FC2ブログ

斜め下から攻めていくポケモン街道改

ポケモン中心の復帰勢ブログが進化して日記ブログになりました
斜め下から攻めていくポケモン街道改 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  S12の両刀ガルーラの使い心地・育成論について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S12の両刀ガルーラの使い心地・育成論について

S12終了まで壊れた3DSが返ってきそうにもないのでシーズン12で使っていたメガガルーラについて晒して書いていこうと思います

また、今後も両刀ガルーラを使う可能性もあるので一部ぼかします

megagaru.png

性格
無邪気 素早さ↑特防↓
両刀にするために攻撃も特攻も下降させるわけにはいきません また、素早さもなるべく下げたくなかったので耐久を下げる性格を選びました 特殊アタッカーは殴り勝てばよいという考えの下、特防を下げる性格を選びました


努力値
H:実数値191 16n-1という定数ダメージを最小限に抑える値です
防御を含めた耐久自体は鉢巻ガブリアスの逆鱗をギリ耐えするくらいです

A:調整忘れました;; 捨て身タックルでHBスイクンに4550パーセントくらいだったかもです

C:HBカバルドンをれいとうビームで確定2発 ガブリアスにもランドロスにも有効なれいとうビームです 特に、ガブリアスやランドロスはゴツメを持っていたら特性も合わさってかなりメガガルーラの痛手となるので非接触特殊のれいとうビームをしっかり扱えるだけの特攻は確保する必要があります

S:あまり振りませんでしたが最近は素早さラインが全体的に上がっていると思うので素早さをもう少し振ったほうがいいかもと思いました

特性
肝っ玉 メガ進化をせずに猫だましでゲンガーにある程度のダメージを入れることができるのでこの特性は何げに使えました





猫だまし 両刀特有の物理パワー不足を補う技です メガ進化前にゲンガーに打ってダメージを入れておくとあとあとの展開が楽になります ゴツメの格好の餌食になる技なので選出段階でゴツメ持ちのポケモンを予想してれいとうビームと打ち分けたりします

捨て身タックル おそらくメガトンキックとの選択技になると思いますが反動が痛くても命中重視のこちらを僕は選びました 猫だまし+捨て身タックルでどのくらいのダメージが入るか事前に把握しておく必要があります

大文字 ナットレイやエアームドに有効な技です 特にゴツメナットレイはかなり鬱陶しいポケモンなので非接触の炎特殊技はかなり有用です

れいとうビーム この技のための両刀といっても過言ではないです れいとうビームのおかげでガブリアス対面は安全にガブリアスを処理することができます もともとカバルドン対策に入れた技ですがカバルドン事態あまり見かけなくなってきた印象

地震 なんだかんだ言って大文字よりも自身のほうがギルガルドに入ったりするので使ってみたりしました 大文字との選択技 猫だまし+地震+捨て身タックルでHCポリゴン2を突破できたりしました



きつかったポケモン

前にも少し書きましたが特に嫌なポケモンについて少し書きます

クレセリア
最近また増えてきた印象 メガガルーラに突破手段がないので他のポケモンで対処します

対策:ギルガルド・ノイテイ・ノイコウ・ノイクンなど また、各種どくどく持ち

ギルガルド
かなりの確率で聖なる剣を持っているので迂闊に攻撃して弱点保険が発動してしまって返り討ちに有ってしまうことが多いのでおとなしく後続に引きます いくら攻撃が上がろうとも影うちは無効なのでダメージを入れておけばガルーラで対処はできます どくどくが利かないので純粋に炎・地面技で押さなければならない印象です

対策:メガガルーラと対面後ノイテイ・ガブリアスに引く 特にノイテイの場合は身代わりを張れば交代されてもキングシールドを張られてもうまく立ち回ることができます


メガヤドラン
メガ進化してもしなくても厄介なポケモンです 対面してもノイテイに引けなかったのでうまくボルトチェンジで隙を作るしかなかったです

対策:ボルトロス・スイクンまたは各種どくどく持ち


ルール別感想
シングルとスペシャルの2つのルールで戦ったのでその感想を少し書きます

シングルルール
前のシーズンでゴツメガブリアス・ナットレイ・カバルドンに相当いやな目に合わされたので両刀ガルーラを投入したところそれらのポケモンをばっさばっさと薙ぎ払ってくれました 大抵のポケモンには猫だまし+捨て身タックルで瀕死に追い込むことができます ゲッコウガは一定数けたぐりを持っており珠けたぐりなら一発でやられてしまうのでいったんボルトロスに引くという戦い方をしました シーズン中盤以降は1900に達してあまり対戦はできなかったので今の使い心地はわかりかねます
ガルーラ対面では大抵素早さが抜かれてしまうのでゴツメクレセリアに引くのが吉です

スペシャル(マーク限定)ルール
正直スイクンに気を付ければ序盤はなんとかなった印象です クレセリア・ギルガルドはノイテイに任せました ノイテイ相手に後出ししてくるロトムについてはハイドロポンプをみがまもで枯らしてあとはどくどくみたいな感じで突破できるのでノイテイさえ後出し成功すればメガガルーラの障害となるポケモンはうまく対処できる印象でした
ただ、後半から鉢巻カイリューやら鉢巻ガブリアスやらが多くなってきてパワー負けしてしまうことが多くなりました 対策を考えているうちに3DSが壊れてしまいうまい構築ができないで終わってしまいました 両刀ガルーラ+エンテイ+クレセリアが安定した選出だったのですが素早さがネックだったのでそこも課題でした


こんな感じで両刀ガルーラについての使い心地を語りましたが、3DSが戻ってき次第、たとえシーズン13になろうともしばらくは両刀ガルーラを使う予定なのでまた進展があれば記事にします

ではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。