斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブルレート】 レート1600~ ボルトランドコントロール+メガルカリオ軸

最近シングルでの気分転換にダブルレートを再開したので軽くパーティー紹介しますブログパーツ
i_rukario.gif

ルカリオ@メガ石
陽気 AS252 精神力→適応力
インファイト・神速・バレットパンチ・守る


このパーティーのエースです メガルカリオを使いたくてダブルを再開したといっても過言ではないです
インファイトの範囲はダブルでとても広いのでギルガルドに注意していれば相手にどんどん負荷をかけられます
先制技が二つあるので最後の最後まで相手に負荷をかけることができます
メガストーンをゲットするためにルチアにコンテストで勝つ必要があって大変でした


i_rizaadon.gif
リザードン@メガ石Y
臆病 CS252 猛火→日照り
オーバーヒート・火炎放射・ソーラービーム・守る


シングル流用の手抜き個体です せめて火炎放射→熱風にしたいと思います
対天候パという面もありますがメガルカリオが苦手な相手に出していけるのでメガルカリオが選出できないときに出していきます
甘えたワイドガードをしてくるギルガルドをオーバーヒートで焼き払います

i_borutorosu.gif
ボルトロス@オボンの実
穏やか H252D余りS最速70族抜き 悪戯心
ボルトチェンジ・草むすび・電磁波・挑発

シングルからの完全流用個体です 悪戯心と電磁波によってメガルカ・メガリザ・ニンフィアの補助をしていきます
努力値振りと持ち物から相手の二体攻撃技をよく耐えてくれるので場持ちがよく、自身も攻撃に参加できるので選出率はかなり高いです

i_randorosu_reijyuu.gif
ランドロス@こだわりスカーフ
いじっぱり AS252 威嚇
地震・叩き落とす・岩雪崩・とんぼ返り


最後のほうでフィニッシャーになったり、受けだしで威嚇を入れたりと全過程で活躍してくれます
ちょっとスカーフが使い辛いと思ったのでチョッキなどに変えるかもしれません

ninfia.jpg
ニンフィア@こだわりメガネ
控え目 H252C236S20 フェアリースキン
ハイパーボイス・いびき・シャドーボール・サイコショック

シングルからの完全流用個体 全体攻撃のハイパーボイスが非常に強く相手の後出しをかなりけん制します
素早さがほしいと思った場面が非常に多く臆病最速の個体を用意して味方の追い風でどんどんハイパーボイスをぶっぱしていく個体が強いかもしれないと思いました


i_kureseria.gif
クレセリア@ラムの実
図太い H252B236C20 浮遊
サイコキネシス・電磁波・月の光・三日月の舞


シングルからの(ry
一回しか選出していません;;
ダブルにするなら技構成は相手のトリックルーム妨害用のトリックルームやら凍える風が必要だと思いました
この枠は変える予定です



現在レートは
rtw531 2
こんな感じで1600を超えて少ししたところです
今後追い風ファスガファイアローやら臆病ニンフィアの育成をしていきたいと思います

あんまりダブルをやるとシングルの勘が鈍るので対戦はほどほどにしますが

ではノシ



スポンサーサイト

【ORASシングル】レート1800~  メガボーマンダとメガゲンガー

rt530.pngブログパーツ
レートが1800を超えました 勝負の内訳は49勝28敗で少し前の勝率が嘘のように下がっています;; 
レート1800台後半の人に立て続けに勝ったおかげで1700後半から割と無理なくレート1800に行きました

今回は僕のパーティーのメガ枠の裏選出であるメガゲンガーについて少し触れていこうと思います

i_boomanda.gifi_doryuuzu.gifi_bangirasu.gif

メガボーマンダ+ドリュウズ+バンギラスの並びはゲッコウガやらゲンガーのような速攻アタッカーをドリュウズが引き受けてそれ以外の中速~ガブリアスレベルの高速の相手でドリュウズが一撃で持っていけないポケモンをメガボーマンダが引き受けるという戦い方をします(メガボーマンダの苦手な相手をドリュウズが引き受けるという考えもあります)
この並びは第六世代のスタンパを構成するメンバーにとても強く、物理受けもドリュウズ+メガボーマンダの2体攻撃で何とか突破できます

ただ最近になってこれらのポケモンにとってとても嫌な並びが増えてきました

i_jyarooda.gifi_manmuu.gifi_suikun.gif
ジャローダ+マンムー+スイクンのならびです
正直これはバンドリュマンダではどうしようもないです

ちなみにこれによくついてくるメガ枠は
i_rizaadon.gifi_rukario.gifi_boomanda.gifi_garuura.gifi_bashaamo.gif

メガリザードン(主にX)orメガルカリオorメガボーマンダorメガガルーラorメガバシャーモです

とりあえず僕のパーティーにはニンフィアとスイクンがいるのでジャローダマンムースイクンに至ってはニンフィアでジャローダまたはスイクン、スイクンでマンムーみたいな感じで処理すればいいのですがこのどちらかが深手を負ったらメガボーマンダでは対処しきれません なのでもう一つのメガ枠として
i_gengaa.gif
メガゲンガーを投入しました 一見バシャーモでもよさそうですが地面の一貫性が増えるので今回はメガ進化前は浮いているゲンガーを優先させました
たまに遅いジャローダがいるのでヘド爆でジャローダを持って行けたりスイクンにも強く、マンムーも鬼火を入れることができたりとボーマンダに強いポケモンに強い印象です

あとはメガ進化ポケモンを残りの裏で処理するという感じです
ただルカリオが割とどうしようもないということに最近気づいて現在対処を考え中です
一回悪だくみを積まれるとパーティーが簡単に崩壊してしまいます 実際に僕の負けの結構な原因はメガルカリオによる全抜きです なるべく早めにこちらのポケモンをメガ進化させて、さらに麻痺を入れられない状況を作ることが大事だと思いました

メガリザードンは僕のパーティーには出てき辛そうなのでそこまで気になりませんでした


では今回はこんな感じで今回は終わります
ノシ



メガボーマンダとニンフィアについて思ったこと

ボーマンダがまたPGLランキングに復帰しましたねブログパーツ
pglmanda.png

メガボーマンダの障害となっていたクレセリアやポリゴン2が減ったことが原因でしょう
この2体はメガガルーラに逆に起点にされてしまうようになってから受けとしての役割が下がった気がします
その分スイクンやらランドロスのような受けもでき、サイクル回をしたり起点になりづらい性能を持った物理受けが出てきた印象です
そのことがメガボーマンダ復帰の追い風になってきたのでしょう
実際僕はメガボーマンダを使っていてランドロスはカモだと思いますし、スイクンも一回定数ダメージを入れてしまえば特化捨て身タックルは受け切れないことがほとんどです
メガ進化前の威嚇をトレースしてくるポリゴン2や使い勝手のいい回復ソースを持っているクレセリアのほうがよっぽど厄介でした

あとやんちゃメガボーマンダ(AS252)の数値は
171-216-150-140-99-172
で改めて確認してみるととんでもない性能ということがわかります

この数値はメガガルーラやガブリアスとも十分に戦えるだけのものだと思いますし、現在の超高速以外の強ポケにも火力でごり押すことができます 実際に捨て身タックルと竜星群を使い分けて、タイミングよく羽休めを挟めば単体でかなりのポケモンを突破することができました



そして今回はメガボーマンダのお供として入れたポケモンのニンフィアについて少し触れます
このポケモンはボーマンダに出てきた物理受けでれいとうビームやら電磁波を持っているポケモンに後出ししようと思って入れました
特にクレセリアやポリボン2はこの子で何とかなりました

・・・

あれ・・・


そうです その2体をあまり見なくなってしまってかろうじてスイクンを対応してもらっているのですがそのスイクンも上からガンガン瞑想を積んでくるので
こちらがハイボ連打→相手はぎりぎりまで瞑想→相手眠る、そしてカゴで起きる→さらにハイボ連打→また眠る
というところまで来てから何とかしてメガボーマンダの捨て身タックルの圏内に入れる感じです

その間にハイボのPPが枯らされることもありますし逆に悪あがきして自主退場をしたりもしました
結構危ない橋を渡っています

ただ、最近ニンフィアがジャローダに結構強いということが分かったのでしばらくは使い続けます
なんだかんだ言ってハイボ連打で相手のパーティーが半壊することもありますし、貴重な身代わり貫通ポケモンなので

ここのところどうしても後出しから高火力技みたいな流れよりも先発で出してボーマンダの傷害になりそうなポケモンをけん制するという流れのほうが多いので型を変更してあげたほうがいいかもしれません

現在レートは1750ほどでまた連勝できるようになったきたのでしばらくはバンギラス以外は変更の予定無いです
バンギラスについてはまた別の記事で言いたいことを書きます

ではまとまりがない感想の記事でしたが最近思ったことを書き連ねました
ノシ



現在のパーティーの変更点

バンギラス・ドリュウズ・メガボーマンダ・メガバシャーモ・ニンフィア・スイクンのパーティーを今まで使っていたのですがブログパーツ
i_bashaamo.gifi_gengaa.gif
バシャーモをゲンガーに変更しました

バシャーモを最近選出しなかったのでためしにメガゲンガーを入れてみたという感じです

メガゲンガーを採用した理由はバンギドリュと組ませやすいと思ったこととメガ進化しなくても道連れで無理やり一体持って行けると思ったからです

先日のレート報告の後すぐにレートが1600代前半まで下がってしまってパーティーの変更後また持ち直して1700を超えました そろそろガチなパーティーが増えてくる時期なのでレートも上がりにくくなってくるなぁという感じです


あと最近ルカリオ・ジャローダが増えてきて個人的には参っています;;


しばらくは今回みたいな短い日記記事が増えると思います
ではノシ

近況報告

こんなタイトルつけたくなかったんですけどこうするしかなかったブログパーツ

シーズン10が始まって少し経ちました
rt521.png

画像の通りレートが1700にいったところなのですが戦績が今のところ14勝1敗でいつもより好調なスタートダッシュです


パーティーは相変わらずバンギドリュメガマンダ+ニンフィアスイクンメガバシャですがメガボーマンダをやんちゃな性格の両刀に変えてから無理なくバンギドリュウズマンダの選出ができるようになった気がします

やはりメガボーマンダは両刀にするのが一番種族値に無駄が出ないと思うのでしばらくはこの型を使い続けます

あとバンギラスをHSベースに変更しようと思いさらにイカサマを持たせるかもしれません

イーブイの厳選が終わったので次はヨーギラスの厳選をしていきます

では今回の報告はこんな感じで ノシ

育成済み両刀メガボーマンダ感想

かねてよりバンドリュメガマンダで使いたかった両刀メガボーマンダを育成して実際に使ってみたのでその感想をブログパーツ

性格:やんちゃA↑D↓

努力値AS252 捨て身タックルの威力は下げたくなかったので あくまで特殊技は補完という感じです


①捨て身タックル やはりこれは外せませんでした フェアリーを逆に狩れる可能性を秘めた技ですし、有利対面で打てば後続にも大きな負担がかかります

②竜星群 主に対ガブリアスでほしいと思った技です 接触技ですと鮫肌やゴツメが本当にきついと判断したので対ガブリアスの技はこれにしました もちろん物理受けを読んで撃ったりもしますがやはりバンドリュにはよくガブが出てくるので仮想敵はガブですね

③火炎放射 メインの仮想敵はナットレイです ナットレイがHP振りだけだと77.3%~92.8%、特化ですと59.6%~70.7%で確定2発です  一発で落とす可能背が高いのは大文字ですがちょっとしばらくは火炎放射で様子を見ておきたいです

③羽休め 捨て身タックルとバンドリュ特有のサイクル戦での消耗を考慮して またドリュウズがメガガルーラのグロウパンチで落とされた後の死に出しで択を迫ることができます 相手の交代に合わせて羽休めをすることで長くサイクル戦を行うこともできます


一応ある程度の戦果は出していますがまだシーズン初めですし、両刀でよかったと思う場面がいまいち少ないのでもう少し戦ってこれでいいのか判断します この型がボーマンダの数値を最大限に利用できると思い、個人的には気に入っています
あと余談ですがバンドリュマンダが無理そうな時バンドリュ+他のメガ進化だったりメガボーマンダ+他の2体みたいな選出ができるパーティーを作りたいと少し思ったりします

ちなみに現在は515rt.pngこんな感じで8勝1敗とまずまずのスタートです 今のところはバンドリュマンダの圧倒的火力で何とかなっている感じがしますがこの先はいかに・・・


ではノシ



ORASシーズン振り返り

今期は最後のほうはレートに潜らず終了してしまいました 最終レートは1850を少し超えたあたりですブログパーツ

パーティーについては基本的にメガボーマンダを軸としたパーティーを使っていて中盤からバンギドリュウズを入れたパーティーにしました 脱出天候パは第6世代になってから使っていなかったのでバンドリュメガマンダの使いたての頃は苦戦していたのですがギミックを理解してから少しずつ勝てるようになりました

シーズン9終盤はポケモンをあまり起動せず起動したとしても孵化作業をやっていて対戦はしていませんでした



少し話は変わるのですがメガボーマンダといえばマンムーとメガネ水ロトムと組ませたパーティーをちらほら聞きました

相性補完はよさそうなので使ってみたいのですがバンドリュマンダにそのギミックを入れると数値が低くなりすぎて不安なので少し様子見をします

次のシーズンも引き続きバンドリュマンダを使っていきます



あと更新ペースがかなり遅くなって本当にすみません

これからは少し質が落ちても最近育成したポケモンだったりそういうのを小出しに記事にしていこうか検討中です

ブログの閉鎖とか広告記事が出るまで放置とかはしません
自分はよく読んでいたり、交流があったポケモンブログの方々のサイトが閉鎖してしまったり、更新停止してしまうととても悲しい気持ちになるので(こなみかん)自分はそうしないようにします


ではノシ

【ORAS シングルレート1850~】 バンドりメガマンダを使っていて思ったこと

レートが1850を超えたので少しバンドリマンダで戦っていて思いついた改良点とその根拠を少し書いていこうと思いますブログパーツ

rt430.png


パーティーはこのままです→バンドリメガマンダパ(クリックでリンク先へ)


バンドりメガマンダの個人的に強みだと思う部分は
・メガボーマンダとバンドリコンビが相性補完に優れている

メガボーマンダの苦手な高速アタッカーを脱出バンギラスからの砂かきドリュウズで一気に崩せる
ゲッコウガ・ミミロップ・ライコウ・ゲンガー・ボルトロス等はドリュウズの餌だったりします

・メガボーマンダの障害となるクレセリアやポリゴン2はドリュウズにそこまで有効打がない(イカサマには注意)

・僕はメガボーマンダを物理一本の技構成で使っているのですがドリュウズ+メガボーマンダの高火力2枚で無理やり物理受けも突破したりできる

意外とメガボーマンダは様子見の電磁波をもらうことが多いのでドリュウズを無償降臨できたりする

・メガボーマンダのぶっぱ捨て身をギリ耐え調整のポケモン(主にフェアりー)をバンギラスの砂ダメで圏内に持って行ける



個人的にシナジーを感じたのは上記のところです

ただやはり変更したい部分も見えてきてその一つが
メガボーマンダを特殊中心のアタッカーにすることです

技は竜星群・ハイパーボイス・大文字・選択技(羽休め・捨て身タックル・じしん)がバンドりにはしっくりきそうです
特殊寄りにしたいと思った理由は対ドラゴン性能を上げることとサンダー・ロトムを迅速に処理したいと思ったからです
そうなってくると
流星群→脱出バンギからのドリュウズ展開が前提の選出ならうち逃げができることと物理受けに対して大ダメージを入れつことができる ガブリアスの鮫肌が怖くない

ハイパーボイス→メインウェポンで今までのバンドリマンダがつらかった身代わり持ちに強くなる 一貫性が高く連射しやすい

大文字→パーティーがナットレイをよく呼ぶので 

選択技については羽休めが無茶苦茶使いやすかったので入れたいのが本音です
ただそうすると特殊技だけの構成になりせっかくのA145の種族値が無駄になった感が半端ないです
また捨て身タックルの威力はやはり魅力的で少し削っておけばメガガルや耐久にかなり振ったマリルリも一撃なのでなんだかんだ言って羽休め+両刀の構成になるかもしれません


そろそろ特殊最速・特殊準速・両刀最速・両刀準速の個体を育成する時期かなと思います 最近全然育成していなかったので^^;

あと戦っていてニンフィア最速スカーフニンフィアを使いたくなりました

僕は現在メガネニンフィアを使っているのですがこれは特殊ATに後出しして後続に負担をかけていこうと思ったからです

ただ、クレセリアはドリュウズの起点・ポリゴン2は有利なポケモンがパーティーにいる・カバルドンはどっちみち確定2発・スイクンは結局瞑想を上からやられてしまうのであまり関係ないような・・・みたいなことが多かったです

それよりもスキンハイパーボイスを少しでも多く打てたほうがいいなと思った場面が最近よくあったので今後臆病ニンフィアの育成もこなしていくと思います


いくらか育成完了して使用感を感じたらまた記事にします
ではノシ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。