斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  【ネタバレ注意】映画 ジュラシックワールドを見に行ってきました @名駅ミッドランドスクウェア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】映画 ジュラシックワールドを見に行ってきました @名駅ミッドランドスクウェア

本日はかねてより見たかったS・スピルバーグ監督の「ジュラシックワールド」を見に行きました

見に行った映画館は名古屋駅を出てすぐのミッドランドスクウェアです


middorandosukuea.png



ネタバレ満載なので続きは追記で













とりあえず映画を見る前に腹ごしらえをしたかったので栄まで行きました
名古屋駅で地下鉄東山線に乗り換えて2駅先の栄を目指しました
sakae2.png
ms.png
sakae.png

栄はオアシス21があって昔はポケモンセンターナゴヤもそこに有ったので大会などに参加しに遊びに行ったりしていました
(現在はポケモンセンターは移転しています)

ここでは前から食べたかった二郎系ラーメンがあったので地図を頼りに行ってみると

・・・・・・・・・・


やっていない!?


というわけで適当に見つけたまぜそばを食べて栄を出ました



そして再び名古屋駅に行き、駅を出てすぐのミッドランドスクウェアに入りました この建物は外見からは想像もつかないほど内部が広いです

jikokuhyou2.png

画像の赤で囲った時間で見ました


飲食店でポップコーン(キャラメル)+ソフトドリンク(アイスティー)のスタンダードセットを頼んでいざ上映室へ

僕は本編が始まるまでのCMとかほんと好きでこれからいよいよ始まるのか…という緊張感を出してくれます



上映スタート



いよいよ始まりました 今回の主人公のメンバーである兄弟が出てきてジュラシックワールドの島を目指します

島が見えたところで流れるBGM、「welcome to jurassic park」で脳汁がとんでもないことになりましたw


今回は20年前に完成できなかったジュラシックパークの完成形みたいなものができ、観光客も一日に2万人とちゃんとした恐竜テーマパークになっていました


恐竜も初めは8種類だったのにどんどん新たな種が展示されるようになり勢いのあるテーマパークになっています 竜脚獣やアンキロサウルス、トリケラトプスなど様々な恐竜がいましたが、中でもCMで見たモササウルスの餌付けシーンは印象的でした



そして、その水面下では合成獣ともいえるキメラ恐竜、インドミナス レックスが作られ、育成されていました

恐竜が生まれて(現代に蘇って)から20年、はじめは物珍しさからそれだけで人が来たのに今では子供たちにとっては動物園と同じ感覚だ というセリフが印象的でした
これはジュラシックパーク1と今の映画界をかけているのかも と少し思いました 当時のジュラシックパークは初めて本格的なCGが映画で使用されてとんでもないセンセーションを巻き起こしたそうです それが今ではCGが当たり前になって物珍しさが消えてしまいました


話がそれましたが少しインドミナス レックスについて書いていこうと思います

インドミナス レックスはそんなマンネリを起こさせないために人工的に作り出した恐竜です
ジュラシックパーク内の恐竜も欠損DNAを他の生物で補完しているので厳密には人工的に作られた恐竜ですがインドミナスレックスはそれとは発想が違う作られ方をして、とにかく凶悪な恐竜を作り上げるというコンセプトで作られました

インドミナスレックスの能力


①大きさ
自然界の強さは基本的に大きさ=強さです インドミナスレックスは15メートルになるようデザインされていて成長ポテンシャルが半端ないです
ちなみにT-レックスが12メートル、ギガノトサウルスが13メートルくらいだったと思うので15メートルは最強クラスの肉食恐竜の大きさです


②迷彩
急激な成長に耐えられるようにイカのDNAを入れてあります そのおかげで迷彩能力を持っており、森林に溶け込んでいました


③赤外線でとらわれない
アマガエルのDNAを持っており光を散乱?させる能力があります そのせいで赤外線による熱探知が通用しませんでした


④高い知能
ラプトルのDNAが入っています なので知能がとても高く、脱走するために人間を出し抜いたりしました
また、埋め込まれたGPS装置を自分で剥すこともできました 個人的には自分で体名に埋まっているGPS装置を表皮+肉ごと剥せる度胸も強さだと思いました
また、ラプトルのDNAのおかげでラプトルと会話することもできます


印象に残ったのはこれくらいです 風貌はティラノサウルスレックスをベースにしているのでそれに近いですが全身に棘があったり、鎧みたいな部分があったりとまさにキメラという感じでした


インドミナスレックスの脱走と園内パニック


少し上でも書きましたが、インドミナスレックスはもともと高い壁に囲まれた施設で飼われていました ただ、ある日、施設内で赤外線で感知することができなくなり、壁には無数のひっかき傷がありました
これを見て主人公のメンバー(大人組)は壁を登って脱走と判断しました
ただ、赤外線でなく、GPSでインドミナスレックスの居場所を確認するとまだ施設内に…

そう、まだインドミナスレックスは施設内にいたのです 逃げたふりをしていました
そうとは知らず、施設内で壁の傷跡を調査していた主人公(男)にインドミナスレックス(これ打つの疲れるのでI-REXと今度から書きます)が襲い掛かります

ぎりぎり施設を出ることができた主人公ですがこの時I-REXも施設の外に出てしまいました ちなみにこの時、二人〇しています

島全域に警戒態勢が取られ、鎮圧部隊が出動するも迷彩と圧倒的な攻撃の前にやられてしまいます

その後、I-REXは戦うことで己の存在価値を見出すように園内の動くものを手当たり次第に攻撃していきます

そして、翼竜園も壊れてプテラノドン的な恐竜がどんどん外に放たれていってしまい、人を襲いだします・・・

ラプトルとの共闘


GPSを外したI-REXを補足するために、ラプトルの追跡能力を使うことになります
初代ジュラシックパークで敵だったラプトルとの共闘とか胸熱です
ラプトルは主人公(男)が制御する訓練をしていました あの有名なシーン↓
raputoru.png

ラプトルがI-REXをとうとう見つけましたが様子がおかしい・・・

I-REXは先ほど書いたようにラプトルと会話ができます

その結果

ラプトルの新しいボスにI-REXがなってしまい人間たちを襲ってしまいます

何とか逃げ延びた主人公たちは研究施設に行きます そこで、今回の人間の悪役(主人公と意見が合わない感じ)が出てきますが後から追ってきたラプトルにやられてしまいます

主人公たちもラプトルに追い詰められますが男主人公がなんとかラプトルを制御しました

そこへI-REXが現れます 少し会話をしたラプトルと-I-REXですがとうとうこの両者で戦いが始まりました
ただ、体格差とI-REXの圧倒的な戦闘センスでラプトルはどんどんやられていってしまいます…



ティラノサウルスレックス(レクシィ)VSインドミナスレックスと最期


ラプトルだけでは勝てないのでとうとうティラノサウルスを投入します 20年前に出てきたあのティラノサウルスです
まさに諸刃の剣です 女主人公がうまくティラノサウルスを誘導してI-REXと戦わせることができたので結果オーライですが

初めのほうはI-REXが優勢でしたがラプトルの参戦で互角の戦いになりました


そして、水際に来たときに


モササウルス登場


モササウルスが隙を見せたI-REXに噛みつき、そのまま水中へ行ってしまいました モササウルスにとっては大きな餌が目の前に来ただけですがあれほど驚異的な力を持ったI-REXでさえ、食物連鎖の中の一生物なんだなと思いました




感想


序盤はテーマパークとしてのジュラシックワールドが見えて華やかで明るい感じがしましたが、その裏では危険なことが起こっているという王道的なパニック映画でした 初代ジュラシックパークの要素を踏襲しているのもいい感じです

人間が己の欲のために作り上げたキメラ恐竜ですが、それにとどまらずに生物兵器として利用しようなんて話も出てきて、それに反対する男主人公など人間サイドの立場もはっきりしていました

ただ、なんというかワクワクというかそういうのが思ったよりも少なかったです なんと言葉で言えばいいかわからないのですが恐竜のロマンというよりパニック的な恐怖に重きにおいてそのあたりが初代のジュラシックパークと違うなと思いました

ブログパーツ
そうはいっても、さすがに名作シリーズなこともありあっという間に時間が過ぎましたし、展開も十分楽しめました
これを機にジュラシックパークシリーズをもう一度見直したくなりました

あと今回は吹き替えではなく字幕(これしかなかった;;)で見たのですが、できれば字幕に頼らないほうがいいと思いました 少し意訳が過ぎると思う場面があったので

ではノシ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。