斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ジャンプ+ ワンピース56時間無料購読感想 中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ+ ワンピース56時間無料購読感想 中

ブログパーツ
前回→感想前編

ワンピース感想の続き

ジャヤ編
空島についての情報が出だします 雲の上に乗りたいという昔心の思っていた感情を見事につついてくる設定だと思います
まず、自然現象について非常にワクワクさせてくれる設定があり、巨人族をはるかに超える人影や空へと続く海流は初見で様々な想像を膨らませてくれます
登場してくる人物もかなり魅力的です
ギャングに服を着せたような人物のベラミーとルフィについては初めは手出ししなかったルフィですがクリケットの仕返しに行くときは思いっきり倒してシャンクスを彷彿させる行動だと思いました

そして、はじめにベラミーに絡まれた後に黒ひげがルフィ達にかけた「人の夢は終わらねぇ」というセリフのあるシーンはかなり印象に残りました このジャヤでは黒ひげの仲間が至る所で存在感を放っているのですがどれも一癖どころじゃないほどの曲者揃いに見えますし実際そうです

クリケットと猿兄妹の夢を追い続ける姿勢も素晴らしいですがそれは空島編で話していこうと思います


空島編
空島編はアニメでもジャンプでもあまり見ていなかったのでどのような展開か全くわかりませんでした
入っていきなり犯罪者扱いは今までにない展開だったのでいきなりハラハラしました
空島では麦わら+旧神(ガンフォール)と神(エネル)の軍とシャンディアの三つ巴展開でした 正直麦わらの一味とシャンディアは共通の敵がいるので組むのかと思いきやシャンディアは自分たちの戦いをとにかく貫くという姿勢で新年の強さを感じました

シャンディアの中のワイパーはいきなりエネル軍の神官を倒すなど活躍を見せて最後まで生き残っていて味方でも最終的な敵でもない位置のキャラでここまで存在感のあるキャラは珍しいと思いました

僕はこの編では戦闘よりも400年前の出来事と現在についての結びつきについて非常に印象に残りました
ジャヤで出てきたノーランドとカルガラの友情、そして鐘を鳴らし続けるという約束までの流れはまさに王道的な少年漫画展開で熱くなりました そして、その鐘を最後にルフィが鳴らしてモンブラン・クリケットまで音が届く時にモンブランの今までの先祖に対する苦悩とかそれでも先祖を信じてきて黄金の金を見つける夢とかが報われた気がしました そしてノーランドの子孫がモンブランということを知った時のワイパーの行動はかっこよすぎでした
ウワバミのノラが鐘をきいたときの反応も個人的には好きでした 小さい時に聞いた鐘の音をずっとずっと聞きたかったんだなぁと思いました
ちなみにジャヤで見た巨人をはるかに超える人影は空島にいる人の影が地上に届くというもので原因が解明されてさらにロマンが増す内容でした

ゴッドエネルについてはとりあえずチートクラスの能力です 今までの悪魔の実の能力者とは一線を画したもので相性がいいルフィでなければ相当な覇気(この時は黒ひげの言葉以外で出ていないですが)がない限り倒せない相手だと思います エネルからしたら予想だにしない不幸だったと思いますw
ただ、やはりそこは神として君臨するだけの強さがあり、相性の差を押しのけても戦える戦闘力や島を破壊する規模の攻撃などはさすがだと思いました


ロングリングロングランド編
空島を降りた一行が着いた島 殺風景でほとんど何もないところが逆に空島の激闘から帰還したという安心感を生み出していたと思いました 
ここではフォクシー海賊団と出ビーバックファイトを行いますが、僕は2戦目のゾロ&サンジコンビの戦いが好きでした
普段はいがみ合っている二人が実はお互いにしっかりと実力を認めているという感じがひしひしと伝わってきますし何度もピンチを迎えながらも力押ししていく二人は頼もしかったです 特にサンジの空軍 パワーシュートでの連携はかっこよく、自分で戦闘してもサポートで絶大な攻撃力を仲間に付けさせてもいいという臨機応変な戦いは見ごたえがありました
フォクシーは見た目と初めにやっていることからただのゲス野郎かと思っていたのですが悪魔の実の能力をうまく使ったり肉弾戦もできたりと実力があってルフィとの戦いも割とガチである意味受けましたw
戦いの後の潔さも個人的には好印象でした

そして、ここでの一番の見どころはやはり青キジとの対面でしょう 見た目や会話といい、いろいろな意味で衝撃的だった青キジですがそこは何と言っても海軍大将、強さは半端なかったです ルフィ・ゾロ・サンジが同時に向かっていっても速攻で倒されるあたり力量は測りきれませんし、絶望感もありました ただ、どこか話せばわかるという雰囲気があったので怖さはそこまでありませんでした 正直中将でさえもこの段階であまり出てこなかったのにいきなり大将がでてくるとなんというかこちらも心の準備ができていなかったのでびっくりしますし、いまいち力が強すぎてどれほどのものかわかりませんでしたw


今回はここまでにします 短いですが次回はW7から
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。