電気玉ニョロトノと呼ばれているトノが面白いのでちょっと育成論を書いていきます
ちなみに僕はなぜ電気玉採用に注目したかというと
・第六世代で今まで限定だった電気玉を野生のピカチュウが持っている(僕は先発静電気持ちにして泥棒をしまくって入手しました)
・天候ターン短縮で守るなどを入れるより早期決着の型のほうが環境に有っている

この二つが大きいです

では実際に型を考えていきましょう
性格:控え目  僕はまだ図太いトノしか持っていませんが後述する技との兼ね合いを考えて性格は控えめがいいと思いました 理由はダメージ計算時に詳しく書きます

持ち物:電気玉 この型の神髄です 投げつければ地面タイプにも麻痺が入るのでガブリアスの襷つぶしからの素早さ逆転などが狙えます

努力値:HC252s4 いろいろ細かい調整を考えましたがどれも仮想敵に対して中途半端すぎるのでぶっぱにしてみます

では技構成を
ハイドロポンプor熱湯:ここは命中安定かどうかの分かれ目ですね 

れいとうビーム:H4振りカイリューに対してダメージ: 180~212割合: 107.7%~126.9%回数: 確定1発 このような感じです ただこのダメージはマルチスケイルを考慮していないのでれいとうビームを打つ前には投げつけてマルチスケイルを壊す必要があります そうしないと弱点保険の起点になってしまう可能性があります またガブリアスは特殊方面の耐久はカイリューに劣り耐久振りもあまり見ないのでカイリューを基準に考えています

投げつける:電気玉を投げつけます 麻痺撒きももちろんですが素早さ逆転、タスキや頑丈つぶし、マルチスケイル破壊、交代読みなど使い方次第でいろいろな戦術を組めます

滅びのうた:ここの枠はめざめるパワーなどでもいいかもしれません 僕は相手がラス1になった場合や耐久型に対面した場合を考慮して滅びを採用していきます


このような感じです
特性による水技の威力アップはもちろんですが電気玉投げつけからの冷凍ビームでかなり広い範囲のドラゴンタイプにも役割が持てるのが個人的にこのニョロトノの強いところだと思います
ちなみに性格については特攻の上昇が有るのと無いのとではカイリューやガブリアスの各定数に大きく違いが出てしまうので控え目推奨です れいとうビームの威力ダウンは結構痛かったですね

では今回は電気玉ニョロトノの育成論でした ノシ

フレンド対戦を終えて

というわけでフレンド対戦終了ですブログパーツ
今までの記事で画像が全くなくて見難かったとおもいます
ひょっとしたら画像を追加していくかもしれません


BW2中期からフレンド対戦をまさんさんとはさせていただいています
フレンド対戦のたびに新しい型のポケモンを考て育成したりして、対戦するということをしてきました
そしてそれらは次回のシーズンのメインパーティーの候補になっていきます
実際シーズン1のフレ戦で使ったメガリザYスタンに改良を重ねてシーズン2のパーティーにしてきました

ということで僕にとってフレンドバトルはただ単にブログ間の交流だけではなくこれからのレート戦も意識した重要な勝負なので緊張と楽しみが半々みたいな感じで毎回挑んでいますw

では今回の対戦を考えてみると


一戦目は本当にダメージの乱数に助けられました
最初の一ターン目でエムリットがメガゲンガーのシャドボを耐えていなかったら多分次のポケモンが道連れされて負けていたと思います
パーティーのコンセプト自体はヌメルゴンとエアームドの相性補完を生かしたセミ受けループです
ヌメルゴンは個人的に物理のほうが面白いので物理技メインの個体にしています
受けループは眠り粉やキノコの胞子に弱いと思うのでヌメルゴんの特性は草食にしてあります
またこの日のためにルカリオは夢個体を用意しました


2戦目は一度しっかり使ってみたかったゴツメファイアローが活躍してくれました
ゴツメファイアローは最近になってよく見ます 実はシーズン1の初期でごくわずかに見たのですが最近になってようやく研究が進んできた感じがしますね
そして物理ポケモンを誘うためにラッキーを見せたりしています
そしてステロガブリアスですが第五世代ではこの型は竜星群・ステルスロック・火炎放射・地震がメインだったと思いますが竜星や火炎放射のダメージが減ったことで物理技のステルスロック・岩石封じ・地震・逆鱗という方が増えた気がします 僕はその中間の流星群・地震・岩石封じ・ステルスロックという技構成で使っています
あとはやりメガハッサムは絶妙な調整がされていますね 想像以上に強かったです
耐久・突破力ともに申し分なしです
次のシーズンではもっと流行るかもしれません


3戦目はシーズン2でずっと使ってきたメガリザYスタンです
このメガリザYは第1シーズンよりもメガリザに強くてかつステロ持ちという個体が増えたので微妙に戦いづらくなりましたがそれでも対策を少しでも怠れば相手のパーティーを圧倒するような試合を何回もしました
160戦ほどの対戦をし少しずつ改良していったパーティーなので完成度は割と自信あります


そんな感じで3戦を戦い終えました
初の三勝でした というか今まで僕はまさんさんとのフレンド対戦で一度も2勝以上したことがなかったので今回は勝ててよかったです

またバトルビデオを保存したのでそのナンバーも貼っておきます
一戦目K54G-WWWW-WWW5ーPZ5L
二戦目68LG-WWWW-WWW5-PZ6T
三戦目NYXW-WWWW-WWW5-PZ7E

また今回は選出しなくてもちょっと面白いと思った電気玉ニョロトノなど紹介したいポケモンが一部いるので後日紹介記事を書くと思います

ではまさんさん今回もフレンド対戦ありがとうございました!!!

フレンド対戦VSまさんさん vol3~メガリザYスタン~

最後の試合はやはりこれブログパーツ
レートシーズン2のシングルでずっと使ってきたメガリザYスタンです
そしてパーティーの内容はこれ→メガリザYスタンとほぼ一緒なのでほとんどパーティー内容は省略します
クレセリアは技構成に電磁波・ムーンフォースとムーンフォースを加えてれいとうビームとサイキネを抜きました
またナットレイは場持ちと柔軟性を考慮してオボンを持たせました

パーティーのコンセプトは基本的にはメガリザードンYの火力で圧倒し障害となるポケモンをほかのメンバーで見るというパーティーですが場合によってはメガリザを選出しないこともあります


お相手のパーティーは
ライコウ・ゲッコウガ・ローブシン・クレセリア・マンムー・クチート

こういうパーティーにリザードン出せないってそれ一番言われてるから
いや本当に今回は無理そうです
ライコウは初手で出てきやすいですよね ブシンを見ると壁張りっぽいですがチョッキの線もあります
どのみちライコウとチョッキブシンにはリザードンは不利です
ライコウは当然としてチョッキブシンもサブウェポンに岩技やかみなりパンチを忍ばせている可能性があります

そしてゲッコウガも珠もちなら岩雪崩採用は十分あり得ますしクレセリアに至っては月の光でいいように回復され、マンムーはエッジ、ステロの危険性があります



ということでこちらの選出は初手に来やすいライコウマンムーゲッコウガに強いナットレイを出します
そして武神とクチートに強いクレセリア、クレセリアに強いバンギラスを控えに入れておきます



では対戦スタート
こちらの初手ナットレイに対してお相手はローブシン
完全な不利対面ですが今までの経験上ここは叩き落としてくるのでウィップを選択しました
ローブシンは叩き落としてきてナットレイのオボンがとられましたが鉄のとげ+ウィップで大ダメージを与えることができました ダメージ量的にブシンは結構Dに振っていそうです

そしてここはドレパンしかないと思ってクレセリアに交代しましたがなんとまたもや叩き落とす!!
これは一本取られました
ゴツメダメージが入ったとはいえこれは痛いです
一応ここは月に光で回復せねばということで月の光です

お相手のローブシンは引いてクレセリアに交代してきました
クレセリア対面ですね
一応電磁波を入れてみます ひょっとしたらこちらのバンギの交代を読まれて交代読み交代決められてしまう場面なので電磁波が最安定行動でしょう

お相手のクレセリアは引かずにムーンフォースを打ってきたので次のターンこちらはバンギラスに交代
ムーンフォースは弱点ですがさすがのバンギラス ほとんど食らいません

ここはクレセリアをへたに殴るとゴツメでゴリゴリ削られてしまうかもしれないのでステスロックからの岩雪崩でまひるみを狙っていきます と思ったのですが三日月の舞をされました
そしてかなり削ったはずのローブシンが再臨

僕はクレセ交代の叩き落とす読み居座りどくどくを選択しましたが多分それを読まれました ドレインパンチでバンギラスKOです ただ砂ダメ+どくどくはさすがのブシンもきついはずです

クレセリアに交代後はムーンフォース連打です 多分被ダメージ的にお相手のローブシンは根性です かなりのダメージを食らいました
ただここは砂が切れるまでは攻撃をして砂が切れたら月の光で回復をしようと思いました

そしてブシン突破
お相手のラス一はマンムーでした
まずは月に光で回復してからムーンフォースを連打します
ここでの負け筋はつらら張り五連打が何回も続きマンムーが地割れをナットレイにしてくることぐらいでしょうか
そしてこちらのクレセの耐久が何とか勝りマンムーを突破することができました



メガリザスタンとか言っておきながらメガリザを選出しませんでしたがそのような場面でも勝てるようにパーティーを改良し続けてきたのでそれが生きた気がしました
これで三戦終了です
ではあと語りは次回の記事でノシ

フレンド対戦VSまさんさん vol2~ガブメガハッサム軸スタン~

フレンド対戦の二試合目は初手ガブステロからのメガハッサムを入れたパーティーを使いますブログパーツ
この2タイプのポケモンは今流行ですね
ガブがステロをまいてハッサムの障害となるウルガファイアローに負担をかけてメガハッサムの耐久と突破力で全抜きを狙うパーティーです
ではパーティー紹介から
ガブリアス
無邪気 hCS きあいのタスキ サメ肌
じしん・竜星群・岩石封じ・ステルスロック

ローブシン
意地っ張り hAB ラムのみ 鉄のこぶし
かみなりパンチ・ドレインパンチ・マッハパンチ・ビルドアップ

ニョロトノ
図太い HBs 電気玉 雨降らし
熱湯・冷凍ビーム・滅びのうた・投げつける
(この日のために数々のピカチュウが犠牲になった…)

ファイアロー
陽気 aBS ゴツゴツメット 疾風の翼
羽休め・ブレイブバード・挑発・鬼火

ラッキー
図太い HBs 進化の輝石 自然回復
卵産み・電磁波・ステルスロック・冷凍ビーム

ハッサム
意地っ張り HAs ハッサムナイト テクニシャン
剣の舞・バレットパンチ・泥棒・虫食い

勝ち筋はガブリアスのステロからのハッサム全抜きでそれが通らなそうな相手にはニョロトノとラッキーで麻痺をまいてローブシンでどんどん殴っていくというパーティーです


ではお相手のパーティーを見てみましょう
バンギラス・ガブリアス・ニンフィア・ギルガルド・ウルガモス・ギャラドス

これはもうハッサムを出さない手はないです
というのもバンギラスはお相手のパーティーなら物理型で文字放射がなさそうですしガブリアスは地震を2発耐えます
そしてニンフィアは完全に有利ですしギルガルドは舞泥棒で確定1です
あとはウルガモスとギャラドスに何とか圧力をかけるため先発ガブでステロをまいてファイアローで物理ギャラ・ウルガモスを見るという選出ができます

では対戦スタート
両者とも初手はガブリアス
おそらく電磁波砂ではなくステロガブでしょう
さらにお互い岩石封じを選択しました
ここで次のターン僕はステルスロックを選択
仮に先手を取られても流星群・逆鱗のどちらでもこちらのガブが倒されたらハッサムの起点になります
なのでここは居座り安定でステロです
お相手は引いてニンフィアに交代しました
竜技読みでしょう 一回ステロをまけたのであとはニンフィアに地震を打って退場です
そしてハッサムを死に出しして剣の舞を選択しました
お相手は引いてギャラドスを出しました
こちらはメガ進化を読んで虫食いでしたがどうやら違ったようでゴツメ持ちでした
電磁波を入れられてちょっと嫌な予感はしましたが何とか滝登り・電磁波のまひるみをかいくぐって虫食いでゴリ押しをしました

そしてお相手はガブを再度召喚
こちらは地震読みでファイアローに交代しました

そして地震を透かした後ここからがファイアローの本領です
鬼火からの羽休め連打です 羽休め読みで地震がきたりもしましたがこちらはお相手のガブリアスがブレバ圏内になるまで羽休め連打です そして何とかガブリアスを突破しました
ラス一のニンフィアもブレバで落として対戦終了です

今回はハッサムがパーティーによく刺さっていたのであとはその補完をうまくして勝負に勝つことができました

では次はいよいよラストの試合ですノシ


フレンド対戦VSまさんさん vol1~突破型ヌメルムドー~

今回はフレンド対戦記事を3つ書きますブログパーツ
対戦するお相手はまさんの駄べり日記の管理人まさんさんです このブログが始まって間もなくフレンド対戦をして、その後はポケモン界の節目ごとにフレンド対戦をさせていただいてます ブログのほうはポケモンはもちろんですがアニメやゲームの情報も充実しています サブジャンルが2位に入ったりしている大手のブログです

では早速対戦のほうを書いていきます
こちらのパーティーを先に紹介しますと
エムリット
臆病HCS オボンのみ 浮遊
れいとうビーム・とんぼ返り・ステルスロック・サイコキネシス
詳しい努力値・ダメージ計算は後述します

ルカリオ
aCS ルカリオナイト 正義の心→適応力
ラスターカノン・バレットパンチ・波動弾・悪巧み

ファイアロー
意地っ張り HAs こだわりハチマキ 疾風の翼
フレアドライブ・ブレイブバード・ツバメ返し・とんぼ返り

グライオン
陽気 HBS どくどく玉 ポイズンヒール
じしん・身代わり・どくどく・守る

エアームド
腕白 HBs ゴツゴツメット 頑丈
ほえる・どくどく・羽休め・ステルスロック

ヌメルゴン
意地っ張り HAs 突撃チョッキ 草食
大文字・地震・逆鱗・パワーウィップ

パーティーのコンセプトはいわゆるヌメルムドーという準受けループですが受けループが成立しなさそうな相手にはエムリットステロからのファイアロー・メガルカリオの全抜きを狙うパーティーです

ではお相手のパーティーを見てみます
へラクロス・ヒードラン・ポリゴン2・ゲンガー・ガブリアス・マリルリ
この6体がいました
ちょっとお相手の選出が読めないです
ポリ2トリルからのメガヘラか滅びゲンガー、ガブステロなどどういう戦術か把握できません
なのでこういう時は受けループは使わずコンセプト通りエムリット・ファイアロー・メガルカリオの選出をします これなら一応はお相手のパーティー全体を見ることができます
一応対クレセドラン用のグライオンも考えましたが電撃作戦で今回は行きたいと思ったので選出はしませんでした

では対戦内容を
こちら初手エムリット、お相手は初手ゲンガー 襷かヘドロかメガ進化ですよね
完全な不利対面です ただメガ枠はヘラじゃないかなと思い居座ってサイコキネシスを選択しました というか皇族で受けることができないです…

僕の予想に反しメガ進化してきました そしてシャドーボールが飛んできました 確一かと思ったのですが耐えました
正直これは驚きました このエムリットは初手で役割遂行するためのポケモンである程度耐久は降っているのですがまさかメガゲンガーの一致シャドーボールを耐えるとは ちなみに残HP4でその後オボンで回復しました
そして返しのサイキネでメガゲンガー突破
お次はマリルリ ステロかサイキネかで迷いましたが腹太鼓の起点になるのは嫌なのでサイキネを選択
アクアジェットがきました オボンのみで回復しているとはいえこれで落ちてしまうこもと思ったのですが今回も耐えました 残HP1でかなり驚きました

ここまでよくやってくれました マリルリにサイキネを入れてくれたのであとはファイアローのブレバとメガルカリオでいけそうです そしてこだわりブレバでマリルリで倒しました そして後続はヒードランではないでしょう ヒードランならエムリット相手に出せるので
ラス1はガブリアスでした こちらは最後のブレバを打ちました 返しのエッジで倒されてしまいましたが8割以上削ってくれたのであとはメガルカリオの適応力バレパンで倒すことができました


ちょっとここでダメージ計算をしてみます
メガゲンガー臆病C252シャドーボール→エムリットH104D0ダメージ: 162~192 割合: 96.4%~114.2% 乱数的には確一のほうが可能性が高かったです
また意地っ張りマリルリA252アクアジェット→エムリットH104B0 ダメージ: 42~49割合: 25%~29.1% オボンのみの回復量が42でHPが4残っていたので合計HP48でこちらは高乱数で耐えたっぽいです

ということで今回は最初のターンのメガゲンガーのシャドーボールを耐えたかどうかが勝敗の分かれ目でした
エムリットの意識の高さに助けられました
また今回の対戦でエムリットは初手の役割遂行を考えたらHは全振りでもよさそうだと思いました

では次は第二戦目の対戦記事を書いていきますノシ

トリプルレート1700到達 パーティー晒し~霰パ~

トリプルレートで今季の目標であったレート1700に到達したっぽいですブログパーツ
レート1690の時に1700中盤のお相手と戦って勝ったので計算上は超えていますね
rt101.png


では早速パーティー晒しから
例によって画像は省略します

ユキノオー
ユキノオナイト 冷静 HC 雪降らし→雪降らし
技 ふぶき・ウッドハンマー・氷の礫・守る

攻撃の起点です 初手選出もよし、控えに入れておいて先発のロトムのふぶきを選択してそのターンに他のポケモンをユキノオーに交代すればロトムの奇襲吹雪ができます ウッドハンマーな理由はバンギラス意識です また耐久が本当に上がっているので天候ポケモンとしての場持ちもなかなかのものでした ガブリアスをよく見るのですが礫が刺さっていました 無振りでもガブを7割ほど削ってくれるので鈍足でも十分な牽制ができます
またメガ進化後は超鈍足になるので性格と相まって相手が使うトリルを逆に利用することができます


ロトム(フロスト)
こだわりスカーフ 控え目 CS 浮遊
技 ふぶき・ボルトチェンジ・十万ボルト・トリック

かなり強かったです まずは全体攻撃のふぶきと先発読み違えを修正してくれるボルトチェンジによって自分のペースを作ることができました またトリプルは本当にトリックルームもちのポケモンが多いのでトリル読みトリックがよく刺さりました スカーフを押し付けられてトリルをしたらそのポケモンは必ず交代しなければならないので後続に確実に負担をかけることができます また地味にゲッコウガのたたみがえしが鬱陶しかったのでそれが予想できるときはスカーフボルチェンか十万ボルト安定です かなり柔軟な戦いができるトリッキーかつ大胆なポケモンでした

コジョンド
きあいのタスキ 陽気 AS 再生力
技 けたぐり・ワイドガード・猫だまし・見切り

最近育成完了したポケモンです まさに縁の下の力持ちという感じでメインウェポンは猫だましですね あと霰パは岩雪崩が刺さるのでワイドガードをうまく使うかどうかがカギな気がします
猫だまし再利用のために戻すことがあるのでその時は再生力が活きますね 襷回復も狙えます

ガブリアス
ヤチェのみ 陽気 AS サメ肌
技 逆鱗・地震・岩雪崩・守る

終盤に基本的に出しますが相手にリザードンがいたら先発で出すことも多いです トリプルのリザードンは基本的にYにメガ進化するのでガブを先発にして岩雪崩をしないと霰パは半壊の危険があります
逆鱗は本当に終盤にしか打たないのが理想ですが運任せで選択することもあります^p^
ドラクロだと相手のガブリアスは耐えてしまうのでうまく逆鱗を使っていきたいですね

ボーマンダ
命の珠 臆病 CS 威嚇
技 竜星群・岩雪崩・火炎放射・守る

???「ええか~おまえら 俺の言うこと今からメモって マンダのりゅうせいぐんはつよい」
いや本当に弱体化しても流星群は強かったです
マンダは威嚇も撒けますし技範囲も広いので使いやすかったです
やはりマンダは性格下降補正がかかっても両刀が一番種族値を無駄にしない気がします
よくスカーフマンダを見るのですがスカーフはロトムが持っているので火力底上げの命の珠を持たせています
こちらもガブ同様割と終盤で出しますが場合によっては中盤に先発を戻して威嚇をまいたりします

ファイアロー
ラムのみ 陽気 HS 疾風の翼
技 ブレイブバード・ファストガード・守る・とんぼ返り

相手に厄介な猫騙し持ちがいたら先発に、トリルなど終盤に先制技が入りそうな相手の時は控えに入れます
素早さ的にはファイアローとんぼ返り→ユキノオー交代→ロトム吹雪のような素早さの順が理想だなと思う時があるのでその辺はもう少し考えても面白いと思います
Aに振らずHに全振りしています おかげでよく相手の技を耐えますが突破力がAぶっぱ珠と比べて残念な時が多いのです… まあそれはしょうがないですよね 種族値の問題ですから 代わりにSランクの特性が与えられていますし
持ち物はラムが発動する機会がほとんどなく、発動してもどうでもよい時が多かったので変えてもいいかもしれません


こんな感じでレート1700突破
一時期勝てなくなり新しく四体育成してさらにWロトムをフロストに変えて完成したパーティーです
それ以来はずいぶん戦いやすくなりレートも上がりました
ただ正直これ以上上がるにはまたテコ入れが必要そうです
というのは上位陣でよく見るのはダークホールもちドーブルでもう対策どうのこうのとかいう次元じゃないですねあれは

ちなみにスペシャルルールもほとんど同じメンバーですがマンダの代わりにメガリザYを入れています
ではここら辺で終わります ノシ

セントラルカロス図鑑 完成!!!

ようやくセントラルカロスの全ポケモンを集めましたブログパーツ

セントラルカロス

あとはコーストカロスとマウンテンカロスですね


図鑑完成は捕獲・レベルアップのほかにGTSポケムーバーを活用しました GTSではほかにも図鑑集めをしている方がいるようで対等なポケモンを流しておくと割とすぐに交換されます ポケムーバーについてはカロスマークは付きませんが大量にポケモンを送ることができ一気に捕まえた数が増えます

捕獲は割とすぐに終わりますが地味に大変なのがやはりレベルアップ進化による図鑑埋めです
ただ今作から学習装置の仕様が変わり戦闘するポケモンはレベル100まで上げておきたいポケモンにしてあとは対戦用ポケモンのレベル上げ→図鑑埋めのためのレベルアップが必要なポケモンの優先順に手持ちの5体を入れておけば効率よくレベルアップができました 

ちなみにおもなレベルアップ場所はバトルシャトーです
ジムリーダー・四天王・チャンピオン・振袖組と戦って経験値とついでにお小遣いももらいました
お小遣いは600万を突破しましたw
それら全員を倒してしまうと補充されるのにまた時間がかかりますのでその間は捕獲をしていました

そんな感じでセントラルカロス図鑑完成です
僕はコツコツやっていたので一週間くらいかかりましたがGTSとムーバーをフル活用すればもっと早く埋まりそうでした

また少し前にミラクル交換をやりまくっていたので最初から思ったよりは捕まえた数がありました

対戦と育成の殺伐とした(?)状況の息抜きに始めた図鑑完成ですが思ったより楽しいです というか本来ゲーム的には図鑑完成がメインだったような…

とりあえずはコーストとマウンテンも完成し次第記事にします
ではノシ

【育成済み個体】メガミュウツーY考察【番外編】 レート中間報告

育成済み個体紹介の番外編でフリーで使うメガミュウツーYについて考察しますブログパーツ

mgm2y.jpg

ミュウツー
ミュウツウナイトY
臆病:上から積んで殴りたいので最速安定
努力値hCS:HSか迷いますがいきなり攻撃で大ダメージを与えたい時もあるのでのでCぶっぱ
特性:プレッシャー 第四世代産なのでこれしかないです 身代わりとのシナジーあり

技構成
サイコブレイク:多分ミュウツーの必須技でしょう 疑似両刀可能のサイコショックの完全上位交換技
半減されてもメガミュウツーYの火力と技の威力により大ダメージを与えることができます

波動弾:サイコブレイクとの相性補完を考えて入れました 悪と鋼に刺さるのがやはり頼もしいです

身代わり:状態異常回避と瞑想をした後に張れば場合によっては相手の特殊技一発で壊れないことがあるので便利です
素早いポケモンと身代わりの相性はいいですね

瞑想:一回積めば特殊技の威力は恐ろしいことになりますし特殊耐久もかなり頼もしくなります


フリーで使うミュウツーです ハナダの洞窟産です はじめは伝説ポケモンは抵抗があったのですがたまに伝説同士でマッチングすると大迫力の試合をすることができてとても楽しいです
戦い方としては初手輝石イノムーのステロ・ほえるという昆布戦法からのミュウツー死に出しです
ただ伝説同士だとまだまだ勝率はあまりよくないので今後はディアルガやパルキア、ギラティナの厳選やカイオーガを送ったりしたいです 今書いていて思ったのですがシンオウ伝説は優秀なポケモンですね

以上育成済み個体紹介の番外編でした





そして現在の僕のレートの状況を少し紹介します
rt 100

シングル:勝率60.1% 放置中のシングル 早く新パーティーを考えなくては ステロガブからのメガハッサムかクレセラッキーで電磁波をまきまくってからのブシン無双パーティーを考察中です
多分シングルは今期はパーティー考察までです 次回のシーズンでレート2000目指します

ダブル:勝率69.4% 若干放置中です 新たにダブル専用ポケモンを育成したのでまた少しパーティーを変えるかもしれません

トリプル:勝率60.9% 今僕の中で熱いルールです 霰パの楽しさは異常 画像キャプチャ後一回勝利したので勝率はそれを考慮して計算しました レートが1800後半の方と当たって勝ったのでレートは25位吸えそうで

ローテ:勝率55% 新パーティー考案中 ヒードランを入れたいなぁと思っています あと壁がうざすぎる、訴訟

スペシャル(カロスダブル):勝率60.9% これも霰パを使用しています パーティーにボーマンダとガブリアスを入れているのですがこの二体はカロスダブルでとても頼もしいです


こんな感じです ただ全ルールに手を出すと意外にきついです まあ第2シーズンはダブル、トリプル、スペシャルの使用ポケモンを流用できたりするので意外に手間はかかりません ただ一戦一戦の集中が結構来るのであまり連戦は僕はできません;;

では育成済み個体紹介とレートの中間報告でした ノシ

育成完了ポケモン紹介 スペシャル・トリプル編 その2 ボーマンダ ファイアロー

引き続き育成済み個体の紹介ですブログパーツ


manda.jpg

ボーマンダ
命の珠 臆病 威嚇 CS
技 岩雪崩・竜星群・火炎放射・守る

威嚇撒きと相手の炎タイプの牽制ポケモンです
なんだかんだ言ってさすが600族という感じでした
臆病ですが珠を持たせて両刀可能な構成にしています
岩雪崩は霰パの天敵のファイアローとメガリザードンYによく刺さりました

faiaro--.jpg

ファイアロー
ラムのみ 陽気 はやての翼 HS
技 ブレイブバード・ファストガード・守る・とんぼ返り

複数場に出すルールでもファイアローは強いです ファストガードによって相手の先制技に縛られず端から端まで飛ばすことができるブレイブバードを優先度+1で打てて弱いはず有りませんよね
とんぼ返りは霰をうまく使うために技に入れておきました
努力値はHに全振りすればガブリアスの岩雪崩も耐えたりして意外な硬さがありました




以上で新たに育成したポケモンの紹介を終わります
今までダブル・トリプルのポケモンはシングルからの流用がほとんどだったのですがこうやってルール専用にポケモンを育成するととても戦いやすくなります
あとは対戦回数を稼ぐだけです レート上位の方々はそう試合数1500超えとかになっていますがとてもじゃないですが僕にはできそうにないです;; 時間うんぬんよりレートは結構精神的に来るところがあるのでそこまでのタフさが僕にはなさそうです 少なくとも現時点では^^;
ただなるべく目標を達成するように一戦一戦大切にしていきたいですね


あとシングルの放置が半端ないことになっています
総合ルールが落ち着いたら新しくラッキーなどを育成したりガブメガハッサム軸パーティーを作ったりしたいです
ではノシ


育成完了ポケモン紹介 スペシャル・トリプル編 メガユキノオー コジョンド

最近ブログの更新が少なくなってしまいましたがそれには理由があったんです(初手言い訳安定)
ブログパーツ
スペシャルとトリプルで負けが重なって今のパーティーに限界を感じた僕は新たにダブル・トリプル関連のポケモン調べとその育成を行っていたんです

二つの記事にに分けてその育成済みのポケモンを紹介していきます

megayuki.jpg

ユキノオー
ユキノオーナイト 冷静 雪降らし→雪降らし 努力値HC
技 守る・ふぶき・氷の礫・ウッドハンマー

今スペシャルとトリプルでは霰パを使っていてそのメインのポケモンです
メガユキノオーは素早さが下がりますが逆に言えばそれは相手のトリル対策になりますし耐久が大幅に上がるので一致弱点を食らっても落ちないことが多くなりました
そして何よりこのメガユキノオーの強いところはメガ進化時に特性が上書きされます つまり交代を挟まず変えられた天候を再度霰状態にすることができるのです
これによって天候アドを足られにくくなり、持続ターンもうまく伸ばすことができます

kojondo.jpg

コジョンド
きあいのタスキ 陽気 再生力 努力値AS
技 見切り・けたぐり・猫だまし・ワイドガード

多分ダブルやトリプルの必須クラスの格闘タイプだと思うんですけど僕は今まで育成したことがありませんでした
ただワイドガードや猫だまし、そしてガブウを抜ける素早さに魅力を感じて今回育成しました
特性は再生力か精神力かで迷っていたのですが霰で削れてしまっても戻してタスキ復活ができると思い再生力にしました
猫だましのサイド使用のためにも戻したりするので再生力もありかなと思います
また格闘技はとび膝蹴りがコジョンドの場合真っ先に思い浮かびますが守るや見切りが怖すぎるのでけたぐりにしました
もう少し様子を見てひょっとしたら瓦割りに変えるかもしれません


今回はこの二体を紹介しました
ユキノオーは思ったより耐久がありまさに見た目通りの重戦車ポケモンだと思いました
コジョンドはワイドガードと猫だましによって縛り縛られに強くなったと思います

次の記事はボーマンダ・ファイアローの育成完了記事を書きます
そして余裕があればもう一つメガミュウツーYの記事も少し書くかもしれません
ではノシ


 

ダブルレート1700突破

ダブルバトルのレートが1700を突破したので一応記事にしますブログパーツ
sougoure-to.png


パーティーのほうは

ポケモンの各画像は省略します
メガリザードンY
リザードンナイトY 臆病 CS
ソーラービーム・熱風・オーバーヒート・守る

確かリザードン家の二男(だったはずです) 熱風でのクチートとの不意打ちの読みあいが面白かったです
圧倒的火力のねっぷうとオーバーヒートで相変わらずダブルでも強いと思いました
のちに紹介するトリトドンと相性がいいことに気づいたのは割と最近です


ラティオス
こだわりメガネ 臆病 CS
竜星群・竜の波動・サイコキネシス・トリック

トリックがとても強いです 序盤に場づくりしてくるトリル要因などにメガネを押し付けて交代読んで竜星群という流れがテンプレと化してきました シングルではてっきり見なくなってしまいましたがC130S110が弱いはず有りませんよね


ハッサム
オボンのみ 意地っ張り HA
剣の舞・電光石火・バレットパンチ・虫食い

第五世代の終盤からダブルでも活躍しだしたハッサムです ダブルバトルは「守る」が多いのでそれをうまく読んで剣の舞を積んで終盤の全抜きをします フェアリーが登場したのでばれパンが刺さる場面が多いです


トリトドン
食べ残し 冷静 HC
熱湯・ふぶき・どくどく・守る

この枠はスカーフユキノオーだったのですがトリルに弱いこと・炎の一貫性が上がってしまうことからトリトドンに変更しました 特性が呼び水なのでリザードンやバンギラスの嫌う水を吸ってくれます


ナットレイ
こだわりハチマキ 勇敢 HA
地ならし・パワーウィップ・ジャイロボール・アイアンヘッド

シングルの流用ですがとても強いです まずトリルに刺さることとリザードンの横においてリザードンより早いポケモンをリザードンが守った後にジャイロで削って行ってくれるところが使いやすくまた、相手のもこだわりハチマキは警戒していないようで交代先にうまく刺さったりします


バンギラス
ヨプのみ 慎重 HD
岩雪崩・噛み砕く・守る・挑発

岩雪崩の全体攻撃と技範囲が広くなった噛み砕くで相手をどんどん削っていきます
これといって変わった使い方はなく刺さりそうな攻撃技を打って、変な技を出しそうな相手には長髪を入れるだけです



ダブルバトルの今期の目標は1800であと90ほどレートを上げる必要があります
今のところ勝率は8割を超えているので環境にこのパーティーがうまく刺さっているんじゃないかなと思います
レート1700超えてから勝率8割超えは厳しくなりました;;
ダブルはシングルと違って考えることがまた別物でとても面白いですよね
というかよく考えたらRSでダブルバトルが登場したので10年以上ダブルって登場してから経っているんだなぁと思うともう少しダブル人口が増えてもいい気がしないこともないです…

ではノシ



今後のポケモンの予定

ちょっとやりたいことがいろいろあるのでここでまとめておきますブログパーツ

まずはレーティング

これが現在の状況です
rt 3




シングルレートは次のシーズンまで保留して他のルールをちょっと掘り下げていきます

現在の最新目標は
ダブル:レート1800
トリプル:レート1700
ローテ:レート1700
スペシャル(カロスダブル):レート1800

こんな感じです
体感の難易度ですが
難しい順に
第五世代シングル>ローテ≧トリプル>≧スペシャル>ダブル>>>シングル

という感じです
正直ローテが思ったよりきつく1670ほどで前は200位を切っていました

スペシャルはダブル用のカロスポケモンが全然いないので今後育成していきます



そしてポケモンの醍醐味は対戦だけではありません 図鑑完成も楽しみの一つですよね

セントラルカロス・コーストカロス・マウンテンカロスのすべてを少しずつですがコンプリートしていきたいです

まずは捕まえることができるorレベルアップで入手のポケモンから
次に石などの特別進化のポケモン
最後にピチューなどの特殊な孵化のベビィポケモンの順で図鑑を埋めていきます


あと僕はこれから四日間スキー合宿でブログの更新とメインロムの進展が止まります
合宿にもDSをもっていくのですが万が一を考えてサブロムをもっていきメインロムは置いておくのでレートは一時撤退ですね
ではノシ

ローテーションルールでのギルガサザン+波動の勇者

シングルで僕が使いこなせずボックスの肥やしになっていたギルガルドとサザンドラをローテレートで使い始めましたブログパーツ

シングルよりローテのほうがギルガサザンの相性補完が生かされる気がしました


そしてローテで新たに使い始めたメガ進化ポケモンがメガルカリオです
mgrkro.jpg


ギルガサザンはメインウェポンに悪と霊技がありますがこれはなかなか一貫性があるタイプの技で中盤まで相手のポケモンをじわじわ削ってくれます

そして隙を見てルカリオをメガ進化、あわよくば積んでいくという感じです


ローテで使っているルカリオは2体いまして
一体目
無邪気 ルカリオナイト aCS 
技 ラスターカノン・波動弾・悪巧み・バレットパンチ

一回悪だくみを積めばなかなかの突破力があります
ただこれだと先制技が心無く、ギルガルドとサザンドラがともに特殊なので戦いにくい場面がありました


そこで
二体目
陽気 ルカリオナイト AbS
技 神速・バレットパンチ・インファイト・剣の舞

完全物理型です
一舞バレパンは驚くべき突破力でトゲキッスも確定一発

以下ダメージ計算です
バレットパンチ
→H252トゲキッス ダメージ: 108~128 割合: 56.2%~66.6%
→H252マリルリ ダメージ: 60~72 割合: 28.9%~34.7%

舞っていなくてもこのようなダメージが出るので戦略の幅が広がります

神速は先制技が一貫し、バレパンでは落とせない相手がいるときに使います
現在はこの物理型を使っています


このような感じでただいまのローテのレートは1670ほど

ちょっと予定を変えてまずは1700を目指してみます
というかシングルよりローテのほうが今はレートが上がりにくい気がします;;
ではノシ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。