斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORASシーズン8 1800到達&スキルスワップクレセリア育成論

ORASのシーズン8のレートが1800を超えました超えてはいませんでした、到達ですね rt126.pngブログパーツ
パーティーはこんな感じです
i_garuura.gifi_bashaamo.gifi_gaburiasu.gifi_kureseria.gifninfia.jpgi_borutorosu.gif

詳細はまだ書けませんが最近使って強いと思ったスキルスワップ搭載クレセリアについての育成論を書いていこうと思います

クレセリア
【性格】図太い 基本物理受けなので

【特性】浮遊 地面無効 相手に押し付けてやりましょう

【努力値】H252 B236 S20 S20振りは同速対決を想定した趣味みたいな振り方なので気にしないでください

【技】
スキルスワップ 今回の育成論のキモ 対戦における重要な要素の特性を実質無効化するチート技 詳細は下で
れいとうビーム 構成上攻撃技は一つしか入らないのでパーティーと相談です 確実にガブをつぶしておきたかったので僕は冷凍ビームを入れました
自己再生 受けとしての性能を高めます
電磁波 スキルスワップの流し性能が半端ないので交代先にぶち込みます サイクル戦を通してこちらのアタッカーの全抜き体制を整えます

基本的に物理受けとして運用していきます
ただ物理受けのクレセリアなのですがPGLを見てみると・・・
クレセリア データ1

物理アタッカーに突破されまくっているじゃないか!!!(憤怒)

まあガブリアスに至ってはハチマキいじっぱに受けだししようとしたと思うのですが本来反動+ゴツメで倒しておきたいメガガルーラ・メガボーマンダに突破されるのは痛いです
それに使っていてわかるのですがマリルリとメガクチートはきついです


だからスキルスワップ
メガガルもメガマンダもメガクチもマリルリも特性有りきの火力なのでその特性を奪ってしまおうというのが今回のクレセリアの育成論です(種族値と持ち物で頂点に君臨するガブは神)

ちなみにスキルスワップは身代わり貫通と命中率関係なしなのでピクシーやグライオンにも効果があります
特にクレセリアに対して身代わりは一般的に有効技とされるのでこれはかなりおいしいです
そしてニンフィアやメガサーナイトもただのノーマル技をぶっぱするだけの存在になります
そのようなポケモン達は一度特性が交換されるとそれをリセットするために交換するのでそこに電磁波などを撒いていきましょう

ORASで教え技で出てようやく覚えさせることができたスキルスワップですが使用率はまだ3%くらいなので対策&警戒が進んでいない今のうちにどんどん活躍させていきたいと思います

ダメージ計算から見るスキルスワップの恩恵(ずぶといHB252で計算しているので僕の使用するクレセとは若干ダメが異なります)

A↑6の力持ち特化マリルリの滝登り ダメージ: 213~252 割合: 93.8%~111%
これがスキスワによって ダメージ: 108~127 割合: 47.5%~55.9% ここまで下がります
他には

A↑2の特化メガクチートアイアンヘッド ダメージ: 165~195 割合: 72.6%~85.9%
これが ダメージ: 84~99 割合: 37%~43.6%

A↑1の特化メガボーマンダの捨て身タックル ダメージ: 151~178 割合: 66.5%~78.4%
これが ダメージ: 78~92 割合: 34.3%~40.5%

特化メガサーナイトのハイパーボイス ダメージ: 105~124 割合: 46.2%~54.6%
これが ダメージ: 54~64 割合: 23.7%~28.1%

特化メガネニンフィアのスキンハイパーボイス ダメージ: 118~139 割合: 51.9%~61.2%
これが ダメージ: 61~72割合: 26.8%~31.7%


高火力といわれているこれらのメンツも月の光で余裕で受けることができます
現在の火力インフレ環境って割と特性による底上げが影響していると思うのでそこを逆に利用するのもいいですね
そうなってくると素の力があるガブリアス、バンギラス、準伝説辺りがまた幅を利かせる流れが来るかもしれません(もう十分すぎるほど環境で暴れていますが^^;)

ではノシ

スポンサーサイト

メガガルーラの構成について考える

サイクル戦を想定したメガガルーラについて考察していこうと思いますブログパーツ

mggr.png


サイクル戦でのメガガルーラについてですが
猫だましで通常の優先度が高い攻撃技より先に攻撃し、確実にダメージを入れる
・ガルーラの消耗回避と猫だまし再利用のためサイクルを回せるポケモン・ガルーラの受け先をパーティーに入れる
・ゴツメ持ちの物理受け想定しながら戦う
この3点がポイントになってくると思います

いくつか技構成とそこからどうパーティー構築につなげていくか考えていくと

【技】 猫だまし・岩雪崩・おんがえし・身代わり
現在僕が使用しているメガガルーラです 努力値はAぶっぱで耐久に多めに振っています(B
捨て身タックルとグロウパンチがないので爆発的な火力がないですが猫だましで削りつつ、身代わりで状態異常を回避し、岩雪崩で怯み狙いしながら非接触によって堅実にダメージを蓄積していく型です
ただ、ポリゴン2やクレセリアに対しては一回怯ませた程度では回復圏内を超えることができないのでこれらのポケモンに強く、高火力特殊技を与えることができるポケモンを考えると僕はニンフィアに行きつきました
余程電磁波で麻痺らされない限りはスキンハイボに対して月の光や自己再生では回復は追いつけないです
また、この構成のメガガルは猫だましを打った後では相手のメガガルーラやガブリアスがきつくなってくるので物理受けを入れます この場合はクレセリアを入れておけば基本的に問題ありません また、これだけだと補助技持ちのポケモンがきつくなってくるのでそれらに強く、サイクルにも入れるボルトロスを入れます

そんな感じでできたパーティーは
i_garuura.gifi_kureseria.gifninfia.jpgi_borutorosu.gifi_gaburiasu.gifi_gengaa.gif

これです メガ枠はガルーラとゲンガーです

改良点:このパーティーのエースのメガガルーラはなのですがナットレイ・ギルガルドのような鋼がきついのでガブリアスかメガゲンガーを鋼に強くこのパーティーに合うポケモンを検討中です

現在上記のパーティーの状況ですが
レート1700くらいからスタートしていったん1630くらいまで下がって現在1760くらいになりました(現在7連勝中)
125rt.png



そして現在使いたいと思っているメガガルーラの技構成は
【技】 猫だまし・不意打ち・グロウパンチor炎のパンチ・捨て身タックル
の構成のメガガルーラです
これがいわゆる203ガルーラと呼ばれる型の技構成です
グロパン+捨て身でクレセリアを突破しつつガルーラがゴツメ×4+反動ダメージを耐える個体です
ただ、個人的にはクレセリアはガルーラに任せたくないので他のポケモンに任せるように戦うつもりです
もしもこのメガガルーラを使うならグロウパンチよりも炎のパンチにするかもしれません そうすれば早いポケモンには猫だまし不意打ちで鋼タイプには炎のパンチ、中速・中耐久相手には猫だまし+捨て身タックルで戦います
こうなってくるとガルーラの消費が激しくなってくるので三日月の舞を入れたクレセリア、鬼火・電磁波を代わりに受けてくれるポケモン、相手のクレせリア・ポリゴン2の突破口を開いてくれ、特殊受けもある程度してくれるニンフィアを投入してパーティーを作っていく流れになると思います

この場合のパーティー構成の流れを書くと

メガガルーラ採用→物理受け+三日月の舞によるガルーラ復活を期待できるクレセリア採用→相手の物理受けを削れるニンフィア採用→悪戯心持ち&状態異常技を打たれてもそこまで辛くはなく、サイクルを回せるボルトロス採用
ここまではメガガルーラ軸を作るうえで結構通る考えだと思います
そしてクレセリアが出しにくいが物理ATに強くしたい時を想定してスカーフランドロス採用 これでサイクル回し+フィニッシャーの役割ができるポケモンが増えました


残りの一体についてはいろいろ試して(対戦数を稼いで)しっくり来るポケモンを入れていきます

捨て身を遺伝させたガルーラはもう厳選完了しているのであとは努力値を考えながら育成していきたいと思います

ではノシ

ORASシーズン8 シングルレート中間報告 バンドリュメガマンダ軸について

お久しぶりです ただいまテスト期間中なのでほとんど更新できていないです^^;ブログパーツ

現在レートはこんな感じでなかなか上がりません 
124rt.png


そんなこんなで大した記事も書けないのですが今回は僕が少し使用していたバンドリュメガマンダ軸について少し書いていきます

構想に至った経緯ですが
i_boomanda.gif
メガボーマンダを使っていとどうしてもゲッコウガのような上から叩いてくるポケモンやクレセリア・ポリ2のような物理高耐久ポケモンが厄介になっていました

そこで
i_doryuuzu.gif
ドリュウズならそのような上から叩いてくるポケモンよりもさらに上から砂かきによって叩くことができ、身代わり剣の舞でクレセリアも起点にできると考えました またフェアリータイプにも強く出ることができます

i_bangirasu.gif
そして砂の始動兼クッションとして脱出HDバンギラスを組み込んでバンドリュメガマンダの並びにしました
特殊に強く、例えばメガマンダとゲッコウガが対峙した時にマンダバック→バンギラス脱出→ドリュウズみたいな感じでスムーズに攻撃することもできます バンドリュが苦手な地面・格闘に対してもメガボーマンダは強気に出ることができます



そして実際に潜ってみると・・・



使い辛い  予想に反して相当使い辛かったです


僕のプレイングが未熟ということもあるかもしれませんがこちらのほうが攻撃力が高いはずなのにいつの間にかダメージレースで負けているなんてことが多かったです


まず、水ロトム重すぎなことと砂嵐のターンが短く感じ、なかなか思うように攻撃できませんでした
あと最近のメガサナはトレース威嚇こみでA特化メガボーマンダの捨て身を確定耐え調整しているらしくそこも動きづらく感じました

重いポケモンや想定外のパーティーには残り3体で対処するのが普通ですが今回はメガへラクロス・ニンフィア・ボルトロス・クレセリアから3体選んで組み込んでいました

ただこれらのポケモンはしっくりこず、もう少し検討の余地があると思いました


現在はボルトコントロールパに戻していますが余裕があればもう少しバンドリュメガマンダパのもっとちゃんとした構築を考えていきたいと思います
ではノシ





ORAS 現在使っているパーティーの相関図(ボルトコントロールガルクレセ)

今回はテストのような記事ですブログパーツ

このブログではパーティー紹介の時に個別説明をするのですがそれらのポケモンの関係をあまり書かないのでためしに図にしてみました

soukanzu.png

個人的にこの手のポケモンの図はかなり好きなので今回は自分で作ってみました パワポがあれば作れます

今後新しいパーティーを作った時は時間があればこのような図も作っていきたいと思います


ちなみにこのパーティーの現在の調子ですが
210連勝
10連勝中です 1500ラインでしばら1敗1勝を繰り返した後調子が良くなって一気に1600中盤まで来ました
個人的に一番戦いにくいのはレート1500ジャスト地帯です

今回もパーティーを変更するときは勝ちにくくなったときにする予定です


ではノシ

ORASシーズン8 本日から潜りました

タイトル通り少し遅れてレートシーズン8に突入しました

遅れた理由としてはPGLの混雑と再登録登録の面倒さに加えてポケモンのモチベーションが若干下がったことが原因です

まあゆっくりですが対戦は重ねていくつもりです

ちなみにシーズン1の最終順位は1011位で最後の最後で3ケタから外れました;;


今期は初めのほうはボルトコントロールガルクレセを使っていくのですが様子を見て

i_boomanda.gifi_bangirasu.gifi_doryuuzu.gif
バンドリュマンダだったり

i_rizaadon.gifi_boomanda.gif
過剰晴れパだったり

i_randorosu_reijyuu.gifi_borutorosu.gifi_garuura.gif
本格的にボルトランドコントロールスタンを構築したりしたいです

ではノシ

レートシーズン7が終わりました

最終日とその前の日は訳あって潜れませんでした なので最終レート=最高レート1934ですブログパーツ

対戦数は400を超えておそらく通常のシーズン5回分大体2回分くらい対戦をしています

中盤までレート1750から1850を行き来して終盤でようやく安定して勝てるようになったと思ったらシーズン終了みたいな感じでした その中盤までで無茶苦茶対戦数がかさんでしまったのが無駄に対戦数が増えた原因です

こんなにやったのにレート2000にかすりもしない悲しさ

いつになったら2000にいけるのか…

というか順位が3ケタかどうか気になります 最後のほうで順位も確認できなかったのでひょっとしたら1000位以降になっているかもしれません;;

次のシーズンのしょっぱなでは最後に使っていたボルトコントロールガルクレセ軸を使っていこうと思います

それと過剰晴れパを使ったり、新基軸のメガボーマンダパーティーを作りたいです



準伝については三犬、ヒードランを中心に厳選していきます

エンテイ、スイクン、ライコウ、ヒードランが手に入ればかなりパーティーの幅が広がるので早めに準伝厳選用ポケモン(サマヨールなど)をそろえていきたいです


対戦数は次のシーズンはもう少し抑え気味になると思うのでその分勝率を重視していきたいと思います
また、Ωルビーが積んであるのでこれをちょくちょく進めてサブロムにする予定です

ではノシ





穏やかボルトロス育成論・考察

後で読み直して「思う」というワードがゲシュタルト崩壊したのでいくらか修正しましたブログパーツ

brtrs 2

今回はボルトコントロールガルクレセ+リザYパーティーで使用していたボルトロスについて考察していきます

性格:穏やか

努力値:H252 D236 S28(最速70族抜き)

特性:いたずらごころ


技構成
①10万ボルト ボルトチェンジとの選択技だと思います 僕の場合は居座って水タイプに打点を稼ぎたいと思ったので10万ボルトを採用しました
②とんぼ返り ボルトチェンジ不採用の場合の選択技です ボルトチェンジと違って無効にされないのでサイクルは確実に回せます 打点はほとんど期待できず、襷つぶし程度の感覚で打っています
③電磁波 速いポケモンを麻痺らせて後続の起点にしたり素早さ逆転を図ります
④挑発 耐久ポケモン、搦め手を使うポケモンに打った後にとんぼ返り・ボルトチェンジで高火力ポケモンに回して負担をかけていきます

役割:サポート
いわゆるクッション役のポケモンです メガガルーラなどのようなエースアタッカーと組ませてそのポケモンより速いポケモンに電磁波を入れたり、回復技・状態異常持ちのポケモンに挑発を入れて起点にしたり単純にごり押ししやすい状況を作り出します

性格について
このタイプのボルトロスはシングルではよく「生意気」な性格を見かけます というのはロトム、クレセリアの下からとんぼ返り・ボルトチェンジを打つためです そしてそのような場合はめざ氷の個体値にするためにS個体値は0にします
僕のボルトロスはめざ氷個体ではないのですがもしもめざ氷個体を狙うのであれば単純にS個体値31を狙うかS個体値0かのどちらかだと思います
S個体値31の場合は素早さ無振りでも素早さ実数値131、生意気ボルトロスならS個体値0で104でクレセリアやロトムの下からボルトチェンジを打つことができます
僕個人はロトムは別ですがそのような耐久ポケモンには電磁波→挑発→とんぼ返りで後続のアタッカーの起点やごり押す状況を作り出すつもりです なので電磁波でどっちみち素早さを下げてしまうので僕は穏やかのままで使っています
ただ、電磁波は耐久ポケモンに打たずに高速アタッカーに打って、耐久ポケモンなどには電磁波を挟まずにいきなりボルトチェンジを打つ様なパーティーであれば生意気もありだと思いますし、ガブリアス・ランドロスの交代読み用にめざ氷個体を狙うのが吉だと思います

参考ダメージ計算(被ダメ)

臆病メガネラティオスの竜星群 ダメージ: 141~166 割合: 75.8%~89.2%
控え目メガネサザンドラの竜星群 ダメージ: 150~177 割合: 80.6%~95.1%
臆病珠ゲッコウガのれいとうビーム ダメージ: 143~172 割合: 76.8%~92.4%
ポリゴン2の無振り放電 ダメージ: 27~32 割合: 14.5%~17.2%
ポリゴン2の無振りれいとうビーム ダメージ: 60~72 割合: 32.2%~38.7%
クレセリアの無振りれいとうビーム ダメージ: 46~56 割合: 24.7%~30.1%
C252の控え目水ロトムのハイドロポンプ ダメージ: 76~90 割合: 40.8%~48.3%
C252の控え目水ロトムの10万ボルト ダメージ: 61~73 割合: 32.7%~39.2%



現在使っていて組んでいるアタッカーについて
上記のパーティーの内この穏やかボルトロスと組み合わせて強いと思ったポケモンについて書いていきます
i_rizaadon.gif

メガリザードンY
超火力を上からどんどん打てる状況を作ったり電磁波を打たれそうな状況でボルトロスに変えて電磁波・挑発などを打って再びメガリザードンに交代して負担をかけました
個人的にはリザードンに至ってはXに進化させてもいいと思いますし、メガリザードンYは控えめな性格でもいいと思います

i_garuura.gif
メガガルーラ
電磁波+挑発で相手を動きづらくした状態で上からどんどん押していきます 僕は岩雪崩・猫だまし・おんがえし・身代わりでメガガルーラを使っていますが本格的にボルトロスとメガガルーラを組ませるのであればグロウパンチ・猫だまし・捨て身タックル・岩雪崩or地震or不意打ちがよく見る構成です 電磁波で素早さを下げた相手を起点にグロウパンチで積んでいくという戦い方が割とメジャーです


他にはメガへラクロスやメガボーマンダメガゲンガーも可能性があると思います




現在このボルトロスを入れたパーティーについてですが
0110.png
ようやく3ケタに入ることができました
最新の10戦の内訳は8勝2敗で久々に好調な感じです
レートが1950になればまた報告記事を書く予定です

ではノシ


レート1900を超えました ボルトコントロールガルクレセ+リザY

0109rt.pngブログパーツ

やっとレートが1900を超えました パーティーを大幅に変えたので今回はその全容をさらします

開始レート1790くらいから15戦ほどやってここまで来た感じです

ではパーティーの紹介を

i_gaburiasu.gifi_rizaadon.gifi_borutorosu.gifi_kureseria.gifi_bangirasu.gifi_garuura.gif
メガ枠はリザードン(Y)とガルーラです

ガブリアス@ラムの実
陽気 AS252B4 サメ肌
ドラゴンクロー・地震・岩石封じ・ステルスロック


メガリザードンを選出する時にボルトチェンジによるパーティーのかき乱しを防ぐために入れた地面枠です
また、素早いポケモンがあまりいないので上から状態異常をかけられると結構きついです そのためにラムの実を持たせてクレッフィーやあくびループに対して強く出られるようにしました


リザードン@メガ石Y
臆病 CS252余りは忘れました 猛火→日照り
火炎放射・オーバーヒート・地震・ソーラービーム


有利対面を作って高火力で押していきます 現在は物理受けのポケモンが多い印象なのでメガリザードンYのような特殊超過力のポケモンはよく刺さります 地震はヒードランに確実に圧力をかけるためです このパーティーなら臆病でなく、控え目でもいい気がします


ボルトロス@オボン
穏やか H244D228S28 悪戯心
十万ボルト・とんぼ返り・挑発・電磁波


サイクルを回しながら有利対面を作るクッション役です 電磁波や挑発でサポートしつつ後続のポケモンが攻撃しやすい状況を作ります ガルーラと組ませる特殊耐久寄りのボルトロスは生意気な性格が多い見たいですが個人的には使いこなせそうになかったので穏やかな性格で使いました ボルトチェンジではなくとんぼ返りを採用した理由は地面・蓄電持ちにサイクルをカットされないためです このポケモンは近いうちに育成論・考察記事を書きます


クレセリア@ゴツメ
図太い H252B236S20
サイコキネシス・冷凍ビーム・電磁波・月の光

普通の物理受けクレセです たまに三日月の舞がほしい時がありますがなんだかんだ言ってこの技構成が一番安定する気がします かなり交代読み交代をされやすくなった印象なので安易な交代をする場合はその次の手を考えながら行動します あとマリルリに腹太鼓を積まれて押し切られる印象なのでマリルリ対面ではなるべき電磁波に頼らずサイキネで削れるところまで削ります


バンギラス@食べ残し
慎重 HDベース
追い打ち・ステルスロック・どくどく・ほえる

最近ラティオスやスカーフキッスをよく見るのでバンギラスを投入しました サンダーやポリ2にも強く出られます 基本的に有利なポケモンに後出ししてステロを撒いた後、次のサイクルから追い打ちやらどくどくでじわじわ削っていってエースポケモンの圏内に入れていきます


ガルーラ@メガ石
意地っ張り H132 A252 D8 S116
猫だまし・おんがえし・身代わり・岩雪崩


速いポケモンには猫だましサイクルを仕掛け、耐久ポケモンには身代わり→ † 岩雪崩 † でひるませまくっておんがえし圏内に入れます かなり怯ませてくれるポケモンで今まで僕が味わってきたレートの闇の恨みを背負ってくれてる感じがします(意味不明) 努力値振りは正直適当でバトンパの調整のまま使用しています なので身代わりの耐久調整もしていませんし素早さの調整もしていません ただ大体の耐久ポケモンの技を一撃は身代わりが耐えてくれますし、素早さも受けサンダーやらポイヒガッサを抜けるラインくらいまではあるのでそこまでこの努力値は気になりませんでした 



パーティーを見ていただければわかりますがガルーラ選出の場合はナットレイとギルガルドが激重になります
ただしギルガルドについてはガルドが基本的には苦手なポケモンが多くパーティーに入っているのでガルドはあまり選出されません ナットレイが相手のパーティーにいる場合はメガリザードンを優先的に選出します

このパーティーはXY期に流行ったボルトランドコントロールパのボルトロスの部分を採用したようなパーティーです
ただその場合はボルトロスが生意気でめざ氷持ちだったりガルーラの技構成が 捨て身・猫だまし・不意打ち・グロパンです
まだまだパーティーの構成が手探りな状況ですがそれでも今までより楽にレート1900に到達できたのはレート1000位ラインが上がっているという理由もあると思いますがメガガルーラの強さを物語っていると思います

このパーティーをカスタマイズするのならば
ガブリアス→霊獣ランドロス
メガリザードンY→ヒードランorエンテイ
バンギラス→ニンフィア

というところでしょうか そうなると本格的にボルトランドコントロールのテンプレっぽくなります

個人的にはコントロール要素を入れながらメガマンダを出せるようなパーティーも作ってみたいです


まだまだレートシーズンは続くのでこれからも潜っていくつもりです
ではノシ

強いと思った組み合わせ ガルクレセ

最近ポケモンのモチベが下がって記事があまりかけていませんでした すみません
現在はレート1800の番人と化してしまって一向に1900に行ける気配がしません;;ブログパーツ

前回の記事からパーティーを変えました メガマンダをいったん抜いてメガガルを入れました

i_garuura.gif

努力値はまだ言えませんが性格は意地っ張りで
技構成が身代わり・地震・おんがえし・岩雪崩みたいな感じにしました

個人的には身代わりがとても気に入っていてクレセリアの電磁波や耐久ポケモンの鬼火を誘えて一ターン猶予ができます
そして岩雪崩もかなり強かったです 耐久ポケモンにも基本的にはガルーラはどう頑張っても確2を取るのが厳しい場合が多いのですが岩雪崩2連による怯み+おんがえし(理想は捨て身タックルですが)である一定の安全突破が期待できます
実際にこれでクレセリアやパンプジンのようなガルーラが不利なポケモンを突破することができました

ただ、今の環境を考えると猫だましを打ちたい場面が多いので岩雪崩か地震を削ると思います 地震を削るとガルドの突破かきつくなるので他のメンバーで穴埋めをする必要があります



そしてこのガルーラと相性がいいなと思ったのはありきたりですがクレセリアi_kureseria.gifです

このガルーラは個人的にはガブリアス・メガマンダなどの上から殴ってくるアタッカーに弱いと思うのでクレセリアで電磁波を流し際でも対面でも撒きます こうすればメガガルーラが上から殴れる機会が増え、メガガルーラの岩雪崩と合わせてトゲキッスクラスのまひるみを狙うことができます



今回は短いですが対戦をしての感想みたいな感じになりました まだパッとする記事が書けそうにないのでしばらくはこのような単発記事が続くと思うのですがご了承ください

ではノシ

現在使用中のパーティー リザクレセ+メガマンダ

現在使用中のパーティーをいったん晒します 晒す理由としてはパーティーがまだ構築の途中みたいな段階であり今後変更するかもしれないので今のうちにパーティーを残しておこうと思ったからですブログパーツ

現在の最高レートは0101.pngこんな感じで+2勝で1900到達するだろうという感じです ただこの後一勝一敗でした レートもしばらくはあまり動きそうもないですし、むしろそろそろ大幅に下がるかもしれません パーティーを変更(さらに発展)するタイミングは大幅に下がった時にする予定です


そんなわけで中途半端な時期ですが一旦パーティーを書いておきます
i_rizaadon.gifi_boomanda.gifi_kureseria.gifi_gaburiasu.gifi_roobushin.gifi_kirikizan.gif
メガ進化はリザードン(Y)とボーマンダです

ボーマンダがきついポケモンは基本的にリザYで何とかなりそうと思ったこととやがては過剰晴れパ を使用したいと思ったのでリザYを使ってみました XYのシーズン1の時はリザY軸で1900を達成したのでこのポケモンに関してはある程度使い慣れています

では個別説明から
リザードン@メガ石
臆病CS 猛火→日照り
オーバーヒート・火炎放射・ソーラービーム・地震

有利対面を作ってオバヒを打って打って打ちまくるポケモンです ASガブリアスに対しても7割はダメージが入るので次のサイクルで後出しができなくなります メガマンダ意識で出てくるクレセリア・ポリ2にも努力値振りがどうしても物理によることから打点が期待できます 地震はヒードランほぼピンポで採用しました 地震の枠は選択枠だと思います 本当は気合玉を採用したいのですがオバヒさえも肝心なところで外すリザードンには荷が重いと判断しました
また、個人的には威嚇をトレースして来たりマンダの捨て身を耐えてくるフェアリーに強いところが気に入っています



ボーマンダ@メガ石
意地っ張りAS 威嚇→スカイスキン
捨て身タックル・からげんき・地震・ドラゴンクロー

ガブがいる以上どうしても氷がきつくなりますがそれを差し引いてもやはり強いです 特に上位体以上んに強い個体なので鬼火が初手効きそうな場合でリザYの選出がきつそうな時に選出します
また、状態以上に頼るパーティーでパーティー全体も中速によっている場合はリザYよりもこちらを優先させます
この枠はやがてはスカーフ過剰ボーマンダになるかもしれません



クレセリア@ゴツメ
図太いHBS 浮遊
れいとうビーム・サイコキネシス・電磁波・月の光

満を持して登場した最強の物理受けです リザYとは月の光の回復量の増大というシナジーがありリザYの苦手な高速物理アタッカーに対して割と強めに出ることができます 2回舞ったガブリアス(おそらくAぶっぱではないですが)の逆鱗を耐えるあたりさすがの耐久だと思いました 構成自体はテンプレなので特に工夫した点はないです


ガブリアス@ラムor襷
陽気 AS サメ肌
ドラゴンクロー・地震・岩石封じ・ステルスロック


大晦日らへんから使用率一位になったレートポケモンの鏡 このポケモンは持ち物が襷だったりラムだったりと結構変わります 理由としてはキノガッサがこのパーティーはものすごく重いのでその対策のためにラムを持たせます ただそうすると一発耐えて岩石封じをして殴ったり、ステロを撒いたりできなくなるので悩ましいところです 現在はラムです たまに無理してガブマンダみたいな選出をしますがそれもまた強いです 基本的にはガブガステロを撒いて削ってリザYにつなげてクレセリアと何回かサイクルをしてダメージレースに勝つなんて流れが理想です


ローブシン@オボン
意地っ張りABベース(詳しい努力値振り忘れました;) 根性
ドレインパンチ・マッハパンチ・冷凍パンチ・叩き落とす


ゲッコウガとマニューラでこのパーティーが壊滅するのでそのメタで入れた枠です あと激重のスカーフサザンにも強いと思ったのですがHにほとんど降っていないので結局竜星群にやられます;; このポケモンは昔ダブルで使っていたのですが今すぐにでも努力値を振り直してHAベースに直したいです Hの実数値が207くらいあれば相当安定して戦えそうな個体です チョッキかオボンか迷ったのですがオボンにすればメガガルーラの猫だまし+捨て身でも返り討ちにできるので現在はオボンを持たせています ローブシンは今回逆風だと思ったのですがやはり今回も強かったです



キリキザン@命の珠
意地っ張りHAS 負けん気
不意打ち・叩き落とす・アイアンヘッド・剣の舞

相手の受けポケモンに出して叩き落としていく戦い方が安定すると思います ナットレイ対面の場合は無理やり一回舞って叩き落とします 調整や乱数次第でナットレイを一発で持っていくことができるのでこの戦い方は結構安定しました
このパーティーにはポリ2かクレセリアがいれば結構な頻度で出てくるのでそれらに後出しするので基本的な動きです 耐久は思ったよりはないのでバンギラスみたいな使い方をするとすぐに消耗します できれば交代読み交代をからめたいです




このパーティーは攻めて攻めてという感じなのであまり受けだしは得意ではないです なのでパーティーの消耗が激しく初手を読み間違えたり受け先をおろそかに考えるとあっという間に崩壊します

今後の展望ですがもともとこのパーティーは過剰晴れパを使用したいと考えて作ったプロトタイプみたいなもんです
といってもコンセプトがだいぶ外れてしまったのでそろそろ本格的に構築しなければなと思います

過剰晴れパは正直僕もよくは知らないのですが晴れ下で過剰スカーフボーマンダが苦手な鋼やフェアリーを制圧して最後に逆鱗で全抜きするようなパーティーです
なのでまず必要なポケモンはi_rizaadon.gif メガリザードンYとi_boomanda.gif過剰ボーマンダです
これに僕はi_garuura.gifメガガル+i_kureseria.gifクレセリアの並びを入れて別方向から攻撃できるようにしようと思います

残りの採用予定ポケモンはカゴニンフィアだったりヒードランだったりライコウだったりがいいかなと思います


シーズン1ももうすぐ終わってしまうのでこのパーティーはひょっとしたら次のシーズンで使うかもしれません

ではノシ



 

明けましておめでとうございます

2014年も数多くの訪問とコメント、本当にありがとうございましたブログパーツ
それらのおかげでブログを続けるモチベーションを保てました

去年は自身の最高レートを達成(といっても割とたいしたことないです。。。)したりORASが発売したりとかなりポケモンについて濃い一年だったと思います


去年の元旦にも記事を書いたのですがその時の抱負は

・新規育成ポケモン150以上
・レート総合100位以内
・シングルレート総合200位以内
・ブログランキング上位を目指す



こんな感じでした
それぞれの結果ですが
育成ポケモンは150体は無理でした おそらく100体いっていないと思います

レート総合100以内も無理でした 最高は180位くらいだったはずです

シングルレート総合200位以内も無理でした 1000位切るか切らないくらいシーズン最高順位だったと思います

ブログランキング上位を目指すことについては任天堂ゲームカテゴリ(FC2)で2015年1月1日現在で16位でした これが上位かどうかは個人の感覚によると思いますが個人的にはいいほうかなと思いたいです


ポケモンの対戦のほうは本当に自分の分をわきまえていない目標だったと思います;;

今回は抱負については特に書いていかないです



ただ今年はいろいろ忙しくなってくるのでブログの更新頻度が下がることが予想されます

ほっそりとは続けていくと思うので今年もこのブログのことをよろしくお願いします


ではノシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。