FC2ブログ

斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  パーティー >  S12 シングルレート1900突破パーティー 両刀メガガル軸スタンパについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S12 シングルレート1900突破パーティー 両刀メガガル軸スタンパについて

メインロムのシングルレートが1900を突破したのでその報告を
rt1024.png

パーティーは相変わらずこれです↓
mggrmggr.png
(配置は若干違いますが)

このパーティーはメンバーこそ同じもののスペシャルレートでの特訓を経て、より自分にしっくる構成にたどり着いたものです

詳しい構成はまだ書けないので軽く各ポケモンの感想だけを書いていこうと思います

i_garuura.gif
ガルーラ@メガ石

両刀にすることでメガガルーラのあらゆる種族値を最大限に引き出せたと思います
れいとうビームはランドロス・ガブリアス・カバルドンに有効で

ランドロスに対して→威嚇の影響なし・ゴツメ持ちなら上から殴れる
ガブリアスに対して→サメ肌+たまにいるゴツメの接触ダメージを無視することができる
カバルドン→腕白ならゴツメを気にせずに処理できる

このように地面タイプでメガガルーラに強めに出ることができるポケモンに対して強くなることができます
前回まで使っていたガルーラとは技を変更してより、広範囲のポケモンに対して強く出れるような構成にしました

とにかく対応できる範囲が広いのでこのポケモンを選出するときはメガガルーラにとって障害になり得るポケモンに強いポケモンを残りで選出します

i_kureseria.gif
クレセリア@ゴツメ

なんだかんだ言ってメガガルーラとバシャーモの処理には必要だなと思いました
最近はなるべく起点にならないような立ち回りを覚えたので前よりは戦いやすくなったかなって感じです
このパーティーが重いマンムーとの一騎打ちでは非常に心強いです


i_entei.gif
エンテイ@食べ残し

ガルクレセが重くなりがちな弱点保険ギルガルドに強いポケモンです 嵌れば強いというのは様々なポケモンに言えることですがエンテイに至っては特にうまくサイクルで有利を取ることができれば単体で相手の選出を半壊できるだけのスペックがあると思いました


i_gyaradosu.gif
ギャラドス@メガ石

相手からしたら忘れたころにやってくるメガ進化ポケモンでしょう
大抵の準伝説に強く出ることができる点と耐久型を起点にしやすいという特徴を持っているので選出誘導をうまくすれば全抜きを結構狙うことができるポケモンです


i_borutorosu.gif
ボルトロス@オボンのみ

相手のクレッフィが鬱陶しすぎて、それなら相手のクレッフィに威張るを打たれる前にこちらも威張るを打とうと思って威張るを仕込んでみたのですがほとんど機能しませんでした;; 自分が食らう威張るは糞強いのにこっちから繰り出す威張るが糞弱いのはなぜ???

とりあえずツウんできそうなポケモンがいたら選出して電磁波入れておけばいいんじゃない?という感じで選出することが多いです 選出段階で相手に厄介そうなポケモンがいたら電磁波を事前に入れておいてあとはガルクレセで何とかするという展開も割とありました


i_randorosu_reijyuu.gif
ランドロス@こだわりスカーフ

選出率はあんまり高くないのですが相手の選出を結構誘導してくれる印象です
相手のパーティーに素早いポケモンがいたり厄介な物理アタッカーがいれば選出します
威嚇を入れるだけでメガギャラドスにとって積める相手の範囲が広がるので選出する場合は事前にどういう試合の流れを作ってメガギャラドスにつなげるか考えたりもします




このパーティーはシングルレートとスペシャルレートの両方で戦っていてどちらのルールでも使いやすく感じました
もちろん、どうしても無理だなぁと感じるパーティーもいますがあらゆるパーティーに強いパーティーなんていないと思って泥臭く戦う場面もあります

ちなみにスペシャルレートは現在こんな感じです↓
srt1024.png
あと1勝すれば50位以内に入れそうですが一回負ければ割と悲惨なことになるルールなので結構気が引けます^^;

もともとスペシャルに参入した理由はメガガルーラを使いながらレートに潜りたいけれどメインロムのシングルには潜りたくないという弱気な姿勢からでしたw
ただ、スペシャルはそんな姿勢で勝てるルールではありませんでした
というのはシングルと違って人口が少ない分(レート1500が6000位くらいだったと思います)、ガチで戦うプレイヤーの割合が高く、パーティー自体に相当高い完成度が要求されるからです(少なくとも僕はそう思いました)
たとえるなら第五世代後期のシングルレートのような環境で一回の負けが痛手となるそんな場所です
逆にそのおかげで勝ち筋を作るにはどうすればよいかをしっかりと考えることができました

スペシャルには今後も潜っていく予定です
あとシングルはなんとかレート2000に乗せたいですが前シーズンみたいに悲惨な目に合うかもとネガティブな思考もでてきたりもしますw

ではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。