斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  ボルトロス >  オボンの実持ちおだやかボルトロス育成論・考察Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オボンの実持ちおだやかボルトロス育成論・考察Ⅱ

前回の考察→穏やかボルトロスの育成論・考察Ⅰブログパーツ

今回紹介するボルトロスが入ったパーティー(クリックでリンク)
ボルトコントロールガルクレセ(レート1900突破)
209ガルーラ軸パーティー(レート2000突破)
電磁波炎乱舞メガヘラクチート軸(レート1900突破)



今回は穏やかボルトロスについての考察をまとめていこうと思います
前にも穏やかボルトロスについての記事をまとめたのですが新たに気になった技などがあるので新しくまとめます

このボルトロスは攻撃はメインではなくサイクルを回す過程でエースポケモンの確定圏内に相手のポケモンを入れたり、電磁波で早いポケモンの足を奪い、こちらの鈍足なポケモンでも相手にできるように立ち回ります


特性について
悪戯心
これしかないのですがこの特性のおかげでどんな素早い相手でも電磁波を入れることができます

性格について
穏やか 耐久ボルトロスのうちの特防を伸ばした型です ゲッコウガやスカーフサザン、特殊メガボーマンダのような素早い特殊アタッカーに電磁波を入れることができます 水タイプ耐久型への後出し性能も上がります

図太い 僕はこちらを使っていないのですが防御寄りのボルトロスもいます この場合はめざ氷個体でないとダメです

努力値について
H252 D236 S28(最速70族抜き)
僕のボルトロスのD個体値は20らへんなので少し特防は不安です

HDについての簡単なダメージ計算
珠ゲッコウガのれいとうビーム ダメージ: 143~172 割合: 76.8%~92.4%
臆病メガボーマンダのハイパーボイス ダメージ: 39~47 割合: 20.9%~25.2%
臆病メガリザードンYの火炎放射 ダメージ: 114~135 割合: 61.2%~72.5%
控え目サザンドラの悪の波動 ダメージ: 61~73 割合: 32.7%~39.2%

このボルトロスはボーマンダと対面することが多いのですがたいていのボーマンダはすぐに引いてくるので裏にいるであろうマンムーに草むすびを当てます この努力値のままではマンムーに抜かれがちですがお相手は勝手にマンムーよりも早いと判断してくれるので氷の礫を受けてから草むすびを再度打って落とせばいいと思いました 何を言いたいかというと素早さがこのままでいいということです 素早さが決まればHはぶっぱ確定→残りを特防に振るという努力値振りができます

持ち物について
オボンのみ
これ以外はこの型には合わないと思います 穏やかボルトロスはどうしてもサイクルを回す機会が増えるのでその分ダメージを受けてしまいます オボンのみを持たせることで天候によるダメージを含めたダメージの確定数をずらすことができます

技について
まずは現在使っているボルトロスの技から
①ボルトチェンジ サイクルを回しつつダメージを入れるのですがこの技について少し思うことを書きます たとえばスイクンにこのボルトロスを出すとしてボルトチェンジを選択します ただこのボルトロスのボルトチェンジではスイクンへのダメージは期待できず、後続のポケモンに技が入ってしまいます このような場面が割と多いのでどちらかというと相手の交代際に打ったり、ボルトロスより早いポケモン(種族値最速72以上)にボルトチェンジをして後続につなげる場合が多いです ボルトロスの素早さがクレセより遅かったら(生意気個体素早さ個体値0)また違った戦い方ができるかもしれません

②草むすび 最近はやっているマンムーを中心にカバルドンやたまに見るトリトドンへ刺さる技です 電気は技との補完技ですがこれがあることによりメガボーマンダ+水枠+マンムーorカバルドンみたいな選出を単体で相手できます

③電磁波 神技 この技があるのでボルトロスを採用していますし耐久型という型も成り立ちます 早いポケモンに電磁波を入れることで後続のポケモンが相手できる幅を広くします

④挑発 クレッフィの悪戯心よりも先に打つことができ、炊いての補助技持ちポケモンを相手にできます 補助技持ちポケモンに挑発を入れる→ボルトチェンジ→後続の高火力アタッカーにつなげるという流れを作ることができます


気になる技
悪巧み 耐久ボルトロスに採用される場合があります 性格は図太い、穏やか、HS臆病な印象です 穏やかサンダーをはじめ耐久型を起点にできます 技は 電磁波・悪巧み・電気技・何か が標準的だと思いました 何かには気合玉やめざ氷を入れてとにかく等倍以上の幅を増やす印象です

めざめるパワー氷 本来ならばめざ氷型を厳選したうえでめざ氷を採用するかどうか決めるのだと思いますが僕はその前に厳選を終えてしまいました… たまにガブリアスの交代が読めるときに欲しくなります この技があることで 電気技・電磁波・めざ氷・何か みたいな3ウェポンのボルトロスが育成可能になります

気合玉 悪巧みを採用したらこの技を採用するかもしれません ただ悪巧み型を作るとしたらボルトロス自体を新たに厳選すると思うので使用するとしたら未定です

焼き尽くす ナットレイとハッサムがパーティー的に重く、確実に倒しておきた時は採用してもいいかもしれません

とんぼ返り 一時期はこの技を採用していました ダメージはほぼ期待できないのですが相手の交代が読める場合は技を無効化させられずにサイクルを回すことができます 電気技・電磁波・トンボ・何か みたいな構成で使っていました



今までの相棒たち(メガ枠)
メガ進化ポケモンのサポートでこのボルトロスは使用してきました どのようなポケモンと組んできたかまとめます

i_garuura.gif
ガルーラ
シングルでもダブルでもボルトロスとの相性は抜群です HAベースガルーラと組ませればメガバシャーモやゲンガーを筆頭に電磁波を打ってガルーラが上から殴れる機会を増やし、猫だましを再度打てるようにするためにボルトロスが引き先になったりもします  ボルトロスがスイクンやカバルドンに強い構成にすればかなりの物理受けに負担をかけることができます

i_bashaamo.gif
バシャーモ
攻撃の補完が取れていたと思ったので採用しました ただ、ボルトロスがめざ氷個体でなかったのでガブリアスが重くなりがちでした

i_herakurosu.gif
へラクロス
メガへラクロスは対面性能が無茶苦茶高いので電磁波で相手のポケモンの素早さを奪って上から殴れる機会を増やします 点滴のメガボーマンダにボルトロスが強いのでボルトロスとの相性はいいです

i_kuchiito.gif
クチート
メガクチートも足が遅いのですがボルトロスのおかげでそれも解消されます 麻痺をした相手にアイアンヘッドを連打すれば耐久型も無理やり突破できたりします

i_kamekkusu.gif
カメックス
潮吹き搭載のカメックスを使っていましたがカメックスは単体性能が高く、相手のポケモンを一体倒した後にボルトロスに引いて残りのポケモンに電磁波を撒いて、再びカメックスが相手をできるポケモンを増やしておくというプレイングが有効でした



最近はWCSでも話題になったボルトロスですがシングルでもトップクラスの強さなのでまだまだ型は変化していくと思いますし、かなりのメガ進化ポケモンと相性もいいので考察する価値のあるポケモンだと思いました

ではノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。