斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタ?ポケ育成論 自然の恵み剣舞ファイアロー 

faiaro2.jpgブログパーツ

今回は現在シングルパーティーに入れている自然の恵みファイアローについて書いていきます

性格:意地っ張り
努力値H252 A252 S4(最速ギャラドスまで抜き)
持ち物:カムラの実(自然の恵みで格闘威力100)
特性:疾風の翼


①ブレイブバード まあ確定技です 疾風の翼により優先度+1
②剣の舞 流し際に打って全抜きを狙います
③フレアドライブ 一致技です ヒードラン以外の鋼やサンダーに打ちます
ダメージは
二段階アップでH252サンダーへダメージ: 187~222 割合: 94.9%~112.6%
図太いH252B252サンダーへダメージ: 132~156 割合: 67%~79.1%
④自然の恵み 個人的にはかなり優秀な役割破壊技だと思います カムラの実を消費して威力100の物理格闘技になります
格闘技を選択した理由としてはタイプ一致技である炎・飛行との相性補完が優れていることと努力値振りがHAなので単純に素早さを上げる必要がある場面もあると思ったからです
ダメージ計算
H252バンギラスへダメージ: 172~204 割合: 83%~98.5% ステルスロックが高乱数確一
A二段階アップで
H252ヒードランへダメージ: 174~206 割合: 87.8%~104% ステロ込みで確定一発

あと当たり前ですが注意点としては一度カムラを消費してしまうと撃てなくなってしまいます

このポケモンは今使っている初手ステロガブからのパーティーに投入しています
mgbsm.jpgi_nattorei.gifi_sandaa.gif

バシャナットサンダーにも一度舞えばかなり強気に戦えるのでなかなか面白そうなポケモンだと思い採用しました


また個人的にはヘラクロス+ヒードランの並びが非常に鬱陶しかったのですがこの型なら対応できそうです



実践ではヒードランにはまだ撃っていないのですがバンギラスに自然の恵みを撃って返り討ちにしたときはかなりうれしかったです


では今回は短めですが以上です いずれ投稿する予定のパーティー紹介記事にも登場すると思います ではノシ
スポンサーサイト

任天堂3DSLL買いました!!!

3DSLL.png
ブログパーツ
ここ一週間、前に使っていたノーマル3DSが壊れてポケモンXYをできない状況でしたがやっと本日新しい3DSLLを買いに行ってきました
カラーはMINT×WHITEです

それに伴って新しいフレンドコードを手に入れたのでここに書いておきます

4656-8080-9688

こちらから交換の連絡を取ることができる方は随時交換のお願いをしていきますが、今までこのブログを通じて交換してくださった方のうちでこちらから連絡を取る手段がなく、もしももう一度僕とフレンド交換をしてくれるという方がいたらはお手数ですがコメントお願いします

もちろん新規のフレンド交換もウェルカムです


ちなみに3DS本体と連動するデータはすべてリセットされてしまいました ポケモンバンク&ムーバーも再ダウンロードしました 500エンェ

ただ僕の手元には今まで一緒に戦ってきたポケモンと経験があります
今期のレート戦績は絶望的になりそうですがまた一から実績を作っていきます

日曜日はとりあえずレート1600になったところで終了しました
勝率はあまり良くなかったのですが久々のポケモン対戦はやはり面白かったです

今期の残りは積んで抜いていくという今まであまり使わなかったパーティーを使用していて嵌ると面白いのですがなかなか扱いが難しいです 少しずつですが良いイメージに近づくように改良していきます

ではノシ

カロスダブル  物理メガルカリオ考察

現在は新しいポケモンやパーティーを試せない状況なので今まで使ってきたポケモンの紹介となりそうです
ブログパーツ
mgrkro.jpg


というわけで今回はカロスダブルの攻撃の主軸であるメガルカリオについて僕が使っている個体について考察していきます

性格:陽気  ガルーラ、ガブリアスに対して確実に先制したいので
努力値:B4 A252 S252 基本的には守りを考えずに上からどんどん殴っていくポケモンだと思うのでこの振り方です
持ち物:ルカリオナイト メガ進化前提なので
性格:メガ進化前 精神力 メガ進化ターンに猫だましされづらいです
    メガ進化後 適応力 固定

技構成とダメージ計算
①インファイト:主力技 ガルーラやバンギラスに刺さることはもちろんですが等倍でも瀕死クラスのダメージを与えることができます
耐久無振りガブリアス ダメージ: 156~184 割合: 85.2%~100.5%
H252Wロトム ダメージ: 140~166割合: 89.1%~105.7%

②バレットパンチ:適応力補正がかかる先制技でメガゲンガーのような中耐久のポケモンによく刺さりました
H無振りメガゲンガー ダメージ: 60~72 割合: 44.4%~53.3%
H252振りメガゲンガー ダメージ: 60~72 割合: 35.9%~43.1%
耐久無振りメガサーナイト ダメージ: 140~168 割合: 97.9%~117.4%

③神速:この枠は正直選択技だと思います 僕はファイアローに強くするために神速を入れました
耐久無振りファイアロー ダメージ: 66~78 割合: 43.1%~50.9%

④守る:ダブルの有力な技ですしメガ進化ターンに素早さが上昇するので守った後に100族、102族、108族、110族などを抜くことができます


僕が使っているルカリオは素早さの関係で上から攻撃でき、等倍以上ならとにかくインファイトを打ちまくります
有利対面ですとたいてい相手のポケモンは引いてくるので序盤は他のポケモンを味方と一緒に集中攻撃するのもありかもしれません
また、ガブリアスやロトムはインファイトで低乱数確一なのであらかじめ1割ほどダメージを入れていくようなプレイングが大事だと思います

相性がいいと思われるポケモン
i_boomanda.gif
スカーフボーマンダ
このポケモンと組ませることがコンセプトのパーティーを使っているかなのか知りませんがとにかく同時選出の時の制圧力が強かったです ルカリオの苦手とするガブに圧力をかけて序盤で一気に攻め込みます

i_yukinooo.gif
ユキノオー
このポケモンはメタ要素が強いのですがかなりルカリオを動かしやすくしてくれます 雨パに対して強いのはもちろんですがルカリオのインファイトであと少し削りきれなかった相手を礫でとどめを刺したりタスキを霰でつぶしてくれます
5月のINC時点では最速振りが使いやすく今後カロスダブルで研究したいポケモンの一体です

i_sandaa.gif
サンダー
ルカリオが苦手なファイアローや耐久水タイプに強いのでサンダーはかなり有りなポケモンだと思います
ただカロス版は入手難易度が若干高いので時間があるときに周回プレイでゲットしたいです


ルカリオ入りスタンパについて考える
上記の3体に加えてガブリアスを入れていくと序盤はルカリオマンダで暴れまくった後でサンダーとガブリアスによる放電地震の形をとることができかなり攻撃的で安定したダメージを与えられるパーティーになると思います
残りの一体はファイアローかなんかを入れるとルカリオの先制技+ファイアローのブレバでどんなに早いポケモンでも高火力先制技を2発与えることができるので倒し切れそうですし上のメンバーでは若干つらいモロバレルに対しても強くなれそうです



INC Juneは残念な結果というか不戦敗な感じでしたが必ずこの悲しみを乗り越えて舞い戻ります
ではノシ

第4シーズン シングルレートパーティー メガギャラ軸

現在の状況→DS大破記事ブログパーツ
今回のパーティー開放はシングルレートです レートがぱっとしないので本当に記録としての記事になりそうです
シーズン4 レートパーティー


では型紹介のほうを
130-m.pngi_raikou.gifナットレイi_randorosu_reijyuu.gifi_bangirasu.gifファイアロー2

メガギャラドス
陽気 HABS Sは最速 HBは鬼火+威嚇でガブの逆鱗を身代わりが確定耐え ギャラドスナイト 威嚇→型破り
滝登り・地震・竜の舞・身代わり

技は基本形だと思います 場合によっては滝登り→氷の牙 身代わり→挑発のような個体を見かけますが僕はこの型が使いやすかったので満足しています ギャラドスは最速にすることで厄介な相手の上から身代わりが張れたり、単純に攻撃できたりするので僕は最速にしています クレセドランに強いと思ったのですが環境にいないのかレート帯的にまだ出会わないのかわかりませんがあまりクレセドランの相手はできなかったです


ライコウ
臆病 CS 突撃チョッキ プレッシャー
10万ボルト・ボルトチェンジ・めざめるパワー氷・シャドーボール

小回りが利くチョッキライコウです とにかくライコウとランドロスとの相性がよく、選出もしやすいポケモンでした
若干火力不足なので事前に与えるダメージを予想しておかないと不意な反撃が来ます


ナットレイ
慎重 HD 食べ残し 鉄のとげ
叩き落とす・パワーウィップ・寄生木の種・ステルスロック

ナットレイについてはほとんど鉢巻型を使っていましたが3DSが壊れる直前の5試合くらいからこの型のナットレイに変更しました ライコウ・ギャラドスと相性がよく、ハチマキ型よりサイクル戦に強いこちらの型を採用したらどうなるかと思ってパーティーに入れたのですが十分な戦火が得られぬうちに断念になってしまいました


霊獣ランドロス
意地っ張り AS こだわりスカーフ 威嚇
地震・岩雪崩・とんぼ返り・逆鱗

ライコウとトンボルチェンしたりパーティーの苦手な格闘と冷凍パンチをうまく透かしながら戦います レートでは陽気個体を聞きますが今のところ意地っ張りで損だと思ったことは無かったのでこの先も霊獣ランドロスをパーティーに入れるなら意地っ張りでいきます


バンギラス
慎重 HD オボンのみ 砂起こし
どくどく・追い打ち・ほえる・ステルスロック

少し前までメガゲンガーやらメガライボルトやらを筆頭にかなり刺さっていましたが最近はあまり選出していませんでした
サイクル戦で負担をかけていく型で流行っていたサンダーに後出ししてどくどくを入れてからのステルスロックでアローの一貫性を作っていきました


ファイアロー
陽気 HBS ゴツメ 疾風の翼
鬼火・ブレイブバード・羽休め・挑発

ごく普通のゴツメアロー 物理を突破するのもいいですしメガギャラの起点にすることにも一役買ってくれます
一時大量発生していたバシャサンダーナットレイに対してバンギラスと一緒にサイクル戦を仕掛けていきました
バシャーモとナットレイには非常に強かったです ヒードランにはまず勝てないので挑発からギャラの起点にしていきます


基本的にはメガギャラ+ライコウ+ランドロスorメガギャラ+ファイアロー+ランドロスまたはライコウのような選出を想定したパーティーですがもちろん場合によってさまざまな選出をしていきます
初めのほうはパーティーのコツをつかむまではなかなかレートが伸びませんでしたが最近はよく勝てるようになってきたところでした

変更点としてはメガフシギバナが壊滅的に重いのでバンギラスをメガネラティオスあたりに変更することでしょうか
ライコウが特殊アタッカーに強いアタッカーで特殊受けもナットレイがいるので今回のパーティーではバンギラスの役割は薄いと感じていました




今後のパーティーについて
なかなか面白かったパーティーですがそろそろ他のパーティーも試したくなったので新しい3DSを購入し次第テコ入れを考えています

概要としては
i_gaburiasu.gif
最近印象が薄くなってきたであろう襷ステロガブから
i_hassamu.gif
珠ハッサムへつなげるパーティーです
ハッサムの技構成はバレットパンチ・剣の舞・フェイント・虫食いor泥棒で考えています

そして3体目のアタッカーは130-m.pngメガギャラドスにしてハッサムを倒すポケモンを起点に舞っていくという流れで戦いたいと思います

ここまででは耐久水タイプがかなり重いと思うのでi_raikou.gifライコウを入れます


こうなってくるとめざ炎持ちフシギバナがきつくなってくるので攻撃的な663.pngファイアローi_rathiosu.gifメガネラティオスを入れていきます

第4シーズンシングルパーティーをより攻撃的にしたパーティーになりそうです
残り一体は未定で完全に構想だけのパーティーなので戦いながらパーティー全体を調整していく流れになると思います


では今回はシングルネタでした ノシ

第4シーズントリプルパーティー紹介 スカーフカイリュー入りメガリザY軸スタン

パーティー開放第二弾 現在の状況→3DS大破記事ブログパーツ
今回は目標のレート1700まであと5だった悲しみのトリプルです

トリプル 第4シーズン


土日は「もしも3DSが壊れていなかったら…」というifの状況の想像が止まりません

では型紹介の方を

メガリザードンYi_kairyuu.gifi_terakion.gifi_togekissu.gifi_hassamu.gifi_nattorei.gif


メガリザードンY
臆病 CS リザードンナイトY 猛火→日照り
ソーラービーム・熱風・オーバーヒート・守る

パーティーの攻撃の軸です スカーフカイリューで確定数をずらした耐久寄りの補助技持ちポケモンをフリーフォール後にソーラービームやオーバーヒートで退場させます メガリザードンYの熱風は読まれ易くワイドガードをよく張られるのですがそれを読んでオーバーヒートをぶち当てて行く戦法はかなり成功します


カイリュー
意地っ張り(陽気個体に変える予定だった)  AS こだわりスカーフ マルチスケイル
フリーフォール・ドラゴンクロー・炎のパンチ・神速

このパーティーの肝 フリーフォール95%残り神速の使用頻度でした 先発で出して補助技持ちや厄介なポケモンを行動不能にして次のターンで他のポケモンが止めを刺すという場面が多かったです フリーフォールはこの指止まれや怒りの粉の影響を受けないので確実に相手の戦略を妨害できます またカイリュー事態の打点がかなり高いので一致フリーフォールは他のポケモンにとって大幅に確定数をずらすことに貢献します  フリーフォールの注意点としては飛行タイプにダメージが通らないことと200kg未満の相手しか持ち上げることができないということです 特に飛行タイプにダメージが通らないので頃合いを見てこだわり解除の交代をしないと終盤で戦力にならないことがあります 神速とフリーフォール以外の技はパーティーに合わせて変えて大丈夫だと思います


テラキオン
陽気 AS 気合の襷 正義の心
インファイト・岩雪崩・ファストガード・守る

また君か、うれしいなぁ よく見るトリプルのテラキオンは味方に袋叩きにされる個体ですが僕のテラキは純粋に序盤でのアタッカーとファストガードによるサポートをしてもらう型になっています ダブル同様に柔軟な戦い方ができて先発でかなり安定するポケモンです


トゲキッス
臆病 HSベース ラムのみ 天の恵み
エアスラッシュ・この指止まれ・波動弾・追い風

補助寄りのトゲキッス この指止まれで状態異常を吸収したり、追い風サポートをします 最悪カイリューがフリーフォールで連れ去ってきたポケモンにエアスラを当てて怯めば2ターン行動不能になります ただ火力不足を感じることがよくありました


ハッサム
意地っ張り HA オボンのみ テクニシャン
とんぼ返り・バレットパンチ・剣の舞・ツバメ返し

この個体は変更したいです 余りにもトリプルに合っていなさ過ぎでした 多分メタグロスやギルガルドかなんかに変えると思います
バレットパンチでフェアリーを倒すくらいしか主な活躍がありませんでした この個体は完全シングル流用なので僕の準備の不足さを思い知りました


ナットレイ
慎重 HD 食べ残し 鉄のとげ
ステルスロック・パワーウィップ・寄生木の種・叩き落とす

受けと相手のサイクル崩しの目的で入れましたがそもそも僕のパーティーの先発が攻撃的な妨害をしながら交代する隙を与えず攻めていくメンバーなのでそこまで期待する活躍はしませんでした 寄生木→交代読み叩き落とすの流れかこちらを攻撃してこない、または交代読みステルスロックが主な役割でした レート帯が変わったらいい活躍するかもと思いましたがその前にトリプルは断念の方向なので目立った活躍がないまま今期は終わりです ハッサムと4倍弱点がかぶっているので一気に2体落とされたりしてなかなかつらかったです トリルには強かったです


選出
スタメン:カイリュー+リザードン+テラキオン 控え:トゲキッス、ハッサム、ナットレイ という選出パターンがほとんどですし実際にこれが一番安定しました
交代をたくさんしてきそうならナットレイを先発にしたりと多少は相手のパーティーを見て選出パターンは変えていきます


今後の変更点
①カイリューを陽気個体にすること
 意地っ張りスカーフだと最速130族に抜かれてしまうのでやはりカイリューは最速スカーフがいいと思います
②メタグロスやギルガルド、クレセリア、ガブリアスやサンダーの投入
 先発のカイリュー、メガリザ、テラキオンはこのまま続投だと思いますが控えのポケモンの火力がいまいちなので高火力のポケモンやクレセリアのような火力はなくても安定感があり、補助ができるポケモンを入れていこうと思います

まずはこの2点を変更したいです





もう少しでレート1700だったので非常に悔しいです 次のシーズンでは上記の変更点をもとにこのパーティーをグレードアップして潜っていきます
ではノシ

第4シーズン ダブルレートーティー晒し スカーフマンダテラキ+クレセドラン軸スタンパ

現在の現状→3DS大破記事ブログパーツ

今期はシングル以外は断念の方向が濃厚なのでここでダブルレートのパーティーを簡単にさらします
ダブルレート4
今期は1800目指す(キリッ なんて言っていてこの様で申し訳ありません
i_terakion.gifi_boomanda.gifi_hassamu.gifi_kureseria.gifi_hiidoran.gifimages (1)
パーティーはこんな感じです
では型紹介のほうを

テラキオン 陽気 AS 気合の襷 正義の心
インファイト・岩雪崩・守る・ファストガード

基本的にはボーマンダと一緒に出して序盤で制圧していきます 初手に出てきやすいメガガルーラに強く、タスキ持ちで行動回数がかなり保障されています インファイトはガルーラを落とした後も等倍相手にどんどん打って後続が一撃で倒し安いようにします


ボーマンダ 控え目 CS こだわりスカーフ 威嚇
竜星群 ・竜の波動・大文字・ストーンエッジ

テラキオンと一緒に出していきます テラキオンが苦手なガブリアスに圧力を掛けます 特に使いづらく感じたことはありませんでした ストーンエッジ採用はほぼアローピンポです 鬼火をまかれたら僕のパーティーは動きづらくなるのでなるべく早いうちにアローを仕留めておきます


ハッサム 意地っ張り HA オボン テクニシャン
剣の舞・ツバメ返し・バレットパンチ・とんぼ返り

技構成ガバガバです この枠は変更する可能性が出てきます うちのパーティーはハイパーボイスがきついのでバレットパンチでどんどんフェアリーを狩ってもらいうためにハッサムを採用しました ただ守るがほしかったり、どう考えてもとんぼ返りがいらないので新しい個体を用意する予定です また、そもそもこの枠はメタグロスでもいい気がしてきました


クレセリア ずぶとい HB 食べ残し 浮遊
凍える風・サイコキネシス・トリックルーム・日本晴れ

選出するときは相手のパーティーに霊獣ランド・ボルトがいたりガブやマンダがいるときです また天候パ相手にも出していきます 凍える風で氷が通る素早いポケモンを戦いにくくさせます 日本晴れは天候メタ以外にヒードランのねっぷうを底上げしてくれます トリルは自分から張ることがないのですが相手に張られた時ようにトリル返しを狙っていきます
変更点としては素早さをもう少し調整して凍える風を一回打てば抜けるポケモンを多くして実質二回凍える風を打てるようにしてもいいかと思います


ヒードラン 控え目 HA 風船 もらい火
熱風・大地の力・竜の波動・身代わり

特に出したい相手はいないのですが相手のパーティーにモロバレルやギルガルドなんかがいたりしたらこのポケモンの選出を考えます 攻撃範囲はかなり広いので選出すれば何かしらは削ってくれます 僕のガルーラは猫だましをもっているので相手の守る読み身代わりを搭載しています


メガガルーラ 意地っ張り AS ガルーラナイト 早起き→親子愛
猫だまし・おんがえし・グロウパンチ・不意打ち

序盤でよく見るメガガルーラですが僕は控えに入れて選出します というのも序盤に出てくるポケモンはたいてい猫だましを警戒したうえでのスタメンなので猫だましでうまく縛れないという場面が出てくるからです 型自体は特に変哲もない基本形だと思っています 
前に残りがメガガルーラだけだった時、鬼神の如き活躍で相手を3体倒して戦慄しました
グロウパンチは基本交代読みで使うくらいです 一度、相手両方守る読み味方にグロウパンチなんてやってみたいと夢見ています


パーティーを書いていて改めて思ったのですが守る持ちが少ないです  ダブルは守るより攻撃したほうが僕は戦いやすいというのがありますがハッサムかそれに代わる枠には入れておきたいと感じる場面がありました
基本選出はスタメン:テラキオン・ボーマンダ 控え:メガガルーラ+αみたいな感じです
序盤は高速高火力で押して中盤でメガガルーラに暴れてもらうというがパーティーのコンセプトです
天候パにはクレセドランのセットで選出を考えます


勝率はいい感じだったのですがこんなことが起こるくらいならもう少し対戦数を稼いでおけばよかったと思いました
次のシーズンでもこのパーティーをベースに戦っていきたいです

ではノシ

 
 

【緊急事態】3DSが逝ってしまいました

タイトルから不穏な空気全開ですが僕が普段使用している3DSが物理的に壊れてしまいポケモンXYをできない状況に陥ってしまいました ブログパーツ
スマブラやORASが発売されるので新しい3DSかLLは買うつもりですがいつ買うかのめどは立っていません

現在喪失感が半端なく壊れた直後は寝込んでいました


とりあえず今後の予定を書いておきます

・ポケモンについてはデータとして残っていますが「引っ越し」をしないのでレートの対戦実績やダウンロードソフト、フレンドリストがおそらく消失してしまいます

特にフレンドリストは再設定が必要なのでこのブログを通じてフレンドコードを交換していただいた方は双方同意ならお手数ですが再交換をお願い致します

・ブログについては新しいゲームの進展記事を載せることができないのでいろいろなルールにおいてのまだ公開していないPTを放出していきます 予定としてはダブル→トリプル→シングルという感じです ただ詳しく確認できない状況なのでうろ覚えのところが出てくるかもしれません あとは需要は皆無だと思いますが没PTなんかも載せたりするかもです

・育成についてはXYで育成ができないため第五世代以前のソフトでポケモンをそろえていきます

・第4シーズンはおそらく全ルールに手を出すことができないと思うのでここで脱落です 新しい3DS購入後はいろいろなパーティーをシングルレートだけで試していく予定です



本当に今精神的に参っています 
ダブルの大会真っ只中ですが断念せざるを得ません

おそらくPGL関係も相当喪失データが出てくると思います
早く復帰したいですが金銭的な面とデータ移行について繊細に調べる必要があるのでしばらくは復帰できないと思います
ブログのほうはいつものペースで投稿していくと思います

このブログの閲覧者の方々には申し訳ありませんがこうなってしまったのでいつもとは違う感じの記事が増えてしまうと思います


突撃チョッキライコウ育成論&考察

raikou.jpg
ブログパーツ
ネタ切れ感半端ない記事ですみません まあ今は育成期間だしね、しょうがないね


今回の考察ポケモンはタイトル通り突撃チョッキを持たせたライコウについて考察します
現在シングルパーティーで使用中です 割と気に入っています


性格:臆病  努力値C252D4S252 個体値30-15-30-31-31-31のめざパ氷個体
持ち物:突撃チョッキ

技 10万ボルト・ボルトチェンジ・めざパ氷・選択技 僕の個体はシャドーボール

役割
特殊エース
S115から10万ボルトとめざパ氷、そして選択技でのシャドーボールで終盤の全抜きまたは中盤まではボルトチェンジでのサイクル回し&削りが主な役割であり戦い方です

ダメージ計算(対特殊でこちらが受け)
臆病C252メガゲンガーのヘドロ爆弾 38.1~45.4%
臆病C252メガサーナイトのFスキンハイパーボイス 47.8~56.9%
臆病C252ラティオスのメガネ竜星群 67.2~80.0%
性格補正C252ブレードギルガルドのシャドーボール 50.9~60%

こちらが攻め
無振りガブリアスにめざ氷 78.6~93.9%
無振りメガサーナイトにシャドーボール 46.1~54.5%
H252振りメガサーナイトにシャドーボール  37.7~44.5%
H252振りマリルリに10万ボルト 82.1~98.5%
ボルトチェンジだと 64.7~76.3%


メガネライコウとの比較
メガネライコウと比べると確定数が大幅にずれてくるのは事実です
ガブリアスもメガネならめざ氷で確1です
ただメガネライコウは当たり前ですが技固定があるので相手のパーティーの全容が分かるか序盤でリカバリーが利くときに一貫性を考慮して技を打っていくのに対してチョッキライコウはトンボルチェンなどでライコウ自身も特殊技を受けながらサイクルを回すので役割がずれてきます メガゲンガーヘドロ爆弾に代表されるようにC220ほどの一致90技は確定で2発耐えるので特殊相手と打ち合いになったら有利ですし不意な交代が来てもボルトチェンジで逃げやすいです
要するに一貫性をそこまで考えずに有利な場面で試合の序盤・中盤・終盤に関わらずどんどん強気に技を打っていけるのがメガネライコウにはない強みだと思います


味方で相性がいいポケモン
i_randorosu_reijyuu.gif
霊獣ランドロス
トンボルチェンの相方です ランドロスが苦手とする水・氷技は特殊に多いのでそれらをチョッキライコウでカバーしつつライコウの苦手な地面技を中心に物理技もちに圧力をかけていきます

130-m.png
ギャラドス・メガギャラドス
メガ進化前のギャラドスの弱点である電気技をチョッキライコウで受けます ライコウがスカーフガブの地震でやられてしまったら死に出しでギャラを出せばうまく竜の舞を積むタイミングができたりもします



今回のポケモンの育成論というか考察はここまでです
最近更新が滞っている理由はいろいろなルールに平行に手を出したり育成をしたりしてドカンッとした実績がいまいちでない状態が続いているのが原因な気がします トリプルはあと少しで1700に乗りそうですが怖くてなかなか対戦できていなかったりします^^; 早く1700に到達して記事を書きたいというのに…

では今回はチョッキライコウの育成論でした ノシ

メガ進化ポケモンのプレゼントをポケモンセンターで受け取ってきました

本日ポケモンセンター(リアル)に行ってきました
目的は配布バンギラスを受け取ることです

メガバンギ配布ブログパーツ

このバンギラスは僕のメインROMではゲットできないバンギラスナイトを持っています
それを入手すれば今後かなりレートパーティーの幅が広がります
そして何と言っても冷凍パンチを覚えているバンギラスということでなにがなんでも手に入れる必要があります


Q .過去作で冷凍パンチを覚えさせたバンギラスをXYに持ってきていないの?
A.竜舞型など複数体持っています

Q.それならそっちでいいのでは?
A.今回の配布バンギラスにはカロスマークが付いています


現在ではカロスマークが付いていて冷凍パンチを覚えているバンギラスは今回配られたものだけです 竜舞が無いとはいえ、カロスポケモン限定の大会などでは貴重な存在になり得ると思います

竜舞が無い以上性格は意地っ張りのHA振りかトリルパに入れることを考えて勇敢らへんが無難そうです

ただ厳選がきつそうなので次のINCには間に合わないと思います

配布を受け取るついでにバトルボックスにはレート用シングルPT,手持ちには対禁止伝説級PTを携えて通りすがりの人と対戦を試みたのですが全て準備中に回線エラーとなりました;; wifi経由だとこんなことにならないんですけどすれ違い通信は僕のDSは不向きなんですかね

あと前回の爆速シングルバトルの結果を貼っておきます
爆速結果


そしてパーティー

爆速 パーティー


•••
まあ、次回はもうちょいいい結果を出したいです



ではノシ

スペシャル(逆さバトル)レート1700突破記事 メガバシャガブ軸

シングル以外は基本的にレート1700超えたら記事にしますブログパーツ
sakasa614.png

今回は第四シーズンのスペシャルでレート1700に乗ったのでパーティー紹介をしていきたいと思います

では早速紹介と使用感のほうを
メガバシャーモ
mgbsm.jpg

意地っ張り AS バシャーモナイト 加速→加速
技 フレアドライブ・とび膝蹴り・守る・剣の舞

物理エースにして高速アタッカーを軒並み倒してくれるポケモン ドラゴンやメガゲンガー、チラリーノ、ポリZはフレアドライブで基本的に確一です
とび膝蹴りもあまり外しません、というより膝ではないと倒せないときにしか打ちません
剣の舞は正直いらないと思いました これを入れるなら叩き落とすのほうが絶対に使いやすいです

メガガルーラ
images (1)

意地っ張り AS ガルーラナイト 早起き→親子愛
技 猫だまし・おんがえし・不意打ち・グロウパンチ

ダブルでも使われる拒むことを知らないガルーラ野郎 今回はスペシャルに出張です
裏にクレベースがいなければ制圧力は半端ないですがクレベースがいたらどうあがいても自己再生の餌食になってしまいます;; もう少しスペシャル専用のガルーラについて考察すればよかったと思います

ラティオス
i_rathiosu.gif

臆病 CS こだわりスカーフ 浮遊
技 竜星群・竜の波動・サイコショック・トリック

いつもはこの型のラティオスにはメガネを持たせているのですが今回はスカーフ というのもスペシャルでは初手に最速110以上のポケモンがよく出てくる印象だったのでそれらを上から竜星群で撃ち落とすためにスカーフにしました
またポリ2などにスカーフを押し付けることを想定すると危険度はメガネ>スカーフだと思ったからです
サイコショックによる疑似両刀は今回のルールで非常に光ると思いました

ガブリアス
i_gaburiasu.gif

陽気 HABDS ゴツゴツメット サメ肌
技 地震・逆鱗・身代わり・どくどく

物理受け、サイクル崩し、アタッカーを兼ね備える神ポケ 詳しくはこの記事で→逆さバトル用ゴツメガブリアス育成論
基本的にはアタッカーの裏に仕込んでおけば自分は安心して攻撃できる感じでした ガルーラに対するあと投げはもちろん、調整通りクレベースの地震に対して身代わりが壊れないでどくどくのターンを稼げたり、本当にこのルールに刺さっている調整になったと思います 途中参加のポケモンですが安定感がかなり高かったです

アグノム
i_agunomu.gif

臆病 CS 命の珠 浮遊
技 サイコキネシス・草むすび・火炎放射・悪巧み

決して選出率は高くないです ただ、一級線ではないのに強いポケモン(ミロカロス、ウルガモスなど)で固められたパーティーにしっかり対応できたのでどちらかというとメジャーメタのポケモンをメタしたポケモンという感じです なのでいわゆる補完要因です この子のおかげで変にレートを吸われるということはあまりなかったです ラティオスとの同時選出はないので基本的にラティオスに役は取られがちでした

バンギラス
i_bangirasu.gif

陽気 AS ラムのみ 砂嵐
技 竜の舞・冷凍パンチ・瓦割・ストーンエッジ

神ポケその2 元祖竜舞バンギです 一回舞えばかなりのポケモンを抜けますし、技範囲も優秀でした
舞うタイミングはラティオスのスカーフトリックの後です あと投げでも死に出しでもたいていうまくいきます
一回舞えば相手のパーティーを半壊、刺さり具合次第では全抜きができます
そして地味にラムのみの状態異常技吸収がおいしかったです こういうところがメガバンギラスにはない強みだと思いました

総括

ぱっと見、ラティオス起点からの馬車バトンでガルーラにつなげる積サイクルバトンパに見えそうです
ただ実際はメガ進化ポケモンの選出は相手のパーティーへの刺さり具合を見て決めます
というかラティオスが作った起点はたいていバンギラスにつなげていくという感じです

メガバシャーモについては一回加速すれば高速アタッカーにかなり強くなりますしガルーラのような猫だまし・不意打ちが怖いポケモンにはガブを投げればいいのでメガバシャは純粋にアタッカー要因という感じで戦っていきました この戦法はかなり使いやすく基本的にはメガバシャで殴って苦手なポケモンが来たらガブで対処して残りをほかのポケモンで倒すというパーティーに仕上がりました
積技が全体的に多いですがバンギの竜の舞以外はそんなに積んでる暇はなかったです

ガルーラ、アグノム、メガバシャーモはまだまだ戦いやすい型がある気がするので思いつき次第まとめて記事にするかもしれません

今回のパーティーのコンセプトならメガガルーラは特殊技も考慮して技範囲を広げたり、メガバシャーモには叩き落とすを採用して受けに来るポケモンのゴツメや輝石を落として機能を下げるという変更が考えられます

今後 
しばらくは放置しますがまだまだ使ってみたいポケモンがいるのでひょっとしたら再開する可能性もあります
しかし、今のパーティーではレート1800の壁は高いので再開するならまた育成が必要そうです

では今回はスペシャルレートの記事でした ノシ

爆速シングルバトル終了&反省会

表 爆速3グラフ 爆速3ブログパーツ
注)最後にレート1690くらいの方に負けましたTT

あっという間に終わった今回の大会ですが思ったより結果は出せませんでした
敗因としては

①パーティー構築上メガフシギバナが重すぎた
②基本選出の設定がガバガバ

この2点が大きいと思いました あと素直な行動もどうしても多くなりがちでしたがそこはリスクを考慮したうえでのことなので今回は考えないことにします

①についてですがパーティーでメガフシギバナに唯一対抗できそうなポケモンがファイアローなのですが型がゴツメアローのためブレバで半分ほどしか削れませんでした 今回の大会は準伝が限られてくるのでメガ進化の影響力がとても強く、その中でもメジャーなメガフシギバナがガン刺さりというのは構築の致命的な欠陥でした

②については選出時間の短さからメタ選出をするのではなく基本選出と勝ちパターンを設定したパーティーで挑むべきだと思いました 例を出すとステロ→積ポケ→掃除役みたいな選出をできるパーティーのほうが戦いやすく感じました 

また今回は対戦回数が限られているので慎重に一戦一戦しなければならないのにいい加減なプレーが目立ってしまい本当に情けなかったです

パーティーは結果の発表と同時にさらします
またINC JUNEがあるのでその時はもう少しまともな結果を出したいです
ではノシ



爆速シングルバトル 土曜日反省 ~凋落の土曜日~

前回の記事→一日目ブログパーツ

上限MAXまで土曜日はバトルしましたが中盤からレートが一気に落ちてしまいました
表 爆速2
グラフ 爆速2

レートが29上がっているときがありますが切断を受けて反映が繰り越されたためです

このあと一回負けてしまったのでおそらくレートは1550ほどです はぁ…


今回の記事は短めにしますが一応反省としてはファイアローをダダクサに扱い過ぎたということですかね
ファイアロー、バンギラス、ナットレイみたいな選出をして、もしもファイアローがやられたら格闘にボロボロにされてしまうということが容易に想像できても無理をさせてしまった戦闘もありました

また、鬼火はやはり安定しないときがあります
ただ、それでも8割の期待値らしきものはあるはずなので鬼火を当てたら必ず勝つくらいの気持ちで行かなきゃダメですね

選出については時間が短いので頭の中で勝ちパターンをあらかじめ設定しておいたほうがよさそうです

では明日が一番しっかり対戦できそうなので集中していきたいところです
ノシ

逆さバトル用ゴツメガブリアス育成論

gaburiasu.jpgブログパーツ

タイトル通り逆さバトル用のゴツメガブリアスの育成論です

まずは構成から
性格:陽気
特性:鮫肌
努力値
H140 A28 B84 D4 S252
持ち物:ゴツゴツメット

技構成 逆鱗・地震・どくどく・身代わり

役割
メガガルーラへの後投げ
耐久物理ポケモンへ対する削り

逆さバトルで猛威をふるっているメガガルーラへ後だしして削るという役割とそのガルーラが引いて出てくるガブリアス受けに対してどくどくを入れていくのが主な役割です
また逆さバトルでの物理受けでよく目にするクレベースは最初にどくどくをうってきやすいのでこちらは身代わりを張ってからどくどくの方がいいでしょう
かなり役割が限定的なような書き方ですがもちろん高い素早さと攻撃を生かした単純な物理ポケモンに強いアタッカーとしての運用もできます

努力値
HB:無振りクレベースの地震を身代わりが確定耐え
意地っ張り252振りメガガルーラの猫だまし親子愛二回攻撃と捨て身タックルの初撃を高乱数耐え 捨て身タックルではなくおんがえしなら初撃確定耐え
陽気252振りメガガルーラのグロウパンチ+1段階上昇グロウパンチ(二撃目)と2段階上昇不意打ちの二回攻撃耐え
A:余りのうち最も効率が良い振り方
D:余り
S:最速メガガルーラ意識でこちらも最速


この型を考えるに至った経緯
僕は逆さバトルで現在はメガバシャーモを使っているのですがとにかくメガガルーラが重かったのでそれに後出しをできるポケモンを考えていました
ただクレセリアはどれパンの起点になってしまいますしファイアローも後だしは安定しません
そしてガブリアスなら鮫肌+ゴツメで後出しするだけで相当なダメージを蓄積できると思ったのでゴツメガブを入れました
ただ、単にゴツメを持たせただけでは向こうは物理受けポケモンに交代してしまうだけなのでどくどくを入れ、さらに向こうの変化技のリスクを避けるために身代わりを入れました

苦手なポケモン
このポケモンの苦手なポケモンは高速特殊アタッカーです
具体的にはメガゲンガー、メガフーディン、ラティオスあたりでしょう
僕のパーティーではこの辺りはメガバシャーモで叩いていきます
今回の逆さバトルですとチョッキローブシンともこのガブは相性が良さそうです


今回はようやく始めての逆さバトルでの育成論でした
ではノシ




爆速シングルバトル一日目 感想

公式大会の爆速シングルバトルの一日目の報告をしますブログパーツ
まあ実際参加したのは例にもれず標準時的には土曜日からなんですが寝るまでがその日なので^^; 金曜日の夜は長い

レートの推移はこんな感じです

2グラフ 爆速
グラフ 爆速1

とりあえず初日は9戦8勝1敗です
レートが1600に乗ってもう夜も更けたのでいったん止めました

対戦をしていて思ったことは選出時間が短すぎる!!ということです ある程度互いの先発を考えたうえで選出をするのが常だったので何度か非常にあせりました 対戦中の技選択なども時間は短いですが僕はいつもその選択は早めにしているのでむしろ戦闘のテンポは心地よかったです

時間が原因なのかレート帯が原因なのかわかりませんがとにかく海外の方と多く対戦しました
日本勢はどこに行ってしまったか非常に気になります

そして今回のMVPはゴツメアローです
物理ATが多くとても刺さっていました
相手のパーティーを半壊した後、後続にうまくつなげるというゴツメアローのお手本のような戦いができました
もちろん終盤に全抜きみたいなこともありましたよ
ヒードランがいないので鬼火が通る通る


本当はメガリザYとか使いたかったのですがうまくパーティーがかみ合いそうになかったので通常シングルのポケモンを流用したりして潜っています
ちなみに構想していたパーティーは初手ステロからのメガルカリオorメガリザYorメガリザXから終盤スカーフ持ちで大暴れみたいな感じだったのですが今回もパーティーが間に合いませんでした;;

ゴツメアロー+どくどくバンギラスのような今回の大会にあるまじきポケモンで勝ち進む予定ですw

では初日レポでした ノシ

ダブル・トリプルのテラキオン育成論

trkon 2ブログパーツ

今回は僕がダブルとトリプルで併用して使っているテラキオンの育成論というか紹介をしていきます

性格:陽気
努力値:H4A252S252
特性:正義の心
持ち物:気合の襷
技 インファイト・岩雪崩・守る・ファストガード


戦い方
基本的には一番初めに場を出して制圧していく感じです
各技についてですが
インファイト:ガルーラにできれば打ちたい技です 威力が相当高いのである程度削ってある相手を持っていきたい時にも打ちます
岩雪崩:タイプ一致の全体攻撃技で微妙に倒し損ねた相手をついでに持っていきたい時によく打ちます テラキオン自体の素早さが高いので上から攻撃してある程度の怯みの期待値を確保できます
守る: 縛りを解除するための技
ファストガード: 猫騙しと優先度が同じですがテラキオンの素早さが高いのでほとんどの猫騙しを防ぐことができます マニューラやニャオニクスの猫騙しは注意です
また、いたずらごころによる電磁波、怪しい光、威張るやアローのブレイブバードを防ぎます

これらの技を駆使して前半の猫騙しを防ぎつつそこからインファイトや岩雪崩で相手のポケモンをどんどん削って行くような戦いをしかけます

持ち物について
僕は気合の襷を持たせていますが非常に戦い易いです
インファイトによる防御下降も気にせず戦えますし、素早さが高いので行動回数が保証されます
火力アップアイテムを持たせても倒したい相手は持たせていない時に比べて特に確定数も変化しないのであまり有用性を見出せませんでした

よくする同時選出 基本的にすべて先発
ダブル

スカーフボーマンダ
i_boomanda.gif

テラキオンの苦手なガブリアスをボーマンダで見てボーマンだの苦手なキリキザンをテラキオンで見る感じの選出です 双方とも高火力で速攻アタッカーなので場の制圧力が高くファストガードを駆使すればボーマンダは動き易くなります

メガガルーラ
images (1)

こちらはガルーラの猫騙しを使って相手を縛りつつテラキオンが攻撃をしたり、逆に相手の猫騙しやいたずらごころの変化技をファストガードで防いでメガガルーラを動き易くします

トリプル

スカーフカイリュー+メガリザードンY
i_kairyuu.gifメガリザードンY

トリルや滅びなどパーティー単位でコンボを狙う選出をされた場合において猫騙し持ちがよく選出されると思うのですが猫騙しをファストガードで防ぎ、スカーフカイリューのフリーフォールで起動要因を連れ去りお互いの残りの一体をタイマンに持ち込みます
その場合は残りの一体はメガリザードンのような高火力でかつ全体攻撃技持ちですと場アドを取り易くなります
またスカーフカイリューとテラキオンの速さからスカーフカイリューが落として行ったポケモンがテラキオンより遅い場合は落としたポケモンを行動できないうちに倒すことができる場合があります
そしてメガリザードンYについてメインウェポンの炎技に加えてソーラービームの草技とテラキオン岩・格闘技は攻撃面での相性補完が素晴らしく、ワイドガードをかいくぐれば熱風と岩雪崩で相当ダメージを与えることができます

ラムトゲキッス
i_togekissu.gif

テラキオンに向かってくる攻撃をトゲキッスの指を振るで吸収してテラキオンが動きやすくします 基本的にテラキオンの苦手な技は草・水のような特殊メインの攻撃と格闘技なのでキッスを横におけばかなりテラキオンは動きやすくなりますし鈍足で厄介な技を打ってくるポケモンにはキッスのエアスラでひるませているうちにテラキの圏内に入れてしまえばいいです



僕はテラキオンはシングルでは使いませんがダブルトリプルではよく使います
やはりある程度の先制技を防げ、高火力な速攻アタッカーということでバアドを取りやすいです
また、僕がダブルやトリプルで強いと思っているポケモンと持相性がいいので非常にパーティーに組み込みやすいです
では今回はテラキオンの育成論でした

トリプルでのスカーフカイリュー考察

images (2)ブログパーツ

前にコメントをいただいてその内容に対してトリプルのスカーフカイリューの話題を出したのですが実際にここで考察を残しておきます

性格:陽気 努力値:AS252 持ち物:こだわりスカーフ 特性:精神力orマルチスケイル
技構成 フリーフォール・神速・ドラゴンクロー・地震or馬鹿力

このような個体についてまず考えていきます

素早さについて
努力値と性格で最速にしますがその場合実数値217です トリプルの場合素早さが結構変わったりするので個人的には最速推奨
最速145族(アギルダー)まで抜けます

特性について
トリプルに至っては精神力は十分ありだと思います ファストガード持ちが隣にいれば問題ないですがそうでない場合は猫だましで止まってしまい後述するフリーフォールの性能を十分発揮できなくなります マルチスケイルは単純に試行回数を防ぐための耐久確保のために 僕の場合はファスガ持ちテラキオンがトリプルのパーティーにいるので猫だましはそれほど怖くないのでマルチスケイルの特性にします

技構成
序盤での崩しのためのフリーフォールはこの型での必須技だと思います
後の3枠はパーティーとの相談で
僕の場合は対アローやトリル、追い風を想定した神速
竜技は威力が低いですが安定のドラクロかたまに見る小さくなる持ちポケモン対策のためにドラゴンダイブを入れておきます
ラス一の枠ですがこれは後々決めます

フリーフォールについて
タイプ ひこう
分類 物理
威力 60
命中率 100
PP 10
1ターン目で相手を空に連れ去り、2ターン目に攻撃する。空を飛んでいる間はほとんどの技を受けないが、例外はある(そらをとぶ (状態変化)も参照)。連れ去っている間、相手は動けなくなる。  ポケモンwiki引用

この記事を書こうと思ったきっかけの技です
まずタイプですが飛行技ということで端においてもすべてのポケモンに攻撃することができます

この技の良さは相手のポケモンを連れ去れば次のターンまでに交代も守るもできないということです そして最初のターンでは技は不発に終わります
よってコンボを狙うようなパーティーにはそのコンボを崩すことができ、連れ去って落としたターン、つまり2ターン後は守るができないので必ずそのポケモンを攻撃することができます

ダメージ計算ですが
A186フリーフォール
→H252振りメガゲンガー ダメージ: 64~76 割合: 38.3%~45.5%(対滅びパ想定)
→H252振りブルンゲル ダメージ: 70~84 割合: 33.8%~40.5%(対トリックルーム想定)
→H252振りシャンデラ ダメージ: 58~69 割合: 34.7%~41.3%(対トリックルーム想定)
→H無振りガブリアス ダメージ: 55~66 割合: 30%~36%

こんな感じで行動を縛ること以外にも確定数を大幅に変化させることができます

例えばH無振りガブリアスですがカイリューの横にテラキオンを置いた場合はフリーフォールを打った後ガブリアスにインファイト(ダメージ: 108~127 割合: 59%~69.3%) 最低乱数を二回連続で引かなければスカーフガブリアス以外は持っていくことができます

ちなみに僕はシーズン3では誓いパ(クリックでパーティー紹介)を使っていましたがスカーフカイリューのフリーフォールにボコボコにされました(半ギレ)

フリーフォールの欠点
次のターンに自分自身も守るも交代もできないために攻撃の的になってしまいます なのでなるべくカイリューに有効だのありそうなポケモンを味方の素早いポケモンで倒しておくのがいいでしょう ただマルチスケイルの場合は一ターンでカイリューが倒されることはほとんどないと思うので相手のコンボを防いだらカイリューの心配はせずどんどん殴るのもいいかもしれません

同時に選出すると戦いやすそうなポケモン
テラキオン
i_terakion.gif
特性がマルチスケイルの場合はファストガードで猫だまし、先制ブレバや電磁波を防ぎ、フリーフォール後の相手に対して高打点が期待できます

メガガルーラ
i_garuura.gif
画像は通常ガルーラです すみません
猫だましのような縛り技に加えて単純に高火力でカイリューが上空に持ち去っている間に場を荒らしまわってもらいます
また、メガゲンガーやブルンゲル、シャンデラに一貫する噛み砕くを採用すると動きやすそうです 岩雪崩で全体怯みを狙って相手を動きにくくするのもいいかもしれません

サンダー
i_sandaa.gif
コンボを使ってくるポケモンには電気が一貫しやすいので珠サンダーなどがフリーフォール後の相手に刺さると思います

メガリザードンY
メガリザードンY
僕が現在トリプルで使っているメガ枠です メガリザは炎技に至っては超高火力でソーラービームで技の相性補完もばっちりです また、熱風という優秀な全体攻撃もできます ただ決して遅いわけではないですがメガリザより素早いポケモンは基本的にメガリザは苦手なのでそのような相手をフリーフォールで連れ去ってから暴れてもらいます

流行について
フリーフォールといえばセジュン氏のダブルでのプテラが有名です そしてそのプテラが結果を出してから一時期フリーフォールプテラが増えたのでフリーフォール自体は結構認知されてきたと思います
ただ逆にそのイメージの強さからプテラ・メガプテラ以外のフリーフォールの警戒はそこまでな気がします
実際に第4シーズンでスカーフフリーフォールカイリューをまだ見ていないので奇襲性はありそうです

考察自体はこんな感じでしょうか まだスカーフフリーフォールカイリューはトリプルで使っていないのですがこのポケモンは育成決定みたいなポケモンなのでそのうち使用感などをパーティー紹介を通じて書いていくと思います
最近は更新が滞ってすみません 来週からはもう少しペースを上げるように努めます
ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。