斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩き落とすナットレイのミニ使用感

記事は短めですブログパーツ

僕はメガボーマンダ軸のパーティーにナットレイを入れています
技構成は 寄生木・ステロ・叩き落とす・ジャイロ
みたいな感じで完全にサイクル意識の構成です

まあ役割的にボーマンダの障壁を取り除く感じで育成したので自然にこうなりました

最近特にナットレイの叩き落とすが改めて強いと思いました

電磁波読みのサンダーとかにも刺さりますし、何よりナットレイ対面で強いです
相手が持ち物食べ残しなら一回叩き落とすを入れてしまえば相手のナットレイにとってこちらのナットレイは
寄生木→無効
パワーウィップ・タネガン→ほぼノーダメ
ジャイロバール→ほぼノーダメ
電磁波→こちらのジャイロボールの威力アップ
ステロ→居座れば問題なし
叩き落とす→やめてください、タヒんでしいまいます ただ相手のナットレイに叩き落とされたことは今のところないので特に気になりません
守る→食べ残しを叩き落とせば問題なし

あとはこちらが持ち物がなくなった後も叩き落とすを延々くらわせてこちらに接触ダメージが蓄積してしまったと思ったらや寄生木とか適当な技を選択してこちらの食べ残しで回復するのを待ちます 相手はこちらのナットレイに対して回復ソースがないのでただ体力が減るのを待つだけです

叩き落とすナットレイはポリ2やクレセリアにも有効だと戦っていて思う完全に耐久ポケキラー耐久ポケでした


ではノシ

スポンサーサイト

羽休め入りメガボーマンダについて

しばらくは特定のポケモンの使い心地などを簡単に書く記事が増えますブログパーツ

現在使用しているメガボーマンダは 捨て身タックル・地震・ドラゴンクロー・羽休め という技構成です

前までフルアタ構成だったのですがメガボーマンダはとにかく削らるスピードが速いです

理由としてはメインウェポンのスキン捨て身タックルでしょう
高火力を得たのはいいのですがそれと同時に反動ダメージも多くなってしまいます
さらに大抵の物理受けはゴツゴツメットを持っているのでそれも相まってフルアタ構成では短命だと感じることが多かったです 僕は高レートの条件の一つに持久力がいると思っているのでこれは少しいただけませんでした

そこで羽休めを入れることにしました 相手が交代するタイミングで羽休めをしていくと前よりもボーマンダが使いやすくなった気がしました おかげで受け出しもそこまで躊躇する必要がなくなったのでサイクル戦にも組み込みやすくなりました

羽休めの恩恵は電気が半減・岩が等倍なのでうまく使えば回復量のほうがダメージを上回ります 氷は羽休めしても2倍弱点どまりなので結局はダメージ量のほうが多くなってしまう場合がほとんどでした

ただ羽休めによってうまく弱点をカバーできるのは相手より先に動いた場合なので素早さが速なければなりません

僕は意地っ張りで使用しているのでそこが少し不安です

そこで竜の舞+羽休めの構成もありなんじゃないかと最近思いました HSベースで技は地震+捨て身でうまくいけそうなので今度新しく育成していく予定です


現在は3ウェポンのメガボーマンダを使って1700を超えたばかりでまだまだパーティーの改良点もボーマンダの改良点もあるので少しずつそのような改良も含めて記事にします

ではノシ

シーズン9はメガボーマンダを使っていきたい(願望)

今シーズンはタイトル通りメガボーマンダを中心に使っていきたいと思いますブログパーツ

メガボーマンダは第7シーズン中期まで使っていたのですが1800半ばで使用を断念しました

その後メガガルーラを中心としたパーティーを組んでいたのですがメガボーマンダの耐久・火力・ビジュアルはやはり魅力的でもう一度組んでみたいと思い今シーズンで30戦くらい終えてから使いだしました

ちなみに現在の対戦の状況ですが初めの30戦くらいはメガガル中心のパーティーで1650を超えてからメガボーマンダ軸に移行しました

その時のパーティーが
i_boomanda.gifi_suikun.gifi_randorosu_reijyuu.gifi_bashaamo.gifi_nattorei.gifninfia.jpg
こんな感じでメガ枠はボーマンダとバシャーモでした 何回か1700に乗りそうだったのですがなかなか乗らずにとうとう1600を切ってしまったのでパーティーを少し変更しました


i_boomanda.gifi_bangirasu.gifi_doryuuzu.gifninfia.jpgi_suikun.gifi_rizaadon.gif
これが変更後のパーティーでメガ枠はボーマンダとリザードン(Y)です


・・・

・・・


さらにレートが落ちました;;


僕に脱出バンギラスはうまく使いこなせませんでした・・・


なので現在はトンボルチェンをからめたメガマンダ軸を考察中です ただ道のりは長そうです
並行してバンドリュ型も考えてきますがその場合は特殊メインのボーマンダを新たに育成します



あと最近困ったポケモンがいて
i_sandaa.gif
スカーフサンダーに何回か奇襲されました
ちょいちょい話題に出るスカーフサンダーですがまさかこんなに奇襲性が高いとは思ってもいませんでした
とりあえず先発で出てきたり、受けで出てきて思ったよりも耐久がない場合はスカーフサンダーを疑ったほうがいいと思いました


では進展があればまた記事にします ノシ

スイクン捕獲記事&育成予定

スイクンの捕獲が終わったので報告しますブログパーツ

suikun.png

個体値は
HP 30 ~ 31
攻撃 26 ~ 27
防御 30 ~ 31
特攻 30 ~ 31
特防 18 ~ 19
素早 30 ~ 31

特防が残念で相変わらずのガバガバ厳選ですがこれくらいで妥協しないと永遠に続く気がしてここで厳選を終わってしまいましたw

捕獲メンバー
サーナイト:シンクロ要員で性格はずぶとい 素早さを実数値を104にすることで初手でスイクンの素早さが実数値が104か105(個体値31候補)かわかります 電磁波→置き土産でヤミラミにつなげます

ヤミラミレベルを87にしてナイトヘッドを当ててHPゲージが緑のままか見ることで初手でスイクンのH個体値が31候補かわかります H実数値が175と分ったら2回ナイトヘッドを打ってHPを1にしておきます

ホウオウ:未開の森を出現させるために必要なので手持ちに入れます ORAS産でなくてもいいので今回は過去作のホウオウを手持ちに入れました

使用ボール:ダイブボール ダイブボールは色が好きなので結構使っていますが今回はスイクンのイメージに合っているのと単純に性能がスイクン捕獲に向いているので使用しました 


追記:未開の森でスイクンは各時間の40~60(59かもしれないです;)分の間で出るのですがその時間帯に未開の森に降り立てばレポート後にリセットを繰り返してもずっとスイクンが出ます



育成予定
HBベース ゴツゴツメット
熱湯・冷凍ビーム・眠るor瞑想or吠えるから二つ

物理受け 瞑想・眠る採用の場合は最悪フシギバナを起点にしてギガドレインを枯らさせます パーティー全体が積構築に弱い場合はほえるを採用します


これでようやく主要な準伝説をある程度捕獲できたので育成を少しずつ進めていきます
ノシ

シーズン8を終えて

レーティングシーズン8お疲れ様でしたブログパーツ

最終レート&順位についてですが
ORASリーグ レート2003 順位1170位
リーグ レート1876 順位63位
でした

ORASリーグではレート2000を初めて達成することができた!!!

・・・と思っていたのですがどうやら今期はレートがインフレしていたようですね シーズン7でXYリーグで戦っていた人が流れてきたのと大学生の春休みとかぶってしまったのが原因なのでしょうか よくわからないですけどレート2000で3ケタに入れないってびっくりです

シーズン終了2週間前からレートは放置していてその間にどんどん抜かされていってしまったようですw


ただ僕がこれ以上進むためには準伝説をある程度そろえなきゃいけないのは必須の条件だと思ったのでシーズン終盤は伝説の厳選をしていました

もちろん準伝説無しでもレート上位に食い込めるパーティーはできるかもしれませんが僕はどちらかというとスタン寄りのパーティーをよく使うのでクレセリアヒードランボルトロスランドロススイクンのようなポケモンたちがパーティーを作るうえで必要になってきます

レート2000達成時ではクレセリアとボルトロスだけしか育成が完了していなかったのでやはりパーティーの幅が限られていて環境の変化に追いつけていない時期もありました



現在はスイクンの厳選中でこれが終わったらまたレーティングにぼちぼちもぐっていこうと思います


また、XYリーグでは最終二桁だったので個人的にびっくりしています
こちらのリーグでは次のシーズンでドサイドン入りパーティーを作ってみたいと思いました


次のシーズンはいろいろ忙しくなって余りポケモンに触れられないかもしれませんが少しずつ時間を見つけてやっていこうと思います
ではノシ


トップ記事を更新しました

長らく放置していたトップ記事ですが本日更新しましたブログパーツ

さすがに第五世代の内容が書いてあったり壊れてしまった3DSのフレンドコードが書いてあるトップ記事をそのままにしておくのはまずいですよね^^;


今後は定期的にトップ記事を更新していけたらいいなぁと思っています


今回は特にちょっとしたお知らせなのでこれで終わります

伝説捕獲を妥協してはダメな理由

先日アップしたラティオス捕獲記事でB個体値が低かったことが少し気になったので簡単にダメージ計算してみましたブログパーツ


とりあえず物理攻撃の指標はファイアローのハチマキブレイブバードラティオスのB個体値は可能性がある中で一番低い10にしてにして計算してみると…
攻: ファイアロー Lv.50 ランク+1 ブレイブバード
防: ラティオス Lv.50
ダメージ: 150~177
割合: 96.7%~114.1%
回数: 乱数1発 (75%)

ほぼ確定一発です・・・


ではもしもB個体値が31だとどういう結果になっているかというと

ダメージ: 135~160
割合: 87%~103.2%
回数: 乱数1発 (18.8%)

ほぼ生き残ります;;


同じ火力でもここまで違いが出てしまうことが分かって今結構ショックを受けています;;

ちなみに確定1発が50パーセントになるときの個体値は21だったので最低ラインはここらへんだと思いました


どうせ個体値なんてなんだかんだ言って大丈夫だろと思って早く厳選(厳選とは言えないレベルのガバガバ捕獲)を終わらせたいと少し甘えが出てしまったのですがこれが後々大きい代償になりそうな気がして本当に後悔しています



今回のちょっとやってみたダメージ計算で厳選という重さを改めて理解しました

「厳しく選ぶ」と書いて厳選ですもんね…

とんだ甘ちゃんトレーナーだったなと振り返ってももうレポート前には戻れないのでこれからはもっと厳選には時間をかけようと反省しました
また、今回のラティオスもしっかり育ててB個体値の低さは自分に責任なのでそれを補うようにうまく立ち回って戦っていこうと思いました


厳選はしっかりやったほうがいいです
ではノシ





ラティオス捕獲記事@無限のチケット&今後の育成・パーティーなど

rateliosu.pngブログパーツ
ラティオス南の孤島で捕獲してきました
ちなみに無限のチケットのほうです すれ違い通信でいつの間にか受け取っていたのをしばらく忘れていましたw


捕獲の手持ちは
サーナイト
シンクロ要員 今回は臆病狙いだったのでサーナイトの性格は臆病です
事前に瀕死状態にさせておきます

ヤミカラス
Lv.48にすることでナイトヘッドによってHPが高個体値かどうか見ます ラティオスのHP個体値が31なら実数値が97です
性格は素早さ下降補正(今回は勇敢個体)にすればLv.48でも素早さ実数値を87にすることができ、初ターンでナイトヘッドを打って最速候補かどうか、HP個体値31候補かどうか判定できます またこれは僕のヤミカラスに限ったことなのですがラティオスの竜の息吹のダメージ実数が42~以上なら結構な得高個体値が期待できました
電磁波搭載

あとは適当にターン稼ぎできるポケモン メタグロスなど 


注意点
電磁波を撒いてもサイコシフトでこちらに移されてしまうので2回電磁波をする必要があります
また今回はラティオスのPP合計が45しかないので悪あがきがすぐに起こってしまいます なので早めに麻痺状態にさせておきました そうすれば確率的に60ターンくらいは持ちます

あとこれは完全に個人的なミスだったのですが厳選は「ながら」でやることが多くヤミカラスが倒れた後にメタグロスを出してA連打して間違えて何回か倒してしまったので厳選するときは技の始めを補助技にしておいたほうが変なミスが減ると思いました


ちなみに捕獲ボールはダイブボールです

そして今回のラティオスの個体値ですが
HP 30 ~ 31
攻撃 20 ~ 23
防御 10 ~ 13
特攻 30 ~ 31
特防 30 ~ 31
素早 30 ~ 31
V確定はHCSです 防御がひどいので対戦では無理をさせないよう先制技持ちにはなるべく突っ込まないようにします
攻撃は一見無駄なようですが今回はメガラティオスを想定した捕獲なのでA個体値は高いほうが嬉しいです


今後の育成予定
CS252 ラティオスナイト
竜星群・サイコショック・地震・草むすび
完全フルアタで積み技無しなので相手のパーティーを消耗させた後に全抜きみたいな流れかサイクル戦で削っていくような戦い方をします この前捕まえたヒードランやナットレイと組ませるのがよさそうです
妹が前シーズンでシングルレート1位だったのですが兄はいかに・・・


今回はここで終わります
ではノシ

ヒードラン厳選&今後の育成予定

hidran.pngブログパーツ

上記のヒードランの厳選が完了しました
今回は臆病個体を狙いました


厳選チームは

サーナイトLv.53
シンクロ要員で性格は臆病です 今回の厳選ではシンクロがあまり通用しないように思えたので結構リセットをしました
素早さは実数値104です ヒードランの最速が106なので今回は105が理想ですが僕がサーナイトの個体値をよく把握していなかったのでちょうど105にするのは無理でした
初手に電磁波をして素早さが104以上か確認してその後置き土産をしてヤミラミにつなぎます

ヤミラミLv.82
HP個体値31のヒードランのHP実数値は166なのでナイトヘッドを一回打ってもヒードランのHPゲージが緑のままならHP実数値165以上です


あとは高ステータスのポケモンで時間を稼ぎます


ちなみに今回捕獲したヒードランの個体値は
HP30 ~ 31
攻撃 2 ~ 3
防御 30 ~ 31
特攻 14 ~ 15
特防 30 ~ 31
素早 30 ~ 31
こんな感じでした
特攻が残念です… ただ今回の育成予定的には耐久があったほうがいいのでこれで厳選を終了しました


育成予定ですが基本的にHSベースで育てます
型は
①ステルスロック・噴煙・身代わり・ほえる
相手のパーティーを隙を見てかき乱すタイプです この個体+受け先+全抜き要因みたいな選出をします

②どくどく・身代わり・守る・マグマストーム

よくあるみがまも型でヒット&アウェイでどんどん削っていきます 

③岩石封じ・オーバーヒート・ステルスロック・何か
CSぶっぱで岩石封じ→オーバーヒートorステルスロックで場作り・削りをしていきます 持ち物は風船です
C個体値31ならマンムーやメガゲンを岩石封じ+オーバーヒートで倒せると思うのですが今回厳選したヒードランは個体値が不安なので乱数っぽいです




今後は時間を見つけながら三犬などを厳選していこうと思います
ノシ

【新たな冒険】 オメガルビー始めました 【もう一つの世界】

メインロムがレート2000を達成して一区切りついたのでずっと放置されていたオメガルビー君をぼちぼち進めていこうと思います
ブログパーツ
or1.png
or2.png
ソフトの色合いがいい感じです


or3.png
トレーナーネームはありがちなメインロムの名前+2で進めていきます
性別はこっちではにして進めていこうと思います

言語は日本語です






はい、今回はここまででレポートしました…
全然進んでいませんが急いでやることではないと思うので自分のペースで進めていこうと思います

では短いですがノシ

シーズン8 レート2000突破!!!! 209ガルーラ軸ボルトコントロールスタン構築

ついに、ついにレート2000を突破することができました!!!人;ω;) ブログパーツ

rt301 2

結構時間がかかると思っていましたがレート1900前半から割と無理なくレート2000に到達することができたので現在使用しているパーティーのポテンシャルはなかなかのものだと思います

ではそのパーティーを紹介していきたいと思います 数字については左からHABSDSの実数値で()内は努力値です

i_garuura.gif
ガルーラ@メガ石
いじっぱり 早起き→親子愛
メガ進化後 209(228)-194(252)-120-×-120-124(30)
猫だまし・捨て身タックル・冷凍パンチ・グロウパンチ


209ガルーラでこの個体を中心にパーティーを組み始めました クレセリアをグロパン+捨て身で確実に突破し、生き残るのですが最近はクレセリアが少なくなってしまったという悲劇 サイクルを回しながら素早いアタッカーに猫だましを入れていくだけでも十分強いです このポケモンが消費した後うまくクレセリアに交代して少しのサポートと削りをしつつ三日月の舞で復活させます 大抵の攻撃は耐えるので猫だまし+次の一撃でほとんどのポケモンを突破できます 使っていてガルモンだったりガルットモンスターだったり言われる所以がよくわかりました

改良点:特性の早起きを肝っ玉に変更するべきだと思います そうすれば猫だましでゲンガーの襷をつぶしたり、少しでも削ったりすることができます


i_kureseria.gif
クレセリア@ゴツゴツメット
図太い  浮遊
227(252)-×-184(236)-94-151-108(20)
月の光・三日月の舞・電磁波・サイコキネシス


このパーティーの物理受けです ゴツメで少しでもダメージを入れて余裕があれば電磁波を撒き、三日月の舞でメガガルーラを復活させます 型的に三日月の舞で自主退場をしないと起点になりやすくなってしまうのでガルーラを復活させるときは結構大胆に三日月の舞を選択しました 個体数こそ減っているもののやはり耐久は圧倒的でもう一つのメガ枠のメガリザYとも相性がいいことが個人的に採用を続ける理由です


i_rizaadon.gif
リザードン@メガ石Y
臆病 猛火→日照り
メガ進化後 153-110(4)-98-211(252)-135-167(252)
火炎放射・オーバーヒート・地震・ソーラービーム

もう一つのメガ枠で特殊エースです 最近は高レート帯はXが多いらしいのですがそのせいかレート2000手前ではよく刺さりました ガルーラはギルガルドやゴツメナットレイが結構きつく、相手のパーティーにそれらのポケモンがいると結構な頻度で出てくるので活躍するときは全抜きに近い形で活躍してくれました 個人的にはボルトコントロールとの組み合わせが活きた印象でレート2000達成を決定づける試合ではボルトロスのボルトチェンジからリザードンを出して全抜きする流れで勝ちました


ninfia.jpg
ニンフィア@こだわりメガネ
控え目 フェアリースキン
200(236)-70-78-178(252)-150-83(20)
ハイパーボイス・シャドーボール・サイコショック・いびき


特殊受け兼高火力特殊アタッカーです 鋼タイプといえどもこのニンフィアのハイパーボイスを受けるのは辛そうで実際にヒードラン以外の鋼タイプには後出しされても居座ってハイパーボイスを連打していました 何気にドリームボールに入っているので個人的にはかなり気に入っています ギルガルド対面の時はラスターカノンを打たれることが少なかったので居座ってシャドーボールを打ってみたりしました

改良点:B個体値が低いのでB31個体にした後メガバシャーモの特化フレドラ耐え位まで防御を調整しておくといいと思いました


i_gaburiasu.gif
ガブリアス@ラムの実
陽気 鮫肌
183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)
岩石封じ・地震・ステルスロック・ドラゴンクロー

終盤ではほとんど使いませんでしたが相手にステロが刺さりそうなポケモン・キノガッサ・クレッフィがいるときに選出します この枠はハチマキガブリアスだったりランドロスに変えようかとずっと迷っていましたが結局最後まで変えませんでした^^; 特に気になるところはなく器用な立ち回りができました ただ火力不足がたまに気になったので剣の舞を搭載してもいいかなとは思いました


i_borutorosu.gif
ボルトロス@オボンの実
穏やか 悪戯心
185(252)-×-149-129(230)-135(28)
ボルトチェンジ・挑発・草むすび・電磁波

このパーティーを陰から支えたポケモンです ボルトチェンジによるサイクル回し、挑発による補助技持ち潰し、電磁波による高速アタッカーの機能停止と本当に臨機応変に立ち回ることができました 努力値もHDベースに振ることで受けだしをする回数を稼げました 攻撃面については無振りでもある程度のダメージが期待できる印象です
めざパ氷の個体ではないですが今のところガブリアスを受けだしされる場合以外で特にめざパ氷が欲しいと思った場面はありません どちらかというとこのパーティーが呼ぶカバルドンに対して打点が稼げる草むすびのほうが構築上重要でした




シーズン7終盤から少しずつ改良を加えながら出来上がったメガガルーラ軸ですがレートの結果の通り今までで一番うまく構築できたと思います 209ガルーラ自体は結構有名になってしまった感じがしますがまだ明確な対策が出来上がっていないようなのでもう少し活躍できそうです ただ今回はこのメインロムのレートはおいて暇を見つけながらサブロム(Ωルビー)を進めていきたいと思います

ちなみに最新の10対戦は

saisin.png

こんな感じ(上の豊途切れていて申し訳ないです)で9勝1敗で怒涛の勢いで勝ち進むことができました


ちなみに個人的に一番きつかったのはレート1800付近でした


今後は育成&サブロムの進行を進めていきたいです


ではノシ

自己最高レート更新   

今までで自己最高のレートを突破したので報告しますブログパーツ
rt 301
(未だにレート2000言ったことないのかよ)と思う方もいるかもしれませんがにわかっぷりがなかなか抜けないので生暖かく見守ってくださ

ちなみに過去最高レートの時の記事→当時の最高レート1972パーティー

いよいよ2000チャレンジができるようになりましたがリアルがこれから多忙になってくるのでゆっくりレートには潜っていきます +1勝でレート2000に到達できそうですがそういう時に限ってレートが爆下げするのは割とあるので慎重に生きたいです

今回はかなり短い報告記事で申し訳ありません 2000目指して頑張ります
ではノシ




XYリーグシングル ラティアスクチート+エルフドラン軸パーティー

XYリーグで使っているパーティーを少し変更していくらか対戦したのでそのパーティーを載せておきますブログパーツ
XYリーグに関してはレートがいくつを突破したから記事にするみたいなことはせずある程度戦ったら上げていきます
現在のレートはxyrt6.pngこんな感じで一回1700台中盤に落ちた後立て直しました このあたりになってくると1ページ目とのトレーナーと戦うことがたまにあります

i_rathiasu.gif
ラティアス@ゴツメ
臆病 HCS 浮遊
竜星群・波乗り・電磁波・癒しの願い


いつものゴツメラティアスです クチートが傷ついたらラティアスに引いて殴ったり電磁波撒いたりして少しでもサポートしつつ癒しの願いでクチートを復活させます このラティアスはサポートのほうがウェイトが高いので先にクチートが落とされてしまうと攻撃面がガタ落ちしてしまうので少しでも危ないなと思ったらラティアスに引いたほうがいいです クチートを選出するときは基本的に一緒に出します あとクチート+クレセリア+ポリゴン2が強いみたいな風潮ですが僕はラティアスをクチートと一緒に使いたいです(熱い自分語り)

megakuti-tojpg 2
クチート@メガ石
いじっぱり HAS 威嚇→力持ち
じゃれ付く・アイアンヘッド・叩き落とす・不意打ち


グロウパンチを叩き落とすに変更しました 不意打ち読みの交代をしてくる相手によく刺さります
ハチマキガブリアスの地震などではない限り威嚇込みで物理技では落ちないので結構つっぱりが利くのですがサザンドラの炎特殊技などでは案外すぐ落ちてしまうのでサブウェポンで炎技を持っていそうな相手に対してはすぐ交代します
やはり火力が相当高く交代を少しうまく読めばサイクル戦で相当有利になります

i_hiidoran.gif
ヒードラン@風船
控え目 HC もらい火
火炎放射・大地の力・竜の波動・身代わり

熱風を火炎放射に変更しました 熱風はシングルでは本当に火炎放射の劣化なので早く変更するべきでした
あと素早さは4振り水ロトム抜きくらいまで振っておくべきだと思いました
基本的にはクチート+ラティアス+ヒードランの選出が一番安定すると思うのでラティアスが倒れた後に地面の一貫性を作らないために持ち物は風船にしています

i_erufuun.gif
エルフーン@食べ残し
臆病 HBS 悪戯心
身代わり・寄生木の種・どくどく・ギガドレイン

このパーティーは悪戯心持ちのような補助技重視のポケモンや竜の舞をしてくるポケモンに弱いのでその大祭苦に入れました ヒードランとの相性補完も良好です 選出自体は少ないのですが相手の選出誘導をする時点でかなり貴重な存在ですし、いままでかなり犠牲を払って倒してきたキノガッサに有効という点で役割は大きいと思います あとギャラドスの起点を無理やり作ります
 
i_raikou.gif
ライコウ@突撃チョッキ
臆病 CS プレッシャー
十万ボルト・ボルトチェンジ・目覚めるパワー氷・シャドーボール

いつものチョッキライコウです ゲンガー・ゲッコウガに対してある程度有利に戦えます
ギャラドスに降りかかる電気技を受けつつ殴ったり最後の全抜きを行ったりします

i_gyaradosu.gif
ギャラドス@メガ石
陽気 AS 威嚇→型破り
竜の舞・アクアテール・地震・氷の牙


クチートが選出しにくい時のメガ枠です 前までこの枠はメガバンギラスだったのですがいまいちうまく使いこなせなかったので変更しました 現在3ウェポン採用なのですが身代わりか挑発を入れて2ウェポンにしたほうが強いと思いました




XYロムはそろそろ戦うのを控えて本格的にORASリーグで頑張ろうと思宇野ですがまた少しずつXYでも進めていきそうな予感がしないことはないです
ではノシ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。