斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
月別アーカイブ  [ 2014年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短文記事 トリプルのステルスロックって?

ここ数日でようやく第4シーズンも全ルールに手を出し終えましたブログパーツ

その中のトリプルレートが一番遅く今期は参入しました
第3シーズンは誓いパを使っていましたがあれは疲れるので今期はいろいろなパーティーを試しながら落ち着いていくスタイルで行こうと思います

ところで、僕がぐだぐだに対戦しているからか知りませんが、トリプルバトルって無駄にサイクル戦に持ち込まれることがあります いい加減イライラしてきたのでちょっとステルスロックを仕込んでみました

起動役はナットレイです
i_nattorei.gif

寄生木も使ってみたかったということもありましてこのポケモンを選びました あと対トリル・雨パ役もこなしてくれます


トリプルバトルのステルスロックはたとえ端にいても全体にステルスロックを撒けるので序盤に撒けば相手は交代しづらくなると思います


いまのところまだ対戦数が少ないのでそこまでステルスロックの強さを実感できません^^;
しかし、トリプルバトルのメジャーなパーティーの一角の霰トリルパになかなか刺さると思うのでこれから様子を見ていきます



挑発が怖いのですが基本的にトゲキッスがいますので、この指とまれでナットレイへの挑発を防いでいきます

トリプルのキッスはエアスラ以外にこの指とまれがあって†レートの闇†を見せつけるだけでなくお相手のペースをワンテンポ遅らせることができ、結構気に入っています


では今回は本当にどうでもいい短い記事でした ノシ
スポンサーサイト

第四シーズンスペシャルレート「逆さバトル」の感想

今回は逆さバトルの感想を少し書いていきます
ブログパーツ


すこしまえのぼく「これもう(環境が)わかんねぇな~」

いまのぼく「意外なポケモンが使えて楽しい(ニッコリ)」




第四シーズンのスペシャルが逆さバトルと発表されてから特に考察もブログ徘徊などもせずにほとんど準備なしで一時期潜っていてレートが大変なことになっていました 今は1650を超えたあたりだと思います

逆さバトルをしていて思ったことはフェアリーが少ないということです フェアリータイプは格闘やドラゴンのような攻撃方面で優秀なポケモンに強い代わりに割と鈍足気味でした 逆さバトルではタイプの関係が逆転しかつ鈍足はそのままなので一方的にやられてしまう場面が多いのかあまり見ません
ということは…

ドラゴン天国

実際使用率10位以内にガブリアス・ラティオス・カイリューがいていつぞやのシングルレートを思い出すのような環境です


そして僕はその中でラティオスを入れているのですがちょっとラティオスについて考えていきます

現在ドラゴン技を半減できるのはドラゴンタイプだけで抜群が2タイプ・他はすべて等倍というすばらしい攻撃性能になっています もうここはラティオスのメガネ竜星でしょ、ということで僕は竜星群・竜の波動・サイコショック・トリックの技構成のラティオスを使っています 流星群の威力はメガガルーラを一撃で葬ってくれる火力ですし、何よりトリックが強いです
過去作の教え技のトリックなのであまり警戒されませんがラティオスの攻撃を受けてくるポケモンって基本的にラッキーかポリ2という印象です つまりメガネトリックで機能停止ですね 裏にこれらがいることが分かった、または確定しているなら交代読みトリックを仕掛けていきます

また、よく見るタイプはやはりノーマルタイプですね 半減無しの抜群3タイプの攻撃性能で特にメガガルーラなんて受けを許しません このようなポケモンをラティオスのメガネ流星で対面で処理していきます というかノーマルタイプは攻撃するときは大火力で、受けるときはクレセリアのような圧倒的耐久でというのが鉄則な気がします



そして今何気に気になっているポケモンはチョッキカイリキー
i_kairikii.gif

ノーマルに半減されるのに? という疑問が出てきそうですがノーマル以外で今幅を利かせているポケモンはラティオス・クレセリア・ゲンガー・カイリューのようなポケモンで鉢巻カイリューだと厳しいですがこれらに対して有利対面を作れば爆裂パンチが一貫します しっかりした受けをを後ろに添えることができたらなかなか面白い動きをするんじゃないかなと個人的に感じています

あとは使ってみたいのは不意打ちラティアスi_rathiasu.gifです 
環境に刺さっているとかじゃなくて単純に使いたいって感じです
まだソウルシルバーにいるままなので早く第六世代に輸送したいです ハートゴールドでした すみません


ちなみに
現在のパーティーは
メガリザードンYi_rathiosu.gifi_bangirasu.gifi_raikou.gifi_randorosu_reijyuu.gifi_kureseria.gif
また高種族値か、壊れるなぁ

なんだかんだ言ってチョッキライコウとスカーフランドロスのトンボルチェンは強いです

他のメガ進化ポケモンも考察していきたいのですがとりあえずはメガリザの優秀な技範囲と火力に今は甘えておきます ただメガリザってバレパンとマッパに脆くなりすぎです;;




まあこんな感じで逆さバトルの感想は終わりです なかなか懐かしいポケモンが使えて楽しいバトルだと思います
ではノシ

第4シーズンダブル レート1700突破

16戦15勝1敗で僕の中で最速で通常ダブルがレート1700に到達しました


rt525.png
(他のルールは言及しないでくれよな~ 頼むよ~)


いつもはダブルはレート1700に到達したら放置しているのですが今回はレート1800まで目指してみたいと思っている(到達するとは言っていない)のでパーティーの全容はまだ公開しません


パーティー自体は
images (1)i_terakion.gifi_hiidoran.gifi_boomanda.gifi_hassamu.gifi_kureseria.gif
こんな感じです まあ相変わらず種族値の暴力といってしまえばそれまでですが^^;
ただダブルはシングル以上に種族値の強さが露骨に出ると思うので勝ちたければ高種族値で固めたほうがいい可能性が微レ存?

先発でのテラキオンのような高速格闘とスカーフマンダの制圧力はすごいってそれ一番言われているから



ちなみにメガガルーラってよく先発で見るのですが僕的には中盤で出したほうが相手は動きづらくなると思います
中盤でガルーラの猫だましを余裕をもって防げるポケモンはあまりいないと思いますし交代してきそうならグロパン打っておけばいいですし

あと個人的に使いやすかったポケモンはですかね
特に考えずに第五世代から輸送したクレセリアですが凍える風を教え技で覚えさせたままで、これが意外と活躍してくれました 霊獣ランドロス、ボルトロスに強いのが助かります

あと日本晴れを覚えさせているのですが天候メタ以外にヒードランの技の威力を底上げすることにも一役買ってくれています

まあこんな感じで個人最短でレート1700突破
レート1800到達or第4シーズン終了でパーティーを完全にさらします
ではノシ

ゴツメファイアロー育成論

ゴツメファイアローの育成論と運用ですブログパーツ
faiaro2.jpg

性格:陽気 持ち物:ゴツゴツメット 特性:はやての翼

H172B220S116
H:実数値175
B:HBについてS以外の努力値の振り分けで物理耐久がH奇数の条件で最も高い
S:最速108族(テラキオン等)抜き

技 ブレイブバード・羽休め・鬼火・挑発

現在僕が使っているゴツメファイアローです


対応できるポケモン(あくまで個人的な体感)
物理アタッカー
対面で処理可能 ガブリアス メガガルーラ等
ガブリアスはステロを撒きそうな顔をしていても初手鬼火にします
ガルーラも最近は岩雪崩持ちが多いですが鬼火を当てれば受け切れます

後出しから処理可能 ハッサム メガクチート バシャーモ等
いずれもはたき落とすが怖いですが交代からの鬼火でなんとかなるイメージです

受け
対面で処理可能 バンギラス 投げラッキー クレセリア等
バンギラスはハチマキ持ちのようなアタッカータイプではなく特殊受けなら鬼火からの挑発でオッケーです 投げラッキーとクレセリアは挑発から入ると相手は後手後手の対応に追い込まれます

後出しから処理可能 ナットレイ バルジーナ等
ナットレイは電磁波や宿り木が怖いので挑発→鬼火で バルジーナも先に挑発やどくどくを打たれたくないので挑発→鬼火で

起点作り役
対面で処理可能 カバルドン
先に鬼火を撒きます ステロを恐れて挑発から入ると岩技を受けた後のリカバリーが効かなくなります

パッと思いつくだけでこんな感じです
かなり柔軟に広い範囲をカバーでき、補助ポケモンも挑発+鬼火で対処しやすい場面が多いです
なるべく鬼火の試行回数を稼げるプレイングが大事になってくるので交代してくるタイミングを掴みましょう こちらの二度目挑発を打つ時などには交代を疑いましょう


ただ鉢巻や珠を持たせていたら勝てるであろうメガフシギバナローブシンをブレイブバード一発で持って行けないので注意も必要です




一度鬼火を撒けばサイクルを回しながらこちらの色々なポケモンの圏内に持って行くことができ、起点を作りやすくなります
また挑発+鬼火で相手の物理アタッカーを起点にすることもできます


特殊の電気技持ちや水技持ちに滅法弱いので僕はチョッキライコウと組ませたりします
単体で運用するよりパーティー全体で弱点をカバーし合う構築で真価を発揮するポケモンだと思います

では久々の育成論でした ノシ

INC May 結果とパーティーさらし

インターナショナルカップMayのランキングが発表されたのでいつも通り報告を

まずは結果からブログパーツ
incmay.png

これマジ? 意気込みに比べて対戦数少なすぎだろ

そしてパーティーはこんな感じです
incmaypt.png

いろいろ情報は画像に乗っているので各ポケモンの努力値と性格と使用感を書いていきます

ボーマンダ
控え目 CSぶっぱ

今回の大会では高火力の竜技と炎を特殊で打てるポケモンがなかなか強いと感じ、このポケモンも例外ではありませんでした スカーフ+威嚇でかなりのポケモンを縛れてルカリオを動きやすくしてくれました 特に個体の変更点などもいらない感じです

ルカリオ
ようき ASぶっぱ

今回の大会の速攻アタッカー メガルカリオ+ボーマンダの並びは強く初手からかなりの圧力をかけることができます
メガ進化前が精神力なのでガルーラに対しては猫だましを打ちにくくする択を迫ることができます メガルカリオのインファイトはかなりの火力なのでプレイングとしてはいかに多くの相手のポケモンをインファイト一発で持っていけるくらいまでダメージを与えていくか重要になってくると思います だいたいロトムだと1割ほどダメージを与えておけばインファ圏内というイメージです またダブルですとメガ進化ターンに自然に守るができ、素早さを上げることができるのでそこも地味に助かります

ウォッシュロトム
図太い HBぶっぱ

シングルからの流用 パーティーの補完として入れました 削りと交代読みやけど撒きでボーマンダやルカリオの高火力ポケモンが一撃で持っていくための手伝いをします ロトムは守るがありませんが特に必要だと感じた場面はありませんでした

ファイアロー
意地っ張り HAぶっぱ

一度ダブルで使ってみたかったハチマキファイアローです ファスガ持ちとはまた違った戦い方ができとても面白かったです
具体的にどう面白かったかというと受けの成立のし辛さによる交代の抑制やギルガルドに対してフレドラで一撃で持っていったりととにかく削りを大胆にできました またハチマキブレイブバードとメガルカリオの神速orバレットパンチで上からどんどん相手のポケモンを倒していけたりもしました

ユキノオー
臆病 CSぶっぱ

シングルの流用 何気に今回の大会で重宝した存在です ロトムは基本的にSにそこまで割かない傾向があるのでそのロトムを上から押せたり、吹雪で相手の両ポケを削ってルカリオの圏内みたいな戦いができました メガルカリオを使っていると相手のボーマンダ交代からの威嚇が鬱陶しい場面があるのですがこの子のおかげであまり気になりませんでした
持ち物が襷でガルーラが怖いので早めにメガルカリオで倒しておきます また寄生木→守るのほうが安定すると思いました

ガブリアス
無邪気 ASぶっぱ

シングルの流用 選出0;; 次回は他の枠にします(カロスダブルが有ればの話ですが)


反省
まず本当に対戦数が少なすぎでした いろいろやることと活動があって大会で戦えたのが日曜日のゴールデンタイムくらいだったという言い訳を残しておきます ただもう少し時間を作れたんじゃないかという疑問が残ります 基本的には大会は50戦以上は確実にしたいと思っていたのに20戦もしないという情けない結果に終わってしまいました

またパーティーもルカリオとボーマンダ以外はシングルからの流用でもう少ししっかりとカロスダブル用のパーティーを育成するべきだったと反省しています

ボーマンダ+ルカリオの制圧力とユキノオーという意外な良ポケが動かしやすかった大会なだけあって悔しさが残る結果となってしまいました


次回の大会はシングルで過去作準伝と過去作教え技無しの大会になるのでここはしっかりとパーティーを考えていきたいです 一応候補としてはステロが少なさそうなのでメガリザY軸のパーティーで出ようかなと思っています ただほかのプレイヤーの動向次第ではそこにメタを張ったパーティーで挑む可能性もありまだ断定はできません

次回の目標はまずは試合数50・勝率7割以上!!!

ではノシ

【XY】今考えている特殊受けバンギラスの育成論

bng.pngブログパーツ

新しくバンギラスの育成を考えているのでメモしておきます

性格:穏やか攻撃↓特防↑ 持ち物:食べ残し 特性:砂起こし

努力値H252 A12 D200 S44

H:ぶっぱ
A:交代際追い打ち+砂ダメ一回+ステルスロックでH無振りラティオス瀕死
D:ベース 余り HDでラティオスの通常草むすび 37.6%~44.4%
S:4振りハッサム抜き

技 追い打ち・ステルスロック・どくどく・大文字


仮想敵
ナットレイi_rathiosu.gifi_sandaa.gif

このあたりです

またi_hassamu.gif
ハッサムにも調整次第では一矢報いることができ、
megakuti-to.jpg
メガクチートにも起点にならない構成にしてあります


この型を考えた訳

最近増えてきて頭を悩まされるナットレイ+サンダーの組み合わせに強くしようと思ったのが発端です
ナットレイに対して大文字でサンダーに対してはどくどくでこの並びに対処していくという感じです
この構成なら寄生木をバンギラスに打たれてもステロを撒いておけば大文字・どくどく→追い打ちの安定行動でダメージを蓄積させることができます
また最近になって復活してきたラティオスを考えても追い打ちバンギラスは貴重な存在だと思っています
ラティオスの後ろにいるかもしれないハッサムに対してもH振りなら大文字で確定一発です

この構成ですと完全にガブリアスの起点なので剣の舞を積まれても対処できるスカーフランドロスのようなポケモンをパーティーに入れておきます

今回はまだ草案なので短いです
育成したらパーティー紹介などで使用感を書いたりするかもしれません
ではノシ

第三シーズンが気づいたら終わっていたのでシングルの最終パーティー晒し

本日いろいろあって午後9時ごろ帰宅していざレートへと思っていたらブログパーツ





第三シーズン終了



日付が変わるときに終了じゃなかったのか…




本当に無念です 結構の頻度で見ていただいている方もいるのに目標であったレート2000を達成できずに終わってしまいました;;

シングルは最終レート=最高レートで1972です
513 rt



とりあえず恒例としてパーティー紹介はしておきます

バンギラス
bng.png

性格:慎重 持ち物:食べ残し 努力値:HDs 砂起こし
技:ステルスロック・追い打ち・どくどく・ほえる

第五世代からこのベースのバンギラスはずっと使っていますね なんだかんだ言って特殊ポケモンと耐久ポケモンにかなり負担をかけることができるので選出時には対戦パーティーによってバンギラスを補完するような選出をすれば安定して戦うことができます 追い打ち+ステルスロックは相手の特殊ポケモンの交代を抑制してどくどく様子見で居座ってくる耐久ポケモンによく刺さりました ただこの3つの技では物理ポケモンの起点になりやすいのでほえるを入れて起点回避をします 最近ラティオスも増えてきたので相対的に特殊受けバンギも増える可能性が微レ存


ローブシン
534.png

性格:意地っ張り 持ち物:オボンのみ 努力値:AB 鉄のこぶし
技:ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・どくどく

ダブルからの流用 時間なかったからね、しょうがないね  ゴツメローブシンのプロトタイプにと思ったのですがこの型はこの型で強かったです 初手ガブリアスは襷が多く、意外とローブシンの前で居座るので冷凍パンチ 逆鱗+サメ肌でよくオボンが発動しました 完全有利対面では今の環境では読まれにくいどくどくを打ってバンギラスと一緒にサイクルを回しながら消耗させます また初手がルーラはまずはどくどく選択でいいでしょう 交代なら鋼以外が基本的に出てきますし居座って猫だましをしていたら捨て身タックルが来ると思うので一度目の捨て身でオボンが発動し、二撃目を耐えてドレパンで返り討ちできます バンギローブは現環境でも普通に使える印象でした

メガギャラドス
130-m.png

性格:陽気 持ち物:ギャラドスナイト 努力値HBAS HBで3段階ダウンガブの逆鱗を身代わりが確定耐え S最速
威嚇→型破り
技:滝登り・地震・身代わり・竜の舞

今回のメガ進化枠 ファイアローの鬼火+ギャラの威嚇で物理ポケモンは基本的に起点になります
見せ合いで一見こちらは後手後手に回りそうだと思っても意外とギャラが一度舞えば全抜きできそうなパーティーもあったのでサイクルを回したり、ギャラの障害になるポケモンにあらかじめダメージを入れておいてメガギャラが全抜きをできる体制を整えた試合は基本的に勝ちます またタイプが変わるのも強いです ただうちのパーティーですとメガ枠がどう考えてもギャラなのでメガ進化は読まれやすいです^^; 相棒はライコウとファイアロー

ライコウ
raikou2.jpg

性格:臆病 持ち物:こだわりメガネ 努力値CdS プレッシャー
技:十万ボルト・ボルトチェンジ・目覚めるパワー氷・シャドーボール

うちのパーティーに不足していた素早さを補ってくれるポケモンです 上から一貫性がある電気技をどんどん打ってくれる補完性のあるヤツ また初手ガブ対面ではめざ氷を打ってその後岩石封じを食らうのですがその後地震ではなくまた封じが来たりするのでその場合はよくナットレイに交代していました 序盤は打てそうならボルチェンを打って終盤に上から殴っていくというのが基本的な戦い方です またメガサーナイトのハイパーボイスも耐えるのでサーナイト対面ではふぁどぼ安定です うちのパーティーにはよくフェアリータイプが来るのですがそのあたりによく負担をかけてくれました
ノイコウにするか一時期迷ったのですが最後までメガネ型で戦いました

ファイアロー
663.png

性格:陽気 持ち物:ゴツゴツメット 努力値BaS 疾風の翼
技:ブレイブバード・鬼火・挑発・羽休め

努力値振りは第四シーズンで戦う前には変えておく予定です 見ての通りゴツメアローです へラクロスがいるパーティーでは基本的に先発でヘラが出てくるのでこちらも先発でアロー ただヒードランが後ろに控えているときがあるので鬼火はあまり打ちたくないですね ヘラ対面ならやはりブレイブバード→ヒードラン交代なら挑発→ギャラに交代が一番安定しそうです 鬼火は物理突破だけではなくギャラの起点作り、交代先への消耗や確定数ずらしにも貢献します
また挑発と鬼火という定数ダメージソースと羽休めで変化技を好むポケモンに対しても強く出られるところが魅力的でした

ナットレイ
ナットレイ

性格:勇敢 持ち物:こだわりハチマキ 努力値HAd 鉄の棘
技:ジャイロボール・アイアンヘッド・パワーウィップ・地ならし

Sは逆Vです 見ての通りハチマキナットレイ お相手の技を受けてからのサイクル崩しのジャイロをぶっ放していく型です ジャイロを受けようとしてくるルカリオやバシャーモのHPを8割以上削っていく超火力はやはり頼もしいです
ちなみにステロ+ジャイロボールでほとんどのガブリアスを確定一発
受けだしてくるのがナットレイや受け型のサンダーだといろいろといやなのでいずれはハチマキ搭載の型を育成します


選出パターン
バンギラス+ローブシン+ライコウorファイアロー 相手にガブガルーラがいて残りの受けポケや特殊アタッカーがバンギで対処可能と判断したとき

ファイアロー+メガギャラ+ライコウ 基本的にはメガヘラクレセドラン軸に出していく選出です

ファイアロー+ライコウ+ナットレイorバンギラス サイクル戦を仕掛けていきそうなパーティーにはこの選出で行きます

あとは臨機応変に(これを言ったらお終いですが…)

よく出てきたポケモン
445.pngimages (1)

ガブリアスやガルーラのような早く高火力物理で押せるポケモンや

mariruri.jpgsa-naito.jpg

マリルリ、サーナイトのようなフェアリーはよく出てきました 

003-m.pngナットレイ


またメガフシギバナやナットレイのような耐久草タイプ、

megaraiboruto.jpgmizurotom.jpgi_sandaa.gif


メガライボルトやWロトム、サンダーのような電気タイプはよく選出されました

毎度のことながら画像のサイズのバラつきは本当に申し訳ないです

全体の感想
最終的にこのパーティーにたどり着きましたがそれまではレートが一気に落ちてパーティーをいろいろ変えまくって大変でした ダブルの大会をずっとやってたということとそもそもシングルはしばらく置いていたことが災いして一時期レートが300以上短期間で落ちてしまい最高レートにたどり着くまでにかなり苦労しました ただ最高レートといっても目標のレート2000には2勝分ほど遠かったので悔しさが残る結果でした

次のシーズンはとりあえずはこのパーティーを基準にもう少しメガギャラエースのパーティーで戦っていく予定です
個人的にはメガネライコウとスカーフ霊獣ランドロスのトンボルチェンでうまくパーティーを回して隙ができたらメガギャラで全抜きみたいなパーティーがいいかなと考えております

では第三シーズンのシングルの最終結果でした
ノシ

随時更新型最高レート突破記事 @第三シーズン

第三シーズンの残り2日で最高レートを突破するごとに報告していくための記事です
ブログパーツ
13日まで限定でトップ記事の次に居座り続けます
対戦結果もなるべく簡潔に書いていきます
13日1~2時ごろ
1試合目 vs1900代前半 負け 敗因:こちらが安易に電気技を打ってライボルトに受けられてC一段階上昇後メガ進化でメガライボルトに半壊された
2試合目 vs1800代後半 勝ち 勝因:スカーフキッスのトリックをメガネライコウで受けた結果、逆に有利に働き10万ボルトの一貫性ができた
3試合目 vs2000代中盤 勝ち 勝因:自分残り3体、お相手残り2体  こちらのナットレイとお相手のエルフーン対面でジャイロ連打選択後お相手が降参
 
rt512.png


12日 21時~22時
1試合目 お相手のレート忘れました 負け 風船ヒードランにかき乱され手サイクル崩壊
2試合目 vs2000中盤 負け クレセドラン+メガへラクロスでヘラがメガギャラの一舞滝登りとメガネライコウのシャドボを耐えて反撃された
3試合目 vs1,900前半 勝ち ゴツメファイアローが地震固定の居座ったスカーフガブを無償突破し、マリルリ対面で腹太鼓のターンに鬼火を打って次のターン相打ち そのまま勝ちにつながる
4試合目 vs1900前半 負け ラティオス対面でメガギャラに無茶させてしまった ナットレイ交代→ジャイボが安定だった
5試合目 vs1900後半 勝ち 対積サイクル ファイアローの挑発とバトン読み鬼火が刺さりバトン先への剣の舞を実質無効 壁ターンもうまく稼げた
6試合目 vs2000中盤 負け 初手でライコウをだだくさに扱い過ぎた ラティ対面では流星群に一撃でやられてしまうので次からはナットレイかバンギラスへの交代をする
7試合目 vs1800中盤 勝ち キッスのエアスラでライコウが無償突破されてしまったがメガギャラが一度エアスラを躱して一度舞ってから全抜き
8試合目 vs1900後半 勝ち お相手のヒードランがギャラ対面で引かずに(おそらく深読み)ヒードランを突破 残りのポケモンにナットレイの鋼技が一貫し勝利

画像が見難いですがレートは1972で最高レートを更新 ipadの写真のピントがなかなか合いませんでした
rt512 2

次の潜るのはおそらく13日の3,4時、13日の夜になりそうです

ちょっとやることが多いので試合数はあまり多くなりそうにありません


構成を変えたいと思っているポケモン

いよいよ第三シーズンも残り二日です
ブログパーツ
今期は結構いろいろなパーティーやポケモンを使ってきました


この時期になるとパーティーの軸は固まってくるのですが中には使っていて構成を変えたいと思うポケモンもいます

じゃあ変えればいいじゃん、という感じですがその時間を使って対戦したいです


なので第三シーズンが終わって一段落したら現在のパーティーの中で個体を変えたり努力値振りを変更したりするポケモンを少し挙げておきます

まずは
ナットレイ
ナットレイ


鉢巻型で地ならしを入れていますがこれ要らないです 叩き落とすに変更したいです 地ならしを採用している理由は交代読みでヒードランに打ったりや第五世代の雨パ投入時期にキングドラミラーを意識して相手のキングドラに打ったりしていましたが、ヒードランなどの炎タイプはギャラの起点にすればいいですし雨パはシングルで見ないということで完全に腐っています また種マシンガンも遺伝させたいのですが残りの時間で用意することは厳しそうです…


次に
ファイアロー
ファイアロー2

ゴツメ持ちです
努力値振りがBS252なのですがSに252振りする意味が最近感じられず、ミラーもギャラドス、バンギラス、ライコウがいるのでそんなに気になりません なのでガブリアス辺りをちょい抜けるくらいにまでSに振ってあとはHぶっぱ残りBみたいな振り分けを検討中です ただ割とデリケート?な型なので今努力値振りを変更して対戦に支障が出ると嫌なのでこれもお預けです



第三シーズン終了後はとりあえず下準備を結構やってからレートに潜ると思うのでその間にこのポケモンたちも育成し直していきます




そして当のレート状況ですがようやくレートが下がる前の状況までもって来れました
もはや誰得状態の僕の毎日のレート事情の報告です

511 2rt
ただこの後、二敗からの二勝で若干レートがズレています



ここまで来たら負け数より勝ち数が1多いだけで過去最高レート更新なのですがなかなか厳しいです

残り二日間の対戦を何とか勝ち数=負け数+3くらいにしておきたいです


ではノシ

5/10の現時点からこれからの交換レートについて

XY環境での交換レートをデータベース化したいのでトップ記事にてGTSの交換状況を少しずつ書いていきます
ブログパーツ
今回の記事はその宣伝と実際にびっくりした交換の例をあげます

こちらが出すのはヤミカラス
koukann.png

ただのヤミカラスではありません
①フル遺伝技

②夢特性

③ドリームボール入り(おしゃれボール入り) ちなみにドリームボールは現在では新規入手不可能です

④♀個体

なるべく価値を高めたヤミカラスにしてGTSに預けました ちなみに個体値についてはV有は確定なのでスが詳しくは調べていませんでした (先親6V 赤い糸使用)


そして少し待った結果欲しかったランドロスが来ました
意地っ張り、理想個体です

レートで使いたかったのでうれしかったです

ただこのランドロス…
ちょっと親の名前が怪しい…
あとでポケムーバーの除外基準について確認してきます

まあレートで使う前に少しフリーで様子を見ます



一応もう少し同種のヤミカラスを流して交換状況を把握して現在の準伝説などの交換レートを把握します

つまりヤミカラス基準のどれくらいポケモンに交換の価値があるかということを見る感じです



ちなみに,上の4つの要素に加えてもう一つ交換するときのこちら側の価値を上げる方法があります
それはズバリ、持ち物

マスターボール、ソフト限定メガストーン、ポイントマックスなどです

これらを持たせると交換レートはワンランク上がるらしいです

他には過去作教え技ですかね より過去になるほど良いです



GTSから見る現在の交換レートの把握はなかなか面白い試みだと思います

そしてここまで読んでいただいた方に、もしもこんな交換が成立したみたいなことがあればできればコメントしてくださると助かります

内容を確認し次第トップ記事にデータとして残します



追記

かなりの頻度でヤミカラスが交換されています


現在♀のドリームボール入りポケモンを確認し直したところ

カイロス、ケーシー、アブソル、コイキング、トロピウス、リオル、サンド、ブースターetc とたくさんいました

特にルカリオやイーブイ系統、カイロスはレートでも見かけますし夢特性が好まれる機会もあるので交換レートは高いほうだと思います

すべて夢個体です

フル遺伝が少し面倒ですがいずれ自分でも育成するかもしれないのでやっておいたほうがいいですね


ではノシ

反撃の嚆矢 再びレート1900台に戻った管理人

ここ連日その日に何があったか的なレート記事が多いですブログパーツ
昔は「本日のレーティング」みたいな記事を書きまくってたから ま、多少はね?

ようやくレートが1900台まで戻りました
rt510 2


またまたまた最新の10戦↓


rt510.png




勝率は7割かそれよりちょい上という感じですかね なかなか安定しています


ちょっと良かったポケモンとしてやられたパーティーを書いていきます


まず頑張ったというより型の変更がうまくはまったポケモンを上げます

ローブシン
ローブシン


技構成をドレインパンチ・マッハパンチ・れいとうパンチ・どくどく
にして有利対面とってどくどくを打てば基本的にうまくいきます
というのはどうやらブシンにはチョッキという認識が強いようで補助・変化技の警戒が薄く交代先にうまくどくどくが入ります ブシンのどくどくって意外と優秀でブシンの前には基本的にナットレイやヒードランの鋼が出てこないのでうまく相手を猛毒にすることができます そしてブシンに強いポケモンはフェアリータイプを除いてバンギラスに弱いのでどくどくを打った次のターンにバンギに交代して隙を見てステロをまいてパーティーを回していけばうまくこちらのペースに持っていくことができました
ちなみにバンギラスは追い打ちとステルスロックを搭載していますが基本的に先にステロをまいていきます



それと前にどくどく搭載のゴツメブシンの育成論を書きましたが今回のブシンにはオボンを持たせています

ゴツゴツメットはファイアローの持ち物だからね、しょうがないね

あとこのパーティーはフェアリーに薄そうですがその辺りもちゃんと対策しています その内容はまた今度の機会に


次にしてやられたパーティーですが
まず
オニゴーリ

onigo^ri

特性むらっけからの身代わり・金縛りの型にやられました 地雷すぎますよ;;



あとは
ヤミラミ+メガゲンガー
のコンビ
ymrm.jpgmggng.jpg



ヤミラミ重力からのゲンガーが催眠術を打ってくるコンビです
話には聞いていましたが実際に戦うとかなり苦戦して負けました 気合玉の命中も上がっているのでメガゲンガーに本来は有利なバンギラスがどうしようもありませんでした
こういうパーティーにしっかりとファイアローを出す選出ができるようになりたいです


ようやくレート2000が近づいてきたなという感じですがこの先は結構厳しそうです
ちょっと他にやることもあるので残り三日間は一戦一戦を慎重に丁寧にやり、少ない試合数でも着実にレートを上げていくプレイングをしたいです
ではノシ

ジャパンカップの結果とシングルレート事情

ジャパンカップの結果を報告しますブログパーツ
ジャパンカップ2

うーん、もう少しいきたかったです

ちなみにパーティーはこんな感じです

パーティー ジャパンカップ

こんなデータを公式が作ってくれるなら次回からはパーティー紹介記事が短縮できますね
ローブシンの「見切り」ではない「守る」とファイアローの「横取り」ではない「先取り」に哀愁を感じます

途中変更ができないのでパーティーの構築の甘さがそのまま成績に反映してしまうという感じでした

とりあえずガルーラ+ファイアロー 火ロトム+モロバレルのコンビやゴツメガブやスカーフマンダのようなメジャーな型、ルンパッパ入り雨パにも対抗できるメタ構築な要素もパーティーには必要だと思いました


次のINCはメガルカリオ+ボーマンダ軸ファイヤー入り雨パで戦っていきたいです

飛行の一貫性が割とあったと思ったのでこれはファイヤーのスカーフ必中暴風にワンチャン有りかもしれません
ファイヤー入り雨パならニョロトノ、ファイヤー、ルンパッパ、メガゲンガー、ガブリアス辺りをぶっこんでおけばいい感じに戦えそうです ただ滅び戦法を取り入れたいと思っていてもいまいち動かし方が分からないので適当に対戦動画を見ておきます




それと先日シングル暴落記事を書きましたがただいまどん底からレートを200ほど取り返し、1840くらいまで来ました

またまた最新の10戦です↓
rt509.png


勝率はだんだん上がってきました
ただ環境が流動的過ぎてパーティーも変更したり型を変えたりで大変です;;

このままいけるところまで行きたいのですがどうなることやら


レートが1950を超えていたときはラスト10日くらいで2000目指せるんじゃない?みたいなことを思っていたのですが甘かったです 本当に考えが楽観的過ぎました



あとこの2体
i_nattorei.gifi_sandaa.gif
のコンビが鬱陶しすぎます  こいつらを倒せるメガorラム竜舞バンギか鉢巻聖なる炎エンテイの可能性

あとブシンがうちのパーティーに復活しました
環境がそうなのかレート帯がそうなのかわかりませんがなかなか一対一の殴り合いがないのでブシンからチョッキを取り上げサイクル戦に強い型にしました 紹介はまた次回に


では今回も近況報告でした
ノシ



第三シーズン終了まであとわずか  ここにきて最悪の事態に

第3シーズンのレーティングの期間が早いものでもうすぐ終了しそうです

(´;ω;`)そんな時期なのに僕のレート事情はかつてないくらいの修羅場と化しています


(´;ω;`)率直に言いますとレートが3日で300ほど落ちました;;  ;;  ;;  ;;

(´;ω;`)いや、今までレートがガタ落ちすることはありましたがそれにしてもここまで落ちたことはありませんし、それもレートシーズン終期にこんなことが起きたのは初めてです(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)


一応少しは持ち直しました 最新の10戦です↓
rt508.png

ただこれから上がったとして
レート帯が変わる→戦略などの変化により上がりにくくなる→パーティーの調整→慣れるまで下手したら少し下がる→
しっくりするパーティーになれば上がる→レート帯が変わる…

というループになるのですがこれがシーズン終了までどこまでうまくいくかというのが問題です

やれるだけのことはやりますがこんな時期にここまでレートが無茶苦茶になるのは初めてなのでいろいろ心配はあります



このようなスランプに陥る原因はたいてい
①環境の変化についていけずプレイングがかみ合わなくなる
②パーティーのコンセプトや軸を十分生かし切れていない
という感じですが今回はその両方な気がします


現在のパーティーは
663.png445.pngbng.png130-m.pngナットレイraikou2.jpg

このような感じです

すみません 画像のサイズの統一感がなさすぎです

バンギローブは現在のメンバーだとかなり厳しくなるのでいろいろポケモンを育成してからまた研究します


このパーティーの全容はまだ公開できませんが勝ち筋の一つとして
先発ファイアローが鬼火やら挑発やらで物理を突破、できそうになければギャラドスにつなげて物理ポケモンを起点にします 補完でライコウという感じです
先発は今のところわりかし物理ポケモンが多く、後出しで対処できそうな特殊ポケモンがいたらバンギラスを投げていきます 先発フェアリーポケはかなりきついですが一応対処法はあります

このファイアロー+ギャラドス+ライコウはメガ進化+クレセドラン軸のパーティーに割かし強いのでもう少しレートが上がれば活躍できそうな組み合わせです

相手の先発はたいていメガがルーラかメガヘラなので鬼火をしてヒードランが出てきたら挑発からギャラにつなげて起点にしてこの2体がきついポケモンはメガネライコウが上から対処してという感じです

ただ最近サンダーがやけに増えてきて苦戦します メガネサンダーならバンギラスでパーティーを回していくうちに勝手に倒れるのですが羽休め持ちばかりなのでそれもちょっとばかり厳しくなっていきました


あまりにもサンダーに苦戦するようでしたら現在使っているメガネライコウを耐久調整してノイコウにして後出しからの起点にします

では今期は予想外の厳しい勝負になりますが何とかしていきます
ノシ




ジャパンカップ最終日

少し早いですが終わりますブログパーツ
最終レート1625 60戦35勝25敗 最高レート 1659

という結果に終わりました
なかなかレートが上がらずに悔しさが残ります

パーティーを簡単に描くと
ガルーラ@ガルーラナイト AS 意地っ張り
猫だまし・おんがえし・グロウパンチ・不意打ち

キリキザン@命の珠 HA 意地っ張り
不意打ち・つじきり・アイアンヘッド・守る

ローブシン@オボンの実 AB 意地っ張り
ドレインパンチ・マッハパンチ・守る・ビルドアップ

ファイアロー@ヨロギの実 HS 陽気
ブレイブバード・先取り・鬼火・ファストガード

ボーマンダ@こだわりスカーフ CS 臆病
竜星群・大文字・竜の波動・ストーンエッジ

ニャオニクス@食べ残し HS 臆病
猫だまし・神秘の守り・威張る・サイコショック

選出率はガルーラ>ファイアロー・キリキザン・ボーマンダ・>ローブシン>>>>ニャオニクス


基本選出は先発ガルーラ・ファイアロー 控えキリキザン・ボーマンダです

ナットレイ、ガルーラ、バンギラス、キリキザンのようなポケモンが多くパーティーにいたらブシン選出で、ドーブルがいて出てきそうだったらニャオニクスを出すという感じでした


このパーティーで強いと思ったのは先発の柔軟性と不意打ちや猫だまし・マッハパンチのような先制技で縛りやすかったことと一応はグッドスタッフなので様々な状況に対応できたことです
あと物理ポケモンに偏っていますがキリキザンのおかげで威嚇はそこまで気になりませんでした ただ鬼火は本当に痛手でした


ただ不完全だと思ったことはパーティー全体の火力不足です
改善案としてはガルーラの技を変えることやニャオニクスの変更ですかね
ニャオニクスの変更先はまだ未定ですがガルーラの技はどういう変更をするか決まっています

おんがえし→捨て身タックル
グロウパンチ→アームハンマー

に変更したいと思います

性格は陽気か意地っ張りのままにするかまだわかりません


また今後はパーティーのコンセプトを変更してカロスダブルに挑んでいくと思います


メガルカリオ+ボーマンダ軸で行くかルンパッパ+ファイヤー入りの雨パを使っていこうと思います



今回のジャパンカップでカロスダブルでよく使われるポケモンが分かったので戦略的だったりメタポケを入れて、より深くメタを張れると思います

あとモロバレルが地味に鬱陶しかったので何とかしたいです ゴツメ持ちをよく見ました


ではジャパンカップの記事は異常です
ノシ


カロス産ファイヤー厳選完了

Yでファイヤーの厳選が完了しました
ブログパーツ
性格は控えめです



厳選方法としては
①先頭に瀕死のシンクロポケモン 今回は控えめラルトスを置きました

②二番手に素早さ実数値151のポケモンを置く 控え目ファイヤーで素早さ個体値31の時、素早さの実数値はレベル70で152になるので初ターンで素早さ個体値31かどうかわかります

③確認&リセットの繰り返し



今回は特にボール厳選とかはしないのでハイパーボールで捕獲しました ゴージャスボールは時間がかかるってそれ一番言われているから



そして、これが今回捕まえた個体です しっかりカロスマークがついています
ファイヤー 捕獲


ちょっと画面が暗いのでステータスを改めて書くと
H227A149ーB137-C221D145S152

赤字が個体値31です つまりこのファイヤーはHACDSの5Vです

Aが個体値31は一見いらないように思えますがスカーフ型で運用を考えているのでひょっとしたらトンボ帰りを覚える際に利点になるかもしれません まあその代わりにB個体値は12ですが…


結構時間がかかると思いましたが10回ほどでこのような個体が出たので割とラッキーだったかなと思います



控え目ファイヤーはこれで過去作で捕まえたものと合わせて3体目ですが今回捕まえたファイヤーは唯一のカロス産なのでできればカロスダブルなどで使っていきたいです というかそうしないとめざパとか考慮していない個体なので他のファイヤーと差別化できないです;;


ジャパンカップが終わったらカロスダブル用に雨パを作ってみたいのでそこに投入していく予定です

では今回は捕獲記事でした
ノシ



ジャパンカップ 5月4日 途中経過

本日のジャパンカップの結果です
ブログパーツ
japan cup 2
 

22勝14敗でレートが1600超えたあたりです

ちょっと待って 昨日から60くらいしかレート上がってないやん、どうしてくれるの?この結果



インターネット大会って一度登録すると解除できなくて途中でパーティーを変えたくても変えられないんですよねぇ

今のところ型を変えたいポケモンが2体  キリキザンをHA振り→AS振り  ガルーラを意地っ張り→陽気に変更したいです

特にキリキザンは不意打ちとつじきりの択を迫られる場面があり、準速ならつじきり安定という場面がよくありました


さて、唐突ですが今日はここでダブルの読み読みについて少し触れておきます

シングルですと交代読み交代、交代読み交代読み居座りなど単純な読みの一歩先を行く読みで勝負が決まることがよくあります

ただシングルですとこういう読みは中盤から終盤によくおこりますがダブルですと読みのさらに上の読みは割と序盤で、少なくとも僕は起こります

具体的にはこちらがファイロー、ガルーラでお相手がガブリアス、ガルーラ初手の時おそらくあいてはこちらがファイアローでファストガードをしてガルーラの猫だましを防ぐと読んでガルーラが普通に殴ってくることがあります それをさらに読んでファイアローが鬼火を打つ というのが僕にとってのダブルでいう読みの読みです

こちらのガルーラの猫だましを相手が読むことを読んでグロウパンチを打ったりすることも僕は読みの読みだと思っています これらは基本的に対戦の序盤で起こり割と終盤までアドが響きます

そしてシングルでは読みの読みは交代が関係してきますがダブルはやることが多いので読みの読みは二つの性質が違う技によって起こると思います 結果として交代先にダメージを与えることがありますが、それはただ、受けに来た相手が予想外の攻撃を食らって損失が出ただけで交代を読むことは基本的にダブルでは難しいのでしないです

例外として流星群やオーバーヒートを打った後のポケモンがこちらには十分な損害を与えられそうになく、さらにまだ役割が残っていそうな相手のポケモンに対しては交代読みをします


このような僕が考える性質が違う技は
ガルーラの猫だましのような相手を縛る技に対するグロウパンチのようなこちらを強化し、各定数を変える技
ファイアローのファストガードのような先制技を防ぐ技に対して鬼火のような相手の攻撃を下げ、仮に後退されても最低限の損失を与えることができるような技
                            のことです


これらのような技の使い分けは序盤に出やすいポケモンに与えておくと有利な択が増えて戦いやすくなると思います



では本日のジャパンカップについての記事はここまで
ジャパンカップが終わったらよく見たパーティー、苦戦したパーティー、こちらの良くする選出やパーティー紹介などをしていきたいと思います

ノシ



ブログ開始から約一年

去年のゴールデンウィーク明けにこのブログを解説しました もうすぐで開設一周年ですね これといって一周年企画とかないのでこの記事は本当に思ったことだけを書いていきますブログパーツ

ちなみに最初の記事はこれです→初投稿 このころの記事は割と短く大量に投稿していました まあ初めのほうは風呂敷がたくさんありましたし

ブログの開設の理由は確かポケモンのことをリアルで語りまくりたいけどそんなに語ると空気がアレになるし、かといってポケサーにも今更入るつもりはないし→じゃあブログを作ってとりあえず言いたいことを書きまくろう
という感じで始めた気がします


最近は更新数も平均三日に一回位のペースで開設当初に比べて随分ペースダウンしてしまいました;;



というのも短い記事を大量にというより一つ一つの記事を長くしたほうがいいのでは という考えにいたり開設当初ではちょっとしたポケモンも育成論として記事を書いていたのですがそういうのではなくパーティー単位で紹介、つまり極論を言えばちょっとした育成論×6を一つのパーティーとしての紹介にまとめたほうがいいと思って現在の記事の様式になりました まあ僕のサボり癖もペースダウンの要因なんですが



ただなんだかんだ言って来場者数も増えてきて本当にありがたいと思っています 特にXY発売当初の来場者数はすごくてそのあたりから安定して毎日3ケタの訪問数に到達するようになりました


また相互リンクをしてくださった同士の方々にも出会えることができました


今後についてですが
ブログランキングというものにも参加していこうと思います


ポケットモンスター ブログランキングへ
↑      ↑       ↑このようなバーナーをブログに設置していきます

これのシステムとしてはこのようなバーナーを踏んでランキングページに行くと僕のブログの人気の指数になるポイントが上がっていくというものです  なのでたくさん踏んでランキングページに行っていただけると僕のブログの人気が上がります(ダイレクトマーケティング)

現在はFC2のデフォルトのランキングに加えて上記のアメーバのランキングのみのランキングしか参加していませんがこれから少しずつ参加ランキングを増やしていこうかなと思っています

理由としては単純にこのブログをもっと知っていただきたいからです

ただ僕の実力とブログの質をもう少し上げないとむなしいところがあるのでなるべくレートで実績を上げてそれを記事にするという何とも言えないプレッシャーもかかりますw


こんな感じで約一周年記念の記事を終わります

ではみなさん、これからも当ブログをよろしくお願いします

ジャパンカップ2014 参加初日 感想

ジャパンカップに参加したので初日の感想を
ブログパーツ



ジャパンカップ自体は5月2日から開催だったのですが僕は5月3日から参加でした

理由としては育成が未完成だったことと5月2日がちょっと忙しかったからです


一日目(僕にとって)の戦績は7戦5勝2敗でレートは1550ほどでした


うん、少ないですね 対戦数   育成が5月3日まで食い込んだからね、しょうがないね


僕の予想に反して今のところダクホドーブルは見かけていません

あと雨パが多い多い

ニョロトノは余裕で現役(ダブルで)だってそれ一番言われてるから

アタッカーはルンパッパキングドラな印象でした


メガ枠はライボルト、ガルーラ、クチート、プテラのように特に変わったことはありません



あとキリキザンは何気に少なかったです  結構強いんですがねぇ

ちなみに僕のパーティーはガルーラ、ローブシン、キリキザン、ボーマンダ、ファイアロー、ニャオニクスですが
ニャオニクスは今のところ選出していません;;

ガルーラは一番選出率が多く次にキザンかマンダが多い感じです


初日は特に変わったことはなかったので報告は以上です

ではノシ

ポケマイルポイントとミラクル交換 レートで勝つための回り道

レート対戦において意外に大事なことは技のPPを増やすことですブログパーツ

PPを増やすためにはポイントアップかポイントマックスを使いますがポイントマックスはXYでは数に制限があります

なのでXYでPPを増やすときはポイントアップを使いますが効率がいい稼ぎはやはりポケマイルポイントとの交換だと思います


多くの人がやっているように僕もポケマイルポイントを稼ぐにはミラクル交換で稼いでいます

ミラクル交換って発売当初はみんなやっていましたがはたして今(4/30日現在)は過疎状態ではないのかという不安がありましたが…


実際はそんなことありませんでした ジャンジャン交換できます

皆さんはポケマイルポイントが欲しいのかそれとも単純にミラクル交換が楽しいのかわかりません ただ未だにこれだけ賑わっているということは相当魅力的なシステムですね


一回の交換で入るポイントはどうやら1~180の振れ幅があるそうですがこれはお互いの交換する距離に比例して高くなるそうです つまり僕の場合(日本・神奈川)は南アメリカ辺りの国の方と交換すればかなりポイントが稼げることになります

僕はミラクル交換を確か50~60回ほど日本時間の21時あたりからやって2300ポイントほど稼ぎました 平均45、6といったところでしょうか

もう少し時間を変えてミラクル交換をしたらおそらく海外の方とたくさん交換してポケマイルがっぽがっぽでしょう

発売当初はたくさん潜っていたミラクル交換でしたがまた動画とか見ながら片手間で少しずつ再開していきます

やはりポイントアップがないとそろそろきつい場面が出てきそうですし


あと本日ミラクル交換をしていてびっくりしたのはフリーザーが流れてきたことでしょうか

いや、確かにレートで全く見ないですが仮にも準伝説なのですからもったいないと思いつつ僕は準伝ボックスに入れておきました

後、個人的にうれしかったのは僕のバージョンでは出ないデルビルが手に入ったことです しかも不意打ち、道連れ遺伝済み

こういうところもミラクル交換の魅力かもしれません

ではノシ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。