斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  HCベースメガチルタリス育成論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HCベースメガチルタリス育成論

CS252メガチルタリスを使ってみてこの方がいいかなと思った型を書いていきますブログパーツ


早速その内容を

性格:控え目 一応特殊アタッカーとして戦いたいのでこの性格にします

努力値:H188 C252(数値が違っていたので訂正しました) S64

:羽休めの回復を考慮して実数値が偶数になるよう調整
参考ダメージ計算 
陽気ガブリアスの地震 ダメージ: 79~94 割合: 45.4%~54%
意地っ張りメガバシャーモのとび膝蹴り ダメージ: 66~78 割合: 37.9%~44.8%
控え目メガネロトムのハイドロポンプ ダメージ: 63~75 割合: 36.2%~43.1%

Hに多く努力値を割くことでこれらの高火力の技を受けることができる可能性が増えます
Hに4振ったチルタリスを使っていたのですがメガバシャーモのとび膝蹴りに羽休めの回復がほとんど追いついていませんでした


:ぶっぱです とりあえず最大火力を打てるようにしました

4振りFCロトム抜き
素早さについては控え目メガチルタリスに至っては抜きたい相手は素早さを全振りしたって抜けないという場面が多かったです
なので耐久ロトムは抜ける程度まで素早さを振ってあとはHPに努力値を振ろうと思いました



①ハイパーボイス フェアリースキンハイボはやはり使いやすかったです
②竜星群 基本的にハイパーボイスで事足りることが多いのですが炎タイプ・毒タイプに対しては重宝しました
③大文字 ナットレイや削ったギルガルドに対して打ちます また、有利対面時に相手はたいてい鋼かフシギバナ(メガ進化前)に引いてくるので交代読みで真価を発揮します H252メガクチートは1発では落とせません
④羽休め 持ち前の半減の多さで流せる場面が多いのでその隙に回復します

技は現在使っているメガチルタリスと同じ構成にします パワースワップを大文字の代わりに入れても面白いと思ったのですがそれは様子見ということにしておきます


まだ机上論段階で厳選も済んでいないのでこの型がどういう使い心地かわからないです またしばらく戦ってみたら使用感などを書いていこうと思います

ではノシ 
スポンサーサイト

チルタリスってS80地味にカイリューやバシャと同速なんですよね
チルタリスは優秀な耐性を活かして受けて倒す、交代に技を当てるのがメインといったところでしょうか?

話は変わりますがレートにとどまらず色んなところで改造が増えてきてないですか?どうお考えでしょう?bwよりひどいんじゃないかとは思うんですが…
(過去作五感切り、アイコン自由化など改造を横行させた原因は多々ありますよね)

とはいう僕も「改造プレイヤーとマッチングしたらポケモン引退するわ」
数日後
「なんだこのガルーラ二回攻撃すんなや改造かよ」
なんですけど爆笑
[ 2015/08/29 23:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> チルタリスってS80地味にカイリューやバシャと同速なんですよね
> チルタリスは優秀な耐性を活かして受けて倒す、交代に技を当てるのがメインといったところでしょうか?

そんな感じですね、 メガチルタリスは様々な型が存在するのですが、その中でこの型はサイクル戦の中で有利対面を作って攻撃をしていくという感じです

>
> 話は変わりますがレートにとどまらず色んなところで改造が増えてきてないですか?どうお考えでしょう?bwよりひどいんじゃないかとは思うんですが…

個人的な見解としてはそれぞれの改造について
第5世代:改造は一定数いたが現実的に存在しうる個体やプレイヤーがほとんどだった
これは乱数調整の存在もありますが、例えば5v理想めざ氷準伝を改造で作ったとしても乱数調整でつもったといってしまえば納得できる状況だったのでゲーム内のデータの限界を逸脱しない限りは改造はいて、表面化されていなかったという感じです 実際クラウン3犬はどう考えても改造で出したレベルの個体数がレートに存在していましたし、性格値というものが正規のものでない零度スイクンが大会でかなりいたらしいです

第6世代:あえてわかりやすい改造ポケモンを見るようになった
第5世代と違って第6世代は自分の改造技術を見せびらかしたいのかと思うような改造が目につきました 戦うだけでこちらがフリーズしてピカチュウ的なポケモンだけでレート1位みたいな改造ロムがあるらしかったのですがそれはすぐにばれることが分かっているが、あえてやるという愉快犯が出てきた印象です
さらに、PGLの導入によって力づくランドロスのようなありえない個体が戦っていなくてもすぐにばれるようになった事で改造ポケモンの印象が強くなったのだと思います 

結論:今も昔も改造はいるが第六世代は目につくことが多くなったので改造自体も多くなった用に思えてしまうようになったのだと思います

> (過去作五感切り、アイコン自由化など改造を横行させた原因は多々ありますよね)

それもあるかもしれませんね そのための、赤い糸だったのですが残念です

>
> とはいう僕も「改造プレイヤーとマッチングしたらポケモン引退するわ」
> 数日後
> 「なんだこのガルーラ二回攻撃すんなや改造かよ」
> なんですけど爆笑


メガガルーラは伝説ポケモンみたいなものですので…
[ 2015/08/30 17:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。