斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  パーティー >  ORASダブルレート トノルンパメガマンダ軸パについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORASダブルレート トノルンパメガマンダ軸パについて

ブログパーツ
ORASダブルのレートが1650を超えたので少し現在使っているダブルレートのパーティーを書いていこうと思います
wrt 1014


i_nyorotono.gifi_runpappa.gifi_boomanda.gif
i_nattorei.gifi_randorosu_reijyuu.gifi_terakion.gif

パーティーはこんな感じです ニコニコの某動画を見て作ってみたパーティーです

では個別解説を

ニョロトノ@オボンの実
臆病 HSベース
波乗り・滅びの歌・守る・雨乞い


使用パーティーがいわゆる雨パなのでその雨の起動役です
HSベースは正直火力も耐久も中途半端で使い辛かったです;;
滅びの歌の要らない感が半端ないのでこの技を他の技に変えるかいっそのこと穏やかHDの個体に変更するかしたほうがいいと思いました
攻撃技が波乗りでとにかく無差別に攻撃してしまうのでなるべく味方に被害が出ないように立ち回ります

ルンパッパ@ラムの実
臆病 CS
ハイドロポンプ・エナジーボール・冷凍ビーム・猫だまし


このパーティーの雨エースです 麻痺とかが嫌だったのでラムの実を持たせました 個人的には命の珠よりもルンパが動きやすくなった気がしたのでこれでよかったと思います
火力が若干足りなく感じたので性格を控えめにしたほうがいいと思いました

ボーマンダ@メガ石
控え目 CS
竜星群・ハイパーボイス・大文字・守る


このパーティーのメガ枠です 攻撃技がすべて特殊なので高種族値の攻撃が無駄になった気がしましたが、それでも威嚇+ハイパーボイスを中心とした展開は魅力的でした もともとまもるの代わりに破壊光線を入れていたのですがメガボーマンダが一斉攻撃を受ける場面が気になったので思い切ってまもるを入れてみたところうまく相手の攻撃を誘導してくれたりして戦略の幅が広がりました やはり、ダブルのまもるは必須なんすね~
正直雨パに入るメガボーマンダはダブルでは両刀寄りにしたほうがいいと思ったので新しく個体を調達するかもしれません

ナットレイ@ゴツゴツメット
慎重 HD
寄生木の種・叩き落とす・ジャイロボール・ステルスロック


ルンパッパに飛んできがちなメガガルーラの猫だましを読んで後出しするポケモンです 雨が炎技を半減してくれるので役割破壊の熱風などは余裕を持って耐えてくれます このポケモンは後出しした後は寄生木の種とステルスロックで相手のポケモンの交代をけん制したり、対雨パの役割を担ったりします
努力値がHBではなくHDなのにゴツゴツメットなことに関しては猫だましをメインで受けるのでそこまで物理耐久は必要ないということと、威嚇持ちが2体いるのでそもそも物理技にはパーティー全体で強めだからです



ここまでのトノルンパメガマンダナットレイが今のところ基本選出になりがちです なんだかんだ言って先発トノルンパで控えをボーマンダ・ナットレイに置いておく場合が多いです

ランドロス@こだわりスカーフ
意地っ張り AS
地震・とんぼ返り・叩き落とす・岩雪崩


パーティーの補完枠です 威嚇+全体技の地震・岩雪崩の扱いやすさが素晴らしいです どこかにバカ力を入れたらもっと使いやすくなる気がしました 
このポケモンを使う上での注意点は相手にワイドガード持ちがいるかどうかをしっかり見極めなければならないというものです
地震や岩雪崩を選択し・拘ってしまった上でワイドガードをされるとこちらの選択肢が一気に減ってしまい形勢が不利になってしまうからです

テラキオン@気合の襷
陽気 AS
岩雪崩・インファイト・ファストガード・守る


雨パ選出をしないときによく選出します
非雨パ選出は先発メガボーマンダ・テラキオン 後続・ランドロス・ルンパッパみたいな時が多いです
雨パの基本選出が特殊攻撃によっているのでランドロスに並んで貴重な物理アタッカーです


シングルの順位が下がってきたのでそろそろダブルを休んでシングルに戻ろうと思います

ではノシ



スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。